総合・専門商社への就職につながる志望動機とは

このページのまとめ

  • 商社への就職を志望する大学生はとても多い
  • 商社には総合商社と専門商社の2種類がある
  • 商社が求める人材は、柔軟性と積極性に富んだ人
  • 理想の志望動機には、読み手や聞き手を引き込む説得力がある
  • 志望動機には、自身のエピソードや意欲、ビジョンなどを織り込む

就活生から不動の人気を誇る「商社」は、みんなが注目する分、競争倍率も高い傾向にあります。
このコラムではそれを踏まえ、商社へ就職志望される方は、どのような前準備が必要なのかということを詳しく見ていきます。
まずは、商社の概要について確認していきましょう。そのうえで、どんな人材が求められているのか、どのような志望動機が理想的なのかということに言及していきます。

商社とは

商社とは輸出入貿易を通し、国内外でトレーディングや事業投資、その他ビジネスを行っている会社のことです。
会社といえども、経済界では「商社」という業界カテゴリーがあるほど、大きな規模を誇っています。2017~18年の業界規模は80兆を優に超越。国内でも最大級の業界だといえるでしょう。

また、商社には「総合商社」と「専門商社」の2種類があります。それぞれについて見ていきましょう。

総合商社

総合商社では、食料品といった私達の生活に身近なものから、資源やエネルギー開発といった目に見えづらい商品まで、グローバルな規模で取り扱ってます。多種多様な商品を取り扱っているのが「総合商社」の特徴だといえるでしょう。

現在、日本では、三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅・豊田通商・双日の7社が総合商社だとされています。7社ともビジネスの世界だけではなく、世間的にも高い知名度がある会社です。

専門商社

専門商社では、食品、繊維、機械、医療など一つの分野に特化した商材や商品を取り扱っています。専門性を生かした事業が強みといえるでしょう。

また、総合商社が7社なのに対し、専門商社は数多く存在しています。独自の専門商社はもちろんのこと、総合商社やメーカーの子会社、系列会社の専門商社など種類も規模もさまざまです。

▼関連記事
商社とは?どういった仕事をしているのか解説します!
 

商社で求められる人材

商社で必要とされる人材やスキル、その理由について見ていきます。

行動力

商社で活躍するには、業務における行動力が必要です。各種プロジェクトを進めていると、なにかしら決断を要したり実際に動くことを求められたりする場面が多々あります。
また、自らがリーダーシップをとって率いることもあるでしょう。アグレッシブな気持ちと行動力をもって、対応できる人材が求められます。

コミュニケーション能力

商社の社員に必要なスキルとして、コミュニケーション能力が挙げられます。業務において商品を売り込んだり、新しい情報を得たりするには、取引先とのスムーズなやり取りが求められるからです。

外国語に堪能、弁が立つ、という人は先方へ伝えたいことは言えます。しかし、そこに人間味が介在しないとドライなやり取りになり、信頼関係の構築は難しいでしょう。
情報や商品をやり取りすることは大切ですが、まずは目の前の人に信頼してもらうことが先決です。つまり、商社マンとして成功するには語学力や話術はもちろんのこと、コミュニケーション能力がキーポイントといえます。

商社を志望している人は、普段から相手のことや話に興味をもって会話を拡げる、こまめに電話やメールでやり取りをする、といったことを心がけると良いでしょう。

柔軟性と先見性

商社では、何事にも臨機応変に対応できる人が活躍できるでしょう。
日本や世界の情勢は日々動いています。商社には、その変化を敏感にとらえ的確に対応できる人物が必要です。
また、どこよりも先んじて新たなビジネスを興すため、既存の枠にとらわれない積極性や先見性も評価される傾向にあります。

▼関連記事
商社を目指す人へ!選考フローと就職に必要な条件
 

商社の志望動機を書く時のポイント

商社への志望動機を効果的にアピールするには、いくつかポイントがあります。前準備の段階でしっかりと押さえておき、志望企業からの内定を目指しましょう。

なぜ商社業界なのか

企業への想いを先走らせず、まずは、なぜ商社業界を志望するのかを明らかにすることが大切です。業界の特徴にふれつつ、商社で働きたい理由を述べると、動機に説得力が増し効果的でしょう。

なぜその企業なのか

次に、なぜ当該企業なのかを明記しましょう。専門商社に属する企業であれば、取り扱っている商材に注目しながら希望理由を述べると企業への訴求に繋がります。

総合商社の場合は、企業の特徴、強みとしている分野、ビジネスの展開状況等に触れながら理由を述べましょう。専門商社と総合商社、いずれであってもオリジナル性への言及がポイントです。

どのように活躍できるか伝える

志望企業において、自分は何をできるのか、どのような貢献をしたいのか、といったことを述べましょう。意欲の高さを全面に押し出すことが企業へのアピールになります。
また、気持ちばかりではなく、仕事に役立つスキルを修得しておくのも高評価です。

根拠となる具体的なエピソードを交える

志望するきっかけとなった出来事を交えてアピールしましょう。述べられる範囲で構いませんので、自分の経験やエピソードを交えると、動機に真実味や深みが増します。

入社後の目標やキャリアビジョン

入社後の目標や描いている未来像がはっきりとしているのならば、「こうありたい」というニュアンスで動機に付け加えてはいかがでしょうか。仕事に対する意識が高い人物といった印象が与えられるかもしれません。
また、キャリアビジョンを掲げると、なりたい自分になるための方法が自ずと見えてくるでしょう。

▼関連記事
商社への内定につながる志望動機の書き方とは
 

志望動機の例文

志望動機を書くときは、前々項で紹介した「求められる人材」と前項で示した「ポイント」を意識して、自分の資質を紹介しましょう。期待ができる人材だ、というイメージ付けが大切です。

例文

私が商社業界を志す理由は、「物」を本当に必要としているエリアへ流通させたいと考えているからです。
私は大学時代に、バックパッカーとしてよく海外を旅していました。そのような中で、食物や物品が不足している地域を目の当たりにし、大きな衝撃を受けました。
どのように便利な商品でも、必要である人たちの手元に届かないと意味を成しません。開発に関わった方たちの努力まで損なうことになると思います。
私は、多くの人が快適な生活をおくれるよう、良品を国内外へしっかりと流通させることを通じて貢献したいと考えています。

この例文は、具体的なエピソードを織り込みながら、商社への志望動機が綴られています。これはプラスポイントだと言えるでしょう。
「〇〇という理由で志望しています」というだけの志望動機では、説得力に欠けてしまいます。自身の体験に基づいたエピソードを添え、相手の心に響く志望動機を目指しましょう。

商社を目指しているものの、倍率が高いため一人で対策を練るのは不安という方は、キャリアチケットに相談されてはいかがでしょうか?キャリアチケットでは、優秀な就活アドバイザーが相談者一人ひとりの気持ちに寄り添ったサポートを行っています。
どんな些細なことでもかまいません。まずは、お気軽にご連絡ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする