「面接でよく聞かれる質問」を攻略して就活を卒業しよう

このページのまとめ

  • 面接でよく聞かれる質問の意図は、応募者の「人柄」「能力」「可能性」を知りたいから
  • 事前によく聞かれる質問に対する答えを準備しておくのも面接対策の1つ
  • 「質問はありますか?」と逆質問をされた際は、入社への意欲と企業への熱意を伝える
  • 「第一志望です」と胸をはって言えるように、企業研究と自己分析をしっかり行おう

就職の面接では、「志望動機は何ですか?」「あなたの長所と短所は何ですか?」といった質問が多いものです。企業によってはオリジナル仕様の質問もあるでしょう。面接官は質問の回答から、その人が企業にあった人材であるか判断しています。ここでは、よくある面接時の質問について詳しくご紹介。これから就活をはじめる人も、真っ最中の人もぜひ参考にして、面接に臨みましょう。



 

就活面接でよく聞かれるのはどんな質問?

就活の中でも、面接は難易度が高いため、多くの学生が面接対策を行っています。よく聞かれる質問だけをリサーチしたい、という人も少なくないでしょう。質問をすることで企業側が知りたいことは、「人柄」「能力」「可能性」といわれています。極力ミスマッチは避けたいと思うのが企業側の心。
よく聞かれる質問は応募者のオリジナリティを見るためにも、面接では欠かせない項目となっているようです。では、実際に面接のときにどのような質問をされることが多いのかを紹介します。

よく聞かれる質問

・志望動機は何ですか?
・どうして○○(職種)を希望しているのですか?
・学生のときに一番力を入れたことは何ですか?その理由は?
・学生時代に失敗した経験談と、それをどう乗り越えたのかを教えてください
・あなたの長所と短所を聞かせてください
・自己紹介/自己PRをお願いします・当社を選んだ理由は?
・○年後のあなたはどうなっていると思いますか?
・キャリアプランを教えてください

上記の内容は面接時に質問されることが多いので、事前に回答を考えておくと良いでしょう。

そのほかの質問

・あなたの一番苦手なことは何ですか?
・座右の銘は何ですか?
・あなたの夢をお聞かせください
・今までで一番感動した出来事はありますか?
・尊敬する人は誰ですか?
・あなたのモットーは何ですか?
・最近、気になっているのはどんなニュースですか?
・語学スキルはどれくらいですか?
・土日勤務をお願いすることもありますが大丈夫ですか?
・最近読んだ本はどんなものですか?
・リーダー業務の経験はありますか?
・なぜ、この業界で当社を選んだのですか?
・あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?・他にはどのような企業を受けていますか?
・結婚後も仕事は続けたいですか?
・当社の志望順位は何番目ですか?
・あなたを動物に例えると何ですか?
・あなたは色でいったら何色だと思いますか?
・1000万円あったら何に使いますか?

上記の内容も企業によっては質問されることがあります。

▼関連記事
就活でよく聞かれる質問とは?厳選20項目と回答のポイントを解説



 

質問の意図を理解しよう!

企業によって異なる面接の質問ですが、質問する側には明確な理由があります。質問の意図をよく理解して、面接対策を万全にしておくことが重要。では、いくつかのよくある質問を例に挙げて、その意図を紐解いていきましょう。

志望動機は何ですか?

志望動機は、企業への志望度を表す重要な項目です。入社の意欲を伝えるチャンスと捉え、自分の気持ちを正直に語りましょう。
意欲の高さから、企業で働くときのイメージに繋げている担当者もいます。入社後に即戦力となって活躍できそうか、やりがいを持って働ける人材かどうかを見極める場合もあります。

自己紹介をしてください

面接で自己紹介をするのは、応募者の人物像や能力、特徴を知りたいからです。
面接官は、履歴書上の応募者しか知りません。そこで、簡単に情報を聞き出せるのが自己紹介です。
自己紹介をするときのポイントは、履歴書に書いてある学歴や職歴以外の書かれていない情報を語ること。長々と伝えるのは避けたほうが良いでしょう。
短く簡潔に、かつ特徴を盛り込みつつ自分の個性をしっかりと伝えます。

自己PRをお願いします

自己PRから知りたいことは、応募者の人柄や能力、可能性など。自己紹介にプラスする気持ちでアピールするのが最適です。
自分自身の魅力を語る場所、という認識を持って思いの丈を語りましょう。また、資格や経験などのスキルを持っている人は、職業に関係するものの場合のみアピール可能です。
アピールしたい項目を事前にピックアップしておくことも重要なポイントになります。
さらに自己PRから知りたいことは、企業に入社したことを想定して、どんな活躍が期待できるのか、採用するとどのくらいプラスになる人材なのか、ということです。
自己PRは、企業を担っていく能力の有無を見るための質問でもあるため、会社の利益に繋がるような内容を盛り込むと良いでしょう。

長所と短所は何ですか?

長所と短所からは、応募者の人柄を詳しく知ることができます。また、自分自身を客観的に見ることができるのか、という点も注目されるポイント。
自分の性格を自覚しているかどうかが問われる質問ですが、それと同時に、今後に活かせる長所を持っているのか、短所を受け入れて問題を解決しようとしているのかも問われています。
長所と短所を語るときのポイントは、最初に長所を話し、次に短所、最後に短所をサポートする工夫を盛り込むことです。
具体例があればなお現実味が増して良いでしょう。

入社後にやりたい仕事はありますか?

