面接でよくある質問にはどう答えればいい?面接官の意図と回答例

このページのまとめ

  • 面接でよくある質問ほど油断せずに対策を練っておくことが大切
  • 志望動機や自己PRは、自分の軸や強みを知ることで内容をまとめやすくなる
  • 同じ「面接でよくある質問」でもガクチカと自己PRを混同しないように注意する
  • 面接本番前によくある質問に答える練習をしよう
  • 「最後に何か質問はありますか?」への対策も忘れずにしておこう

面接でよくある質問ほど、どのように回答すべきか悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか?一つ一つの質問の意図を理解し、企業や自分の資質にマッチした的確な回答を用意しておくことで、万全の状態で面接本番に臨むことができます。
当コラムで紹介する対策や回答例を参考に面接に備え、内定獲得への一歩を踏み出しましょう。

「面接でよくある質問」だからこそ対策が重要に

面接では、ある程度定番化している「よくある質問」がいくつかあります。よくある質問は、裏を返せば面接で重要度が高いということです。そのため、「どうせよく聞かれることだから…」と油断せず十分な対策を練っておく必要があります。
次項からよくある質問とそれぞれの対策について解説しているので、参考にしてください。

面接でよくある質問5選と対策のポイント

面接で定番のよくある質問は、主に以下の5つです。

・志望動機
・自己PR
・将来のビジョン
・長所と短所
・学生時代にもっとも力を入れたこと

上記の質問に込められた面接官の意図を理解し、企業に熱意を伝えられるよう準備しておきましょう。

1.志望動機

志望動機は、よくある質問の中でもほぼ確実に聞かれます。効果的に答えられなければ「熱意がない」と見なされる可能性もあるので、内容をよく練りましょう。

入社意欲を測りたい

志望動機を聞く理由は、応募者の入社意欲を確かめて、ミスマッチを防止することが目的です。数ある企業の中から自社を選んだ理由を知り、長く活躍・貢献してくれる人材かどうかを見極めています。

回答のポイント

志望動機を答える際のポイントは、下記のとおりです。

仕事探しにおける「軸」を整理する

まずは自分が仕事を探す上で大切にしている「軸」を明確にしましょう。働くにあたってどうしても譲れない条件や、どのような点に価値を感じるかを整理します。経験の中で達成感を覚えた瞬間をノートに書く、モチベーショングラフを作成するなど、文字で残しておくと整理しやすくなるのでおすすめです。
自分の中の軸を理解できれば、自然と志望動機にも繋がっていきます。

応募先ならではの理由をピックアップする

志望動機は、応募先ならではの内容であることが大切です。「この事業に携わりたいから」「条件が良いから」というだけの漠然とした内容では、「どこでもいいのではないか」と思われてしまう可能性が高いため、要注意。
応募先の企業の採用ページやWebサイト、パンフレットなどの資料をチェックして情報を集め、そこでやりたいと思ったことや、魅力を感じている点をいくつかピックアップしていきましょう。

回答例

広告を通じて人々の背中を押していきたいと思い、御社を志望しました。私は、大学でメディア学を専攻しています。勉強していくうちに、メディアが及ぼす社会への影響の大きさを知り、ポジティブな方向に活用していきたいと考えるようになりました。御社の広告は幅広い分野の人々を勇気づけるものが多く、デザインやコピーも独自性があり印象深いため、大学で学んできたことを活かしていけるのではないかと考えています。御社に入社後は、大学で得たメディアの知識を基に、人々に良い影響を与え、行動を促すような広告を制作していきたいと考えています。

2.自己PR

自己PRも面接では必ずといっていいほど聞かれる質問の一つです。
短い時間の中でいかに的確に自分をアピールできるかが勝負どころなので、準備を万全にしておく必要があります。

企業に合う人材か確かめたい

対話できる時間が限られている面接の中で、自己PRの内容は応募者の人となりを知ることができる重要な手がかりです。面接官は自己PRの中で語られた経歴や強みから、応募者が自社に適した人材かどうかを確かめています。
たとえ優れた実績を残していても、企業から「自社には合わない」と判断された場合は不採用となる可能性があることを念頭に置きましょう。

回答のポイント

自己PRは、下記のポイントを踏まえて回答を練りましょう。

過去の体験を掘り下げる

最初に自己分析をして、自分の過去を振り返ります。達成感を得た体験や嬉しかった体験をノートに書き起こしてまとめましょう。
体験したエピソードの中から志望先の企業に合ったものをピックアップし、「何故この時こう思ったのか」を深堀りしていきます。
なお、自己PRに取り入れるエピソードは一つに絞りましょう。あまり「あれもこれも」と詰め込みすぎてしまうと、内容が乱雑になり、本当に伝えたいポイントがぼやけてしまいます。

要点が簡潔に伝わりやすいようにまとめる

自己PRの適切な長さの目安はだいたい1分間で、文字数で考えるとおよそ300文字程度といわれています。
「自分の強み」「経験から学んだこと」「入社後に強みや学んだことをどのように活かしていくか」の3つの項目が伝わるように、要点を絞って簡潔にまとめましょう。

面接官がイメージしやすいように内容は具体的に

自己PRは、具体的に伝えることを心がけましょう。裏付けとなる経験を絡めながら、「自分にはこのような強みがあり、御社にこのように貢献できる」ということを明確にします。
抽象的な表現を用いると話の焦点がぼやけてしまうので、注意しましょう。

回答例

私の強みは、企画力があることだと自負しています。幼い頃から洋画を鑑賞するのが好きで、楽しみながら英語に触れていきたいと考えていたので、大学で英会話同好会を立ち上げました。当初は部員が3人の小さな同好会でしたが、もっと多くの人に活動を知ってもらうために、チラシ配りや掲示板への張り出しなどの宣伝活動、同好会見学などを提案、実施しました。その結果、部員が5人増員し、部活に昇格となりました。増員後は保育園や養護施設の子供たちに遊びを通して英語に触れてもらうためのボランティア活動を企画し、部員が20名となった現在も月1回のペースで続けています。この経験を活かし、御社でも多くの人の心を動かす広告を企画・提案し、皆様とともに作り上げていきたいと考えています。

3.将来のビジョン

将来のビジョンは、「将来の夢はありますか?」「◯年後はどうなっていたいですか?」など、言い回しを変えて質問される場合もあります。
自分の将来についてまだ明確になっていない方は、この機会に向き合う時間を作りましょう。

自社で働くことを具体的にイメージできているか

将来のビジョンは、応募者の仕事に対する熱意や価値観を測るための質問です。
回答が具体的であれば、「自社で働くことをきちんとイメージできている」「しっかりとした志を持って自社を志望している」と印象づけることができ、採用の可能性が高まります。

回答のポイント

将来のビジョンの回答を考える際は、下記のポイントを取り入れるのがおすすめです。

企業研究を徹底する

将来のビジョンを考えるなら、その会社で働いている自分の姿を具体的にイメージできていなければいけません。
まずは応募先の業務や制度についてある程度知っておくことからスタートしましょう。
ただ応募先のWEBサイトを見るだけでなく、OB訪問で実際に足を運んでみることをおすすめします。その際には、事前にアポ取りを済ませておくことも忘れずに。
実際に社内の様子を見たり、そこで働いている先輩の生の声を聞いたりすることで、ネットだけでは手に入らなかった有力な情報を得られるでしょう。

5年後、10年後の自分の理想を考えてみる

5年、10年先にどうなっていたいかを考えてみましょう。就職活動中の段階では難しいと感じるかもしれませんが、業務内容や想定されるポジションなど、企業研究で入手した情報を基にイメージしたもので問題ありません。
ただし、その企業ならではの内容にすることを心がけましょう。

回答例

私は将来、クリエイティブディレクターとして多くの人の心に残り、行動促進に繋がる広告を皆様と共に作っていきたいと考えています。まずはデザイナーとして広告制作の経験を積み、人々の記憶に残りやすい広告の傾向や、クライアントの要望との擦り合わせ方を学んでいこうと思います。クリエイティブディレクターになった際は、デザイナー職で培ってきたノウハウを活かし、クリエイターとクライアントの意見を尊重しながら、世の中にプラスの影響を与える広告を生み出していきたいと考えています。また、現在大学で学んでいるメディア学の知識も取り入れ、より良い広告づくりに携わっていけたらと思います。

