9月から就活しても内定は獲得できる!秋採用の流れと就職成功のポイントを解説

このページのまとめ

  • 秋採用枠を設ける企業は多いので9月からの就活でも内定は狙える
  • 秋採用枠は夏よりも募集人数が少なく倍率が高いので対策が必須
  • 9月の就活で挽回するには自己分析で自分の長所を見極めること
  • 志望する業界や企業の幅を広げると選択肢が増える
  • 9月の就活で巻き返すには志望動機を明確にすること
  • 身だしなみや話し方といった面接の基本的なマナーが内定を左右する

「9月に就活するのは手遅れ?」と気になる就活生は多いでしょう。9月は大多数の学生が就活を終了している時期。自分だけ内定がないと、就職できるか心配になりますよね。
結論からいうと、9月から就活を始めても内定は貰えます。ただし、秋採用を実施する企業は少ないので、これまでの就活を振り返り、対策する必要があります。
このコラムでは、秋採用の流れと注意点について説明し、内定獲得を応援します。
 

9月に就活しても秋採用枠があるので内定は狙える

秋採用枠を設ける企業は多いので、9月から就活しても内定は狙えます。秋採用とは、9~11月末までに行われる採用活動のこと。一般的に春・夏採用で募集人員を確保できなかった企業や、内定辞退が出てしまった企業が行います。
秋に採用活動を始める企業は意外に多いので、諦めずに就活に取り組みましょう。

ただ、9月の就活は採用枠が少なく倍率が高いことも

9月に採用を行う企業は多いですが、採用枠は少なく倍率が高い傾向があるので注意が必要です。秋採用を行うのは、募集人数が少ない中小企業やベンチャー企業が一般的。一部大手企業も秋採用を行っていますが、春・夏採用に比べて採用枠は少ないと思っておきましょう。
さらに、秋採用には「留学帰りの学生」や「公務員試験に落ちた学生」といった知識と経験の多いライバルが多く参加します。周囲と差をつけなくては内定は貰えないので、対策したうえで選考に臨みましょう。

スピーディーな内定獲得には就職エージェントがオススメ

9月の就活でスピーディーに内定を獲得するには、就職エージェントを利用するのがおすすめです。就職エージェントとは、新卒向けの就職支援サービスのこと。就活アドバイザーが学生の特性に合った企業を紹介してくれるので、マッチング率は非常に高いです。
また、就活生が知りたい自己分析や履歴書の添削、面接対策などをサポートしてもらえるというメリットも。プロの視点で効率的に就活を進めたい方は、就職エージェントを利用しましょう。

秋採用の流れ

秋採用の時期は企業によって異なりますが、一般的な流れは下記のとおりです。

・7月~8月頃…エントリー
・9月以降…選考期間
・9月~11月末…内定

秋採用は春・夏採用に比べて期間が短く、選考がスピーディーに進む傾向があります。
また、企業の中には採用人数が確保できた時点で選考を終了するところも。気になる企業の採用枠はすばやく応募し、チャンスを逃さないようにしましょう。

9月まで就活している学生に共通する3つの特徴

9月の就活で成功するには、これまでの取り組み方を振り返る必要があります。9月まで就活している学生の共通点を確認し、自分に当てはまらないかチェックしてみましょう。

1.自己分析が不足していて長所を把握できていない

自己分析が不足していて自分の長所を把握していない学生は、就活がうまくいきません。
就活では自分の長所を見極め、長所を活かせる企業を探すのが鉄則。長所に合わない企業をやみくもに受けても、内定が出る可能性は低いといえます。
また、長所は自分を売り込む武器であり、自己PRの核となるものです。長所が不明だと自己PRも曖昧になるので、採用担当者の印象には残らないでしょう。

2.自分の得意分野を活かせる職種を受けていない

就活がうまくいかない人は、自分の得意分野を活かせる職種を選べていない傾向があります。
就活生が勘違いしがちなことですが、職種は「やりたいこと」ではなく「できること」を軸に探すのがベスト。企業が求める能力と学生の得意分野がマッチしていないと、企業側にとって採用するメリットはありません。
憧れの職種にこだわって就活している人は、自分の得意分野を活かせる仕事なのか見直してみましょう。

