憧れのブライダル業界!主な仕事内容や今後の動向は?

このページのまとめ

  • 近年のスタンダードであるホテルウエディングや専門式場が属する「ブライダル業界」は、確立されて日が浅い
  • 婚礼に対する考え方や趣味、志向などから、ガーデンウェディングやレストランウエディング、リゾートウエディングといった形態が人気となっている
  • 時代や景気、流行に大きな影響を受けやすいブライダル企業は、SNSの発展によって移り変わりが激しくなった業界の1つ
  • 花形職業であるプランナーをはじめ、新婦のサポートを主に行うアテンダー(介添人)やサービススタッフなど、さまざまな職種が活躍している
  • 人生の門出をサポートするという役割をしっかり担える人、目標に向かって努力を惜しまない人は挑戦してみよう

華やかなイメージから就職を希望する方も多いと思われるブライダル業界。 
時代や流行、景気といった要因に左右されやすいと言われていますが、今後はどうなっていくと予想されているのでしょうか。
また、ブライダル業界というと「ウェディングプランナー」が代表的な職業として挙げられますが、それ以外にはどのような職種が活躍しているか知っていますか?
当コラムでは、ブライダル業界の歴史や今後、具体的な職種などを解説。
業界研究に役立てていただけると幸いです。

ブライダル業界の歴史

婚礼や結婚式の意味を持つ「ブライダル」。
言葉どおり挙式や披露宴に関する業務を行っているのがブライダル業界ですが、業界として確立したのは近代になってからと言われています。

かつては夫が妻の家に通う「婿入り婚」が婚姻の主流でしたが、武家社会の発展とともに妻が夫の家に同居する「嫁入り婚」に変化。
この「嫁入り婚」を起源とした婚礼という文化は、室町時代に確立されたと言われています。

その後、昭和初期に男性側の家に両家の親族らを招いて行っていた結婚披露宴を料亭で開催したのが、結婚式場の起源。
これを受けて、多くの料亭が結婚披露宴の会場として利用されるようになり、「結婚式場」という存在が広く認知されていきました。

1970年代に入ると、東京オリンピックや高度経済成長の影響でブームを迎えていたホテルでの婚礼が増加。
80年代や90年代には、挙式と披露宴を同一の場所で行える専門式場が一般化して人気を博し、バブル崩壊によって企業利用が減ったホテルが本格的にブライダル事業に参入していきます。

さらに、それまで閉鎖的だったブライダルの情報誌が刊行されるなど、結婚式や披露宴に関する情報が透明化したことなどにより、ブライダル事業は「業界」として確立していきました。

ブライダル業界の今

長らくブライダルの代表格だったホテルウエディングですが、近年は新しいスタイルの挙式披露宴が増加傾向にあります。
代表的なものを以下にまとめました。

レストランウエディング

レストランをウエディング会場として使用するもので、挙式を行ったあと披露宴会場として使用するケースもあれば、レストランにチャペルなどの挙式場を併設しているケースもあるようです。
料理にこだわりがある人や、少人数でアットホームな式を執り行いたい人、自分好みの式を行いたい人などに人気があります。

ガーデンウェディング

屋外で行う挙式・披露宴の総称で、ホテルやレストランの中庭、屋上、リゾート地などが主な会場。
隣接する教会で挙式を行ったあとに屋外で披露宴を行うタイプや、挙式から屋外で行うタイプなどさまざまな形態があり、欧米に近いスタイルや開放感が特徴です。
一方で、真夏や真冬といった季節や天候に左右されやすいというデメリットも考えられるでしょう。

リゾートウエディング

沖縄や北海道といった国内リゾート地のほか、ハワイやグアムなどの海外リゾート地で行うウエディングのこと。
非日常を味わえる、自然を感じる魅力的なロケーション、小規模開催なのでアットホーム、旅行などを兼ねることができるといった理由から人気が高くなっているようです。

