ですます調?である調?履歴書の印象は語尾によって変わる!

このページのまとめ

  • 履歴書の語尾は「ですます調」「である調」のどちらでもよい
  • 就活の履歴書では「ですます調」を使うのが一般的
  • 「ですます調」は丁寧だが文章が単調になりがち
  • 「である調」は文字数を節約できるが尊大な印象を与えやすい
  • 履歴書は語尾よりも記載する内容のほうが重要

履歴書を書くときは、「語尾はですます調?である調?どっちが正しいの?」と
疑問に思う方が多いでしょう。
履歴書の語尾は、どちらを使ってもかまいません。
ただし、「ですます調」と「である調」では、採用担当者に与える印象が異なるため、使い方に注意することが大切です。
「ですます調」「である調」の正しい使い方を把握し、好印象な履歴書を仕上げましょう!

履歴書は「ですます調」で書くのが一般的

履歴書の語尾に決まりはありませんが、新卒の就活では「ですます調」を使うのが一般的です。
通常、企業の採用担当者は学生よりも年上なので、「である調」よりも丁寧な「ですます調」を使う傾向があるからです。
「ですます調」は敬体と呼ばれる丁寧語で、表現自体に読み手に対する敬意が込められています。
一方、「である調」は常体と呼ばれる口語体。
読み手に対する意識よりも、自分の考えを説明することに意識が向いています。
とはいえ、「ですます調」に比べて「である調」が劣るということはありません。
語尾によって書類選考が不利になることはないので、自分が使いやすいほうを選びましょう。

「ですます調」のメリット・デメリット

「ですます調」は丁寧な表現なので、文章が柔らかく語り掛けるような文体になります。
そのため、「ですます調」の履歴書は、採用担当者に「礼儀正しい人間」という印象を与えられるメリットがあります。
礼儀正しい人間に悪印象を持つ採用担当者はまずいないので、語尾に迷ったときは「ですます調」を選ぶのがおすすめです。
ただし、「ですます調」は語尾のバリエーションが少ないため、冗長な履歴書になりがちというデメリットがあります。
たとえば、履歴書では「~ます。」「~しました。」「~です。」という文末を使うことが多いです。
同じ文末が続くと文章のリズムが悪くなるため、適宜体言止めを入れて全体のバランスを取りましょう。
体言止めとは、語尾を名詞や代名詞のような体言で止める文章のことです。

「である調」のメリット・デメリット

「である調」は口語体なので、断定的で簡潔な文章に仕上げります。
言い切り口調なので、企業の採用担当者に「自信に満ち溢れた、頼りがいのある人間」という印象を与えられます。
また、「である調」は「ですます調」に比べて文字数が少ないため、より多くの情報が書けるというメリットがあります。
履歴書に情報を書ききれないときは、思い切って「ですます調」ではなく「である調」で書くとよいでしょう。
ただし、「である調」は断定的な文体のぶん、書き方によっては威圧的な印象になるのがデメリットです。
特に、内容が薄い文章で「である調」を使うと、採用担当者に「客観性がない、尊大な人間」と判断されるおそれがあります。
「である調」を使うときは、説得力のある文章になるよう注意し、採用担当者に根拠を提示したうえで自分の強みをアピールしてください。

履歴書の語尾は統一させるのがマナー

履歴書の語尾は統一させるのがマナーです。
「ですます調」「である調」のどちらを選んだとしても、履歴書のなかでは一度選んだ語尾を通しで使ってください。
2つの語尾が混在した履歴書は読みにくいため、採用担当者に「配慮の足りない人間」と判断されるおそれがあります。
履歴書を書き終わったら、語尾が混在していないか確認し、間違えていたら必ず1から書き直してください。

読点の使い方にも注意が必要

履歴書を書くときは、読点の使い方にも注意が必要です。
一般的に、50文字のうちに1~2個の読点を入れると、文章が読みやすくなると言われています。
正しい読点のつけ方を確認し、読みやすい履歴書を仕上げましょう。

