「入社後にしたいこと」の回答のコツや質問の意図を解説【例文あり】

このページのまとめ

  • 「入社後にしたいこと」は、具体的な仕事内容を例に出して志望度を伝える
  • 「入社後にしたいこと」は、結論から話すと面接官に伝わりやすい
  • 「入社後にしたいこと」は、自分の強みを活かして会社に貢献できることを話す

「入社後にしたいこと」の正しい答え方とは?例文つきで解説のイメージ

面接で「入社後にしたいことは何ですか?」と質問されて、回答に困る就活生が多いようです。「入社後にしたいこと」は、具体的な仕事内容や、志望する企業でしか実現できない目標を伝えるのがポイントです。

この記事では、企業が質問する意図や回答のコツ、注意点を例文付きで解説します。回答文を作成する3ステップも解説したので、答え方が分からない方は参考にしてください。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

   
目 次

「入社後にしたいこと」を質問する面接官の3つの意図

面接官は、学生の「入社後にしたいこと」から下記3つのポイントをチェックしています。面接では、面接官の質問の意図を把握することが大切です。面接官が知りたいことを理解し、回答を準備しましょう。

1.入社意欲や志望度の高さ

企業側は、「入社後にしたいこと」から学生の自社への理解度や入社意欲をチェックしています。

「入社後にしたいこと」が曖昧な人は、そもそも企業について理解していない場合が多いようです。結果として予測やイメージで答えることになるため、実際の理念や業務とずれた答えを返す傾向にあります。

入社意欲を示すには、企業研究で理解を深める必要があるでしょう。

2.自社と就活生のマッチ度

企業側は、学生の「入社後にしたいこと」から自社とのマッチ度を確認しています。入社後にやりたいことが実現できない場合、早期退職につながる恐れがあるからです。

企業側は、長期的に活躍できる人材を求めています。自己分析や企業研究をもとに、自分の強みを仕事でどう活かせるのか考えることが大切です。

3.仕事に向き合う姿勢や価値観

企業側は、「入社後にしたいこと」から学生の仕事に対する価値観や姿勢を判断しています。したいことが具体的に決まっている人は、入社後も目標に向かって努力する可能性が高いです。

価値観や姿勢は、入社後の配属先を決めるポイントにもなります。「どのように会社貢献したいか」を具体的に述べ、面接官にポジティブな印象を与えましょう。

具体的にやりたい仕事を伝える方法は、「どんな仕事がしたいかと就活の面接で質問された際の答え方」でも詳しく解説しています。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

   

「入社後にしたいこと」を面接でアピールする3ステップ

「入社後にしたいこと」は、下記の3ステップを押さえて話すと要点が伝わりやすくなります。

1.結論から話して要点を分かりやすく伝える

最初に「入社後にしたいことは〇〇です」と、結論から入ります。結論から始めると、話の要点が分かりやすく伝えられるからです。具体的な仕事内容に絡めて簡潔に説明すると、より伝わりやすくなるでしょう。

結論から入らずにエピソードトークから始めると、面接官は「結局何が言いたいの?」という心情になってしまいます。「入社後にしたいこと」以外の質問でも、結論から話す意識を持ちましょう。

2.入社後の強みの活かし方を説明する

目標達成に向け、強みを活かして「会社にどう貢献できるか」を説明します。企業側は、採用後に何らかの利益を生み出せる人材を求めています。

強みの活かし方を伝える際のポイントは、「入社後にしたいこと」「企業の業務内容」「自分の強み」を関連させることです。自分の強みを活かしてできる具体的な仕事内容が伝わると、採用するメリットが伝わりやすくなるでしょう。

3.実現に向けて現在している努力を伝える

最後に実現に向けた努力を説明し、入社意欲をアピールします。「自分は企業のために努力できる人材だ」と伝えることが大切です。

ただ「頑張っています」と言っても伝わらないので、「何をどう頑張っているか」を具体的に説明しましょう。

また、現在の努力だけでなく、入社後に現場で学びたいという意欲も大切です。その場合は、現場で何を学びたいかアピールすると良いでしょう。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

   

「入社後にしたいこと」を効果的に伝える4つのコツ

「入社後にしたいこと」で好印象を与えるには、下記3つのポイントを押さえると効果的です。

1.具体的な仕事内容を話す

「入社後にしたいこと」は、企業の仕事内容と絡め、説得力を出しましょう。あくまでも仕事内容は、「企業で実現可能なこと」にするのが重要です。たとえば、国内にしかない企業に「海外で活躍したい」と壮大な話をする必要はありません。

企業の事業展開や方針、課題などを見極めたうえで、入社後に何ができるか考えてください。企業研究に加えて、OB・OG訪問で理解を深めるのも効果的です。

2.根拠を説明して説得力を出す

根拠を説明して、説得力を出すことも大切なポイントです。ただ漠然と「入社後にしたいこと」を伝えても、根拠がなければアピールにはなりません。根拠となる実体験を説明し、「したい」と思った背景に説得力を出しましょう。

経験や努力と関連させることで、入社後に活躍できる人材であることのアピールにもなります。

3.自分の強みと絡めて適正を示す

入社後にしたいことは、自分の強みと絡めると仕事への適性をアピールできます。「自分には○○という強みがあります。そのため、△△の仕事がやりたいです。」というように伝えると、面接官に伝わりやすいでしょう。

自分の強みを知るには、自己分析が必要不可欠です。自分の過去や現在を深堀りして、客観的に自分の強みを見極めましょう。

自己分析のやり方については、「【就活生向け】自己分析のやり方を解説!内定に近づく活用方法とは」を参考にしてください。

4.その会社でしか実現できないことを答える

面接官は、「なぜ自社を志望するのか」知りたいと思っているので、「その会社でしか実現できないこと」を答えましょう。ほかの会社でもできることを答えると、「企業研究できていない」「入社意欲が低い」とみなされる恐れがあります。

「御社でしか実現できないこと」を見つけるためには、応募先企業ならではの特徴を見極めてください。業界での立ち位置や同業他社との違いを調べ、応募先企業について多角的に分析しましょう。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

   

「入社後にしたいこと」を面接で伝える際の注意点

「入社後にしたいこと」は、答え方によってはマイナスイメージにつながる恐れがあります。下記で注意点を確認しておきましょう。

個人的な夢や目標を答えるのはNG

入社後にしたいことを聞かれた場合の答えとして、個人的な夢や目標は避けてください。面接官は、学生のプライベートな夢や目標を知りたいわけではありません。

「自社に貢献できる人材か」という点を見極めようとしているため、企業で活躍できるポイントを答えるのが重要です。どのように会社に貢献できるか具体的に説明し、入社後の働く姿をイメージしてもらえるようにしましょう。会社に貢献できる人材かどうかを伝えるためには、徹底的な企業研究が大切です。

企業研究のやり方については、「企業研究のやり方と就活に活かすコツを解説!効率的な進め方とは?」を参考にしてください。

ネガティブな内容は避ける

入社後にしたいことを答える際に、ネガティブな内容を伝えないようにしましょう。ネガティブな言葉を使用して質問に答えると、自信がないイメージを持たれやすいです。特に、以下の表現を使っていないかチェックしてください。

・経験が浅いので力になれるか分からない
・分からないことが多く自信がない
・上手にコミュニケーションがとれない

過度に謙遜する態度は、弱々しいイメージになりやすいため注意しましょう。

自分の強みが分からない場合は、自己分析をやり直すのも有効です。自己分析では、自分の強みや過去の経験の振り返りが可能です。短所や自信がないことよりも、強みをアピールできるように準備してみてください。

自己分析方法については、「今すぐ実行できる!自分を深く知るための自己分析法」の記事でもまとめています。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

   

「入社後にしたいこと」の回答例文5選とNG例文

3つの業種別「入社後にしたいこと」の例文は下記のとおりです。

例文1.商社

私は入社後、貿易事務として世界中の人とモノをつなげたいと考えています。大学では1年間フランスに留学し、海外における日本製品の人気に驚きました。高品質で安全な日本製品を求める人は多いため、世界中に届けるサポートがしたいと考えるようになりました。

私の強みは、留学で鍛えた語学力と、誰とでも気軽に話せるコミュニケーション力です。スムーズに業務に取り組めるよう、現在は貿易実務検定C級取得に向けて勉強しています。御社で実務経験を積み、貿易事務のスペシャリストとして業績拡大に貢献したいです。

