アパレルの自己prではブランド研究が大切!志望動機との違いや例文も紹介

このページのまとめ

  • アパレル業界の自己PRではブランド研究で企業の求める人材を理解する
  • アパレル業界の自己PRと志望動機は、一貫性を持たせて説得力をもたせよう
  • アパレル業界の自己PRは「ファッション好き」だけでは評価されにくいため注意

アパレルの自己prではブランド研究が大切!志望動機との違いや例文も紹介のイメージ

アパレル業界の自己PRは、アパレルブランドごとの特性を理解し、自分の強みをアピールすることが大切です。自分の強みをだらだらと語るのではなく、構成に沿った文章の組み立ても大切です。

この記事では、自己PRの書き方やポイントブランドの研究方法、志望動機との違いなどを例文付きで解説します。ファッションが好きでアパレル業界からの内定を獲得したい就活生は、参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

   
目 次

アパレル業界の自己prではブランドごとの特性を研究しよう!

アパレル業界とは、衣服を製造・販売する業界をいいます。アパレルというと、アパレル店員のイメージが強いですが、実際には服の企画や生産などの衣服に関わる幅広い仕事が存在します。ここからは、アパレルの業界研究をする際のポイントをお伝えします。

ブランドごとの職種や仕事内容を知る

アパレル業界を深く理解するために、ブランドごとの職種や仕事内容を理解しましょう。衣服やバッグは、季節やブランドによって、多様な種類の商品が売り出されます。

アパレル業界の主な職種は以下の通りです。

・デザイナー
・パタンナー
・生産
・バイヤー
・販売員

新しい洋服を作るデザイナーやパタンナー、商品の買い付けを行うバイヤー、洋服を作る工場の管理を行う生産部門など、職種はさまざまです。

流行の流れや消費者ニーズを調査し、短いスパンで新しい商品を企画・開発しなければなりません。その中でも、ブランドごとに売り出したい商品の特徴が変わるため、他と被らない服やが販売されています。

業界研究では、ブランドごとの特色や商品の売り出し方を確認しましょう。

業界研究のやり方についてhあ、「業界研究のやり方とポイントを詳しく解説!自分に合った仕事を見つけよう」も参考にしてください。

競合ブランドとの特性の違いを知る

アパレル業界にアピールする自己PRを作成する際は、応募企業が手がけるブランドの競合を理解しましょう。価格帯やブランドコンセプト、ターゲットなどからいくつかの競合ブランドを見つけます。

応募企業にしかない魅力を見つけ出すことで、あなたにしか書けない自己PRが完成するでしょう。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界の自己PRを作る前に!志望動機との違いを解説

就活の場面では、「自己PR」と「志望動機」の区別をつけて答えることが大切です。それぞれ意図が異なるため、何が聞かれているかを理解しておくようにしてください。

自己PRでは自分の長所をアピールする

自己PRでは、自分の長所をアピールしましょう。「コミュニケーション能力がある」「リーダーシップがある」などのようにアピールします。

ポイントは、企業に評価されるポイントをアピールしなければならない点です。職種や業務内容に合った長所をアピールしましょう。

たとえば、営業職を志望する場合には、「目標達成まで諦めない忍耐力」や「お客様のニーズが分かる傾聴力」などが自己PRになります。

志望動機では会社を選んだ理由を説明する

志望動機の場合には、その会社を選んだ理由を説明しましょう。たとえば、「自分の考え方とマッチしているから△△会社で働きたいと考えた」「業界のなかでも△△会社の事業内容に特に魅力を感じた」などのように伝えます。

志望動機の場合、自分の長所や特徴をアピールせずに回答する点がポイントです。基本的には、「なぜ、その会社で働きたいと考えたのか」を回答するようにしましょう。

志望動機の考え方や伝え方に関しては、「志望動機が「難しい」就活生へ…企業に伝えるためのコツと注意点をご紹介」も参考にしてください。

自己PRと志望動機は一貫性を持たせるようにする

自己PRと志望動機に関しては、一貫性を持たせるようにしましょう。自己PRで伝えた長所や強みが、業務に活かせるとイメージしてもらえるように伝えなければなりません。

たとえば、自己PRでコミュニケーション能力があると伝えたとします。その後、志望動機で、「販売職に携わり、多くのお客様とコミュニケーションをとりながら、売上トップを目指したい」と伝えれば一貫性があるでしょう。

しかし、自己PRでコミュニケーション能力をアピールしながら、「研究職で黙々と研究したい」「事務作業を希望している」などと伝えては、自己PRの内容が評価されません。

自分の働いている姿を採用担当者にイメージしてもらうためにも、自己PRと志望動機では、一貫性を持たせましょう。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界の自己PR作成に必要な準備

よりよい自己PRを作成するためには、準備が必要です。いきなりアピールを考えるのではなく、自己分析を行ったり、志望企業を調べたりしましょう。

ここでは、アパレル業界の自己PRを作る前に必要な準備を5つ紹介します。

自己分析で自分の強みを知る

自己PRを考える前に、まずは自己分析を行いましょう。自己分析を行うと、自分の強みを整理できます。

自己分析は、次のような手順で行ってみましょう。

1.自分史を作る
2.過去のエピソードを深掘りする
3.自分の特徴を言語化する
4.第三者の意見を取り入れる
5.書き出した特徴をまとめる

自己分析を行うときは、アパレル業界に関係しない経験も書き出すのがポイントです。家族や友人のような第三者に聞いてみると、自分の気付かない強みを教えてもらえる場合も。

自己分析の詳しい進め方については、「【就活生向け】自己分析のやり方を解説!内定に近づく活用方法とは」で解説しています。

志望企業の考え方やコンセプトを調べる

志望企業の考え方やコンセプトを学んでおきましょう。企業理念などを理解しておくと、「志望企業の△△の取り組みに対して、自分の強みを活かせる」のように自己PRを作成できます。また、企業調査を行っている点も評価してもらえる場合も。

志望企業の考え方を学ぶには、「ホームページを確認する」「扱っている商品を調査する」などの方法がおすすめです。また、実店舗が近くにある場合には、店の雰囲気や店員の接客を体感するのもいいでしょう。

他企業の調査を行う

他企業やブランドも調査し、理解しておくのも大切です。比較を行うことで、志望企業の魅力や特徴、強みを見つけられるでしょう。

自己PRでは、志望企業ならではの特徴や強みも取り入れることが大切です。「なぜ、その企業を選んだか」を明確に伝えられれば、採用担当者からの評価も上がるでしょう。他企業を調べる際は、似ている系統のブランドや、店舗が近くにあるブランドなどと比較するのがおすすめです。

企業研究の進め方に関しては、「企業研究とは?目的や手順を解説!ポイントを押さえて就職成功を目指そう!」で解説しています。

志望企業のターゲットを調べる

志望企業がどのようなターゲットに対して販売しているか調べましょう。ターゲット層に応じて、企業の求める人物像が変わってきます。

たとえば、20代が中心のターゲットになる場合、トレンドへの敏感さが求められやすくなり、トレンドを追いかける探求心が評価されるでしょう。

しかし、40代や50代がターゲットになる企業では、トレンドがニーズになるとは限りません。トレンドへの敏感さよりも、落ち着いて対応できる能力やコミュニケーション能力が求められるケースも。

このように、志望企業のターゲットによって、求める人物像や店の雰囲気は変わります。企業が求める人物像にあわせて自己PRを行うと、採用してもらいやすくなるでしょう。

自分の強みをアピールする方法を考える

自分の強みをピックアップできたら、アピールする方法を考えます。志望企業の求める人物像やコンセプトにあわせて、アピールしてください。

たとえば、店舗ではお客様に対し、積極的に話しかける企業に応募するとします。その場合、コミュニケーション能力が強みであれば、効果的にアピールできるでしょう。

自分の強みを見つけたあとは、企業に合ったアピールが欠かせません。どのような業務で、自分の強みを活かせられるか考えてみてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界の自己PRを作る際の構成

アパレル業界の自己PRを作る場合は、3つのポイントが大切です。どのように作成するかを解説するため、参考にしてください。

結論

自己PRでは、文章の始めにアピールしたい内容を伝えましょう。結論を始めに伝えると、この先の内容が分かりやすくなります。

たとえば、「私の長所はコミュニケーション能力です」「私の強みは周囲と協力して成果を出せる協調性です」などのようにアピールすることで内容が伝わりやすいです。

アピールポイントのエピソード

アピールポイントの根拠が分かるエピソードも取り入れましょう。エピソードがあると、具体的に、どのように長所が発揮されたかが伝わりやすくなります。

エピソードを伝える際は、プロセスを重視して伝えてください。失敗から学び、努力して結果を出したエピソードは評価されやすくなります。

エピソードの探し方に関しては、「自己PRで高校時代の経験はアピールできる?伝え方のポイントや例文を解説」を参考にしてください。

アピールポイントを仕事に活かす方法

アピールポイントを伝えるだけではなく、仕事に活かす方法も伝えましょう。採用担当者に、入社後の活躍をイメージしてもらわなければなりません。

たとえば、「コミュニケーション能力はお客様との会話に活かせる」「忍耐力があるので難しい業務であっても諦めずに努力できる」などのように伝えます。

仕事に活かす方法を伝えるためには、企業分析が欠かせません。企業や業務の特徴をふまえて、アピールポイントを考えてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

自己prに使える!アパレル業界が求める人材

自己PRをする際は、アパレル業界が求める人材を知り、自分の強みをあてはめていくことが大切です。アパレル業界で評価されやすい、自己PRすべきポイントを知っておきましょう。

人との関わり合いが得意でコミュニケーション能力を持つ人

アパレル業界は接客する場合が多く、コミュニケーション能力が強みになります。アルバイトで接客経験がある場合には、プラスで評価されるでしょう。

コミュニケーション能力をアピールする場合には、どのようなコミュニケーションに自信があるかを伝えます。たとえば、「お客様の話を聞くのが得意」「明るく笑顔で、誰とでも仲良くなれる」などと言い換えるのもポイントです。

さらに、接客でお客様から褒められた経験がある場合には、そのエピソードも伝えてみましょう。どのような点が第三者から評価されたかを思いだすことができれば、具体的にどのようなコミュニケーション能力を持っているのかを伝えられます。

ファッションへの特別な関心を持つ人

アパレル業界の場合、ファッションに関心を持っていることも大切です。ファッションが好きなのは意欲につながるため、積極的にアピールしましょう。

注意点は、ファッションが好きなだけでは、アピールになりにくい点です。アパレル業界を志望する就活生の多くは、ファッションに関心を持っています。

ファッションへの関心をアピールする場合は、志望する会社のブランドが好きなことを伝えましょう。ほかのブランドと比べて、どのような点が好きなのかを答えるのも大切です。

体力がありコツコツ努力できる人

アパレル業界では、体力やタフさもアピールポイントになります。接客は長時間の立ち仕事になるケースが多いからです。また、店舗では服を運ぶ機会も多く、体力を使います。

また、精神的なタフさもアパレル業界には重要です。疲れていてもお客様には笑顔で、元気に接客しなければなりません。どのような状況でも万全に仕事ができるという体力やタフさをアピールするのもいいでしょう。

体力やタフさをアピールするコツは、「自己PRで体力をアピールできる?ポイントや例文を解説!」で解説しているため参考にしてください。

お客様のニーズを聞く傾聴力のある人

傾聴力は、相手の話をしっかりと聞いて、気持ちや要望を深く理解する力をいいます。アパレル業界では、お店に服を買いに来たお客様の要望を聞き、その人が求める商品を的確におすすめすることが大切です。

お客様だけでなく、他のスタッフとのコミュニケーションでも傾聴力は重要です。引継ぎや意見を聞けると、より良い店舗を作っていけるでしょう。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界の自己PRを作るコツ

アパレル業界の自己PR作成に向けて、コツを紹介します。伝え方次第で評価が変わるため、参考にしてください。

成果は具体的に数字で示す

成果を示すときは、具体的に数字で示しましょう。具体的な数字を示すと、強みに説得力が生まれるからです。

たとえば、アパレルで勤務しており、半年間で売上が増えたとします。その場合、「売上が増えました」よりも、「売上が2倍になりました」「リピーターが30人増えました」などと数字を示す方が具体的に伝わります。

効果的にアピールするためにもどのくらいの期間で、どれだけの成果がでたかを数字で示すように意識してください。

第三者からの評価も取り入れる

第三者からの評価も取り入れると、自己PRに説得力が増します。お客様や先輩から評価をもらった場合には、積極的にアピールするといいでしょう。

たとえば、お客様から「説明が分かりやすくて不安が解消された」と言葉をもらった場合、第三者からの評価です。この評価から、「論理的に説明できる」「お客様のニーズにあわせて話ができる」などとアピールポイントに言い換えることもできます。

