最終面接で聞かれることは?質問例&回答のポイントと必要な準備を解説

このページのまとめ

  • 最終面接では、企業との相性や入社意欲を確認する質問を聞かれることが多い
  • 最終面接では聞かれる質問の意図を理解し、企業の方針に沿った回答をすることが大切
  • 逆質問は入社する前提で考え、企業で活躍するヒントを聞く内容にすると好印象
  • 調べれば分かることや残業時間などは、逆質問で聞く内容として相応しくない
  • 最終面接前に「これまでの選考の見返し」「最新の企業情報や役員の確認」をしておく

最終面接で聞かれることは?質問例&回答のポイントと必要な準備を解説のイメージ

一次・二次面接と順調に進み、ついに最終面接!とはいえ、「最終面接とこれまでの面接との違いは?」「どんな質問をされるの?」と心配でいっぱいの学生もいるでしょう。
このコラムでは、一次・二次面接との違いや最終面接でよく聞かれること&回答のポイントを紹介します。また、評価アップに繋がる逆質問の例や最終面接前に必要な準備についても解説。コラムを参考に万全の対策をして、内定を勝ち取りましょう。

最終面接とは?

最終面接は、「学生が自社とマッチするか」「入社意欲の高さがどれくらいあるか」といったことを最終確認するために行われます。
まずは、最終面接の評価ポイントや面接官の種類、所要時間について確認しておきましょう。

評価ポイントは「企業との相性」と「入社意欲の高さ」

一次・二次面接では志望者の人間性やポテンシャルを中心に見られますが、最終面接ではこれまでの面接よりもさらに掘り下げた質問を通して「企業との相性」や「入社意欲の高さ」がチェックされます。それぞれの評価ポイントについて詳しく見ていきましょう。

企業との相性

企業は最終面接で、学生と自社との相性を一次・二次面接よりもさらにじっくりと見極め、最終確認を行います。
ミスマッチがあれば、企業にとっても学生にとっても大きなマイナスになりかねません。だからこそ、企業は最終面接でより深い質問をして、「学生が目指す方向性と自社の方向性が合っているか」「自社が求める人材であるか」「自社の社風とマッチしているか」といったこと確認するのです。

志望度の高さ

学生の志望度の高さも、最終面接での重要な確認事項の一つです。
企業側が「優秀な人材なのでぜ入社してほしい」と思い内定を出しても、学生の志望度が低く、内定を辞退されてしまえば企業にとっては大きな痛手に。また、志望度が低い学生は、入社しても早期退職してしまう可能性もあります。そういったリスクを避けるために、最終面接で学生の志望度の高さや熱意をしっかりと確認する企業が多いようです。

面接官は役員層や企業の重役

一次・二次面接では人事や配属予定先の社員が面接官を担当することが大半ですが、最終面接では役員や社長など採用の最終決定権をもつ責任者が担当するケースが多いようです。前述したとおり、最終面接は企業との相性や志望度の高さを見極めるのが主な目的となります。新たな人材の採否は企業の経営の根幹にも関わる重要事項であるため、企業の重役が判断を行うのが一般的です。

所要時間は企業により異なる

最終面接の所要時間は、企業によって異なります。
最終面接を役員などとの顔合わせの場と考える企業では、5~10分程度の短時間で終わることがあります。また、面接が始まってすぐに不採用が決まり、短時間で打ち切られてしまう場合も。
一方で、最終面接でも学生の人となりをじっくりと見極め、入社意欲を確認したいという企業では、30分~1時間程度にわたり面接が行われることもあります。
所要時間がどれくらいになるかは、実際に最終面接を受けてみないとわからないため、長さに関わらず対応できるように準備しておくことが必要です。

▼関連記事
最終面接の合格率とは?万全な備えのために知っておこう!