4.長所と短所

長所と短所も面接でよくある質問ですが、答え方に悩む人もいるのではないでしょうか。特に短所となると、正直に答えていいのか戸惑う部分もあるでしょう。
本番でつまずかないために、面接官の意図と答え方のコツを解説します。

自分の特徴を客観視できているか

企業は、応募者が自分を客観視できているかをチェックしています。自分の長所と短所をきちんと把握している人は、仕事でも自分の立ち位置や改善点を理解できるという評価に繋がるためです。
そのため、長所・短所どちらも明確に答えることが大切。自信のなさを前面に出したり、答えをごまかしたりしないよう注意しましょう。

回答のポイント

長所と短所を回答する際のポイントは、下記のとおりです。

企業が求める人材と一致している長所を伝える

ただ長所を答えるだけでなく、企業が求める人材とマッチしていることが大切です。自分の長所だと思える性格をいくつか挙げ、応募先の企業と合っているものをピックアップします。
企業に合わせて嘘をつくのではなく、あくまで自分が実際に持っている長所の中から選出することを念頭に置きましょう。

短所でもポジティブな内容に繋げる

「面接で短所を答えたらネガティブな印象を持たれるのではないか…」と不安になる就活生もいるでしょう。短所を答えなかったり、ぼかしたりするのは逆効果なので要注意です。
短所は長所と表裏一体であり、自分では短所だと思っていた部分が第三者からは長所に映る場合があります。短所はきちんと認めた上で、対策や努力を講じていることも伝え、ポジティブな内容に繋げれば、印象アップを狙えるでしょう。

回答例(長所)

私の長所は、好奇心が旺盛なことです。所属していた演劇サークルをきっかけに舞台に興味を持ち、休日は気になった公演を観に行き、ブログで感想を書いていました。さらに演劇について深く知りたいと思い、舞台スタッフの短期アルバイトも経験し、舞台を支えている人の苦労や、一つ一つの物事をチームで成し遂げる喜びを知ることができました。

回答例(短所)

私の短所は、自分の意見を抑え込んでしまうところです。意見を言った後の相手の気持ちや周囲の反応を気にしすぎてしまい、なかなか言い出せないことが多々ありました。しかし、ゼミの研究が思うように進まなくなった際は、思い切って解決案を提案し、ピンチを乗り越えることができました。その時から、自分が意見を言うことで状況が改善される見込みがある場合は反対意見を気にしすぎず、周囲の気持ちも考慮しながら主張するよう心がけています。

5.学生時代にもっとも力を入れたこと

いわゆる「ガクチカ」で、新卒には高確率で質問される項目です。派手な実績を残した体験ではなく、あくまで学生時代に特に頑張って取り組んだ物事であることを意識しましょう。
学業やアルバイト、趣味など、「頑張った」と思えるものを選出します。

体験を通して人柄を知りたい

面接官は学生時代に打ち込んだことを通して、応募者の人柄を見ています。
どのような考えでその事柄に打ち込んだのか、困難をどのように乗り越えたかなど、学生時代の経験には応募者の価値観や性質が垣間見える要素があります。

回答のポイント

学生時代にもっとも力を入れたことは、以下の点を踏まえて回答しましょう。

見栄を張らない

特別なことがないからと、見栄を張って嘘をつくのは避けましょう。
面接官は多くの学生と対面してきているので、嘘は高確率で見抜かれ、悪印象に繋がります。
先程も述べたように、企業が求めているのは輝かしい功績ではなく、「頑張った体験」であることを忘れないようにしましょう。

伝え方の工夫が重要

「物は言いよう」という言葉があるように、些細に思うような内容でも伝え方次第で面接官の心を掴めます。
たとえば、同じアルバイト経験でも「アルバイトで接客を頑張りました」と言うのと、「お客様が気持ちよく過ごせるよう、挨拶や会話一つひとつに心を込めました」と言うのでは、印象も大きく違ってくるでしょう。
そのため、最初から「大した経験ではないから…」と決めつけず、頑張ったことを深堀りしていくことが重要です。

自己PRと混同しないように注意する

自己PRとガクチカは、一見似ているようでも違いがあるので、混同しないように注意しましょう。
自己PRは仕事に活かせる強みや能力が主なアピールポイントですが、ガクチカは物事に取り組む際の意欲的な姿勢がメインとなります。
さらに、ガクチカでは困難を乗り越えた経験も取り入れるのが、自己PRとの大きな違いです。似通った内容にならないよう、両者の違いを把握しておきましょう。