就活生のやりたいことと企業の仕事内容にミスマッチがないかを確認するための質問です。また、入社後にやりたい仕事について聞くことで、企業への理解があるかも確かめられます。面接の前にはしっかりと企業研究をし、自分がその会社で何がしたいかを明確にしておきましょう。

あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?

この質問からは、自分の経験や知識が企業でどのように活かせるかを客観視し、話すことを求められています。メリットを考えるためには、自分の強みと応募企業の共通点を見つけることが大事です。この質問では企業にとって利益となる就活生であるかを判断しているので、共通点を見つけ、即戦力となるスキルや能力を的確に伝えると良いでしょう。

▼関連記事
就活で聞かれる質問はこれ!企業の意図やアピール方法



 

逆質問をされたときの答え方

就活時に面接官から「質問はありますか?」と、逆質問されることもあります。その場合の面接対策も必要。ほかの就活生と質問が被らないように、事前に2~3個ほど質問を用意しておくと良いでしょう。この項目では、効果が期待できる質問内容について紹介していきます。

会社で働いているイメージに繋がる質問

会社で働いているイメージに繋がる質問をすると効果的。たとえば、下記のような言葉を使用します。
・採用された場合は、〇〇部署に配属されると思いますが、最初の仕事内容はどういったことをさせていただけるのでしょうか?
・御社で○○の仕事をする際は、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか?
・私が培ってきた○○の経験は、御社ではどのような場面で活用することができるのでしょうか?
など

働いているシーンを相手に想像させることで、採用した場合のイメージを強く印象付けることができるでしょう。

意欲を盛り込んだ逆質問をする

働いているイメージではなく、意欲を盛り込んだ逆質問も良いでしょう。
どんなスキルや知識があった方が良いかを聞くことは、意欲があると捉えられる場合もあります。意欲を盛り込んだ質問をすることにより、「その企業に入社したい」という熱意も伝えられるでしょう。

質問しない方が良い内容もある

逆質問をされたときに、避けた方が良い質問もあります。それは、調べたら分かる範囲の情報を質問することです。たとえば、企業のサイトやパンフレットに書かれているような内容を質問するのは、企業について何も調べていないと思われてしまう可能性も。確認できる情報については、事前に目を通しておきましょう。

質問をしないことも避ける

質問したい内容がないからといって、「特にありません」という回答は避けるべきです。質問がないことによって、「企業に興味がないのかな?」と思われてしまう可能性も。そのため、何かしらの質問内容は考えておきましょう。

▼関連記事
新卒の就活生が使える逆質問例一覧!面接別、業種・職種別の例文集50



 

「第一志望ですか?」の質問にはどう答える?

企業側はエントリー数が少ないほうが「自分の進みたい道、入りたい会社をきちんと見つけられている」と判断するようです。だからといって、1社のみに絞って就活をするのは難しいでしょう。この項目では、「第一志望ですか?」の質問の意図や答え方について解説します。

第一志望かどうかを知りたい企業側の思いとは?

企業側が知りたいのは、応募者の熱意です。そのため、第一志望だと伝えた就活生は採用に一歩近づくことも。正直に「第三志望です」と答えた人は、採用が遠のいてしまう可能性もあります。それを恐れてウソをついてしまう人も少なくないでしょう。
面接官は多くの応募者の中から、企業に適した人材を見極めて採用する必要があります。せっかく良い人材が見つかっても内定を辞退されてしまったら意味がありません。内定辞退のリスクをできるだけ回避するため、面接では志望度に関する質問がよくされます。

企業への気持ちと興味をしっかり伝える

エントリーしているどの企業にも就職したい!という気持ちを持って企業研究を行い、さらに志望している理由を明確に伝えられるように準備しておくことが大切です。第一志望という枠にとらわれずに、すべての企業に興味を持って研究することが重要なポイント。就職先が決まらなかったら…という不安な気持ちから、数十社もの企業にエントリーする人も少なくないでしょう。しかし、その場合、気持ちの面で「第一志望ですか?」という問いに自信を持って答えることは難しいといえます。本当に興味のある企業だけに絞り、面接対策を練っておくことが内定をもらえる近道でしょう。

▼関連記事
就活で第一志望かどうか聞かれたらどう答えるのがベスト?



 

企業研究や面接対策により力を入れたい人はプロに相談しよう

面接でよく聞かれる質問の中には、企業に関するものもよくあります。

・当社の魅力は何だと思いますか?
・あなたが持つ当社のイメージはどんなものですか?
・当社に入社したら何をしたいですか?
など

上記のような質問では、答えるときに企業研究の成果が表れます。
企業側は、「第一志望なら、当社のことをよく調べているだろう」という思いから質問する場合もあるでしょう。また、企業と応募者の考えが一致しているかどうかを知るための質問でもあります。
「第一志望です!」と、自信を持って答えるためにも、企業研究をしっかりと行っておきましょう。

自分の力だけでは研究しきれない…という人は、就活のプロとしてさまざまなアドバイスを行っている就活アドバイザーに相談してみるのも一つの方法です。
キャリアチケットでは、企業研究だけではなく、マンツーマンでの相談やカウンセリング、面接対策、企業紹介など、さまざまなサービスを提供しています。
企業研究では、企業が求める人物像とあなたの強みのすり合わせ、アピール方法のブラッシュアップ、給与条件や転勤情報、一緒にはたらく人の特徴などの詳細説明を行うことが可能です。 一人で情報収集する時間を短縮して、就活を効率的に行いませんか?



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。