最終面接で回答する際に気を付けること

最終面接では、質問の意図を理解して企業の方針にあった回答をするのはもちろん、伝わりやすさを意識することも大切です。
以下で最終面接で回答する際に気を付けるポイントを解説します。

質問の意図を理解する

最終面接では、質問の意図を理解して適切な回答をすることが重要です。たとえば、「学生時代に努力したことは何ですか?」という質問には、学生の資質やスキル、企業での働き方を知りたいという意図があります。事前に最終面接で聞かれそうな質問をできるだけ多く挙げ、各質問の意図を考えたうえで、適切な回答を用意しておきましょう。このような準備をすれば、本番で予想外の質問をされても、素早く質問意図を理解して柔軟な対応ができるようになるはずです。

企業の方針に合った回答を心掛ける

最終面接では、企業との相性が重視されていることを踏まえて、企業の方針に合った回答を心掛けましょう。企業の方針から大きく逸れた回答内容では、「自社とマッチしない」「企業への理解度が低い」と判断されてしまう可能性が高くなります。最終面接の前には、改めて企業研究を念入りに行い、企業の方針や求める人材についてしっかりと確認しておきましょう。

伝わりやすい構成を意識する

最終面接の質問には、伝わりやすい構成を意識して回答することも大切なポイントです。以下の流れを基本として回答すると良いでしょう。

結論

まずは結論、つまり質問に対する回答の主旨を簡潔に伝えましょう。冒頭で結論を提示することで、その後の内容を理解してもらいやすくなります。

根拠

次に、冒頭で述べた結論の根拠を述べます。根拠には具体的なエピソードを用いると内容に説得力が増すのでおすすめです。

ビジョン

最後に、根拠として伝えた内容に絡め、企業でどのような働き方をしたいか、どのように貢献していきたいかを伝えて締めましょう。回答の最後で企業への熱意を伝えると印象が良くなります。

数字を用いて具体的に回答する

最終面接の回答では、数字を用いると面接官の印象に残りやすく、説得力も上がります。たとえば、「アルバイト先の店舗で売上20%アップを達成しました」「県大会で3位に入った経験があります」というように、数字を入れると回答内容をより具体的に伝えることが可能です。客観的なアピールにも繋がるので、意識して数字を使うと良いでしょう。

▼関連記事
役員面接を突破するには?面接官が見るポイントと質問例

最終面接でよく聞かれることとは?

最終面接で聞かれる質問は、これまでの面接とは異なります。
一次・二次面接では学生時代に打ち込んだことや挫折をしたことなど、これまでの経験に関する質問が多く聞かれますが、最終面接では入社意思を確かめるための質問が多い傾向にあるようです。
ここでは、最終面接で聞かれることが多い質問例と答え方のポイントを紹介します。

「自己PRと志望動機を改めて教えてください」

これまでの面接よりも、さらに内容をブラッシュアップして回答しましょう。
一次・二次面接とは面接官が変わるため、最終面接でも志望動機や自己PRを改めて質問されることが多いようです。また、学生の考え方や姿勢をより深く把握するために、これまでよりもさらに深堀りする質問をされることも。自分の考えを整理するという意味でも、最終面接前に自己PRと志望動機の内容を再度見直しておくことをおすすめします。

「弊社を志望する理由は何ですか?」

この質問に対する回答では、「その企業だからこそ入社したい」という理由をしっかりと伝えることが大切なポイントです。なぜ同業他社ではなく自社を志望するのかを知りたいという企業側の意図を踏まえたうえで、魅力を感じた志望企業ならではの特徴を伝えましょう。さらに、自分の目指す方向性や活かせる能力なども盛り込むと、面接官も納得する説得力のある理由になります。

「弊社が第一希望ですか?」

第一志望ではない場合は、「御社を含め3社の間で迷っています」「御社と同じくらいの志望度の企業が3社あります」といったように、率直な気持ちを伝えると良いでしょう。
本心を偽って「御社が第一志望です」と伝えても、表向きだけの言葉では面接官に見抜かれてしまいます。また、不誠実な印象を与え、マイナス評価に繋がる可能性も。こういった質問に対しては、企業への入社意欲を示しつつ、現状を正直に伝えるのがベターです。

