最終面接での逆質問は、1次・2次と何が違う?

このページのまとめ

  • 1次、2次面接では、一般常識や仕事に必要な資質があるかが評価される
  • 最終面接では、人間性や会社との相性が評価される
  • 1次、2次面接の逆質問では、質問力や基本的な企業理解が評価される
  • 最終面接の逆質問では、会社への関心や意欲、自社との相性が評価される
  • 最終面接前には志望動機を練り直し、改めて企業研究をしよう

面接は1次、2次という段階を経て最終面接に進むのが普通です。就活をしていると当たり前のように感じるフローですが、複数回の面接が行われるのには、一体どんな理由があるのでしょうか?
コラムでは面接ごとの評価のポイントや、最終面接に必要な準備、有効な逆質問について解説。内定を目指す就活生必見の内容となっています。

 

1次・2次面接と最終面接の違い


企業によって面接回数は異なりますが、初期の面接と最終面接では評価基準に違いがあります。
まず、1次面接や2次面接といった初期段階の面接では、社会人としての常識があるか、仕事に必要な能力や資質があるかといった最低限の基準が評価されます。
面接官は若手社員や配属予定部署の社員であることが多く、実際の仕事に就いた時に力を発揮してくれそうか、次の面接官に会わせても問題がないかもチェックされるポイント。
1次面接では基本的な身だしなみを整え、明るく挨拶することで印象アップを狙いましょう。礼儀正しく丁寧な人柄が伝われば、評価につながる可能性が高くなります。

2次面接突破のハードルは1次面接より高く、1次での回答を深堀するような質問があるでしょう。面接の流れとしては、自己紹介や自己PRをもとにして、踏み込んだ質問をされるケースが多いよう。1次の面接官は若手社員、2次では中堅社員というのもよくあるパターンです。

最終面接では、社長や役員といった人が面接官となり、質問を行います。
質問内容は今までの回答をさらに掘り下げる内容となり、面接官はスキルや一般常識というより、その人の人間性や個性、会社との相性、意欲を見極めていると考えましょう。
採用の一歩手前にある最終面接では、実際に働くことを前提とした質問もあり、入社意欲を知ろうと企業理解を確かめる質問も予想できます。

よく、「最終面接は意思確認の場」という説がありますが、これは企業次第なので一概には言えません。企業によっては、それまでの面接ですでに合否は決まっており、最終面接は役員との顔合わせという場合もあるでしょう。
しかし逆に、優秀な人材を取り逃さないために1次・2次面接の合格基準は甘めにしておき、最終面接で厳しく判断するというケースもあり得ます。
規模の小さい企業では最初から役員による面接が行われることもあるので、事前に確認できる場合は面接フローをチェックしておきましょう。

▼関連記事
最終面接で必ず聞かれることは?二次面接との違いをご紹介!

 

最終面接と1次・2次の逆質問は何が違う?


逆質問とは、面接の最後に面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれる質問のことです。
逆質問は大抵の面接で聞かれますが、質問すべき内容や答え方のコツは最終面接とそれまでの面接で異なります。

1次・2次面接での逆質問

評価されるポイント

1次・2次面接の逆質問では、疑問点を簡潔にまとめて相手に伝える質問力やコミュニケーション能力、基本的な企業理解ができているかが評価されています。

質問の仕方

労働条件に関する質問は最終面接より前に確認しておくべきなので、1次・2次面接で聞いておきましょう。ただし、待遇や条件に関する疑問は聞き方に気をつけ、「条件だけで会社を選んでいる」という印象にならないように。
1次や2次では現場で働く社員が面接官となることが多いので、仕事内容や社風、キャリアについてなど、働く上で知りたいことを具体的に質問するのがおすすめです。

最終面接での逆質問のポイント

評価されるポイント

会社全体、事業全体に関心があるか、志望意欲がどれくらいかが評価されます。逆質問の内容によって、自社との相性が判断されることもあるでしょう。

質問の仕方

役員クラスが面接官になることを踏まえて、その立場の人だからこそ答えられる質問をすると良いでしょう。質問の例としては、長期的な経営戦略や事業・業界の将来性などがあります。

最終面接までに必要な準備


最終面接までに、以下の準備をして内定の可能性を高めましょう。

志望動機の見直し

志望動機は意欲や人柄が現れる項目なので、最終面接でも改めて質問されることが多いです。今までとおりに答えても、「それはなぜですか?」とより深く聞かれる可能性が高いので、志望動機は必ずブラッシュアップしておきます。
1次や2次面接で質問された部分はさらに内容を充実させ、より応募先の企業のカラーに合った志望動機に練り上げましょう。
ただ、今までの面接と全く違う回答すると、「一貫性がない」と評価されるので注意が必要。1次・2次面接と内容を変えるのではなく、さらに充実させるように意識しましょう。
それまでの面接で知った会社や仕事の特徴を踏まえると、より説得力のある志望動機に仕上がります。また、「会社に対してどんな貢献ができるか」を明確にすることで、魅力的な志望動機になるでしょう。

企業研究の掘り下げ

最終面接では企業理解を確かめる質問が頻出するので、改めて企業研究を行いましょう。
最終面接前の企業研究では、事業内容はもちろん、経営理念や社長の考え方を把握しておくことも大切です。最近では社長発信のSNSも存在するので、そういった情報も参考になるかもしれません。
最終面接でよくある質問の1つが、「この会社を将来どのようにしたいですか?」といった会社や事業の方向性を問うもの。企業研究で会社のデータを集めたら、会社や事業に対する自分の考えをまとめることが大切です。

▼関連記事
最終面接で落ちるのはなぜ?就活成功の秘訣教えます

 

最終面接で効果的な逆質問10選!


逆質問では、志望意欲や仕事への熱意を伝えることができます。基本的には自分が聞きたいと思ったことを質問すれば良いですが、ここでは「何を聞きたら良いかわからない」という人に向けて、質問の例をご紹介します。

「入社してから役立つスキルや資格はありますか」
「○○の資格を持っていますが、御社の仕事で活かすことはできますか」
「面接官の方々が若い時にしておけば良かったと思う勉強はありますか」
「新入社員のうちにやっておくべきことは何ですか」
「入社してから活躍する方の共通点を教えてください」
「御社で働く上で最も大切にすべきことは何ですか」
「面接官の方々が仕事をしていて一番嬉しかった瞬間は何ですか」
「御社では海外事業に力を入れられていますが、そちらに参加することはできますか」
「御社の強み、弱みは何ですか」
「○年後の経営ビジョンを教えてください」

例に挙げた質問では、仕事への熱意や企業への関心の高さをアピールすることが可能です。逆質問は企業の魅力を知り、面接官とコミュニケーションをとるチャンスでもあるので、ぜひ事前に準備しておきましょう。

▼関連記事
対策必須の逆質問!就活の際はしっかり準備しておこう

 

こんな逆質問は避けよう


逆質問はアピールのチャンスでもあるので、「特にありません」と言うのはできれば避けたいもの。聞こうと思っていた疑問が面接中に解決することもあるので、質問はいくつか準備しておくと良いでしょう。
それから、自分で調べればわかることを質問をすると、「企業研究が不十分、熱意がない」と評価されるので気をつけてください。企業のWebサイトや会社説明会で配布された資料をよく読んだ上で、質問内容を考えましょう。

逆質問が思いつかない、自分に合った企業がなかなか見つからないという方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは、専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、求人提案や面接対策の指導で内定までをサポート。
面接の日程調整をはじめとする企業とのやりとりも全て代行いたしますので、効率的に就活を進めることが可能です。
サービスのご利用は全て無料なので、一度アドバイザーと話をしてみませんか?

▼関連記事
新卒の就職活動で知っておきたい!逆質問って何?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!