就活生必見!広告代理店について徹底解説

このページのまとめ

  • 広告代理店は、広告を出したい企業と広告を掲載するメディアの仲介的役割を担っている
  • 広告代理店で求められる人物像は、発想力が豊かで流行に敏感な人
  • インターネット広告市場が順調に伸びており、総広告費がプラス成長となっている
  • 長時間労働が問題視され、労働環境を見直す動きが強まっている

「クリエイティブ」「高収入」などのイメージから、花形職業の1つといわれている広告代理店。
多くの学生が憧れる広告業界ですが、中には漠然としたイメージだけで志望する方もいるのではないでしょうか?当コラムでは、広告代理店の種類や仕事内容、どのような人に向いているかなど、具体的にご紹介。
広告代理店について興味がある方はもちろん、すでに内定獲得を目指して活動をスタートさせた方も、ぜひご一読ください。



 

広告代理店とは

広告を出したい企業(広告主)と、広告を掲載するメディア(広告掲載主)の橋渡し役を担う広告代理店。

主に、企業やメディアからの広告制作費と、テレビ、新聞といったメディアの広告枠を企業に販売することで収益を得ています。
広告制作においては、広告制作会社に委託するのが一般的でしたが、近年は、制作部門を持つ代理店が増加。広告の企画・提案・制作を社内で一貫して行うのが主流になりつつあります。

テレビ・ラジオCMや雑誌、インターネット広告など、普段何気なく目にしたり耳にしたりする広告。広告代理店は、人々の暮らしに役立つ情報を発信する上で欠かせない会社といえるでしょう。

▼関連記事
広告代理店の仕事内容は?やりがいと苦労



 

広告代理店の種類

広告代理店には、大きく分けて「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3種類があります。
それぞれの違いや特徴を見てみましょう。

総合広告代理店

1つのメディアに限定せず、テレビやラジオ、新聞、雑誌など、あらゆる種類の広告枠を取り扱うのが総合広告代理店。
電通をはじめとする大手企業は総合広告代理店に該当します。
さまざまなメディアを網羅しているため、クライアントの希望に応じた広告制作が可能。企画から制作までをワンストップで手掛けているのも特徴の1つです。
企業によっては、芸能事務所やキャスティング会社などと太いパイプがあり、芸能人を起用した広告作成も比較的容易にできます。

専門広告代理店

多彩な広告枠を取り扱う総合広告代理店と違い、1つのメディアに特化した広告枠を取り扱う専門広告代理店。
メディアが限定されているため、高い専門技術・知識・ノウハウを駆使しながらクライアントが理想とする広告を制作できることが強みです。
屋外広告や新聞の折込チラシ、電車の中吊り広告などが挙げられます。
専門広告代理店の中でも近年注目を集めているのがインターネット分野。スマートフォンの普及やネット環境の拡充により、動画広告、ディスプレイ広告、リスティング広告など、インターネット広告に特化した企業が増加しています。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとは、企業専属の広告代理店を指します。
大手企業のグループ会社として、広告事業を営んでいることが多いのが特徴的。基本的にはその企業の案件を中心に手掛けており、広告宣伝部門が独立しているようなイメージですが、中には、他社案件を請けるいわば総合広告代理店のような役割を担うハウスエージェンシーもあります。
特徴としては企業専属のため、サービス・製品はもちろん、企業理念やビジョンなど、その企業について熟知していること。
コンペを実施することなく案件を受注したり、総合広告代理店に依頼する際に発生する仲介手数料を削減できたりと、さまざまなメリットがあります。
また、独占的に広告制作を行っていることから、意思疎通もスムーズ。企業の要望に沿った広告作成が可能です。

ひと括りに広告代理店といっても、取り扱う分野はそれぞれ異なります。
興味を持った企業が得意とする分野はなにか、自分がどのようなメディアに携わりたいのか、しっかり把握することで企業研究がしやすくなるでしょう。



 

大手広告代理店3社について

「電通」「博報堂」「ADK」は、国内トップ3の広告代理店に位置づけられています。広告業界に関して馴染みがないという人も、一度は聞いたことがある企業ではないでしょうか?
毎年多くの学生が入社を希望する、3社の特徴を以下に挙げてみました。

電通

1901年の創業以来、広告業界のトップを走り続ける電通。
テレビ・ラジオ広告を中心に、これまで数多くの広告作品を手掛けてきました。また、広告にとどまらず、経営・事業コンサルティングといった事業を展開しているのも特徴的です。
2013年には、イギリスの大手広告代理店イージス社を買収し、グローバル展開を拡大した同社。海外本社となる「電通イージス・ネットワーク社(Dentsu Aegis Network Ltd.)」の設立を皮切りに、現在では世界145以上の国や地域において事業展開しています。
若手のうちから、大型案件への参画や海外事業にチャレンジできるフィールドが整っているのも、就活生が「この会社で働きたい」と思うポイントといえるでしょう。

電通の2018年12月時点の売上高は1兆5399億円。依然として他社を圧倒していることが数字から見て取れます。

博報堂

1895年、教育雑誌の広告取次店として創業した博報堂。業界トップの電通より長い歴史を持っている点は、あまり知られていないようです。
「クリエイティブの博報堂」と評されるほど製作部門が強い同社。中谷彰宏氏や佐藤可士和氏、箭内道彦氏をはじめとする有名クリエイターを数多く世に送り出しているのもうなずけます。

「ACC CM FESTIVAL」「JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」など、数々の賞を受賞し、国内外問わず高い評価を得ている同社のクリエイティブ領域。
「自分の個性を活かして働ける企業」という印象を持つ学生が多いようです。

2018年の博報堂の売上高は9470億円。博報堂単体として見ると電通に次ぐ2位ですが、連結業績となると1兆3350億円になります。

アサツーディ・ケイ(ADK)

ADKは、1999年に旭通信社と第一企画が合併し誕生した企業です。2019年1月には、株式会社ADKホールディングスを純粋持株会社とした持株会社体制へ移行しました。
アニメコンテンツ制作に強みを持つ同社は、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、ワンピース、夏目友人帳など、数々の作品に携わってきました。ファンはもちろん、アニメに詳しくない人も、映画やテレビの字幕で一度は「ADK」という表記を目にしたことがあるのではないでしょうか。
また、アニメのキャラクターを活用した広告・商品制作に取り組んでいるのも特徴の1つです。
国内のみならず、世界中に拡大するアニメコンテンツ市場。「アニメのアサツー」に憧れを抱いて志望する就活生は少なくありません。

ADKホールディングスの連結業績は3,528億円。ADKとしては、2018年に上場を廃止しています。



 

広告代理店にある職種

広告代理店の多くは、社内に営業部門・マーケティング部門・クリエイティブ部門・プロモーション部門などを設け、部署を細分化しています。
一般的に設けられている各部門の仕事内容、身に付けると良いとされるスキルは以下のとおりです。

営業部門

広告代理店の要であり花形でもある営業部門は、クライアントの窓口になるポジションです。
企業提案や受注活動を中心に、クライアントとの打ち合わせ、進捗管理・予算管理などの業務を行います。これらの業務に加え、競合他社とのコンペ、プレゼンテーション、会食の機会が多いのも営業部門の特徴です。

一見、華やかに見える営業の仕事ですが、他部門と比較すると人付き合いが多いため、クライアントや協力業者、同業他社とゴルフをしたり、飲み会をしたりと通常業務以外でも接待をしなければならない場合があります。
休日に連絡が入るというケースも珍しくありません。たとえ接待といえども業務の一環。連絡を怠ったり、時間に遅れたりするのはマナー違反とされます。
営業職を目指す人は、コミュニケーション能力だけでなく、スケジュール管理能力や情報伝達能力を養うと良いでしょう。

企画提案から予算管理まで、幅広い業務をこなす営業職はキャリアパスも豊富。
数あるキャリアパスの中でも、営業職からプロデューサー職へジョブチェンジする人が多いようです。スケジュール調整や制作スタッフへの指示、予算管理などの業務を担うプロデューサー。
営業職として活躍してきた人は、プロデューサーの業務に抵抗なく取り組めるでしょう。

マーケティング部門

調査や分析に基づき、クライアントの課題を解決へと導くためのマーケティング戦略を立案する部門です。
競合他社の商品やターゲットとなる商品、市場調査などから情報収集を行い、どのような広告が効率良く売上アップに繋がるか戦略を立てる役割を担っています。
企画立案も行うため、企業によってはプランニング部門と呼ばれることもあります。

消費者への訴求力を高めるための重要なポジションと位置づけられているマーケティング部門。マーケターだけでなく、情報収集スタッフや解析スタッフなどと連携を図りながら、より効果的な宣伝をすることを求められます。
そのため、マーケティング職を志望する人の中には、「セミナーや本などであらかじめロジカルシンキングを学んだ」という声も。また、流行に対して常にアンテナを張ることもマーケティング職への近道になるといわれています。

クリエイティブ部門

営業部門と並んで、花形であり要とされているのがクリエイティブ部門。
企業によって異なりますが、デザイナーやイラストレーター、クリエイティブディレクター、校正・校閲スタッフなどで構成されているのが一般的です。
クリエイティブ部門で行われている主な業務は、テレビ、新聞、雑誌といった広告制作。依頼によっては、キャラクターグッズのデザインや販促品、パッケージデザインに携わることもあります。

おしゃれで好きなことを仕事にしているというイメージを持たれる一方で、「激務」「帰れない」「残業が多い」というネガティブなイメージも持たれるクリエイティブ職。
実際のところは、外部の制作会社やフリーランスのクリエイターに依頼する代理店が多く、制作物のすべてを社内で対応するというケースは少ないようです。
また、インターネット関連の制作物については、専門の制作会社に外注というケースが多く見られます。

社内外を問わず、クリエイター同士が連携を図りながらプロジェクトを進めることがあるため、意外かもしれませんがコミュニケーションを求められる機会は多々あります。柔軟な発想力や色彩感覚など、クリエイターとしての基本的な能力に加え、コミュニケーション能力を身につけることでさらに活躍の場が広がるでしょう。
企業のクリエイターとして活躍したい人も、将来的に独立を目指したいという人も、習得すべき能力の1つといっても過言ではありません。

プロモーション部門

プロモーション部門は、イベントやキャンペーンなどの企画・運営を行うセクションです。販売促進、アイデア、戦略の立案といった業務にも携わるため、マーケティング部門の業務と多少似ているかもしれません。
イベント設営をはじめとする実務は、クリエイティブ部門と同様に専門の会社に依頼するため、同部門での業務はディレクションがメインとなります。
実際の現場に足を運ぶことが多く、他部門に比べると体力を要するのも特徴的。アイデア力や企画力はもちろん、行動力も求められる職種です。

広告代理店と一言でいっても、さまざまな職種があり、企業によって設けられている部門も異なります。職種が違えば取り組む業務はガラッと変わるもの。
せっかく志望する企業に入社できても「想像していた仕事と違う…」と、戸惑うことがないよう職種や業務内容、そして自分は何をしたいのか、しっかり理解することが大切です。

▼関連記事
広告代理店とは?具体的な仕事内容や職種



 

広告代理店に就職するには

広告代理店からの内定を無事にゲットした人は、どのような対策に取り組んできたのでしょうか。業界全体で求められる人物像と一緒に考えてみましょう。

求められる人物像

企業から内定を貰いやすい学生に共通している特徴として、以下のことが挙げられます。

・世の中の動向に対して常に関心がある
・発想力が豊かである
・高い意識を持っている
・時間を守る

業務内容が多岐にわたり長時間残業も多いがゆえに、体育会系の人材を求めるイメージを持たれていた広告業界。企業によって異なるものの、最近は柔軟な発想力を持つ人や流行に敏感な人を求めるという企業が増加傾向にあります。
また、他職種や協力業者などを含むチームとなってプロジェクトを進めることが多いため、チームワークを得意とする人も好まれるようです。

広告代理店が求める人物像について理解を深めることで、よりスムーズに就活対策を行えるでしょう。

インターンシップは積極的にチャレンジしよう

インターンシップへの参加経験は、本選考での自己PR・志望動機の作成に大いに活かすことができます。志望業界への内定に一歩近づくためにも、興味がある企業は積極的に応募するようにしたいものです。
毎年多くの就活生が志望する広告代理店は、インターンシップの倍率も高いといわれています。大手企業や有名企業となると、応募が殺到するのも珍しいことではありません。

応募者数は年々増加傾向にあり、企業側も参加する学生の選定に力を入れています。
エントリーシートの提出に始まり、Webテストや面接を通過した人のみが参加できるインターンシップ。エントリーシート、面接でよく聞かれる質問を以下に挙げてみました。

・現在、大学で学んでいることはなにか
・自身の長所と短所はなにか
・学生時代頑張ってきたこと、熱心に取り組んだことはあるか
・該当企業のインターンシップに興味を持ったきっかけはなにか
・該当企業のほかにインターンシップに参加した企業はあるか
・将来、どのような仕事をしたいか

インターンシップは、内定直結の有無に関わらず、業界の裏側を覗いたり実際の業務を体験したりできる唯一の機会。また、広告業界を目指す同年代の仲間との情報交換や、社員に顔を覚えられる可能性があるのも大きなメリットです。



 

広告業界の動向・今後

業界・企業研究を進めるにあたり、知っておきたいのが動向や将来性。これらは、志望企業を選ぶ際の判断基準の1つとしても役立てることができます。

動向

電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、日本の総広告費は前年比102.2%の6兆5,300億円。2012年以降、7年連続でプラス成長となっています。
プラス成長となった要因は2つ。
1つめは、緩やかながら景気の拡大が継続していることです。
2018年は、先行き不透明な世界経済に加え、国内では全国各地で豪雨や地震といった自然災害が発生。個人消費の低迷など、さまざまな不安要素があったものの、「戦後最長」といわれる景気拡大の長さが、日本経済の成長を後押ししたと考えられます。
2つめは、インターネット広告が引き続き好調な伸びを示していること。
媒体別で見ると、「マスコミ四媒体広告費」といわれる新聞・雑誌・ラジオ・テレビ広告費は前年比96.7%。それに対してインターネット広告費は前年比116.5%と、総広告費全体をリードする結果となりました。

今後

広告自体は、企業の戦略ツールとして必要不可欠なものであり、消費者が商品・サービスを選ぶ際の情報源の1つであるため、なくなることはないでしょう。
また、近年インターネットや動画配信サービス、電子書籍の普及が加速。インターネット広告は、テレビCMやチラシと違い興味の有無によって広告を選択できるのも特徴的です。
テレビ・紙媒体離れが指摘され、広告代理店はマスコミ四媒体広告にかわる媒体へのシフトチェンジを迫られています。

広告のデジタル化が進み、大手広告代理店を中心にインターネット広告を取り扱う企業も増加。インターネット広告がスタンダードとなった今、他社との差別化を図るべく、各企業が新たなマーケティングや市場の開拓に乗り出しています。

▼関連記事
広告業界の現状と今後の動向について



 

広告代理店の仕事はきつい?

他会社と比較すると、実力次第で高収入・高待遇を実現しやすい広告代理店ですが、その分労働時間が長く激務ともいわれています。
高倍率の選考を勝ち抜いて入社したにも関わらず、華やかなイメージとのギャップに戸惑ったり、想像以上に仕事がきつくついていけなかったりする人も多いようです。
広告代理店で働く人は、どのようなことに「きつい」と感じているのでしょうか。

タイトなスケジュール

広告代理店の中でも特に多忙なのが営業職。打ち合わせやチェック業務、社内会議にデスクワークと「常に予定がびっしり詰まっている」という営業社員は多いです。
残業も多く、ときにはランチの時間も仕事に充てるほど、常にせわしない日々を送っています。

入稿締め切りに追われている

広告には、クライアントやメディアが設定した入稿期限があります。
業界に限らず納期は存在しますが、広告業界については特に守らなければメディアの広告枠に穴を開けることに。極端にいうとテレビCMの場合、入稿期限に間に合わないと放映できなくなるのです。
そのため、担当者の責任は重大。どんなにスケジュールに余裕を持って取り組んでも、クライアントから何度も修正依頼がきたり、ギリギリまで最終確認をされなかったりと、なかなか思うようなペースで進められないこともあります。

複数のプロジェクトを掛け持ちしなければならない

広告代理店の多くは、複数のプロジェクトを同時に進めています。
受け持つすべてのプロジェクトが予定通りスムーズに進めば問題ないですが、内容変更やスケジュール変更など、クライアントからのイレギュラーな依頼は広告業界ではよくあること。
また、複数のプロジェクトを受け持つことで、必然的に残業時間が長くなる傾向があります。
プロデューサーとディレクターにおいては、他社員のスケジュールやプロジェクトの進捗を考慮しながら、その都度調整を行わなければなりません。
自分のことだけでなく、周囲をしっかり見渡しながら迅速な判断を求められることに神経をすり減らしてしまう人がいるようです。

ミスに対するプレッシャー

たくさんの人が目にする広告を取り扱う広告代理店にとって、校正漏れによる誤植は絶対にあってはならないことです。
広告物が配布される前に気付いた場合、誤植部分を訂正シールでカバーすることはできますが、数が多ければ多いほど貼り付けるのも大変。ひとりでの作業にも限界があるため、他社員に応援を頼まなければ間に合わないということもあります。
これは、インターネット広告にもあてはまることです。商品の価格を1桁間違えて表示するだけで、クライアントに多大な損害を与えてしまいます。
校正・校閲職だけでなく、営業職やクリエイティブ職など、プロジェクトに関わるすべての社員が日々プレッシャーを感じながら業務を遂行しているのはいうまでもありません。

広告業界に限らず仕事は辛いことが多々あるもの。志望する業界の厳しさや苦労を知ることも、入社後のミスマッチを防ぐ方法の1つです。



 

広告代理店のやりがいと魅力

広告代理店の仕事はハードである一方、楽しさややりがいを感じやすい業種ともいわれています。

スケールの大きなプロジェクトに携われる

有名企業や大企業がクライアントの場合、高額な広告予算を投じてテレビCMやイベント、店頭プロモーションを打ち出すことがあるため、大型案件に参画できるチャンスがあります。
代理店によっては、入社して間もない社員がプロジェクトチームの一員となって業務を遂行することも。社会に影響を与えるようなプロジェクトに携わることが、自信や成長に繋がるといっても過言ではありません。

自分で考えたものが形になる

ゼロから戦略を考え、広告として形にするおもしろさがあります。
クライアントの要望を汲み取ったり、ときには他職種の社員と衝突したりと、思うように進まないことがあるかもしれません。しかし、実際に完成した広告物をテレビや雑誌などで目にすると、これまでの苦労を忘れるほどの喜びを感じることができるでしょう。

異業界・業種の人と関わることが多い

クライアントをはじめ、協力業者や制作会社、各界の有識者など、さまざまな業界・業種の人と関わる機会が多々あります。
ときには、芸能人やスポーツ選手と一緒に仕事をすることも。
常に業界動向や最新トレンドに触れられるのは刺激的かつ魅力的です。

効果をダイレクトに実感できる

「売るための広告」制作を求められる広告代理店。広告物によっては成果が出にくいものがありますが、消費者の反響から効果を実感しやすいのは広告代理店ならでは。
クライアントから感謝の言葉をいただいたり、上司・先輩・同僚から評価されたりしたときに「この仕事をやっていて良かった」と感じる社員が多いようです。

高収入を得られる

一般的な企業と比較すると給料が高いといわれています。大手企業となると年収1000万円を超すことも。
年収が高い理由として、個人成績や年功序列の賃金制度などが挙げられます。
また、長時間労働が多い広告代理店では、年収における残業代の割合が高くなるようです。

仕事にやりがいを感じられなければ、モチベーションを維持することはできません。
仕事が楽しいと思えると、同時に日々の生活も充実させられるのではないでしょうか。



 

広告代理店における労働環境の見直しが進んでいる

政府が推し進めている「働き方改革」の実現に向けて、大手を中心に多くの業界・企業が労働環境の整備に乗り出しています。

ワークライフバランスが求められる昨今、広告代理店の働き方は適正なのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

広告代理店の労働環境

業界の中でも高収入を得られることで知られる広告代理店ですが、その一方で日常化している長時間労働が問題視されてきました。
実際、広告代理店に強い憧れを抱いて飛び込んだものの、過酷な労働環境に精神的にも肉体的にも疲れてしまい、退職もしくは異業界へ転職に踏み切るケースも広告業界では珍しいことではありません。
退職や転職を決断した理由として以下の点が挙げられます。

・毎日何時に退社できるかわからない
・忙しすぎて有給休暇も使えない
・休日でも呼び出しがあると対応しなければならない
・サービス残業
・クライアントとの飲み会や接待がつらい 

理由の多くは、働き方がマッチしなかったというネガティブなもの。
企業によっては、たとえクライアントとの飲み会や接待でも、あくまで勤務時間外であるため、残業には該当しないと明示しているようです。

しかし、中には「独立したい」「広告代理店での経験を活かして違うフィールドで頑張ってみたい」など、ポジティブな声もよく聞かれます。

労働環境改善への取り組み

これまで過重労働が問題視されてきたものの、業務の特性に応じた対策を行うのは難しいとされていました。
そんな中、他業界では労働環境の整備が本格化。その流れを受けて、ようやく広告業界でも労働環境の見直しに動き出しています。

とある広告代理店で実施されている取り組みは以下のとおりです。

・ノー残業デーの導入
・土日勤務原則禁止
・深夜残業原則禁止
・有給休暇の取得促進

繁忙期や締切間近というときの定時退社・有給休暇取得は難しいかもしれませんが、上記の制度を設けたことによって、全社員がバランス良く働けるように。
「家族と過ごせる時間ができた」「趣味を楽しめるようになった」など、仕事とプライベートの両立を実現させることは、モチベーション向上だけでなく、生産性の向上にも繋がるといわれています。

女性社員が活躍できる職場環境作り

性別や年齢に関係なく、能力や努力次第で活躍できる広告代理店。女性社員もバリバリ働いているというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。
最近では、子育て支援に注力する企業が増加し、結婚や出産、育児を経ても従来どおり仕事を続けられる環境が整いつつあります。

これまでの広告代理店といえば、男女平等に変わりはありませんでしたが、やはり男性比率が高く、女性社員が男性社員と同じように働くためには、自分で時間をコントロールしなければなりません。
家事や育児、介護があっても上手にやりくりしたり、家族の協力を得たりできる人は第一線で活躍し続けられるものの、自己管理が難しい人は結婚・出産を機に、部署異動をすることも。
現在は、産前産後休業や育児休業、時短勤務など、子育てに関する支援制度の充実化が進み、女性社員の希望する働き方が叶いやすくなりました。
また、企業によっては、男性社員も配偶者出産休暇や育児休業を取得できるのも、大きな進歩といえるでしょう。

常に時代の最先端を走る広告代理店。スピード感と適応力を求められるため、長時間労働は避けられない部分かもしれません。
しかし、労働環境は改善に向けて徐々に前進しています。

広告代理店を志望する人は企業選びで後悔しないよう、プラス面とマイナス面の両方をしっかり吟味することが大切です。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。