面接官を惹き付ける志望動機とは?回答例とNG例を合わせて紹介

このページのまとめ

  • 面接で志望動機が問われるのには、会社と応募者のミスマッチを防ぐ意図がある
  • 志望動機を面接の場で伝える際は、結論→根拠→どう貢献できるかの順番で伝える
  • 「なぜその企業なのか」を明確にすると、説得力のある志望動機になる
  • ただの企業説明のような志望動機にならないよう注意する

志望動機を面接で話す際のポイントや、例文をご紹介しています。「どのように伝えれば効果的にアピールできるか知りたい」という就活生の方はぜひお役立てください。その他、履歴書に記載した志望動機を面接でそのまま伝えるのはありなのか、どういった志望動機が減点されやすいかなど、面接に臨む上で気になる疑問を解消します。
 

面接で志望動機が問われる3つの理由

まずは、面接でなぜ志望動機が問われるのか、その理由をみていきましょう。面接官の視点の理解は、面接を突破する上で非常に重要ですよ。

「とりあえず応募してみた」という人をはじくため

新卒採用は、大学や短大、高校、専門学校などの卒業見込みであれば、基本的に誰でも応募できるようになっているため、「何となく気になるから応募してみた」という人も多いでしょう。そして、とりあえず応募したという人の多くは、真剣に受けに来ているわけではないので、志望動機が固まっていないことが多いものです。企業はできる限り志望度の高い人材を採用したいと考えていますから、「とりあえず応募」の学生をはじくために面接で志望動機を問います。

会社と応募者のやりたいことが一致しているか確認するため

会社側は志望動機の内容から、応募者のやりたいことを把握する必要があります。なぜなら、応募者が会社に入ってやりたいことと、会社の事業方針が一致していなければ、入社後にミスマッチが起こってしまうためです。たとえば、海外で活躍したい人が日本市場のみで勝負するタイプの企業に入っても、自分の望む働き方は叶わないでしょう。こうなると、すぐに辞職してしまう可能性があるため、企業の方針と合うかふるいにかけているのです。

応募者の人柄と社風がマッチするか確認するため

志望動機の内容からは、応募者の人柄も見えてきます。たとえば、「若手でも実力次第で大きな仕事を任せてもらえる部分に惹かれた」という応募者には、上昇志向やハングリー精神が感じられるでしょう。これが会社の求める人材と一致していれば、評価される可能性は格段に上がります。

▼関連記事
面接で志望動機を訊かれる理由は?効果的な伝え方を解説
 

履歴書に記載した志望動機を面接でそのまま伝えるのはあり?

志望動機は履歴書に書いてあり、面接官も目を通しているはずですが、面接でも同じ内容を話しても良いのでしょうか。

基本的には同じ内容の志望動機で問題ない

結論からいうと、志望動機の内容を変える必要はありません。むしろ、応募書類と大きく異なる志望動機を話してしまうと、「一貫性がない」と判断され、評価が下がってしまう可能性も。そのため、書類に記載した内容と関連性がない志望動機を話すのは控えたほうが良いでしょう。
ただし、書類に書いた内容を丸暗記して伝えると、暗唱しているような印象になり、入社意欲が伝わりづらくなってしまいます。話したいことの要点やエピソードのみを押さえておき、その場でうまくまとめられるのが理想です。

応募書類に書いた内容をさらに具体的に伝えられるかが重要

基本的には、書類に記載した内容をそのまま伝えるで問題ありません。しかし、面接は採用担当者と直接会って自分をアピールできるチャンスですから、一歩踏み込んだ具体的な話を添えられると、より面接官の心に響く内容になるでしょう。
もし、履歴書でスペースが足りず記載できなかった内容があるなら、面接でその内容を付け加えてみてください。伝えたいことはすべて書類に記載したという方も、より良い内容にするために、さらに具体的に伝えられないか、分かりやすい表現に変えられる所はないかなど、ブラッシュアップをおすすめします。
 

面接での志望動機の伝え方

実際に面接で志望動機を伝える際には、どんな点に注意すべきなのでしょうか。

「結論→根拠→どう貢献できるか」の順番で伝える

自分の話を相手に分かりやすく伝えるためには、まず結論から述べましょう。話を聞く側からすると、ゴールの見えない話を長々とされても何が言いたいのか分からず、内容が頭に入ってこないからです。また、結論を簡潔に述べた後は、なぜその結論に至ったのか根拠を話し、最後は「どう貢献できるか」「入社後の展望」を添えて締めくくりましょう。まとめると、以下のような流れになります。
 
・「御社を志望した理由は、○○だからです」(結論)
・「なぜなら私は~」(根拠)
・「もし入社できたら、○○に取り組みたいと思っています」(どう貢献できるか)

なぜその会社に応募したのかを具体的に伝える

志望動機の内容に「その業界を志した理由」はあるのに、「その会社を選んだ理由」は無いという人が多くいます。
なぜその会社でないと駄目なのかを明確に話せないと、「同業界ならどの会社でも良いのではないか」と思われ、入社意欲が伝わりにくくなってしまいますので、応募した会社を選んだ具体的な理由は必ず盛り込むようにしましょう。

