志望動機は面接でどう話す?効果的な伝え方と回答例

このページのまとめ

  • 新卒の面接では、その企業でなくてはならない理由や企業への貢献度をアピールする
  • 志望動機を面接官の心に響かせるには、結論から述べて説得力のある話を盛り込む
  • 志望動機は伝え方ひとつで好印象にもマイナス印象にも繋がる

志望動機が上手くまとまらずに困っているあなた。新卒の面接では、応募する企業や職種に寄り添った熱意のある志望動機が求められます。志望動機は、ありきたりな内容を用意するのではなく自分の言葉で作り上げることが大切です。
当コラムでは、志望動機の作り方や伝え方、面接官へ的確にアピールできる例をご紹介。就職活動でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

面接官はなぜ志望動機を聞くのか

面接官は下記のような理由から志望動機について聞いています。

志望度の高さを知りたいから

企業側は「数ある企業の中から、なぜ自社を選んだのか」といった疑問への回答を求めています。志望動機を通して、応募者に「この企業で働きたい」という強い意思があるかを分析しているといえるでしょう。
考え抜かれた志望動機であれば、企業への理解度や入社意欲の高さを面接官に示すことができます。

社風とマッチするかを見極めるため

しっかりとした志望理由が考えられていても、応募者と社風が合わなければ、入社後の早期退職に繋がる可能性も。企業側は一人ひとりが長く活躍していけるよう、社風にマッチした人材を求めています。
入社後のミスマッチを避けるためにも、企業側は応募者がどのような動機で志望したのかを知りたいのでしょう。

新卒面接で通用する魅力的な志望動機の3つの作り方

志望動機が上手くまとまらずに困っている人は、下記の3つのポイントをチェックしてから作成してみてください。

1.その企業でなくてはならない理由を盛り込む

志望動機がありきたりな内容だと、面接官から「どの企業でも良かったのでは」と思われてしまう可能性があります。志望動機を作成する際は、どうしてもその企業でなくてはならない明確な理由を具体的に盛り込みましょう。
「商品やサービスに対する考え方に共感した」など、応募企業ならではのポイントを取り入れるのがおすすめです。企業の採用サイトや求人情報には、企業の理念や方針などが書いてある場合もあるので、これらをきっかけに志望動機を考えるのも一つの手でしょう。

2.どんな挑戦をして会社へ貢献するのかをアピール

企業が今後取り組もうとしている事業があれば、その中で自分がどのように貢献していけるかをアピールしましょう。チャレンジしたい内容が具体的であればあるほど、入社後に活躍するイメージを鮮明に与えられます。
自身のスキルアップにとどまることなく、企業に貢献していく姿勢をアピールできれば、より良い印象に繋がるでしょう。

3.自分と企業の結びつきを取り入れる

志望動機を考えるときは、企業と自分についてそれぞれ深堀りします。
企業の有する商品やサービス、事業内容などの項目と、自分の強みや特徴を絡めたエピソードを洗い出してみましょう。これまでの経験から自分と企業の接点を見つけ、働くうえでの考え方を伝えることが大切です。

志望動機をきちんと作成すれば、履歴書やエントリーシートなどの場面でも応用できます。自身の理想とする働き方を実現できるよう、熱意の伝わる志望動機を作り上げましょう。

採用面接における志望動機の3つの効果的な伝え方

どんなに魅力的な志望動機を用意しても、上手く伝えられなければ入社の意思を示すことができません。
以下では、面接官へ志望動機を効果的に伝える方法をご紹介します。

1.端的に結論から話す

志望動機を分かりやすく伝えるには、最初に結論を述べると効果的です。結論を述べないまま話を進めてしまうと、何を伝えたいのかよく分からなくなってしまう場合も。
「御社の〇〇に惹かれて志望しました」というように結論から話し、次に根拠を述べると要件を的確に伝えられます。面接官としっかりコミュニケーションが取れるよう、話の順番を意識してみましょう。
志望動機を話すときは、面接官へ分かりやすく伝えることが大切です。
①結論:簡潔な志望理由
②根拠:その企業でなくてはならない理由
③具体例:入社してやりたいことや貢献したいこと
上記のような構成でまとまりのある志望動機を仕立てましょう。

2.説得力のある根拠を述べる

志望動機に説得力がないと、「同じようなことを他社でも言っている」と思われてしまう可能性があります。応募企業と競合他社との差別化ポイントを明確にし、業界の最新情報やトレンドも取り入れた動機を見出しましょう。
掘り下げができないという場合は、業界研究や企業研究が不足していることも考えられます。ほかの応募者と異なる自分だけの意見で、説得力のある根拠を志望動機に裏付けましょう。

3.自分の言葉で具体的に伝える

志望動機はネットにあるような表現を控え、将来や働き方について自分の言葉で伝えることが大切です。就活関連の書籍やインターネットの例文はあくまでも参考程度にし、暗記のような回答は避けるようにしましょう。
志望動機は自信をもって自分の本心について話します。応募企業に素直な気持ちを伝えられれば、応募者の人柄や魅力を感じ取ってもらえるでしょう。

志望理由を分かりやすくスムーズに伝えられれば、面接官により良い印象を与えられます。応募企業へ熱意があると示せるよう、業界や企業に関する情報収集は積極的に行うことが必要です。
説得力のある根拠を自分なりの言葉でまとめ、面接でインパクトのある志望動機を語りましょう。

▼関連記事
知っておきたい!企業への志望動機の伝え方

志望動機の回答例を知って面接の参考にしよう

志望動機をどのようにまとめたら良いか分からない人もいるでしょう。下記では、好印象を与える回答例とマイナス印象に繋がる回答例をそれぞれご紹介。
本番を意識しながら参考にしてみてください。

好印象を与える志望動機例

志望動機には、自分と企業の魅力をそれぞれ取り入れるようにしましょう。
志望する企業のどのようなポイントに惹かれ、どのような能力を活かして活躍できるかを簡潔に伝えることが大切です。

<例文>
私は御社の〇〇というサービスをより多くの人へ広げるために、国内外問わず活躍できる営業職を志望しております。アジアを中心に事業領域をグローバルに展開している方針に惹かれ、自分と御社の目指す方向は同じなのではないかと考えました。大学で身につけた語学力とアルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かし、自身と御社の活躍の場をさらに広げたいと思います。

上記のように、企業の方針に同意しながら自分の有しているスキルや長所をアピールすると、志望動機をより明確にまとめることができます。そして、志望する企業が扱っているサービスを明記し、企業やサービスそのものに対する理解を示しましょう。
また、下記のような表現も採用面接で良い印象を与えられます。

「〇〇の分野で活躍するため、現在は△△を学習しています」

業界で働くにあたって前向きに取り組んでいることがあれば、その内容を具体的に伝えます。例えば、独学でCADについて学んでいる場合はそのソフト名を、資格取得を目指している場合はその資格名を盛り込みましょう。
話が具体的であればあるほど、あなたの努力を企業側がイメージしやすくなります。

「実際に〇〇を使用して、御社の強みは□□だと実感しました」

商品やサービスを強みとしている企業であれば、実際に使用してみた体験を盛り込むと効果的。使用した際に自分が感じたことを踏まえて企業の魅力に繋げましょう。
さらに、商品やサービスについて具体的な改善点を提案すれば、分析ができていると評価される可能性もあります。

志望動機の内容一つで企業へ与えるイメージは大きく変化します。何を伝えるべきかをしっかりと理解し、自分のアピールポイントをブラッシュアップしましょう。

マイナス印象を与えてしまう志望動機例

それでは反対に、マイナスな印象を与えてしまう志望動機とは、どのようなものなのでしょうか。
自己アピールだけで終わってしまうものや企業への志望度が伝わらない内容は、面接官へ良い印象を与えられないので注意が必要です。

「私は○○の経験があるので御社に応募しました」

業務に関する経験があるだけでは、アピールに繋げられません。「これまでに培ってきた〇〇の経験を活かして、御社の〇〇事業へ貢献していきたいです」というように、自分のスキルで応募企業にもたらすメリットを伝えましょう。

「有給休暇が多く、残業が少なそうだったから」

給与面や福利厚生は仕事選びにおいて重要なポイントですが、そういった利点ばかりに共感している志望動機は避けましょう。就職活動の際は、企業に対する熱意や本気度をアピールすることが求められます。

「資格を習得したい」「スキルアップしたい」

「専門的なスキルを身につけたい」といった素直な気持ちを伝えることも大切ですが、面接の場では自分が企業のなかでどのように活躍していけるかを明確に示す必要があります。
また、学ぶ姿勢を見せるときは抽象的な表現を避け、語学力や技術力など、どのような能力を身につけたいのかを示すことが大切です。

面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらうることが重要です。採用面接の際は、身だしなみを整えたりよくある質問への回答を用意したりと、しっかりと準備した上で臨みましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!