出版業界の実情と就職内定への得策をご紹介

このページのまとめ

  • 出版業界は主に、出版社、出版取次、書店の3つで構成
  • 電子書籍の普及により、紙媒体の需要は減少気味
  • 作品をアニメ化や映画化することをクロスメディアという
  • 他業界とタイアップする手法が流行っている
  • 敢えて特定の企業にこだわらないという方法もあり

就活生に人気がある出版業界。おそらく、ファッショナブル・華やか・知的といったイメージを抱く人が多いのではないでしょうか?
しかし、実際の業務や実情についてはよく知らない…という人も多いと思われます。
そこで、このコラムを通して出版業界における業務や最近の動向などを見ていきましょう。
 

出版業界の構造

出版業界は主に、出版社・出版取次・書店の3本柱で成り立っています。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

出版社

出版社とは、書籍や雑誌を制作および発行している会社のことです。
書籍の場合、編集者が作家に原稿を依頼し書き下ろしてもらったり、取材に協力したりします。一般的に「作家を育てる」という言い方をしますが、新人を発掘する一面もあるようです。
また、雑誌を編集するのも出版社の仕事に含まれます。購入対象となるターゲット層にどのようなコンセプトでアプローチするか、といったミーティングを経て雑誌を企画し編集。その過程には、写真撮影や取材も含まれます。

出版取次

出版取次とは、出版社と書店の仲立ちをする会社のことです。主に、出版社が制作した書籍や雑誌を全国の書店に送り届ける役割を担っています。
その一方で、書店で売れ残った商品を回収し、出版社へ返品するのも出版取次の仕事です。

書店

書店とは言わずもがな、本を販売している店のことです。
書店のなかには、広いジャンルを扱う一般向けの店もあれば、専門書に特化した店もあります。
また、店頭にどのような書籍を置くか、どの本をプッシュするか、といったことはほぼ書店が判断。そこで営業をかけてくるのが出版取次であったり、ときには出版社であったりするようです。
 

出版業界の動向

近年、インターネットの普及により紙媒体の需要は減少傾向にあります。これは出版業界だけに見られる現象ではなく、音楽業界やマスメディアにおいても同様の変化が見られるとのこと。
この変化により、出版社によっては売上が落ちたところもあるようです。しかし、時代の波を上手く掴んでいる出版社は、新媒体を通して作品を世の中へ送り出しています。
その例を見ていきましょう。

電子書籍

出版社にとって電子書籍は紙媒体を脅かすもの、といったイメージが強いでしょう。確かにそのような一面はあるかもしれませんが、デメリットばかりではなさそうです。
メリットとして、次のようなことがよく挙げられます。

・紙、印刷、物流がカットされるためコストがかからない
・データファイルのため在庫なし
・自由な価格設定ができる
・販売網が世界へ広がる

総じて、出版社にとってもユーザーにとっても手軽、自由が効くといった点が魅力のようです。
なかには、ひとまず電子書籍で購読した後に、紙書籍を購入する人も多いとのこと。電子書籍には、紙媒体への足がかりとしての役割もあるようです。

クロスメディア

既に発行されている書籍が、アニメ・映画・ゲーム化されることをクロスメディアといいます。
もし、アニメや映画がヒットすると次のような二次的影響が期待されるため、話題になりそうな作品のプッシュに力を入れている出版社もあるようです。

・キャラクターがヒットするとライセンス商品化しやすい
・原作を知らない人が書籍を手に取るきっかけづくり
・映像化することで国外へのアピールにつながりやすい

このようにインターネットやクロスメディアを利用することで、出版・取次・書店が利益を得るケースも見られます。既存の販売スタイルにこだわらないことが、成功の秘訣といった見方もあるようです。
 

出版業界は他業界との関わりが深い

前項で述べたように、近年は作品のクロスメディアが非常に盛んです。その際に出版社が関わる他業界について、詳しく見ていきましょう。

通信業界

電子書籍の販売や定額読み放題サービスを提供。出版業界にとっては、書籍のアピールに繋がっています。
一方、通信業界にとってのメリットは、端末の買い替えにつながること。文字や絵を見やすい大きな画面の端末が好まれる傾向にあるからです。

アパレル業界

近年、アパレル業界とタイアップする出版社が増えてきました。その理由は、雑誌の付録としてアパレル商品を付けることで、売上向上を狙えるからです。またアパレル業界にとっても、ブランドのアピールにつながります。

コスメ業界

アパレル業界と同様に、付録として雑誌とタイアップしたり、記事の中で紹介してもらったりすることが多いようです。互いの業界において、相乗効果が狙える関係性といえるでしょう。

その他業界

インターネットやSNSの普及により、「映える」スポットが注目されるようになりました。そのなかで、カフェや宿泊施設とコラボした書店が紹介されることがあります。
それらの多くは何かしらのコンセプトに基づき、ファッショナブルに陳列。画像で見るだけではなく、実際に足を運んでみたくなる効果があるようです。

上記のように、出版業界は新たな販売層や経路を開拓するため、さまざまな工夫を凝らしています。他業界との連携を通して移動書店を展開したり、「本屋大賞」といった文学賞を設けたり、世間から注目されやすい話題作りに注力中です。
 

出版業界に就職するには?

紙媒体の需要が減少してきたとはいえ、就活生にとって今なお出版業界は憧れの就職先のようです。しかし、募集人数が少ないことが、激選に拍車をかけている現状があります。
では、出版業界へ就職したい人はどうすれば良いのでしょうか?効果的と思える対策を一緒に練っていきましょう。

志望会社について

どこそこの出版社で活躍したい、というような具体的な希望でない場合は、企業の規模にこだわらない方が良いかもしれません。規模は大きくなくとも、出版業界で働くうえで必要な知見が習得できる企業は多数あります。
そのように考えると、出版業界のなかでも比較的競争が激しくない企業を選ぶほうが得策でしょう。

採用基準

新卒の場合は、スキルや経験が評価されることは殆どないと言われています。むしろ、意欲や興味がある分野などが重視されるポテンシャル採用が多いようです。
新卒はスキルがない分、ひとまずはどの企業に就職してもゼロスタートでしょう。その後はむしろ、大手よりもワンサイズ小さい企業の方が、さまざまな業務に触れる機会がありそうです。
ひとまずその職場で経験を積み、将来的には大手へ転職するという計画が賢いかもしれません。

就職したい企業、就職できる企業、両者には大きな違いがあります。
理想と希望に満ちた新卒生にとって、就職できる企業を選択するのは勇気がいるかもしれません。しかし、その企業にとっては、あなたが必要という場合もあります。
最終的には自分が納得した企業で頑張れるよう、就活の段階からエージェントへ相談してはいかがでしょうか?
キャリアチケットでは、見識豊かな就活アドバイザーがあなたの希望に寄り添いつつ、一緒に活路を見出してくれます。
利用料は必要ありませんので、まずはお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!