事業内容および取り扱っている商品への共感を示す

会社独自の商品やサービスを取り上げ、それを志望動機と関連させれば、「御社だからこそ働きたい」という意思をアピールすることができます。とはいえ、好きだからという理由だけでは具体性に欠けるため、あまり説得力がありません。「御社の商品を実際に使い...」といった実体験を話すなど、会社の商品やサービスと自分を結ぶエピソードを交えて伝えましょう。

将来の目標や展望を盛り込む

具体的な自分の目標や展望を話し、その目標と会社の強みをリンクさせることで、採用担当者を納得させるのも効果的です。たとえば、「○年後には、○○のポジションに就きたい」といったキャリアプランを挙げ、会社独自のキャリアパス制度に魅力を感じていることをアピールすると、「なぜうちの会社なのか」という採用担当者の疑問を解消できます。
ただし、その目標に向けてどのような勉強をしているかも合わせて伝えておかないと、嘘っぽくなってしまう場合があるので注意しましょう。

▼関連記事
入社したい理由を明確に!評価される志望動機の作り方
 

人事に評価される志望動機の例文

ここでは、どのような志望動機が人事に評価されやすいのか、例文を2つご紹介します。志望動機を作成する際の参考にしてみてください。

企業理念への共感を盛り込んだ志望動機例

「地域の発展に貢献する」という企業理念に共感したため、御社を志望しました。
私は親の転勤が多かったため、さまざまな都府県で暮らした経験があります。そこで感じたのが、町の発展度合いが地域によって全く異なることでした。そんな中、ある地方都市で、家の近所に大型の商業施設が建てられることが決まった後、急速に住宅やマンションなどが増え、近隣が栄えていく様子をみました。
私はこの時、「地域を発展させるには、土地や建物をどのように利用するかが重要なんだ」ということを実感し、不動産業界に興味を惹かれるようになりました。
御社のビジネスは、地域の発展に核を与えて、地域に大きく貢献するビジネスだと思います。御社のテナント事業や土地開発などを通して、私も地域の発展のために尽くしていきたいです。

・作成のポイント
「企業理念への共感」は誰でもできることであり、かつ他の会社でも使い回しやすい印象を受けます。そのため、実体験を交えた具体的な内容にし、説得力を持たせることが大切です。

企業の社風と自分の長所を合致させた志望動機例

御社を志望した理由は、個人の成果に重きを置いた評価制度に魅力を感じたからです。
私は学生時代、家電量販店で携帯電話販売のアルバイトをしていました。そこでは、契約を取った件数に応じて時給が上がり、より責任あるポジションを任せてもらえるという制度があり、やりがいを持って働くことができました。
この経験から、私のモチベーションの源泉は、「結果を出すことで高く評価され、より高い目標に挑戦する機会を得られること」だと気づいたため、これを自分の企業選びの軸としています。営業職を選んだのは、人と話すのが好きで、コミュニケーション力に自信があるためです。
御社においても、積極的に知識を吸収しながら、自らのパフォーマンスを十分に発揮し、会社の発展に貢献していきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

・作成のポイント
企業の社風や環境、制度を理由に志望動機を作る場合は、「自分がその環境のもとで力を発揮し、企業に貢献できる」ということをアピールしましょう。

▼関連記事
就活の要!志望動機の書き方・例文4つ
 

人事に響かない志望動機NG例3選

最後に、人事からの評価が低くなりやすい志望動機の特徴をご紹介します。自分の志望動機が以下のような内容になっていないか、面接前にしっかり確認しておきましょう。

1.ただの企業説明になってしまっている

「会社のどこに魅力を感じたか」を伝えようとするあまり、会社についての説明を延々としている志望動機になっているケースです。
会社側は「何に魅力を感じたか」だけでなく、「なぜ魅力を感じたか」を知りたいです。もちろん、ある程度の企業理解は求めているでしょうが、企業についての話だけでは、応募者の気持ちが見えないため、あまりいい評価は得られないでしょう。

2.受け身の姿勢が強い

志望動機で、「御社で学びたい」と話す人がいますが、これもあまり良い印象にはならないので避けたほうが良いでしょう。
なぜなら、自発的に努力する気がなく、受身の姿勢が強いと思われてしまう可能性が高いためです。会社は学校と違い、給与をもらって働く場所ですから、積極的に学んでいくことは、社員の務め。もし、スキルアップに対する意欲を示したいなら、具体的に学びたいことを示した上で、「企業の成長に貢献したい」といったアピールの仕方をすれば問題ないでしょう。

3.ネットや参考書にある例文を使っている

人事はこれまで多くの応募者と面接を行ってきていますし、中には就活サイトやマニュアル本をチェックしているという人もいます。そのため、ネットや参考書などに載っている志望動機を話しても、「応募者自身の言葉ではない」とすぐに見抜かれてしまうでしょう。どういう構成で作れば良いか、どういった表現ができるかなどを参考にする分には問題ありませんが、そのまま真似するのは絶対にやめましょう。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!