就活で研究内容を書くときのコツは?基本構成や注意点を解説

このページのまとめ

  • 就活のエントリーシートの研究内容では、説明力やトラブルの対応力を見られている
  • 概要→背景→具体的な研究内容→学んだこと→今後の展望という流れで記入する
  • 研究内容は噛み砕いて誰にでも分かるように説明する
  • 書き終えたら見直しをし、研究室の教授や専門外の就活生に読んでもらおう
  • 研究内容を就活面接で質問された際に備え、想定質問と回答を考える

エントリーシートに研究内容の項目がある場合、「研究テーマ以外に何を書いたら良い?」「この項目で何をチェックされているのか分からない…」と不安に思う就活生もいるでしょう。研究内容の項目では、説明する力や学業に取り組む姿勢などを見られており、読み手の立場に立って記入することが大切です。
このコラムではエントリーシートへの研究内容の書き方をご紹介するので、記入時の心得を押さえてアピールにつなげましょう。
 

エントリーシートで研究内容が求められる3つの理由


就活のエントリーシートに研究内容の項目がある理由として、以下の3つが挙げられます。

1.分かりやすく説明する力があるか知る

入社後は顧客への提案やプレゼンテーションをする機会があり、簡潔に説明する力が求められます。研究内容を文章で説明する際は、1文を短くする、箇条書きや段落を活用するなどして見やすくする必要があるでしょう。
そのほか、分かりやすい文章にするには、筋道を立てた説明や相手の立場に立った文章作成を心がけることが大切です。

2.学業に励んでいるかを確かめる

研究内容の項目を通し、目的意識を持って研究に取り組んでいるか、成果を出すためにどのような努力をしているのかをチェックしています。エントリーシートの記載内容から研究活動に励んでいることが伝われば、「入社後も真面目に仕事に取り組んでくれそう」と好印象を与えられるでしょう。

3.トラブルへの対応力を測る

研究は常に順調に進むとは限らず、ときにはトラブルが発生して臨機応変な対応が必要になることも。問題が起きた際の解決方法や粘り強く取り組んだ旨を研究内容で説明すれば、「入社後に困難が発生しても、きっと柔軟に対応できるだろう」と考えてもらえるでしょう。
 

エントリーシートへの研究内容の書き方


エントリーシートの研究内容は、概要、背景、具体的な研究内容、学んだこと、今後の展望という流れで記入しましょう。以下、各項目の書き方を説明します。

1.研究の概要

研究内容を一言で書き、どんなことを学んでいるのかが一目で分かるようにしましょう。「研究内容が複雑だから一言でまとめるのは難しい…」と思う人もいると考えられますが、具体的な内容は中盤に記載することを念頭に置き、文章で長々と説明するのは避けてください。

2.研究の背景

テーマについて調べようと思った理由や研究の意義、現時点での課題を記載します。研究の背景を明確に書き、目的意識を持って研究に励んでいることを伝えましょう。

3.具体的な研究内容

研究内容の解説、進め方、手法を記入します。ほかの学生とチームで研究を進めている場合は、研究室での自分の役割を具体的に記載しましょう。

4.研究で学んだこと

研究の際に直面した課題や解決方法、成果を記載します。企業側はどんな姿勢で研究と向き合ってきたかを知ろうとしているので、「教授のアドバイスを基に手法を変えたことで、◯◯という成果が出た」と、学びを得るまでの過程も触れるようにしてください。

5.今後の展望

現時点での成果とともに、今後の研究の流れを簡潔に書きます。研究活動を通して学んだことや身につけたスキルも記載し、入社後に活躍する姿をイメージしてもらいましょう。

研究内容の文章を作成する際、まずは上記の5つの見出しについて一言で書き表すのがおすすめ。はじめに一言で記しておけば見出しごとの要点が明らかになり、全体の流れを意識して文章を作れます。見出しごとに記載内容を一言で表したら、エントリーシートの記入欄の大きさに合わせて肉付けしていきましょう。

▼関連記事
就活のアピール材料になる?研究概要の効果的な伝え方とは
 

就活生が研究内容を書く際の5つのポイント


エントリーシートに研究内容を記載する際は、以下の5点を実践しましょう。

1.専門外の採用担当者も理解できる説明を心がける

専門用語を多用するのはなるべく避け、使う場合は適宜補足して噛み砕いた説明を心がけましょう。ただし、専門用語について長々と説明すると「結局何を研究しているのか分からない」と思われてしまうため、「初めて読んだ人が理解できるか」を意識して端的に述べてください。

