証券会社の仕事内容は?就職する前に知っておきたいこと

このページのまとめ

  • 証券会社は、企業が発行する株式などの証券取引を仲介する企業のこと
  • 営業にあたる「リテール部門」と動向を予測する「リサーチ部門」、法人を対象とした「投資銀行部門」が主な業務
  • 大卒以上であれば文理や専攻を問われることがない一方、実力主義で高い能力が求められる
  • どの証券会社も扱う商品は同じため、しっかりと企業研究を行って説得力のある志望動機を作成しよう

金融業界を目指す就活生から高い人気を得ている証券会社。
しかし、学生の中には証券会社という存在を知っていても、詳しい業務内容は分からない…という方も少なくないようです。
そんな方に向けて、当コラムでは証券会社が行っている仕事内容や業界としての特徴、ビジネスモデルなどを解説。
就職前に知っておきたいことをまとめているので、参考にしてください。

会社とは

証券会社という存在は知っていても、実際になにを行っている会社かよくわからない…という方は多いのではないでしょうか。
証券会社の業務内容を理解するには、証券取引について知っておく必要があります。

まず、証券とは、株券や債券といった財産法上の権利や義務について記載してある書類のこと。
企業が事業や規模を拡大するには資金が必要で、その資金を確保する方法の1つとして「株式(証券)」を発行します。
この「株式」を個人投資家や投資企業が購入することで発行元の企業は資金を確保し、投資家は保有する株数に応じた配当金を得たり、株式を売買したりして利益を取得。
この株式売買が証券取引に当たり、企業や投資家、投資家同士の取引を仲介するのが証券会社です。

法律上、証券取引をする場合は証券口座を使用する必要があり、この「証券口座」を保有したり開設したりしているのが証券会社。
証券会社は、投資家が証券取引をする際の口座手数料を得ることで利益を上げているのです。
ちなみに、口座を保有しているだけでは手数料は発生しないため、証券会社は口座保有者に対して取引を勧める営業を行ったり、値段が上がりそうな株式を教えたりして取引を促します。
 

 

証券会社の業務

証券会社には、主に「リテール部門」「リサーチ部門」「投資銀行部門」があります。
それぞれの業務内容や特徴を以下にまとめました。

リテール部門

リテールとは小売を表しており、個人を対象とした営業部門という位置づけです。
リテール部門で行っている主な業務は「口座開設の営業」と「コンサルティング営業」。
口座開設の営業は自社の証券口座を開設してもらうよう開拓営業を行い、コンサルティング営業ではすでに口座を保有する顧客に対して株式売買についてアドバイスを行います。

リサーチ部門

文字通り調査(リサーチ)を業務とする部門で、経済・金融動向の調査と分析を実施する「金融経済に関するリサーチ」と、その結果を踏まえて将来的に値上がる株式銘柄を予想する「株式に関するリサーチ」を行っています。
金融経済に関するリサーチは社内だけでなく社外に発信されることが多いため、自分の調査結果次第では世の中に大きな影響を与える可能性も。
株式に関するリサーチは基本的に社内向けですが、リテールの営業担当はこのリサーチを参考に顧客に株式提案を行います。
経済状況は刻々と変化するため正確なリサーチを行うことは難しいですが、予想を外し続ければ信用を失うこともあり、責任重大でやりがいのある業務と言えるでしょう。

投資銀行部門

証券会社によっては「インベストメントバンキング(IB)」と称されることもある部門。
主な業務は「M&Aサポート」と「IPOサポート」、「資金調達サポート」で、法人を対象に業務を行っています。

「M&A」とは合併と買収の略で、証券会社では企業の業績や市場動向の情報を元に、M&Aに関するアドバイスや分析を実施。
「IPO」は株式公開のことで、未上場の企業が証券取引所に上場する際に株式公開のサポートを行います。
資金調達サポートでは、事業譲渡や資産売却といったIPO以外の資金調達に関するアドバイスが主な業務。

いずれの業務も、クライアントの事業が成功するよう専門的な知識を活用してサポートするのが役割です。
 

証券会社の働き方の特徴

証券会社に対して、「高給」「忙しい」といった印象を抱く方もいるようですが、実際はどうなのでしょうか。

一口に証券会社と言っても企業規模や外資系などで違いがありますが、一般的な企業に比べて給与は高めであるケースがほとんど。
大手証券会社になると年収1千万を超えることもあるようなので、「高給」というイメージは正しいと言えるでしょう。

しかし、高給であるが故に業務量は多い上、市場動向や株式情報は刻々と変化するため、業務中は売り時・買い時を逃さないよう気が休まらないことも。
さらに、個人投資家や企業など対人業務がメインとなるため、相手の都合に合わせるなど業務時間が不規則になるケースもあるでしょう。
莫大なお金を扱っている、相手の資産を預かっているといったプレッシャーから精神的に疲弊することもあるため、肉体的・精神的にタフであることが求められる業界です。

このような特徴から、たとえ高給であっても体力的・精神的にもたない、割に合わないと考えたり、激務に耐えられなかったりして退職していく方も少なくないようです。

また、証券会社は実力主義であることがほとんど。
入社の時点から一定のスキルや能力を求められ、いきなりハードな仕事を任されることも珍しくないようです。
若手のうちから裁量権の大きな仕事ができる一方で、結果が伴わなければ出世や給与額に影響がでる可能性もあるでしょう。

証券会社は高給を得られる一方で、実力主義が徹底していたり激務が続いたりといった特徴が見受けられます。
入社する前に、自分に本当に合っているかをしっかりと考えることが大切です。
 

 

就職のアドバイス

「証券会社に入社したい!」という就活生に向けて、就職に関するアドバイスを以下にまとめました。

学歴は大卒以上

ほとんどの証券会社は大卒以上の学歴を条件としていますが、大卒以上であれば選考に大きな影響はなく、学部や学科も問われないケースがほとんど。
文系・理系問わずに挑戦することができるため、倍率も高くなる傾向が見受けられます。

数字に強いと有利

数字を扱う仕事のため、データ収集や分析、計算といった「数字に対する強さ」が有利に働くことも。
また、学問として経済学や金融学、金融に関する法律、金融工学などを学んでいると業務に活かすことが出来るでしょう。

留学経験も有効

グローバルな事業取引や提携を行う企業が増えていることや、経済状況が各国の景気や政治などに影響を受けることが多いことから、留学経験がアピール材料になることもあるようです。
また、コミュニケーション能力や語学力といった海外経験で得られるスキルが重宝されることもあるため、留学経験を武器にする方もいるでしょう。

扱うのは有価証券

有価証券とは特定の企業の株式や債券のことで、どの証券会社でも同じ有価証券を扱っています。
証券会社はあくまでも「証券取引の仲介業」であるため、どこの証券会社に就職しても販売する商品や行う業務は同一。
他社との差別化が難しいため、しっかりと企業研究を行って説得力のある志望動機を作成する必要があるでしょう。

大卒以上であれば文理関係なく挑戦することができる証券会社。
証券会社に興味があるけど志望動機がうまく作れない…という方は、就職のプロに相談してみてはいかがですか?
新卒の就職相談なら、年間3,000人以上の相談実績を誇るキャリアチケットにお任せください。
キャリアチケットでは、業界や企業情報に詳しい「就職のプロ」があなたの就活をサポート。
内定まで専任担当制を採用しているので、就活状況や希望に合わせたオーダーメイド支援が可能です。
自分に合う業界が分からない、納得できる企業が見つからない…といったご相談もお待ちしております。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする