業界分析とは?目的や正しい方法を解説!

このページのまとめ

  • 業界分析は業界を研究して動向や雇用について知ること
  • 採用ニーズや自分に合うかを知るために業界分析を行う
  • 業界分析のコツは動向を理解し働く自分をイメージすること
  • 業界分析におすすめの方法はネットや説明会

業界分析とは?目的や正しい方法を解説!のイメージ

就活中の新卒大学生の中には、「業界分析ってなに?どうやるの?」と悩んでいる人もいるでしょう。就活をするうえで、まず選ぶのは業界。自分に合った業界を見つけるためには、業界の動向や雇用状況を知る必要があるでしょう。また、自分が実際にその業界で勤務できるのかどうかをイメージすることも大切です。このコラムでは、業界分析の目的やコツ、方法を記載しています。就職活動の情報収集の参考にしてください。

業界分析とは?

業界分析とは、就職活動をするうえで業界を選択するため、業界の動向や雇用状況、口コミなどを分析することです。業界分析をしていなければ自分に合った企業を見つけることも難しく、就職活動が非効率的になってしまうでしょう。企業を選ぶ前に、まずは業界についてを詳しく調べる必要があります。業界分析は使う媒体はネットや新聞などさまざま。次項より、業界分析の目的や調べる際に重視するポイントをチェックしていきましょう。

▼関連記事
就活における業界研究のポイントや、情報源などをご紹介!

LINE友だち登録をする

業界分析をする目的

業界分析をする目的は、業界や企業のニーズと自分の考えがマッチしているかを確認するためです。また、口コミで企業の社風を知り、企業や現場で働く先輩や退職者の意見を取り入れることも就活には重要といえます。

業界内の企業について調べるため

自分に合った志望企業を探すためには、まず業界のことを詳しく知る必要があります。視野を広げて業界全体を知ることができれば、どのような企業があるのか、評判の良い企業はどこかなどを確認できるでしょう。入社後のトラブルや早期の退職などを防ぐため、自分に合った環境で働ける企業を見つけるためにも、業界分析を行うのです。

口コミや評判で企業の社風を知るため

口コミや評判で企業の社風を知るためにも、業界分析は必要です。企業で働いていた退職者の口コミや評判を調べることで、企業の実態を把握することができます。企業の公式サイトや転職サイトの情報だけでは知り得ない、現実的な部分を確認し、自分が働きやすい環境かどうかを考えましょう。

業界の採用ニーズを確認するため

業界の採用ニーズを確認するためにも、業界分析を行います。業界がどのような人材を求めているのかを把握しておくと、入社後も戦力として活躍しやすいでしょう。就活は、企業と自分の双方のニーズがマッチしているかどうかが非常に重要です。入社後、「こんなはずじゃなかった…」と感じてしまう前に、細かく業界や企業の採用ニーズを理解しましょう。

▼関連記事
業界研究の効果的なやり方を解説!会社説明会やセミナーには行くべき?

業界分析をするときのコツ

業界分析のコツは、まず第一に業界の全体像を把握すること。そのうえで、業界で働く自分をイメージし、昇格を目指すことや長期勤務が可能かどうかを見極めるのが大切です。

業界の全体像を想像する

まず第一に、業界の全体像を把握しましょう。ポイントは、以下のとおりです。

・業界内のテリトリーを把握する
・テリトリーごとの収益モデルを調べる
・業界の全体的な流れ(動向)を理解する
このように、テリトリーや収益モデルの確認は、業界の経済的な動向を調べるのに効果的です。また、業界のトピックスや流れを確認し、国内外では何が注目されているのかを知ることも重要。業界規模の推移や現状の課題・実績を知ることで、業界がどのように評価されているかをチェックできます。

業界で働く自分をイメージする

業界で働く自分をイメージしましょう。実際に働く自分を想像できなければ、入社後も業務内容が身に付きにくく、戦力にはなりずらいといえます。それには、まず業界に興味をもつことが大切です。
やりがいをもって働くことができるか、多忙な時期や困難に陥ったときも、乗り越えて働けるかなど、現実的に考えることが大切です。その業界で働くメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットも調べたうえでイメージしましょう。

キャリアアップを目指せるか考える

将来的なキャリアアップが目指せるかどうかを考えましょう。その業界で同じスキルのまま勤務を続けるのではなく、昇格へのステップを踏んで自己成長できるかどうかが重要です。企業によって教育体制や昇格制度は異なりますが、業界としての昇格のしやすさを確認しておくと、企業について調べる際もイメージしやすいといえます。企業の現役社員や退職者の口コミなどで昇格について調べると、実態が把握しやすいでしょう。

長期勤務が可能か考える

その業界で、長期勤務が可能かどうかを考えましょう。分かりやすくするためには、業界の離職率や退職者の口コミなどを調べるのもおすすめ。業界のさまざまなメリット・デメリットを理解し、長期勤務を想像することが大切です。入社後すぐに辞めてしまうと、再度就活をしなければならなくなり自分の職歴にも影響してしまいます。前述のキャリアアップについても加味したうえで、長期勤務の可否を判断しましょう。

業界だけでなく自己分析もする

スムーズな業界分析を実現するためには、業界だけでなく自分のこともよく理解しておく必要があります。自分に合った業界を見つけるために、自己分析をして自分の軸を作っておくことが重要です。軸を確立しておくと、業界の採用ニーズと自分の考えがマッチするかどうかを比較しやすいでしょう。自分はどのように働きたいか、将来はどのようになっていきたいかを書き出してみるのもおすすめです。

▼関連記事
業界研究のやり方とポイントを詳しく解説!自分に合った仕事を見つけよう

LINE友だち登録をする

業界分析をするための方法

業界分析をするための方法として、インターネットや新聞、ニュースで調べることが一般的です。また、接客業の場合は顧客として店舗に出向いてみるのも良いでしょう。業界内の企業の説明会に参加するのも、直接企業の情報を知れるひとつの手段です。

ネットで調べる

最も効率良く業界分析ができる方法として、インターネットで調べることがおすすめです。経済産業省や企業の公式サイトでは、業界の動向だけでなく企業の利益率や総資産、予算比など基本的な情報を集められます。また、口コミサイトや転職サイトは、業界や企業の実態を把握できる最適な手段。公式サイトにはない情報が多数まとめられており、自分が働きやすい環境かどうかを見極めやすいコンテンツといえるでしょう。公式サイトだけに囚われず、退職者や現職者の口コミにも目を向けることが大切です。

新聞やニュースで調べる

新聞やニュースで調べることも、業界分析のひとつの手段です。ほとんどの新聞に業界情報は記載されていますが、特に国内の経済面にフォーカスした新聞社には、より多くの企業情報が掲載されているのでおすすめ。売上高や利益率などの情報を可視化して確認でき、数値的な動向が分かりやすい情報源です。また、ニュースをチェックする場合もマーケット情報や株価などを確認できるため、視野を広げて分析すると良いでしょう。

さまざまな企業の会社説明会に参加する

よりダイレクトに業界分析をする方法として、企業の会社説明会に参加してみるのも効果的です。企業の話を聞きながら、業界自体の動向もイメージできます。会社説明会は直接企業の話を聞けるため、業界内での企業の状況を確認しやすいといえるでしょう。また、業界や企業への疑問点・不明点もその場で質問することができるため、スムーズな就活を実現しやすいといえます。ほかの業界との比較をする際にも、分かりやすい方法です。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする