例文つき!広告業界の志望動機を作るポイントとは

このページのまとめ

  • 広告代理店は、クライアントの要望に合わせて広告を制作するのが主な業務
  • 活躍する職種や求める人物像を知ることで、より具体的で説得力のある志望動機が作れる
  • 入社後はどんな仕事をしたいのかなど、将来的な視点を盛り込むことで入社意欲をアピールできる
  • 就活生に人気の高い業界なので、周囲に差をつける志望動機を作成しよう

やりがいが大きい、流行を作り出せる、大きな仕事ができる…といったイメージから就活生に人気が高い広告業界。
希望者が多い業界なので、企業が納得する志望動機で周囲に差をつけることがポイントになるでしょう。
当コラムは、広告業界の志望動機の作成方法について紹介しています。
盛り込む内容や作成のコツ、例文も掲載しているので参考にしてください。

広告業界のどんな職種でどう働くかをイメージする

やりがいが大きい、スケールの大きな仕事に携われる、クリエイティブといった印象から、就職先として人気の高い広告業界。
その中でも特に人気の高い広告代理店は、どのような仕事を行っているのでしょうか。

広告代理店とは、依頼を受けた企業に変わって広告を制作する企業のこと。
商品や企業の特徴、ターゲットなどに合わせて、どんなメディアでどんな広告を出すのが良いかを考えるのが主な仕事です。
広告を出したい企業と広告を掲載したいメディアをマッチングさせたり、広告の方向性を決めたりするのも代理店の業務に含まれます。

広告代理店では、主に以下の職種が活躍しています。
・営業
・コピーライター
・プランナー
・デザイナー
・ディレクター

営業は、代理店で扱っているメディアの広告枠をクライアントに提案して販売するのが主な仕事です。
消費者の購買意欲を高めるために、広告や商品のキャッチコピーを考えるコピーライターも広告代理店で活躍する職種の1つ。
プランナーは、クライアントのニーズに合わせて広告を企画するのが仕事で、マーケティング知識やトレンド把握能力が求められるでしょう。

ほかにも、広告ビジュアルを担当するデザイナーや、制作現場の責任者で、広告作成のすべてに関わるディレクターなども代表的な職種。
自分は広告業界でどんな職種を目指すのか、どんな働き方をしたいのかをイメージすることで、より具体的な志望動機を作成することができるでしょう。
 

 

広告業界が求める人物像を知る

広告業界で活躍する職種だけでなく、業界が求める人物像を知ることも、志望動機に差をつけるポイントになります。
では、主にどのような人が求められるのでしょうか。

広告代理店は、クライアント企業から依頼を受けないと業務が成り立たちません。
また、依頼を受ければ依頼先の企業の資金や労力を使用します。
クライアントのリソースを使用しているという意識を持ち、途中で投げ出さずに最後までやり遂げたり、責任を持って業務に携わったりする能力が求められるでしょう。

また、広告代理店が販売する商品は「広告のアイデア」や「マーケティング手法」といった無形のもの。
クライアント先や消費者などが思いつく広告プランでは商品にならないので、世の中を驚かせたり強いインパクトを与えたりできる創造力も大切です。

代理店が制作した広告次第では、商品の売上に大きな影響を出すことも珍しくありません。
そのため、商品のターゲットはどんな人なのか、どんな環境で生活しているのか、どんな気持ちで商品をしようするのかなどを想像し、ニーズに合う広告を打つことが求められます。
人に興味があったり、創造力が豊かな人も業界で重宝されるようです。

流行に敏感であることや、高い意識を持っていて向上心のある人も求められる傾向が強め。
トレンドをいち早くキャッチし、常にその先を見据えて行動ができるなど、今後の成長に期待ができる人物も広告業界に向いているでしょう。

業界ではどのような人物が求められるかを把握することで、より効果的に自己アピールを行うことができます。
自分のスキルが企業で活用できることを示すと、ほかの志望者と差別化することができるでしょう。

志望動機の内容のポイント

ここでは、志望動機のポイントとなる内容を紹介します。

その業界や企業、職種を選んだ決め手を明確化する

広告業界に限らず、その業界や企業、職種を選んだ決め手を明確にすることが志望動機の基本。
広告業界であれば、テレビなどのメディア業界や出版業界などが比較対象になりますが、「広告業界でないといけない理由」を明確にしないと「ほかの業界でも良いのでは?」と思われてしまうでしょう。
さらに、広告業界の中でもその企業を選んだ理由も明確化する必要があり、それには綿密な企業研究が役立ちます。
また、広告業界でなにをしたいのかを基に、志望職種を明確に記すこともポイントになるでしょう。

印象に残っている広告とその理由を述べる

出演している人が好き、世界観が好きといった内容では、採用担当者に響く志望動機にはなりません。
より具体的に「好き」な理由や自分なりの改善点、企業側はどんな意図を持って広告を作成したのか、どんなメッセージが含まれているのかなどを盛り込むと、より深みのある志望動機が作成できます。

どんな広告を作りたいか

就職したらどんな広告を作りたいのか、どんなメッセージを込めたいか、世の中にどんな影響を与えたいかなど、入社後の将来的な視点や成長意欲をアピールすることがポイント。
やりたいことを具体的に説明できれば「入社意欲の高い人」と印象付けることができますし、業界の求める「意識や向上心が高い人」「想像力のある人」に当てはまれば、企業側の採用意欲も高まるでしょう。

広告業界は志望者が多い業界の1つなので、書類でほかの志望者と差別化することが重要です。
上記のポイントを参考に、採用担当者の目に留まるような志望動機を作成してみましょう。

▼関連記事
広告業界の志望動機はどう書く?作成時のポイントを解説
 

 

例文を確認しよう

最後に、志望動機の例文を紹介します。
以下はあくまでも例文のため、参考にしながらも自分の言葉で作成してみてください。

例文

私は、広告という仕事は多くの人に影響を与えると考えています。
広告を通して新たな商品やまだ知られていない商品を世の中に紹介し、より豊かで便利な社会の実現に貢献できるという点に魅力を感じ、志望いたしました。

私は大学◯年のときにサークルイベントの運営を行った経験があるのですが、集客のためにチラシを作成して各所で配布を行いました。
興味を持たない方も多かったのですが、チラシをきっかけにイベントについて詳しく尋ねてくれたり、実際にイベントに参加してくれたりする方も多く、広告が持つ力の大きさや影響力を実感しました。
この経験をきっかけに、ターゲット層に合わせた広告を打ち出す広告代理店に興味を持ち、自分の手で「まだ世の中に知られていない商品やサービス」を広めたいと考えたのが志望理由です。

これまで、御社が打ち出した広告で話題になったりヒット作になったりしたものは多々ありますが、中でも私の印象に残っている広告は◯◯です。
(その広告が印象に残る理由を述べる)

入社後には、私がこの広告を見たときに感動したように、世の中の人に強いメッセージを伝えられるような広告を制作したいと考えています。
(制作したい広告を具体的に説明する)

また、私の強みは発想力や創造力であり、このスキルは入社後にクライアントへの企画提案という分野で活用できると考えております。
実際にこの強みは、イベント運営の際にターゲットに合わせた企画を発案するという点で役立ち、その結果、企画発表後のチケット売上は発表前より◯%アップ、イベント後のアンケートでも◯%の方から好評を得ました。
この強みを活かし、クライアントの創造を超える企画を提案し、御社に貢献したいと考えております。


業界や企業に合わせた就活対策なら、就職エージェントのキャリアチケットにお任せください。
キャリアチケットは、新卒専門の就職支援サービス。年間3,000人以上の相談実績を持つ、信頼できるエージェントです。
就職事情に詳しい専任スタッフが、企業や業界に合わせた対策をマンツーマンで実施。
サービスの一環として、企業に響く志望動機のコツや、自分の強みを最大限伝える方法などをご指南いたします。
サービスはすべて無料で利用可能。お気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする