定番人気の専門商社、志望動機を作成するときのポイントは?

このページのまとめ

  • 専門商社はトレーディング事業が主体
  • 「メーカー系専門商社」「総合商社系専門商社」「独立系専門商社」の3タイプがある
  • 新卒入社は主に「営業」か「事務職」に配属される
  • 志望動機は「業界研究を行う→企業研究を行う→活かせる強みを整理する」の3ステップで作成する

機械から食品まで、さまざまな業界で活躍する専門商社は、総合商社に負けず就活生から人気です。このコラムでは専門商社を目指す学生に向けて、効果的な志望動機の書き方を紹介しています。専門商社にはどんな特徴があり、どんな人物が求められているのでしょうか。下記をチェックしてみてください。



 

専門商社とは

商社には総合商社と専門商社の2種類がありますが、取り扱う商品やサービスが特定の業界で50%以上を占めている場合は専門商社となります。

専門商社は扱う商品やサービスが限定的な分、質やニーズに対して深く掘り下げていくのが特徴です。逆に総合商社は業界を特定せずに、広く浅く商品を展開しています。

専門商社の事業内容

商社の主な事業内容はトレーディング(仲介)事業と事業投資ですが、専門商社の場合はトレーディング事業がメインです。

コストと品質を整えながら、商品の製造元、小売業者やメーカーなどに対し、物流管理と販売を行います。中には仲介だけにとどまらず、専門知識を活かして、ファイナンスやコンサルティング行う企業もあります。

また、専門商社のタイプは下記の3つに分類できます。

・メーカー系専門商社
・‌総合商社系専門商社
・独立系専門商社

メーカー系専門商社は、特定のメーカーがバックにつき、そのメーカーの商品を売ります。売るべき商品が決まっている、業績をメーカー支えてくれるなどの安定感が特徴です。

総合商社系専門商社は、総合商社の特定分野を担うために子会社化した専門商社のことを指します。総合商社は規模が大きくなると、小規模案件や小口取引、ニッチな商品を取り扱うのが難しくなるので、これらの業務を専門商社に任せています。

独立系専門商社は、独自に特化した強みやコネクションを持ち、単独で事業を行う専門商社です。

人気のある専門商社

専門商社の分野は幅広く多岐にわたりますが、中でも機械、鉄鋼、繊維、食品などが人気です。その他、大企業グループの商社や歴史のある老舗の専門商社など、経営基盤が安定している企業を志望する就活生が数多くいます。

専門商社の主な職種

新卒の社員が配属される専門商社の主な職種は、「営業(総合職)」と「事務(一般職)」の2種です。

商社の営業の仕事は、自社に有益な取引を可能とする生産者を国内外問わず探すことです。扱う金額が大きく、海外での取引が発生することもあり、やりがいと達成感を得られる職種と言えます。

反面、残業が多かったり、転勤や移動で海外に駐在することもあったりなど、生活環境に影響を及ぼす可能性も高いです。

事務の仕事は、伝票記入や商品発送、電話対応や来客対応など営業のサポートが主です。能動的に動きながら、正確に迅速に業務を進める能力が求められます。また、営業と比べて残業が少ない傾向にあります。

専門商社で求められること

特定分野のエキスパートとして活躍できることが、専門商社の魅力の根幹です。商材の新しさよりも手法の新しさ、取引の拡大に向けた顧客との関係性づくりなどが求められます。

また、海外の生産者とコミュニケーションを取る機会も多く、英語スキルを持っている人は仕事に活かすことができます。



 

志望動機を作成する3ステップ

志望動機を作成する際には、下記の3ステップで進めていくと効果的です。

1)業界研究を行う
2)企業研究を行う
3)活かせる強みを整理する

以降、項目ごとに詳細をまとめましたのでチェックしてみてください。

1)業界研究を行う

まず最初に、総合商社ではなく専門商社を選ぶ理由を明確にしましょう。そのためには、総合商社との違いを踏まえた上で、専門商社の事業内容、社会的役割などを深く理解する必要があります。業界研究を進め「なぜ専門商社を志望しているか」という部分を掘り下げましょう。

さらに、専門商社の中でも「なぜその分野を志望しているのか」を考えます。商材の魅力、能力的な相性、将来性など、その分野に惹かれている自分なりの理由を浮き彫りにしましょう。

このとき、過去の経験に基づいた考えや、社会貢献に対する思想などを踏まえた理由であることが大切です。単純な興味だけでは志望動機として印象が薄いので、注意してください。

2)企業研究を行う

次に、数ある専門商社の中でその企業を選んだ理由を明確にします。「その理由なら他社でも良いのでは?」と採用担当者に思われてしまう内容では不十分です。

同じ商材を扱う競合との比較をしながら、志望する企業の特徴や強みなどをしっかりと研究しましょう。その上で、自分なりの決め手をきちんと把握しておくことが大切です。

3)活かせる強みを整理する

最後に、その企業で活かせる自分の強みは何かを整理します。ここで重要なのは、企業の価値観や特徴にマッチしたアピールにすること。

たとえば中国語や韓国語が得意な場合、アジア圏に強い企業であればアピールが有用ですが、欧州圏で活躍している企業では効果が薄いです。

自分のスキルと企業の特徴をすり合わせ、きちんとマッチングさせておきましょう。

ここまで紹介したことを踏まえて、下記にて志望動機の例文を紹介します。



 

志望動機の例文その1

私は、ビルのメンテナンスサービスという立場から人々の生活を支えたく、貴社を志望いたしました。

ビルは人々が仕事をする場所であり、暮らしの一部です。大学では生活環境経済学部に所属し、日々の豊かさが仕事に与える影響について専門的に学びました。

貴社のビルメンテナンス機器・技術は、信頼性、シェア率ともに国内トップの商品・サービスです。入社後はきめ細やかなメンテナンスによって、心地の良い空間を提供し、顧客満足に繋げる仕事をしたいと考えております。

解説

上記のように、企業の事業内容について理解を示し、自分の専門とすり合わせてアピールをすると有効です。このとき、「シェア率トップ」などのような、競合との比較で見える企業の強みを含めておくと説得力が増します。



 

志望動機の例文その2

私は貴社が扱う国内産の肌着をグローバルに展開したいと考え、志望いたしました。

大学2年生で英国に留学をした際、海外では洋服におけるメイド・イン・ジャパンへの信頼度が高いことを知りました。特に下着や肌着といった直接肌に触れるものは富裕層が好んでおり、将来的に大きなマーケットとなる可能性を感じています。

貴社は繊維のマルチプレーヤーとしてアジア圏で成功を収め、今後は欧州に向けた事業展開を掲げております。入社後は、留学で身につけた英語力を活かし、貴社の輸出業に貢献したいと思います。

解説

上記のように、過去の体験に基づいた考えを志望動機に繋げると説得力が増します。さらに企業の事業方針に合わせ、英語力というスキルをアピールすることで印象が上がるでしょう。

ここまで専門商社の志望動機について、ポイントを紹介してきました。

その他の業界についても、「志望動機の書き方で悩んでいる」「客観的な意見がほしい」などと考えている人は、キャリアチケットまでご相談ください。就活にまつわるあらゆる悩みに寄り添い、スムーズにサポートいたします。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。