ESは「ですます調」と「である調」のどちらで書くべきか?

このページのまとめ

  • 「ですます調」「である調」のどちらを使用しても問題ないが、迷ったら「ですます調」を使用する
  • 「ですます調」は丁寧で柔らかい印象、「である調」は意思が強く説得力がある印象
  • 「ですます調」と「である調」が混在していると読みにくいので、語尾は必ず統一する
  • 文章の書き方次第で印象を良くすることはできるが、ESは内容も大切
  • 空白を埋めるために文字を大きくしたり、「特になし」と記入したりするのは厳禁

ESを作成する際、「ですます調」と「である調」のどちらを使うべきなのか、頭を悩ませる就活生は多いようです。
そこで当コラムでは、ESには「ですます調」と「である調」のどちらが適しているのか、それぞれの特徴などと一緒にお教えします。
 

ESは「ですます調」で書く?

結論から言うと、ESでは「ですます調」「である調」のどちらを使っても構いません。
絶対にこっちを使わなければいけない、「ですます調」で書かないと不採用、といった決まりはないので自分に合った語尾を使いましょう。
しかし、あえてどちらを使ったほうが良いのかというと、「ですます調」です。
ESは採用担当者に向けて作成するもの。つまり目上の人に向けるものなので、丁寧語を用いた「ですます調」のほうが適していると言えます。
 

「ですます調」と「である調」の特徴

「ですます調」と「である調」にはそれぞれ良さがあります。
語尾はどちらを使うかよりも、どう使うかが重要なので、それぞれの特徴や与える印象を理解した上で、語尾を使い分けましょう。

まず「ですます調」は、丁寧で柔らかい印象を与えます。
礼儀正しい、真面目、誠実、といった印象になり、相手にマイナスイメージを与えるリスクが少ないのが特徴です。
面接でも採用担当者と話す際に「ですます調」を用いるため、ESでも「ですます調」を用いたほうが文章をまとめやすいでしょう。
しかし、「ですます調」は読みやすい反面、同じ語尾が続いて文章が単調になりやすいのが難点です。語尾に変化を持たせるのも難しいため、同じ語尾にならないように体言止めなどを上手く利用しましょう。
また、「ですます調」だと「である調」よりも文字数が多くなってしまいます。
ESは文字数が定められていることがほとんどなので、たくさん伝えたいことがある時は「である調」を使ったほうが良いかもしれません。

一方、「である調」は意思が強く説得力のある印象を与えることができます。
自信を持っているように見せたい時や相手にインパクトを与えたい時におすすめです。
しかし、「である調」は敬語ではないので、採用担当者によっては不遜な印象を抱いたり、尊大に感じてしまう可能性があります。
無意識のうちに上から目線になっていないか、ESを書き終えたらしばらく時間を置いて見直すと良いでしょう。
また、「である調」は敬語が必要ない分、文字数を削減することができます。
伝えたいことが多く、短い文章でより多くの内容を書きたい時は「である調」のほうが向いているでしょう。
 

語尾は必ず統一しよう

「ですます調」と「である調」のどちらを使用するにしても、ESの語尾は必ず統一しましょう。
語尾の混在は読みづらく、文章がまとまっていないように見えます。読みづらいESはマイナスイメージにも繋がり、選考から落とされてしまうかもしれません。
趣味・特技欄、資格欄などを箇条書きで書きたい場合は言い切り表現で構いませんが、就活生の中には、志望動機は「ですます調」、自己PRは「である調」というように、語尾を混在させてしまう人がいるようです。
ESを書き上げたら、全体を通して違和感がないかを確認しましょう。
また、ESでは敬語表現にも注意が必要です。きちんとした敬語表現ができていないと、社会人としてマナーがなっていない、礼儀礼節が身についていないと思われてしまいます。
敬語はですます調のほうが使用しやすいので、文体を敬語で統一したいなら「ですます調」を選ぶのがおすすめです。
 

ESは内容も大事

これまで語尾について解説してきましたが、ESは内容も重要です。
確かに書き方次第で印象を良くすることはできますが、志望動機や自己PRの内容が良くなければ高評価は得られないでしょう。
しかし、中にはESに書く内容が思いつかない、具体的なエピソードがない、という就活生がいるようです。
そういった場合は、自己分析がきちんとできていない可能性があります。
さまざまな角度から自分の過去を振り返り、どんなことを経験してきたのか、どんなことに取り組んできたのか、過去の出来事を可能な限り洗い出してみましょう。
じっくりと自分の経歴を分析すれば何かしら書ける内容が見つかるはずです。
自慢できるような実績や経験でなくても、自分が何を成し遂げてきたのかがわかれば具体的なアピール内容を書くことができるでしょう。
 

ESでやってはいけないこと

ESを作成する上でやってはいけないことがいくつかあります。
まず1つ目は、空白が目立つことです。
採用担当者は就活生にESを書いてもらうことで、自社への意欲を見極めようとしています。
そのため、ESに空白を作ってしまうとやる気や熱意がないと思われてしまい、評価が下がってしまう可能性があるので、空白はなるべくなくしましょう。
ただし、少ない文字数で無理やり空白を埋めようとして大きい文字で書いたり、ひらがなを多用して文字数を増やしたりするのは厳禁です。
補足説明を追加したり、言い回し方を変えて修正したりするなどして、文字数を増やすようにしましょう。

次に、企業の公式サイトに掲載されている概要や理念を羅列させるのも避けましょう。
文章量が多く、一見内容も充実していて問題ないように思えるかもしれませんが、公式サイトで見た内容を書き連ねたところで、それは単なる会社説明文です。
ESは自分自身についてアピールするもの。企業の良さをアピールしたところで採用はされません。
企業の何に共感したのか、どうして志望したのかを、これまでの経験や価値観を交えながら具体的に伝えましょう。

また、抽象的な表現もしてはいけません。
ESは就活生の人柄やこれまでどんな経験をしてきたか、どんな考えを持っているかを判断するための重要な書類です。
志望動機や自己PRが具体性に欠けていると、就活生の人柄が見えてこないので不採用になってしまうでしょう。
参考書やネットで見つけた例文をそのまま記載するのも駄目です。オリジナリティに欠けた内容では採用担当者の印象に残らず、不採用になってしまいかねません。
そうならないためにも、志望動機や自己PRはオリジナリティのあるエピソードや説得力のある具体的な内容に仕上げましょう。
また、「さまざま」や「いろいろ」といった表現は、とても便利で使いやすい言葉ですが、具体性に欠けるため、多用しないことがポイントです。

最後に、「特になし」という回答は絶対にやめましょう。
ESで埋められない項目があり、空白を埋めるために「特になし」と記入してしまうと、採用担当者はやる気を感じられないと思ってしまいます。
就活を成功させたいのなら、どの質問内容も決して手を抜かず、具体的な回答をできるようにしましょう。

キャリアチケットでは、業界研究、自己分析、ES対策、面接対策、グループディスカッションなど、内定獲得までのサポートを行う就活セミナーを行っています。
専門の就活アドバイザーによる人事目線のフィードバックをもらいながら、万全の体制で就活に挑みたい方は、ぜひ参加してみてください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!