例文2.IT業界

私は入社後、VR開発に携わりたいと強く思っています。大学1年次にVR体験イベントに参加し、臨場感に魅了されVRゲームに熱中してきました。自分も作ってみたいと考え、大学3年次には独学でUnityを使いVRゲームを開発しました。

現在はプログラミングスクールに通い、開発に必要な言語を勉強しているところです。御社は「ITと介護の融合」を掲げ、VRゲームで高齢者の心身活性化に貢献されています。入社までに必要な知識とスキルを習得し、高齢者が楽しめるVRプログラムを開発したいと考えています。

例文3.製造業(食品メーカー)

私は入社後、小売店への営業を担当したいと考えています。大学ではボート部のマネージャーとして、選手の食事管理をサポートしてきました。栄養管理がパフォーマンスに影響することを実感してから、食を通して人々の健康を支えたいと思うようになりました。

御社は手軽にとれる栄養食品を展開し、特にお年寄り向け商品に注力されています。御社の商品を多くの高齢者の方に届け、心身の健康を支えたいと考えています。入社後は、マネージャーで培った観察力と対話力を活かし、取引先の課題を抽出し、検証したうえで商品や販売方法を提案していきたいです。

例文4.営業職

私は入社後、クライアントとの深い関係を築ける深耕営業を務めたいと考えています。大学時代の居酒屋のアルバイトでは、現状の課題を分析し、計画を立てて売上を伸ばすことを意識していました。また、ゼミでは統計学を学び、分析することも学びました。

御社は既存のお客様との関係を大切にし、新規商品の開発にも力を入れていると伺いました。日々グレードアップする商品を、自信を持って多くのお客様に知ってもらいたいと思います。営業として深い対人関係を築ける社会人になりたいです。

例文5.事務職

私は入社後、御社の〇〇を売る営業のサポートをする営業事務を務めたいと考えています。カフェのアルバイトでは売上の報告書作成や仕入れ管理などの事務作業全般に携わりました。

書類作成の正確さや迅速なコミュニケーション能力を活かし、御社の商品を多くの人に使ってもらい、お客様満足度の向上に繋げていきたいです。また、現在は簿記1級の受験を控えています。入社後も、事務処理能力を上げ、スキルアップに繋がる勉強をしたいです。

NG例文1

私は入社後、貯金をしたいと考えています。お金を稼ぐことを一つのモチベーションにして、成績を上げて会社の利益に貢献します。

大学のアルバイトの給料では貯金が難しく、なかなか貯まりませんでした。社会人になったら、親孝行や自分の趣味に時間を使えるように、貯金に励みます。

解説

この例文では、貯金という個人的な目標を掲げています。素晴らしい目標ではありますが、企業からすると、会社貢献に繋がりません。入社後にしたいことは、単なる個人的な目標ではなく、企業の利益や貢献につながる内容にしましょう。

NG例文2

私は入社後、エンジニアとしてIT関連のエキスパートになりたいと考えています。御社の出すアプリはどれも魅力的で、私が作るアプリも御社から提供してもらいたいです。

コミュニケーション能力の低さを技術で補い、良質なWebアプリを作るための学習を怠りません。学生時代は3つのアプリを完成させ、合計で1万ダウンロードを超えました。入社後もエキスパートとしてニーズのあるアプリを多く作り上げ、人々の生活の一部になりたいです。

解説

この例文では、抽象的な表現が目立ちます。また、コミュニケーション能力の低さを伝えると、ネガティブな印象に繋がりかねません。「IT関連のエキスパート」を具体的な表現に直し、自分を採用するメリットを入れると良いでしょう。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

   

「入社後にしたいこと」の質問に対する答え方にお悩みのあなたへ

「入社後にしたいこと」を答える際は、自分の強みと絡めて適正を示すのがポイントです。可能な限り具体的な表現を使い、ネガティブな内容は避けてください。

就活生のなかには、自分なりの「入社後にしたいこと」の回答にお困りの方も多いでしょう。そのような方には、就活エージェントの「キャリアチケット」がおすすめです。

キャリアチケットでは、「入社後にしたいこと」だけでなく、「学生時代に力を入れたこと」「志望動機」など、よくある質問に対する回答の添削を行います。また、模擬面接やグループディスカッション、面接対策なども実施。

「入社後にしたいこと」や面接の回答方法でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

「入社後にしたいこと」の回答を考える

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。