「ほかに内定が出ている企業はありますか?」

「最終選考まで進んでいる会社が1社ありますが、第一志望は御社です」というように、選考状況を正直に伝えたうえで、入社意欲もしっかりアピールすると良いでしょう。この質問には、入社意思を見極めたいという意図があると考えられます。そのため、すでに内定をもらっている会社や、最終選考まで進んでいる会社があることを隠すような不誠実な回答は避けた方が無難です。

「弊社に入社したら挑戦したいことはありますか?」

意欲がしっかりと伝わるように「海外事業部の法人営業に興味がある」「ゆくゆくはマネージャーとして新入社員の育成にも携わりたい」といった具体的な例を挙げて答えることを心掛けましょう。入社後の業務意欲を確認する質問のため、漠然とした内容の回答では良い印象を与えません。具体的な内容の回答をすることで、意欲だけでなく企業への理解度もアピールできます。

「あなたの能力を弊社でどのように活かせると思いますか?」 

この質問への回答は、これまでの経験を通して習得したスキルを、企業のどのような事業や業務に活かせるかといったところまで落とし込んだ内容にする必要があります。また、具体的なキャリアプランも加えれば、「企業で仕事をする自分の姿をきちんとイメージできている」と評価アップに繋がるのでおすすめです。

「最近気になるニュース何かありますか?」

ただ「◯◯のニュースが気になります」というだけではなく、気になった理由やニュースに対してどのような意見や考えを持っているのかを伝えましょう。この質問では、興味関心を持って多くのニュースに触れているか、広い視野があるかといった点を見ようとしています。日ごろから社会の動向に関心を持ち、一つひとつのニュースについて自分なりの意見を言えるようにしておくと良いでしょう。

▼関連記事
最終面接の対策は何をすれば良い?質問例と質問意図も紹介

最終面接は逆質問で一歩リードしよう

この項目では、好印象を与える逆質問や避けた方が良いとされる逆質問を紹介します。
ほとんどの場合、面接終盤に面接官から尋ねられる「何か質問はありますか?」という逆質問。以下で紹介する質問例や注意すべき質問内容を参考にして、ほかの学生に差をつける逆質問を前もって準備しておきましょう。

好印象を与える逆質問例

好印象を与える逆質問のポイントは、企業で働くことを具体的にイメージした内容にすることです。以下で質問例を見ていきましょう。

<好印象を与える逆質問の例文>
・入社後の配属先はどのように決まりますか?
・入社までに身に付けておいた方がよいスキルや知識はありますか?
・御社で活躍されている社員の方にはどのような特徴や共通点がありますか?
・入社した場合の1日の業務の流れを教えてください
・アルバイトで〇〇の業務経験があるのですが、御社の事業で活かせますか?

企業が逆質問をする目的の一つは、入社意欲の高さを確認するためです。企業について知りたいことを聞かれたら、入社することを前提として質問するのはもちろん、入社後に活躍するためのヒントや企業理解を深めるための質問をすると、志望度の高さをアピールできます。

避けた方が良い逆質問例

逆質問で事前に調べれば分かる内容や残業時間、有給消化率などについて聞くのは、面接官の評価を下げてしまう可能性があるため避けた方が良いとされています。また、「特にありません」と返答するのはNGです。以下では、避けた方が良い逆質問とその理由、労働条件についてどうしても聞きたい場合の注意点を解説します。

事前に調べれば分かる内容

企業のWebサイトで調べればすぐに分かるような内容の逆質問は、「企業研究不足」「入社意欲が低い」と受け取られ、良い印象を与えません。企業の商品やサービスについて深く掘り下げたい場合は、Webサイトに掲載されている情報について理解していることを前置きしてから、具体的な質問をすることが重要です。

残業時間や有休の消化率

逆質問で残業時間や有給の消化率について聞くのも、「熱意が低い」「プライベート優先」と評価され、マイナスの印象を与えてしまう可能性があるため、避けた方が無難です。
どうしても質問したい場合は、「一日でも早く戦力になるために残業も積極的にする覚悟ですが、入社後の心構えをしておきたいので、配属予定の部署の方のおおよその退社時間を教えてください」というように、しっかりとやる気をアピールしたうえで質問をすると良いでしょう。

