就活のNGワード集!面接や履歴書の自己PR・志望動機で避けたい表現とは

このページのまとめ

  • 就活中はNGワードを使うとマイナスイメージにつながる
  • 就活中は「分かりません」「特にありません」などの否定的な表現がNGワードになる
  • 就活の履歴書を作成するときは、空欄や特になしは避ける
  • 志望動機のNGワードは、「給与(待遇)に魅力を感じたから」など
  • 自己PRを伝えるなら、根拠のない「なんでもできます」は避けよう

就活のNGワード集!面接や履歴書の自己PR・志望動機で避けたい表現とはの画像

就活中のNGワードを知っておきたいという人は多いのではないでしょうか。
就活においてビジネスマナーが大切と理解していても、気が緩むとつい日常で使っている言葉が出てしまうもの。面接であせってNGワードを使ってしまうことのないように、普段から正しい言葉づかいを意識しましょう。
このコラムでは、就活で使ってしまいがちな「NGワード」をご紹介。言葉づかいのマナーを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

就活中気をつけたいNGワード集

就活中は以下のようなNGワードを使うとマイナスイメージにつながります。
ビジネスマナーに慣れていない学生が日常的に使いがちな言葉が多いので、しっかり確認しておきましょう。

失礼な表現

以下の言葉づかいやフレーズは、相手に失礼な印象を与えます。

タメ口全般

就職活動の場において、タメ口は厳禁。語尾を「~だよね」「~なんだ」とするのはもちろん、「~っす」となどとするのも軽々しい印象になるのでNGです。
面接だけでなく、就活生同士のコミュニケーションも敬語を使い、相手を敬う表現を用いましょう。

大丈夫です

面接の日程調整のときや、勤務条件の確認などを行う際に、「(それで)大丈夫です」と伝えがちですが、これも失礼な表現にあたります。
提示された条件に問題がないときは、「問題ありません(問題ございません)」と伝えましょう。

なるほど

「なるほど」は相づちを打つ際に使いがちな言葉ですが、これは敬語表現ではありません。
「なるほど」は、同意を表す言葉「うん」などと同じ印象を与えます。また、「なるほど、納得しました」は、相手を上から評価する行為のため、目上の人への言葉づかいとして不適切です。
「なるほどです」はそもそも日本語として間違った表現なので、使ってはいけません。

間違った敬語表現

目上の人に対して以下のような間違った敬語を使うと、非常識な人という印象になるので注意してください。

了解しました、ご苦労さまです

両方とも、上から目線の言葉づかいです。
正しくは、「承知しました」「お疲れさまです」を使いましょう。

お伺いする、おっしゃられる

どちらも二重敬語のため避けましょう。
「伺う」「おっしゃる」自体が敬語表現なので、「お」や「られる」といった余計な言葉をつけずに単体で使うのが正しい表現です。

よろしかったでしょうか

いわゆるアルバイト敬語で、正しい表現ではありません。
正しくは、「よろしいでしょうか」です。

すみませんが

相手に何かをお願いする時に使うクッション言葉は「恐れ入りますが」が正解です。
ビジネスの場でもよく使うので覚えましょう。

否定的な表現

就活中に否定的な表現を使うのも避けたほうが無難です。
面接を受ける際は、以下の言葉に注意しましょう。

分かりません

面接で「当社の◯◯はご存知ですか?」などと聞かれたときに、「分かりません」とだけ答えるのは避けましょう。会話がそこで終わってしまうだけでなく、アピールのチャンスを逃すことになります。
「申し訳ございません。調査不足でした。後ほど確認いたします」などと、反省の気持ちとこれから前向きに考えることを伝えましょう。

特にありません

面接の最後に「なにか質問はありますか?」と聞かれたら、「特にありません」と伝えるのはマイナス印象。このような質問は逆質問といい、面接官は候補者の入社意欲を見ています。2~3個質問を用意しておくのがマナーと覚えておきましょう。

その他の表現

上記でご紹介した言葉以外にも、つい使いがちなものをご紹介します。

あのー、えっと、そのー

回答する際に、「あのー…」「えっと、そうですね…」「そのー…」と前置きするのはだらしない印象を与えます。どうしても間が持たないときは、「はい」と言い切るのがおすすめ。心当たりのある方はいますぐ改善しましょう。

やばい、マジ

いつも使っている若者言葉がついつい出ないように注意しましょう。
特に面接中は、「ヤバかったですが、◯◯を工夫して乗り越えました」など、自分では気づかないうちに使ってしまう場合があります。

▼関連記事
「与える」の尊敬語は?敬語の種類と使い方を解説
就活で間違いやすい敬語を知り、面接に強くなろう
「ご丁寧に」「ご連絡」の使い方は?身につけたい敬語の知識

履歴書やエントリーシートのNGワード

履歴書やエントリーシートといった応募書類にもNGワードはあります。
以下の言葉に注意して、書類を作成しましょう。

「さまざまな」などの抽象的な表現

就活中は、具体的な表現を用いることが大切です。
「さまざまな経験をした」「いろいろできます」などの抽象的な表現は、採用担当者に「さまざまって何?」「結局何がいいたいの?」と不信感を与えかねません。

空欄・特になし

何を書けば良いのか分からなくても、空欄や「特になし」と書くのはやる気がない印象になるので避けましょう。
ただし、就活生の場合は職歴欄に限り「なし」と書いても問題ありません。

御社、御行など

履歴書やエントリーシートに記載するのは「貴社(貴行)」です。
「御社(御行)」は話言葉になるため気をつけましょう。

▼関連記事
就活生の大半はダメなエントリーシートを書いている
コピー用紙は使用禁止?履歴書の正しい印刷方法を解説します
履歴書は文字が枠からはみ出したらNG?はみ出さない記入のコツは?
「弊社」や「貴社」の意味は?敬語の正しい使い分けをご紹介

志望動機のNGワード

ここでは、志望動機に関するNGワードを集めました。
応募書類作成時や面接対策中に以下のような志望動機を考えているなら、検討し直すことをおすすめします。

給与や待遇に関する動機

「給料がいいから」「福利厚生が充実しているから」といった給与や待遇に関するものは、志望動機として不適切。
「会社の事業や業務内容よりも、給与(待遇)を重視する人物」と悪印象になる恐れがあるからです。
志望動機を伝えるときは、「その企業ならではの内容」かつ「仕事に関すること」にすると好印象を与えられるでしょう。

企業について調べていないと思われる動機

「大手だから」「有名だから」など、会社の規模や知名度に関する質問もNG。イメージだけで会社を選んでいる印象を与えるため、避けたほうが無難です。
また、「(会社が提供する)商品やサービスが好きだから」という理由も気をつけなければなりません。単に提供する商品やサービスが好きな人物を採用しても、会社のメリットにはならないからです。伝える場合は、「自分のこんな能力が仕事に活かせる」という内容を加えましょう。

受動的な志望動機

「成長させてくれる会社だと思った」「この会社ならスキルが身につきそうだと感じた」など、受け身になっている志望動機も印象が良くありません。
会社が必要としているのは、自発的に動ける向上心の高い人材です。
「将来自分がどう成長していきたいのか」を伝えるのは大切ですが、あくまで自分から積極的に経験を積む姿勢を示しましょう。

▼関連記事
就活中に聞かれる志望動機。NG表現は?
例文付き!面接で事務職の志望動機の伝え方
就活で嘘をつくのはNG?人事にバレる理由とリスク

自己PRのNGワード

最後に、自己PRに関するNGワードをご紹介します。
自己PRを考えるのに苦戦している方も、以下を参考にしてみてください。

なんでもできます!

自己PRでやる気を見せるために「なんでもできます!」と伝えるのは、具体性に欠けるので避けましょう。採用担当者によっては、「本当にできるの?」「誰でもやればできるもの」と疑念を抱く場合があります。
意欲を伝えるなら、「自分の◯◯能力が、御社の◯◯に役立つと考えます」と具体的に述べましょう。

業務に関係のないアピール

「自分は釣りが得意です」「腹筋が◯◯回できます」など、業務に関係のないアピールは意味がありません。
自己PRは必ず、仕事をするうえで役立つものを選んでください。「趣味の釣りで身につけた集中力は誰にも負けない」「体力に自信があるため、外回りの営業も任せてください」など、表現を変えるだけでも効果的なアピールになります。

単なる自慢話

自分の優れたところをアピールしようと思って、単なる自慢話で終わってしまう人がいます。
「私って◯◯なんです」「みんなからすごいと言われます」「海外旅行が好きで年に10回は旅行してます」といった自慢話は、「それで、仕事に何を活かせるの?」と呆れられてしまう恐れがあります。
自己PRは、自分のすぐれたところが仕事に活かせる、会社へ貢献できるという点を重視しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!