行動力を自己PRで効果的に伝える方法とは?ポイントと例文をご紹介!

このページのまとめ

  • 自己PRに多い行動力とは、目標達成のためにスピーディーに行動できることを指す
  • 自己PRで行動力をアピールする際は結論から述べ、具体的なエピソードを伝えよう
  • 自己PRでは、無計画な行動力やなんとなく行動した経験は評価されにくい

行動力を自己PRで効果的に伝える方法とは?ポイントと例文をご紹介!のイメージ

行動力を自己PRで効果的に伝える方法について知りたい方は多いでしょう。
就活において「行動力」は評価に繋がりやすく、人気の自己PRの一つです。しかし、表現の仕方次第ではインパクトが薄れ、ほかの応募者に埋もれてしまう可能性もあります。行動力をアピールするには、自己PRに説得力を持たせることが大事です。
このコラムでは、行動力を自己PRで伝える際の方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自己PRに多い「行動力」とは

まずは、「行動力」の意味や行動力を示す具体例をご紹介します。就活の場面で見かけることが多い「行動力」。以下でその意味を確認しておきましょう。

行動力とは

「行動力」とは、目標達成のために取るべき行動を考え、スピーディーに実践できる能力のことを指します。
行動力があることは、どの企業においても評価に繋がりやすいため、自己PRで使う人が多いワードといえるでしょう。面接で行動力をアピールすることで、「目標を達成できる」「チャレンジ精神がある」という印象を与えられます。

行動力の具体例

行動力があることを示す具体的な例は以下のとおりです。

・困難なことに挑戦する
・スピード感を持って行動する
・周囲を巻き込んで目標を達成する
・主体的に物事に取り組む

上記のような行動力は、面接において評価されやすいようです。行動力を自己PRで伝える際には、「志望先企業の仕事に活かせるか」「チームで発揮できるか」という点を意識しましょう。

▼関連記事
自己PRでボランティア経験を伝えるコツ!行動力や積極性はアピール可能?
 

LINE友だち登録をする

自己PRで行動力を伝える際の3つのポイント

自己PRで行動力を伝える際には、冒頭で結論を述べることや具体的なエピソードを盛り込むこと、入社後のビジョンを伝えることが大切です。
以下でご紹介する内容を参考にしてみてください。

1.結論から伝える

まずは、「私には行動力があります」というように自分の強みとなる結論を最初に述べましょう。結論を最初に伝えることで、自分の強みが明確に伝わります。

2.具体的なエピソードを伝える

結論を述べたら、具体的なエピソードを伝えましょう。具体的なエピソードを用意するには、自己分析を行うのがおすすめです。学生時代に打ち込んだことやアルバイトでの経験など、自分の体験の中から企業が求める人物像とマッチする具体的なエピソードを選びましょう。

3.仕事にどう活かせるのかを伝える

最後に、自分の行動力が入社後どのように活かせるのかを伝えましょう。入社後にどう活かせるかを伝えることで、企業側が入社後の活躍をイメージしやすくなり、評価アップを期待できます。

自己PRで行動力を伝える際の3つの注意点

自己PRで行動力があることを伝える際には、いくつかの注意点があります。以下の点に注意しましょう。

1.「なんとなく行動した」では駄目

なんとなく行動した経験を自己PRとして伝えるのは、評価に繋がりにくいため避けるのが無難です。行動の理由や目的が曖昧では、行動力があると見なされません。自己PRで行動力をアピールする際には、目的のために意欲的に行動したことを伝えましょう。

2.無計画な行動力は評価されにくい

無計画に行動したことは評価されにくい傾向があります。先述のとおり、「行動力がある」とは、目的に向かって積極的に行動すること。行動力をアピールする際には、目標を持ち計画的に行動したことが伝わるようにしましょう。

3.エピソードには具体性を持たせる

行動力をアピールするときには、エピソードに具体性を持たせましょう。「行動力をどのように発揮したのか」「行動力をどう身に付けたのか」が分かるエピソードに交えることが大事です。エピソードに具体性を持たせることで、面接官の印象にも残りやすくなるでしょう。

▼関連記事
自己PRで行動力をアピールする際のポイントとは?5つの例文つきで解説
 

LINE友だち登録をする

行動力を自己PRとして伝えるときの例文

この項目では、行動力を自己PRで伝える際の例文をご紹介します。以下の例文を参考に、自分なりの例文を作成してみてください。

例文1

私の強みは、目標達成に向けて計画を立て、実行に移す行動力があることです。
大学卒業後は、商社で英語力を必要とするバイヤーの仕事をしたいと考えていたため、大学で英語学科に所属し、大学の勉強以外にも英会話スクールに通って語学力の向上に励んできました。
3年生になり、さらに語学力を磨くために実際に海外の方と交流をしたいと考え、大学の交換留学制度を利用することにしました。
留学中は、学習計画を作成し、学校での勉強と並行して自宅学習をするほか、現地の方々との交流も欠かさないようにしていました。
その結果、TOEICで900点を取ることができ語学力が向上しただけでなく、海外での生活を通じて視野も広がりました。
入社後は、留学で身につけた語学のスキルを活かすだけでなく、さまざまな視点から物事を見て、御社に貢献できたらと考えています。

上記のように、どのような行動力があるのかをエピソードに交えて伝えると良いでしょう。

例文2

私の強みは、目標の達成のために考えて、行動できることです。
大学時代にアルバイトをしていたファミレスでは、お店の売り上げを20%アップさせることを目標に、意欲的に業務に取り組んでいました。顧客の満足度が売り上げに直結すると考え、従業員同士で接客態度を確認したり、顧客のニーズに合ったメニューを提案したりするなど積極的に取り組みました。その結果、お店の売り上げが25%アップし、目標を達成することができました。
御社でも、この行動力を活かして、お客さまに喜んでもらえるようなサービスを提供したいと考えています。

行動力を自己PRで伝える際には、「どのような場面で行動力を発揮したのか」「行動力を発揮した結果どうなったのか」を明確に述べましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。