履歴書の敬語の書き方に注意!就活の企業面接の話し方も紹介

このページのまとめ

  • 「ですます調」、「である調」はどちらを使っても良い
  • 話し言葉が含まれていないかを確認する
  • 尊敬語と謙譲語を混ぜないようにする
  • 二重敬語など、過剰な敬語表現に注意

履歴書を書くとき、正しい敬語を使えている自信はあるでしょうか。
日常的に改まった敬語はあまり使う機会がない人も多いでしょう。しかし、就活では履歴書や面接の受け答えで、正しい敬語を使うことが要求されます。敬語が正しく使えることは、社会人としての基本的なマナーと言えるでしょう。
ここでは、敬語の正しい使い方のポイントを解説します。履歴書を書く際の参考にしてみてください。

履歴書では「ですます調」と「である調」どちらが良い?

履歴書の志望動機や自己PRで、文末表現をどうするか迷ったことがある人もいるでしょう。ここでは、履歴書でそれぞれを使ったときの印象と、注意点について解説します。
履歴書では、どちらを使うのかという明確な決まりはないので、どちらを使っても構いません。
しかし、一つの履歴書で2つの文体を使うのは読みにくいため、避けたほうが良いでしょう。

「である調」を使うメリット・デメリット

メリット

「である調」は「ですます調」より使う文字数が少ないので、文字数を減らすことができます。
履歴書は限られたスペースで書くので、効率的に長所をアピールしたいところです。たくさん書きたいときには、である調を使うといいでしょう。
また、はっきりした印象を与えるため、文章の説得力が増します。強く主張したいときに使うと効果的です。

デメリット

志望動機や本人希望欄など応募先企業のことに触れる場合、尊大な印象を与えるため、使いづらいことも。
また、全体的に堅い印象を与えます。読み手にとっては、読みづらいと感じられたり、堅い性格なのだろうかと思われたりする可能性は否定できません。
履歴書で使うかどうかは、これらの特徴を踏まえて判断すると良いでしょう。

「ですます調」を使うメリット・デメリット

メリット

「ですます調」は、柔らかく丁寧な印象を与えます。読み手は目上の人である応募先企業の担当者なので、読んでいて好感が持てる書き方と言えるでしょう。

デメリット

丁寧ですが、文字数が多いため、その分書けることが少なくなってしまうことが難点。
また、「ですます調」は語尾のバリエーションに乏しいため、単調な文になってしまいがちです。意識的に体言止めを使用しながら、読みやすい文を心がけましょう。

基本的にはどちらを使っても構いませんが、そもそも、履歴書は目上の人である志望先企業の担当者に読んでもらうもの。
どちらかと言えば、相手に尊大な印象を与えないための配慮として、「ですます調」を選ぶ人が多い傾向にあります。

履歴書で敬語、丁寧語を使うときの注意点

普段、日常的に敬語を使う機会がないと、その用法が曖昧になってしまいがちです。
履歴書では、つい話し言葉が出てしまったり、尊敬語と謙譲語が混じってしまう場合があります。正しい敬語の使い方について、今一度確認しておきましょう。
ここでは、履歴書で敬語、丁寧語を使うときの注意点について解説します。

こんな使い方に注意

尊敬語と謙譲語の混在

無意識の内に、尊敬語と謙譲語が混在していることがあります。

例:「申される」…「申す」という謙譲語と、「~される」という尊敬語が混じっています。
  「~していただけますか」…相手を敬っていますが、「いただく」という言葉は謙譲語です。正しくは、「~してくださいますか」となります。

「~させていただく」は基本的に使用しない

丁寧な言い方として良く使われる表現なので、無意識のうちに使う人も多いでしょう。
しかし「~させていただく」は、本来「相手が望んていることを自分がしてあげる」という意味。
丁寧な言い方として闇雲に使用するのは避けましょう。

例:「志望させていただきました」→「志望致しました」
  「拝見させていただきました」→「拝見致しました」

「御社」、「貴社」

志望先企業を指す言葉として「御社」と良く使われますが、「御社」は話し言葉です。
履歴書に書く場合には、書き言葉である「貴社」を使いましょう。間違いやすいところなので注意してください。
また、病院なら「貴院」、銀行なら「貴行」となります。

全て書き言葉で書く

口語表現は無意識の内に混在しやすいので、注意が必要です。
ここでは、主に注意しておきたい例を挙げておきます。

「~なので」→「~ですので」、「従って」
「~じゃない」→「~ではない」
「あと、~」→「また、~」
「ですが、~」→「しかし、~」

面接の受け答えで注意したい敬語表現

実際に面接で受け答えをする際に、注意しておきたい敬語表現について解説します。
面接の前に今一度おさらいしておきましょう。

二重敬語に注意

相手を尊重するあまり、つい敬語を重ねてしまうことも少なくありません。用法として誤っている上に、仰々しい印象を与えるため、注意しましょう。

例:「ご覧になられる」→「ご覧になる」
「おっしゃられる」→「おっしゃる」
「拝見させていただきます」→「拝見します」(※慣用例により「拝見致します」も可)

役職名には「様」をつけない

敬意を示すため、役職名に様をつける人もいます。
しかし、役職名は単体で敬称になるので、「様」をつける必要はありません。

例:〇〇部長様→〇〇部長

「さ入れ言葉に注意」

「読まさせていただきます」、「頑張らさせていただきます」など、本来「さ」が入らないところに入っている例です。
話し言葉としてよく出ることが多いですが、用法としては誤りなので、気をつけてください。
(また「頑張らせていただきます」は、そもそも頑張ることに許可が必要ないので、表現として避けたほうが無難でしょう)


改まった敬語は、普段の生活ではなかなか使う機会がないため、誤りに気づきにくいかもしれません。
しかし応募先企業にとっては、社会人のビジネスマナーとして敬語を使えることは当たり前のこと。正しい敬語を使えないと、これから社会人になるという自覚に欠けていると思われかねません。
就活をするにあたって、今一度正しい敬語を確認しておくことをおすすめします。

しかし、ビジネスマナーといっても、これまでの学生生活と違い、どのようにすればよいのか不安に思うことも多いのではないでしょうか。
ビジネスマナーで迷ったときには、キャリアチケットにご相談ください。専属の就活アドバイザーが、あなたの不安に丁寧に耳を傾け、適切なアドバイスを提供します。
キャリアチケットで選考対策をした後の内定率は1.39倍アップ。確かな実績があります。
一人で悩まず、キャリアチケットで内定への一歩を踏み出しませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!