2.研究で得た知識・スキルを企業でどう活かすのか述べる

エントリーシートの研究内容の項目では、単に調査・分析した内容を述べるのではなく、得たことを入社後にどう活かすのかを伝える必要があります。入社後に役立つ知識・スキルを具体的に述べて貢献度の高さを示せば、意欲や熱意を効果的にアピールできるでしょう。

なお、研究内容と応募先企業の仕事に共通点がない場合も、アピールにつなげることが可能です。たとえば「ゼミのリーダーとしてメンバーのモチベーション向上に貢献した」「最初は実験がうまくいかず挫折しそうになったが、根気よく続けたことで成果を出せた」と書けば、積極性や前向きな姿勢を示せます。

3.面接時の想定質問を考えておく

就活面接では、エントリーシートや履歴書の記載内容を基に質問されます。研究内容についても面接で詳しく聞かれる可能性があるため、想定質問を事前に考え、回答をまとめておくと落ち着いて答えられるでしょう。研究内容の想定質問が思い浮かばない…という人は、研究室の教授や友人にアイデアをもらうのも1つの方法です。
なお、エントリーシートの記載内容を面接前に改めて確認できるよう、コピーをとるかデータで保存しておくことをおすすめします。

4.書き終えたら見直しをする

エントリーシートに研究内容を記入したら、まずは自分で読み返し、誤字脱字がないか、端的に説明できているかをチェックしてください。エントリーシートの見直しは、書き終えた直後だけではなく時間を置いて再度行うのがおすすめ。しばらく間を置くことで、冷静に読めて分かりづらい箇所に気付ける可能性があります。

5.研究室の教授や専門外の友人に読んでもらう

研究室の教授にお願いする際は、研究内容の書き方に問題がないかチェックしてもらいましょう。分かりやすく書けているかを確認するなら、専門外の友人に読んでもらうのがおすすめ。研究分野を詳しく知らない人に読んでもらえば、「文章を読んで研究内容をイメージできるか」「難解な表現・単語が羅列されていないか」「成果を分かりやすく記述できているか」を確認できるでしょう。
 

エントリーシートに書く研究内容の例文


研究で得た知識が応募先企業の仕事に直結する場合とそうでない場合に分けて、エントリーシートの記入例をご紹介します。

例文1:研究内容を応募先企業の仕事に活かせる場合

私の研究テーマは、生分解性プラスチックについてです。生分解性プラスチックは、プラスチックごみ問題の解決策として社会からの注目が高まっています。しかし、性能アップやコスト削減に課題があるため、実用化に向けた方策がないか興味が湧き、研究テーマにしました。具体的には、耐熱性・耐久性のある生分解性プラスチックを低コストで開発するために、◯◯の原料を使用した研究・開発を進めています。
研究では◯◯という課題が生じたこともありましたが、□□によって解決できました。現時点では◯◯という結果が出ており、今後は□□にも着目して研究を進める予定です。研究を通して△△の知識が身につき、生分解性プラスチックの製品開発にいち早く取り組んでいる貴社で活かせると考えています。

例文2:研究内容と応募先企業の仕事に共通点がない場合

私の研究テーマは、生分解性プラスチックについてです。生分解性プラスチックは、プラスチックごみ問題の解決策として社会からの注目が高まっています。しかし、性能アップやコスト削減に課題があるため、実用化に向けた方策がないか興味が湧き、研究テーマにしました。具体的には、耐熱性・耐久性のある生分解性プラスチックを低コストで開発するために、◯◯の原料を使用した研究・開発を進めています。
研究は一筋縄では行かず、結果が出ないことに焦りを感じるときもありました。しかし、教授や研究室のメンバーと定期的に意見交換し、アイデアを出すことで△△という成果を出せました。貴社に入社した際も、周りと連携する姿勢やチャレンジ精神を大切にしたいと思っております。


企業によっては、エントリーシートの研究内容の文字数に上限を設けている場合があります。文章を作成する前に確認し、上限の8割以上を目安に記入しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!