広告代理店とは?具体的な仕事内容や職種

このページのまとめ

  • 広告代理店とは、広告を取り扱う企業のこと
  • 「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の違いを把握しておこう
  • 広告には、「マス広告」「インターネット広告」「SP広告」の3種類がある
  • 広告制作には、クリエイティブ系の他にも、営業やマーケティングなど、さまざまな職種が関わっている
  • インターネット広告の発達により、広告業界は今後も躍進が期待される

「華やか」「クリエイティブな仕事」というイメージが強い広告代理店。
しかし、そのイメージだけでは、入社後にミスマッチを起こしてしまうかもしれません。
今回は、広告代理店について具体的に解説します。
広告代理店を志望している方は、ぜひご一読ください。

 

広告代理店とは

広告代理店とは、広告を取り扱う会社全般を指す言葉です。
新聞やネットなど、広告を掲載するメディア媒体を「広告主」、自社広告を掲載したいと考えている企業を「広告掲載主」と分類しており、広告代理店は両者の橋渡し役に該当します。
広告代理店においてクライアントとなるのは、広告掲載主の企業です。
クライアントが売り出したい商品やサービスをどのようにプロモーションするかを提案し、希望や意見を取り入れて広告の制作を開始します。
案件によって、制作を自社で行う場合と、外注する場合があるようです。
また、広告を掲載するための枠は広告主から買い取ります。

▼関連記事
広告代理店の仕事内容は?やりがいと苦労

 

広告代理店の種類

広告代理店には、「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3つの種類があり、それぞれ扱う分野や立ち位置が違います。
広告代理店の漠然としたイメージだけが先行している状態では入社後のミスマッチに繋がる恐れがあるため、3つの違いをしっかり理解しておきましょう。

総合広告代理店

総合広告代理店は、ジャンルや媒体を問わず、広告全般を取り扱う企業を指します。
テレビや新聞、インターネットなど、幅広い広告を網羅しているため、多くのターゲットに向けて広告を展開したいという企業に重宝される傾向にあるようです。
一般的には、プロモーションの企画から制作までを全て自社内で行う企業が多いといわれています。

専門広告代理店

専門広告代理店は、特定の媒体の広告を専門的に取り扱っている企業です。
企業によってそれぞれ得意分野があるため、テレビや雑誌、インターネット、交通広告など、多数の専門広告代理店が存在しています。

また、媒体ではなく「求人広告専門」「不動産専門」というように、特定のジャンルに絞って活動している企業もあるようです。

専門性の高さと、総合広告代理店よりも低コストで広告を出せることが強みとなっています。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは、特定の企業広告を独占的に担当している広告代理店のことを指します。
大企業の広報部が子会社化したというケースが多いようです。
また、通常の広告代理店に依頼した際の仲介手数料が掛からず、コスト削減に繋がるというメリットがあります。

以上を踏まえ、自分の希望と照らし合わせながらお仕事を探すといいでしょう。

 

広告の種類

一口に広告といっても、マス広告、インターネット広告、SP広告の3種類の形式があります。
それぞれの特徴は、下記のとおりです。

マス広告

マス広告は「マスメディア広告」の略であり、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の「マス4媒体」に掲載されている広告のことを指します。
ほとんどの人に普及している媒体が主となっているため、影響力が大きく、幅広い客層をターゲットとする場合に向いている広告です。

インターネット広告

インターネットを介して展開される広告は、インターネット広告に分類されます。
バナー広告や動画などの他、検索エンジンと連動して表示されるリスティング広告、SNSの拡散性を利用したSNS広告など、手法はさまざまです。
スマートフォンが普及したことと費用対策効果が期待されていることから、現在規模が拡大しています。

SP広告

SP広告は、「セールスプロモーション広告」の略称です。
マス4媒体やインターネット以外の媒体を利用した販促目的の広告を指し、ダイレクトメールや吊り広告、折込チラシなどが該当します。

上記のように、広告の形式は多種多様です。
広告代理店を目指している方は、広告の種類や違いを把握し、普段から意識しておくとより就職活動がスムーズになるでしょう。

 

広告制作で活躍する職種

広告制作の仕事というと、デザイナーなどのクリエイティブ系のイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。
クリエイティブ系にもいくつか種類があり、さらには営業やマーケティングなど、さまざまな職種の人が広告制作に携わっています。

クリエイティブ職

クリエイティブ職は、広告制作に直接的に関わる職種です。
ご紹介するのは一部ですが、以下のような種類があります。

クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターは、企画・立案から制作まで、広告制作を総括する総責任者です。
クライアントと打ち合わせをしたり、デザイナーやコピーライターをまとめて指示を出したりする必要があるため、豊富な経験とコミュニケーション能力が求められます。

アートディレクター

広告のビジュアル面を取りまとめる役割を担っている職種が、アートディレクターです。
グラフィックデザイナーやフォトグラファーなどに広告の方向性やコンセプトを的確に伝え、形にしていきます。
企業によりますが、デザイナーと兼任している場合もあるようです。

コピーライター

コピーライターは、商品やサービスを表現する文言を考える職種を指します。
ただ思いつきのまま書くのではなく、入念なリサーチと打ち合わせを重ね、的確に言葉を組み立てていく仕事です。
1つのキャッチコピーを生み出すまでに、数十本~数百本もの案を出します。

営業職

広告代理店における営業職は、「案件獲得」と「進捗管理」が主な業務内容です。

案件獲得

広告案件を獲得するためには、まず企業が開催する競合プレゼンに参加し、選ばれることが必要です。
競合プレゼンのために企業から情報収集をし、企画をクリエイティブチームやマーケティングチームと共に企画を練っていきます。
プレゼン当日に作った企画を企業に提案し、採用に繋げるまでが案件獲得の業務です。

進捗管理

営業の仕事は、案件を獲得して終わりではありません。
案件獲得後も、採用された企画が日の目を見るまでスケジュール管理や予算のコントロールなど、責任を持って行う必要があります。

マーケティング職

マーケティング職は、市場分析・調査を行い、その結果を反映した広告戦略を練っていく仕事です。
競合プレゼンのために説得力のあるデータを用意し、自社企画の魅力のアピールに繋げます。
案件獲得後もクライアントの商品やサービスの売上に繋がる戦略を立てる必要がある重要なポジションです。

広告代理店の職種にはいくつかの分類があるので、自分が何をしたいかを明確にしておいたほうがいいでしょう。

 

広告業界の今

現在の広告業界では、ネット環境の進化やスマートフォンの普及などにより、インターネット広告の市場が拡大しています。

昨今はアドテクノロジー(※インターネット広告に関連するシステムを指す言葉)の進歩も目覚ましく、SNSやニュースサイトを利用したネイティブ広告や、検索サイトと連動したリスティング広告など、宣伝手法の展開も豊富です。

また、動画広告も普及しているため、インターネット広告市場は今後もさらなる成長が期待できるでしょう。

広告代理店への就職を検討している方は、業界に関する知識や現状をしっかり把握しておくことが大切です。

しかし、就職活動は、自己分析や書類作成、面接対策など、他にもやるべきことが多々あります。
一人では追いつかない、不安という方は、就職エージェントの活用がおすすめです。

キャリアチケットでは、プロの就活アドバイザーによるカウンセリングや面接対策など、就職活動に関する幅広いサポートを受けられます。
書類選考を免除した特別選考フローを取り入れた求人もあるので、応募書類の作成が苦手な方も安心です。
スムーズな就職なら、キャリアチケットにお任せください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!