長い主語のあと

長い主語のあとには、読点をつけて文章を読みやすくしましょう。

例文

良い:いつも友達に囲まれている人気者な女の子が、珍しく1人でいる。

悪い:いつも友達に囲まれている人気者な女の子が珍しく1人でいる。

語句を並列に並べるとき

語句を並列に並べるときは、読点をつけます。「、」ではなく「・」でもかまいません。

例文

良い:カレーを作るときは、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを必ず入れる。
   カレーを作るときは、玉ねぎ・にんじん・じゃがいもを必ず入れる。

悪い:カレーを作るときは玉ねぎにんじんじゃがいもを必ず入れる。

接続詞のあと

接続詞のあとには読点をつけます。

例文

良い:つまり、彼の努力は実を結んだということだ。

悪い:つまり彼の努力は実を結んだということだ。

1つの文章に2つ以上の「主語+述語」がある場合

1つの文章に2つ以上の「主語+述語」がある場合は、主語が変わる場所に読点をつけます。

例文

良い:私は犬の散歩に行き、彼女は家で寝ていた。

悪い:私は犬の散歩に行き彼女は寝ていた。

ちなみに、1つの文章に2つ以上の「主語+述語」がある文章のことを「重文」と呼びます。

1つの文章に「主語+述語+述語」があるとき

1つの文章に「主語+述語+述語」があるときは、意味が変わるところに読点をつけます。

例文

良い:私は書き上げた履歴書の間違えを発見し、最初から書き直した。

悪い:私は書き上げた履歴書の間違えを発見し最初から書き直した。

ちなみに、1つの文章に2つ以上の述語がある文章を「複文」と呼びます。

文章の意味が2通りに解釈できる場合

文章の意味が2通りに解釈できる場合は、読み手が正しく解釈できるように読点をつけます。

例文

良い:彼は、パソコンで作業をしながらおやつを食べている彼女を見た。
   彼はパソコンで作業をしながら、おやつを食べている彼女を見た。

悪い:彼はパソコンで作業をしながらおやつを食べている彼女を見た。

ひらがな、漢字が連続するとき

ひらがな、漢字が連続するときは読点を入れて文章を読みやすくします。

例文

良い:この部屋に入るときは、はきものと帽子を脱いでください。

悪い:この部屋に入るときははきものと帽子を脱いでください。

良い:この度、長年勤めたアルバイト先を退職いたしました。

悪い:この度長年勤めたアルバイト先を退職いたしました。

履歴書は語尾よりも記載された内容が大事

履歴書は、語尾よりも記載された内容のほうが大切です。
企業の採用担当者は、履歴書に記載された内容をもとにあなたの人柄や仕事への適性の高さを評価します。
語尾の使い方に気を取られるあまり、長所や志望動機が伝わらない履歴書を作っては元も子もありません。
履歴書を書くときは、正しい文章表現よりも、自分が言いたいことが伝わるかに力を入れましょう。
具体的なエピソードと絡めて自分の長所や応募に至った経緯を記載すれば、アピール力の高い履歴書が仕上がります。
語尾の調整は最後の見直し程度にとどめ、採用担当者が読みやすい履歴書を仕上げましょう。

履歴書の作成に自信がない方は、キャリアチケットを利用するのがおすすめです。
キャリアチケットとは、年間3,000人の就活生が利用する就活相談サービス。
プロの就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングし、自己分析から履歴書の添削、面接対策までサポートします。
さらに、キャリアチケットは厳選された優良企業170社以上のなかから、あなたの長所にあった企業をご紹介可能です。
事実、利用者の方は利用しない場合に比べて内定率が1.39倍にアップし、なかには最短3日で内定を獲得した方もいらっしゃいます。
困ったときはプロに相談するのが内定への早道。
効率的に就活をしたい方は、キャリアチケットにご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00