3.そもそも真剣に就活していない

真剣に就活していない人は、当然のことですが内定が出ません。
多くの就活生は真剣に就活に取り組み、場数をこなして選考に臨んでいます。いい加減な取り組み方では努力しているライバルに差をつけられないでしょう。
また、企業の採用担当者は、学生の就活への取り組み方もチェックしています。真剣に取り組んでいない人は「やる気がない」「入社意欲が低い」と判断されるので、内定を貰うのは難しくなります。

9月からの就活を挽回する4つの方法

秋採用で内定を得るためには、気持ちを切り替えて対策する必要があります。9月からの就活で挽回する4つの方法を下記で確認しておきましょう。

1.自己分析して自分の長所を探す

内定を得るためには、自己分析をして自分の長所を探す必要があります。長所はアピールポイントで、企業側に自分を売り込む武器になるからです。
自己分析は、自分が過去に「頑張ったこと」や「熱中したこと」を深堀して行います。「なぜ頑張ったのか?」「なぜ熱中したのか?」と「なぜ?」を繰り返して要因を探ることで、自分の長所が見つかります。
長所が分かったら、長所を活かせる企業を探しましょう。自分の長所と企業が求める能力がマッチすれば、内定獲得の可能性が高まります。

2.志望する業界や企業選びの幅を広げる

9月の就活で巻き返すためには、志望する業界や企業選びの幅を広げましょう。就活がうまくいかなかったのは、自分の長所に合わない業界や企業を受けていた可能性があるからです。
業界や企業を選ぶときは、憧れではなく「自分の長所を活かせるか」を判断基準にするのがポイント。
また、志望業界や企業にこだわりがある人は、視点を高くして見直すのがおすすめです。「〇〇業界でないと実現できない」と思っていることは、異なる業界でも実現できる可能性があります。今までチェックしていなかった業界も視野に入れ、選択肢を増やして可能性を広げましょう。

3.入社意欲が伝わる志望動機を作る

入社意欲が伝わる志望動機が作れないと、就活はうまくいきません。
志望動機は、「他社ではなく応募先企業を志望する理由」を明確にするのが重要。業界研究と企業研究を徹底して行い、応募先企業ならではの特徴を把握しておきましょう。
志望動機は、「応募先企業ならではの特徴」と「自分の長所」を絡めて説明するのがポイント。最後に「長所を活かして入社後に取り組みたいこと」を述べれば、仕事への熱意をアピールできるでしょう。

4.身だしなみや話し方など面接の基本的なマナーを見直す

9月の就活で挽回するためには、身だしなみや話し方など面接の基本的なマナーを見直すのがおすすめ。今まで面接に落ち続けたのは、マナー違反が原因だった可能性があるからです。
人は見た目で相手の印象を決めるので(メラビアンの法則)、第一印象は重要。
面接前に「寝ぐせがないか」「服にシワが寄っていないか」「靴に汚れがないか」を確認し、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。
また、面接では面接官の目を見て話し、口角を上げて笑顔を見せるもポイント。
話すスピードは普段よりゆっくりめを心がけ、ハキハキした声で面接官が聞き取りやすいように配慮しましょう。

面接では「なぜ現在も就活を続けているか」を聞かれる可能性大

9月の就活では、面接で「なぜ現在も就活を続けているのか」を聞かれる可能性が高いです。
答えるときに大切なのは、自身の甘さを素直に認め、改善のために行動する姿勢を見せること。「就活に失敗した理由」を正直に述べ、経験を活かして「自分に向いている仕事を見つめなおした」という流れにするのがおすすめです。
たとえば、「大手商社ばかり受けていたが、周囲の人気に流されて就活していると気づいた。コツコツと地道な自分の性格を考えると、パワフルな仕事よりも御社のように固定のお客様と信頼関係を築くメーカーのほうが向いていると思った」のように話すと、面接官に前向きな印象を与えられるでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!