「特にありません」はNG

聞きたいことがないからといって「特にありません」と答えるのはNGです。逆質問は、単に疑問点を解決するだけではなく、自分をアピールする場でもあるということを理解しましょう。用意していた逆質問の内容について、面接中にすべて説明されてしまった場合は、面接官の入社理由や仕事のやりがいなどについて質問してみるのも一つの方法です。

▼関連記事
最終面接における逆質問とは?好印象を与えるポイントと例を紹介!

最終面接に向けての準備

最終面接の前には、これまでの選考内容を見返すことや企業の最新情報を確認するといった準備をしておきましょう。せっかく最終面接までたどり着いたのに、あと一歩のところで不採用となってしまうのはとても悔しいものです。以下で解説する内容を確認して、万全の態勢で最終面接に臨みましょう。

矛盾がないようにしておく 

最終面接で話す内容が、ESや履歴書、一次・二次面接で話した内容と矛盾しないように、事前に確認しておきましょう。内容に食い違いがある場合、面接官からの信用を失ってしまい、不採用になってしまうケースもあります。たとえ最終面接を担当する面接官が初対面の場合でも、面接内容は面接官の間で共有されているものです。一貫性のある話ができるように、これまでの内容を見返しておきましょう。

企業の最新情報や役員陣を確認する

最終面接前の準備として、企業の最新情報や役員陣について確認しておくことも欠かせません。
ES・履歴書の作成や一次・二次面接を受けたときから最終面接までの間に、企業情報が更新される可能性も十分に考えられます。最終面接で最新情報に関する質問をされたときに答えられなければ、企業への入社意欲が低いと判断される可能性も。また、企業の創業者や会長、社長、役員について把握していないのも、企業への理解度が低いとされ、マイナス評価に繋がりやすくなります。先述したとおり、最終面接は企業の役員が行うことも多いため、企業の最新情報に加え、役員陣についてもしっかりと頭にいれておくことが大切です。

▼関連記事
最終面接、受かる人と落ちる人の差って何?合否を分けるポイントとは

最終面接後はお礼メールを忘れずに!

最終面接後にはお礼のメールを忘れずに送りましょう。面接終了後、できるだけ早く送るのがポイントです。どうしても当日に遅れない場合でも、翌日の午前中までには送るようにしましょう。メールを書くのに時間がかかるという人は、最終面接後に面接での感想を加えるだけで送信できるように、大まかな内容だけ先に作っておくのもおすすめです。

最終面接のお礼メール文例

一般的なビジネスメールのマナーを踏まえ、感謝の気持ちと企業への入社意欲をしっかりと伝える内容にすることが大切です。以下で、お礼メールの文例を紹介します。

件名:◯月◯日最終面接のお礼(◯◯大学 氏名)

◯◯株式会社
人事部 採用ご担当 ◯◯様

お世話になっております。
本日最終面接をしていただきました、◯◯大学◯◯学部の(氏名)と申します。
本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

面接では、貴社の展望や新規事業について伺うことができ、
貴社についての理解がより一層深められたと感じております。

以前から貴社を第一志望としておりましたが、
最終面接を通して入社意欲がますます高まりました。
貴社に入社しましたら、貢献できるよう努力する所存です。

取り急ぎ、最終面接のお礼を申し上げたくメールをさせていただきました。
面接をしていただきました△△様にくれぐれもよろしくお伝えください。
ご多忙かと存じますので、ご返信にはおよびません。

末筆にはなりますが、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

-------------------------------------------------------------------
◯◯大学◯◯学部◯◯学科4年
氏名(ふりがな)
メールアドレス:△△△.xxxxx@◯◯.com
電話番号:◯◯◯-◯◯◯◯-◯◯◯◯
住所:〒◯◯◯-◯◯◯◯
東京都◯◯区◯◯1-2-3 ◯◯ハイツ201号室
-------------------------------------------------------------------

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする