ESで差がつく!志望動機のポイント&構成を紹介

このページのまとめ

  • 企業が知りたいのは「入社意欲」がどれだけ高いか
  • 応募企業でなくてはならない理由を伝える
  • 入社後に何をやりたいかを具体的に記載する
  • 動機の理由を掘り下げてオリジナリティを出す
  • すっきりとまとまった構成を心がける

ESにおける志望動機は、志望度の高さをアピールできるかどうかがポイントになります。志望のきっかけを伝えるだけでは不十分。プラスアルファとして、企業に入社したあと何がやりたいかを伝えることが大切です。入社後のビジョンが明確な人は志望度が高いと評価されます。

とはいえ、「まだ働いてもいない企業で、やりたいことなんて見えない」と思う人も多いでしょう。このコラムでは、志望動機をどう掘り下げていけば良いのか、またその効果的な伝え方などについて紹介しています。ぜひ参考にして、ESの通過を目指してください。
 

志望動機から企業が知りたいこと

そもそも、企業は志望動機を聞くことで学生の何を知りたいのでしょうか。志望動機に悩む人は、まずこの前提を理解しておきましょう。

入社意欲を図っている

企業は就活生が「どれだけ入社したいと思っているか」という熱意を知りたがっています。やる気に満ち溢れている人は、入社後に会社にで活躍する可能性が高いと評価されるのは当然のこと。企業は志望動機を聞くことによって、その人の入社意欲の高さを確認しているのです。

自社の求める人材にマッチしているか

また、企業は就活生の価値観や人物像が社風にマッチしているかを判断する必要があります。例えば、都心部での活躍を臨んでいる人が、地方にニーズがある企業に就職してしまっては、お互いに不幸になるだけですよね。こういったミスマッチを防ぐために、企業は志望動機から、その人が自社の働き方や事業方針などに適しているかを確かめています。

入社後のポテンシャル

また、当然ですが企業は戦力になる人材を求めています。会社や仕事に対してどんなビジョンを持っているか、自社に貢献できる人材か否かを、志望動機で見極められます。

上記の点を踏まえて、志望動機の内容を考えてみましょう。
 

志望動機のポイント

ここからは、実際に志望動機を考える際のポイントを紹介します。以下で説明する点は、先に述べた「入社意欲」「価値観やスキルのマッチング」「入社後のポテンシャル」の評価を高めるためのコツとなります。

応募企業でなければならない理由を明確にする

「入社意欲」をアピールするためには、志望する会社が自分にとって唯一無二である、という説得力が大切です。他社にも通じてしまう凡庸な動機ですと、当然ですが評価は上がりません。

例えば、出版社にエントリーをした際、志望動機が「本が好きだから」だけでは弱いですよね。「◯◯社は絵本に力を入れており、△△シリーズのような老若男女に愛される本を作りたいと考え、志望いたしました」といったように、なぜその企業を志望しているのか、その理由を明確にしましょう。

そのためには業界研究を深め、企業情報を把握・分析することが重要です。志望企業が他社よりも優れている点、業界内で付加価値を持っている点などを見つけ出しましょう。

仕事への価値観を見極める

志望動機を書く上では、自分が仕事をする上で大事にしたいことは何かを見極めておくことが大切です。「働き方」なのか「商品の良さ」なのか「将来性」なのか、どれを主軸にするかで内容が変わってきます。ここを偽っても良い結果には繋がりません。企業がマッチングを判断する箇所としても大切となります。自分と向き合い考えを整理し、きちんと方向性を定めておきましょう。

どのように貢献しようと考えているか

入社後に挑戦したいこと、どのように活躍したいかを話すことで、「ポテンシャルのアピール」に繋がります。「貴社に入社し、自分の◯◯という目標を達成したい」「入社後は◯◯部において、貴社の△△を世に広めたい」などのように、企業と自分を結びつけて話しましょう。

動機の根拠を掘り下げてオリジナリティを出す

志望動機は「海外で活躍したい」「研究に力を入れたい」など、ある程度パターン化されていて、似通ってしまうのが事実です。企業側は多数のESを見ていますから、ありきたりな内容では埋もれてしまいます。

そこで、「なぜ自分は海外に魅力を感じるのか」「何をきっかけに研究に力を入れたいと思ったか」といった、志望に至った理由を振り返ってみましょう。そこには必ず自分だけの理由が隠されています。きっかけのタイミングや裏付けされた経験を掘り下げることで、動機にオリジナリティが生まれます。

同じように、「貴社の〇〇という方針に共感しました」などの場合も、「なぜ共感したか」という理由まで話すこと。そう感じる自分の背景をきちんと説明することで、他の人と被らない、あなたならではな志望動機が完成します。

▼関連記事
エントリーシートの志望動機、効果的に書く方法は?
 

志望動機の構成

内容のポイントが分かったところで、構成について見ていきましょう。記載する順序を以下のようにすると、すっきりとまとまり感が出ます。

1.まず志望動機を簡潔に伝える

冒頭では「貴社の△△にて◯◯に取り組みたいです」「〇〇をしたいと考え、△△な貴社を志望しました」などのように、志望動機を一文で簡潔にまとめましょう。最初に結論を述べておくことで、その後の内容が相手に伝わりやすくなります。

2.具体的に説明するとどういうことか

続けて、志望内容を具体的に話します。「□□に向けたサービスを開発することで、新たな顧客を獲得したいと考えています」とさらに踏み込んだ内容を盛り込むことで、入社後にやりたいことやビジョンが明確になります。

3.そう思うようになった理由やきっかけ

次に、なぜそう思うようになったのか、という理由やきっかけ、裏付けとなる経験を記載します。ここではきちんと自分の価値観、パーソナリティを開示し、人となりが伝わるように意識しましょう。

4.入社したら、どのように活躍したいか

最後に、入社後どのように活躍したいかという熱意を述べます。まずは「この人物に会ってみたい」と思ってもらえるよう、仕事への情熱をしっかり伝えましょう。
 

志望動機の例文を紹介

これまで話した内容や構成を元に、例文を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

志望動機の例文

----------------
私は高齢者に寄り添った生活のサポートしたいと考え、介護保険の実績に定評のある貴社を志望いたしました。
具体的には、すでに高齢化が進む地方において介護保険加入を促進し、高齢者のQOLを充実させたいと考えております。
この考えに至ったのは、自分自身、まだ社会にも出ていない中で、今後両親をサポートしていけるだろうかと不安を感じたことがきっかけです。
私の母は40代で私を出産し、すでに還暦を越えています。出産年齢の平均が上がり、高齢出産が珍しくない現代においては、お年寄りの生活を支えるサービスにニーズが高まっていくと考えています。
入社後は営業として実績を積み上げ、介護保険における国内市場シェア率ナンバーワンを目指します。
----------------

まずは志望動機を述べ、その後に具体的な説明を記載します。続けて志望にいたった理由を説明し、最後に入社後の目標を書き出しましょう。

志望動機はまとまりましたか?キャリアチケットは各業界に特化したエージェントを揃えています。まだ不安が残る人は、ぜひご相談を。的確なアドバイスで、あなたの就職活動をサポートします。

▼関連記事
例文で学ぶ、エントリーシートの自己PRと志望動機

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00