回答例

私は学生時代、日本の近代文学のゼミ活動に力を注いできました。私は元々日本の近代史に興味があり、本を読むことも好きだったため、時代ごとの文学作品の変遷について深く学んでいきたいと思いました。最初は文献を読むだけで満足していたため、提出物の内容が薄くなってしまい、教授からご指摘をいただきました。そのため、他のゼミ生と協力しながらフィールドワークに赴いたり、関係者に取材をしたりと、資料集めを徹底しました。結果的に発表や提出物の質が上がり、教授から高評価をいただきました。

「よくある質問」への答え方で悪評価を避けるために

よくある質問の回答を用意しておくだけでなく、鏡の前で面接本番と同様に声に出して練習してみましょう。
せっかく回答の内容がしっかり練られていても、声が小さかったり、姿勢が悪かったりすると印象が悪くなってしまいます。
練習風景を動画で撮影しておけば、後で姿勢や話し方、表情などをチェックできます。

逆質問の対策も抜かりなく

面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれることを、「逆質問」といいます。この逆質問も応募者の印象を左右する重大な項目です。
今まで順調に回答できていても、逆質問への返答を誤ると台無しになってしまうため、しっかり対策をしておきましょう。

「何か質問はありますか?」はただの質疑応答ではない

「何か質問はありますか?」というのは、ただ質疑応答の時間を与えられたわけではありません。面接官は応募者の質問の内容から、自社への熱意を測っています。企業を徹底リサーチした上で質問を用意すれば、好印象に繋がるでしょう。
どのような質問をすれば良いのかは、下記で説明していきます。

こんな逆質問はNG!

以下の逆質問は評価を下げる恐れがあるため、避けましょう。

待遇面ばかり聞く

有給や福利厚生など、待遇面ばかりを聞くのは「仕事に興味がない」と見なされる可能性があります。逆質問はあくまでその企業や仕事に関することをメインに考えましょう。

Webサイトを見れば分かることを聞く

事業内容や理念など、Webサイトを見ておけば分かるような内容の質問は避けましょう。リサーチ不足という印象を与えてしまいます。
面接前は、企業のWebサイトを必ず隅々までチェックしておきましょう。

仕事へのやる気を疑われるような質問

残業やノルマの有無などを聞きすぎるのも、あまり印象は良くありません。確かに入社後の生活を考えたら気になるかもしれませんが、そのことばかりにこだわって質問していると仕事への意欲を疑われてしまいます。
どうしても聞きたい場合は項目を1つに絞りましょう。

特にありません

先述したように、逆質問は単なる質疑応答ではありません。
「特にありません」という一言だけでは、「自社に興味がなく、入社意欲が薄い」と捉えられてしまいます。企業への質問は、一つだけでも必ず用意しておきましょう。

好印象を与える逆質問

高評価に繋がる逆質問の一例をご紹介しますので、参考にしてください。

入社する前に勉強しておくべきことはありますか?

質問しながら「入社前に御社で活躍できる準備をしておきたい」という意欲を示すのは、好印象を残せる可能性があります。
ただし、あくまで「もしご縁があって」という謙虚な姿勢も忘れないことが大切です。

◯◯の経験を活かせる機会はありますか?

大学の勉強やアルバイト経験でマッチしそうなものがある場合は、業務に活かせるか聞いてみるのも効果的です。
逆質問でも「実際に働くイメージができている」ということを積極的にアピールしましょう。

新卒ですが、入社後に新規事業の◯◯に携わるチャンスはありますか?

事前のリサーチや説明会、面接官の話からも分からなければ、新しい事業に携われるかどうかを確認してみるのも良いでしょう。
ただし、明らかに配属予定の部署からかけ離れている事業の場合は言及を避けたほうが賢明です。

どうしても聞きたいことがなかったら

一生懸命考えてもどうしても質問を思いつかなかった場合は、「質問とは違いますが…」とワンクッションを入れ、自分のために時間を割いてくれたことへの感謝と入社意欲が高まったことを簡潔に述べましょう。
ただ「特にありません」と言うよりは、印象ダウンを防げる可能性があります。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!