上記のような特徴のある結婚式が支持される一方で、入籍だけで結婚式自体を執り行わない「なし婚」や金銭的な負担を軽減する「スマ婚」を選択する人も増加
また、晩婚カップルの増加によって1組あたりの結婚式にかける単価が上昇しているという報告もあるなど、ブライダルに対する意識が多様化していることが伺えます。

さらに、近年ではSNSの発展によって流行が激しく移り変わっていますが、ブライダルも同様。
「今年の始めに流行したものが、夏にはもう時代遅れ…」といったケースも多く、トレンドの変化スピートが早いのが現状です。

ブライダル業界の仕事

挙式や披露宴に関する業務を行っているブライダル業界ですが、具体的にどのような職種が活躍しているのでしょうか。

まず、最もポピュラーな職種として「プランナー」が挙げられます
担当する挙式や披露宴全体をプロデュースするのが主な仕事で、ウエディングプランナーと呼ばれることも。
日程や当日の内容だけでなく、衣装や食事、会場の装飾、引き出物なども、顧客である新郎新婦と打ち合わせをしながら決定していきます。
また、当日は挙式・披露宴に参加して滞りなく進行するかをチェック。
各スタッフに指示を出すなど、最後まで責任を持って結婚式を執り行うのが仕事です。

「アテンダー」は、式の当日に新郎新婦付き添って移動を手伝ったり進行を伝えたりするスタッフのこと
介添人と呼ぶケースも多く、特に当日はドレスや着物で自由に動けない新婦のサポートを行うことが多いようです。

また、披露宴やパーティーなどで料理や飲み物の配膳を担当するスタッフとして「サービススタッフ」がいます。
会場や企業によっては、当日のサービス全般を担当するため、飲食以外にもクロークで荷物を預かったり、音楽や照明の演出を行ったりすることも。
参加者が多ければ多いほどサービススタッフも増えるので、スタッフ同士のコミュニケーションや判断力が求められます。

上記以外にも、会場に飾る花やブーケなどを作成するフラワーコーディネーター、アルバムに使用する写真を撮影するカメラマン、新郎新婦のヘアメイクを担当するヘアメイクアーティストなどが活躍。
ブライダル企業やホテルに勤務している人もいれば、フリーで活動している人や専門企業に属して派遣として活躍する人もいるようです。

ブライダル業界に向いている人

人生の大切な1日をサポートするブライダル業界のスタッフ。
どのような人が向いているのでしょうか。

目標に向かって努力を惜しまない人

結婚式はいきなり開催できるものではなく、長ければ1年ほどをかけて準備を行います。
また、当日は顧客である新郎新婦にとって大切な1日となるため、不備や失敗は許されません。
そのため、目標が先であっても絶えず努力ができたり、不備がないようしっかりと準備を行えたりする人に向いているでしょう。

人と関わることが好きな人

結婚式を成功させるためには、新郎新婦としっかりコミュニケーションを取ることが大切。
また、式では調理スタッフや進行スタッフなど多くの人と関わる機会が多いため、人と関わることが好き、コミュニケーション能力があるという点が重視されます。

笑顔で前向きな人

これからの未来を祝福するブライダル業界では、暗くネガティブな印象を与えてしまうのは好ましくありません。
常に笑顔で明るい、お祝いの場を盛り上げる気持ちを持っている人がブライダル企業に向いていると言えます。

時代に即したスタイルや傾向を取り入れながら、多様な変化を遂げているブライダル業界。
業界で働きたい、もっと具体的な情報が欲しいという方はキャリアチケットまでご相談ください。
キャリアチケットは、新卒専門の就職エージェント。
さまざまな業界に精通した就活アドバイザーが、あなたの希望する業界の詳細や動向などを詳しく紹介。
適性に合わせた求人の紹介だけでなく、提出書類の添削や面接練習といった具体的なサポートも行っています。
企業研究や業界研究の方法が分からない、企業ごとに対策を知りたい…など、就活に関することならお気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!