第三者からの評価は、自己PRの信憑性につながります。どのような評価を受けたことがあるか、振り返ってみましょう。

接客経験がある場合はアピールする

接客経験がある場合は、アピールすると効果的です。居酒屋やコンビニのように、アパレル以外の接客でも問題ありません。

たとえば、「コンビニで3年間働いており、お客様と話すことに慣れています」だけでも、3年の接客経験を伝えられます。また、「居酒屋のアルバイトをしており、元気に接客を行うように心掛けていました」などでもいいでしょう。

接客の仕事を行っていると、アパレルに通じる部分があります。接客経験がある場合には、働いていた期間と働くうえで意識していたポイントを伝えてみてください。

接客経験をアピールしたい場合は、「自己PRで接客経験をアピールする方法は?評価ポイントと例文をご紹介」も参考にしてください。

失敗談や短所も盛り込む

あえて失敗談や短所を盛り込むのも効果的です。その場合、「失敗から学んだ」「短所を克服できた」などのエピソードが伝えられるといいでしょう。

失敗したエピソードを伝えると、挫折から努力した印象を与えられます。また、失敗から学べる人物だと、評価されやすくもなる点もポイントです。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界で自己PRをする際の例文6選

アパレル業界の自己PRを作るコツを踏まえながら、例文を書いてみましょう。

ここでは、6つのパターンで、自己PRの例文を紹介します。

アパレル業界の経験がある場合の例文2選

私の強みは探求心とコミュニケーション能力です。小さいころから服が好きで、在学中はアパレル販売員として2年間従事いたしました。

勤務にあたり、自主的に最新のトレンドや素材知識を学び、お客様の好みや要望をお聞きし、そのうえでふさわしい商品のご提案を心がけています。その結果、お客さまに納得してお買い物をしていただき、感謝の言葉をかけていただける機会も増えました。

このような経験から、常に相手の話を傾聴する精神を忘れず、入社後は職場の人たちと良好な関係を築いていきます。また、貴社製品の知識を深め、お客様に安心して商品を手にとって頂けるような接客を目指していきたいと考えています。

私の強みは、長時間の立ち仕事にも耐える体力と、お客様1人1人に向き合う忍耐力です。大学生の頃にアルバイトのお金をほとんど服に使うほどファッションに目覚め、卒業後はアパレル業界に従事していました。

実務に入ると、長時間の立ち仕事により足がぱんぱんになり、疲れから接客にも身が入りませんでした。このままではいけないと思い、毎朝ランニングを行い、体力と持久力を鍛えるトレーニングを今でも続けています。

また、1人のお客様に対して誠意ある対応を心がけ、どれだけ多くのお客様と仲良くなれるかを毎日挑戦していました。お客様の名前と顔を覚え、接客以外のコミュニケーションを取りつつ、求めている服のイメージを伺いました。

貴社でデザイナーとして従事するからには、今後も体力作りを続け、1人のお客様を大切にする心を忘れずに、着ていて幸せを感じられるような服を作っていきたいです。

アパレル業界が未経験の場合の例文2選

私の強みは、コミュニケーション能力と体力です。学生時代はバレーボール部に所属し、キャプテンを務めました。

バレーボール部では、チームの目標を達成できるようチームワークを強化し、厳しいトレーニングをこなしました。練習が辛いこともありましたが、目標や一緒に頑張る仲間の存在をモチベーションとして、その都度自分を励まし取り組んだ結果、チームの目標である全国大会に出場できました。

アパレルで働いた経験はありませんが、入社後は部活動で培った経験を活かし、先輩方やお客様と積極的にコミュニケーションを取りながら、ブランドの一員として売上に貢献していきたいです。

私の強みは、状況を瞬時に把握し、次の行動を考えられる力です。

居酒屋のアルバイトで、満席の中、お客様のダブルブッキングが起きました。店内がパニック状態でしたので、次に空きそうな席を探してお声がけをし、二組のお客様を席へとご案内できました。料理の材料は余っていたため、ホールからキッチンに2人移動させ、無事にコースを終えました。

その後も、トラブルが起きた時こそ冷静になる意識をし、居酒屋で起こるほとんどのトラブルに対応できる力を身に付けたと思います。

入社後は、アルバイトで培った状況判断力を活かし、生産の段階でトラブルが起きても適切な対応ができるような社員になりたいです。

接客業の経験がある場合の例文2選

私の強みは、どのような人とも打ち解けられるコミュニケーション能力です。学生時代に勤務していたカフェでは常連様が多く、会話をする機会も多くありました。その際、明るく元気に、話しやすい雰囲気を作ることで、お客様とすぐに仲良くなれました。

また、お客様の好みや以前の会話などを覚えておき、次にお会いしたときもスムーズにコミュニケーションをとれるようにしています。その結果、接客態度を褒めていただける機会も増え、お客様の好みや希望にあわせたご案内をできるようにもなりました。

アパレル業には学生時代から興味があり、カフェの接客経験を活かしたいと考えています。初めてのお客様であってもニーズを察知し、コミュニケーション能力を活かして売上に貢献していきたいです。

私の強みは、人の意見を親身に聞く傾聴力です。大学から始めた居酒屋のアルバイトでは、店長代理として店舗全体を管理する業務をさせて頂きました。

店長代理という立場から、店長に言いにくい意見や指摘を、店のスタッフからよく聞いていました。また、店の不手際により、クレームに発展したときも、お怒りのお客さまの話をしっかりと聞き、誠意ある謝罪を行いました。

入社後は、いずれは店長職として従事できるように、持ち前の傾聴力を使ってスキルを積んでいきたいです。

そのほかの例文については、「志望動機を面接でうまく伝えたい!ポイントを例文付きで解説」で解説しているので参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界の自己PRを面接で伝える際のポイント

自己PRはエントリーシートや履歴書だけではなく、面接で伝える場合もあります。アピールができるように、面接での振る舞いも意識しましょう。

ここでは、自己PRを評価してもらうために、面接で意識したいポイントを解説します。

清潔感のある服装やメイクにする

アパレル業界は接客に携わるケースが多いため、服装やメイクは清潔感を意識しましょう。清潔感がなければ、接客を任せられないと思われてしまいます。

たとえば、「服にはしわがないようにする」「ヘアスタイルを整える」などは基本です。お客様の前に立つイメージも持って、服装やメイクを考えましょう。

笑顔で明るく話す

面接では、笑顔で明るく話すように意識する必要があります。接客をイメージして、いい印象を与えるように工夫が必要です。自己PRも緊張するとは思いますが、明るく、ハキハキと話すようにしましょう。

また、声の大きさや、話す速さにも注意してください。緊張して小さな声になったり、早く話してしまうこともあります。印象をよくするために、落ち着いて、笑顔で明るく話すように心掛けましょう。

服装自由の場合は企業のイメージに合わせる

アパレル業界の面接では、服装自由の場合があります。服装自由の場合には、企業やブランドのイメージにあわせるようにしましょう。

企業が服装自由にしているのは、就活生がどのようなファッションで面接に来るかを見ているからです。服装が企業のイメージにあっていると、「自社の雰囲気にあう」と評価できます。

企業のイメージにあわせるためには、Webサイトを確認したり、実際の店舗を訪れたりしてみましょう。服装が自由だからこそ、アピールポイントにできるよう工夫するのが大切です。

面接の服装に困った際には、「アパレル面接にふさわしい服装は?評価されるポイントや注意点を解説」も参考にしてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

アパレル業界で評価される自己PRを作りたいあなたへ

アパレル業界の自己PRでは、コミュニケーション能力や体力、傾聴力をアピールするといいでしょう。「ファッションが好き」という内容だけでは、十分な自己PRにならないため、注意が必要です。

「自己PRに何を書けばいいか分からない」「内定獲得に向けてもっとアピールしたい」と悩んでいる方も多いようです。自己PRや志望動機の作成でお悩みの方は、キャリアチケットに相談してみてください。

キャリアチケットでは、自己PRでアピールできる自分の強みを見つけるために、自己分析をサポートします。また、アパレルブランドごとの特徴やコンセプトを理解するための業界研究や企業研究のお手伝いも。

自己PRや志望動機作成のサポートだけではなく、エントリーシートや履歴書といった応募書類の書き方や、面接での受け答えなどもマンツーマンでサポート。下のボタンから無料で会員登録できるため、自己PRの作り方に悩んでいる方は、ぜひキャリアチケットにご相談してみてください。

自己PRの作り方について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。