6月から始める就活を成功させよう!これからやるべきことをご紹介

このページのまとめ

  • すでに内定が出ている学生もいるため、6月から就活を始めるのは少々遅め
  • 6月から就活を始める学生は、秋以降も募集している企業を探そう
  • 6月から就活を始める場合でも焦りすぎず、企業のリサーチや自己分析に努めよう
  • 6月になっても説明会を行っている企業は選考のチャンスがある
  • 6月からの就活と学業を両立させるなら、就職エージェントを活用するのもおすすめ

6月から始める就活を成功させよう!これからやるべきことをご紹介のイメージ

6月から就活を始めることになり、「出遅れた」と焦っていませんか?一般的なスケジュールでは「6月ごろから選考し、10月ごろに正式内定」とされていますが、実状としては6月に内定を出す企業が多々あります。
これでは、焦りや戸惑いを感じる学生もいるでしょう。このコラムでは、就活ルールの矛盾に関する考察や、6月からの就活を成功に導くための方法を紹介するので、焦りを感じている学生はご一読ください。

就活を始める時期は6月からでは遅い?

6月から就活を始めるのは、遅めのスタートといえるでしょう。
経団連は、企業が就活広報~内定発表を行う時期を以下のように定めています(2020年11月時点での情報)。なお、主導が経団連から政府に移る2021年卒以降も、当面の間は就活ルールに大きな変動はない見込みです。

・広報活動: 3月1日~
・選考活動: 6月1日~
・内定発表:10月1日~

6月ごろからは選考活動が始まるため、5月の末ごろにはエントリーを締め切っている企業もあります。このような状況では、6月から就活を始めた学生は「出遅れた」と見なされてしまうでしょう。また、周囲からそのように見られることで、就活に焦燥感や絶望感を抱く学生がいると思われます。

6月からの就活が「遅い」といわれる理由

就活を始めるのが6月からになってしまっても、下を向いて諦める必要はありません。「出遅れた」現象には、次のような理由があるからです。

そもそも経団連の文言は、規則ではなく指針です。指針が適用されるのは経団連に加盟している企業のみ。非加盟の企業は従わなくても立法的には問題ありません。
そのような背景があるため、外資系やベンチャー系などの企業は内定を早く出すところも。また、たとえ経団連に加盟していても、罰則がないため水面下で選考を早めている企業もあると考えられます。

このような理由から、6月から就活を始めることは絶対的に遅いわけではありません。指針に従っている企業や、秋以降に採用活動をする企業に目を向け、就職のために努力することで道は開けていくでしょう。

▼関連記事
就活生が知らない事実、内定時期は6月とは限らない?

カウンセリングで相談してみる

6月からの就活でも焦らないことが大切

「6月からでは遅い」と焦ってしまう学生もいるでしょう。しかし、手当たり次第にESを提出するのはおすすめしません。熟考しないで記入することになるため、自己PRや志望動機に統一感が欠ける恐れがあるからです。
その結果、思うように進まずに就活期間が延びる可能性が発生します。仮に就職できたとしても、リサーチ不足によるミスマッチのため、早期退職となってしまう恐れも。
そのようなことを避けるためにも不十分な状態のまま就活に臨まず、自己分析や企業研究などの準備を入念に行いましょう。

また、自分の理想像に固執しすぎないことも大切です。
自分に適している仕事というのは、すぐには分からないもの。「興味がない」と思っていた業界や職種でも、実際にやってみると面白く感じる可能性もあります。就活では視野を狭めず、柔軟に取り組んでいきましょう。

▼関連記事
就活はどうやるの?その準備と対策についてご紹介!

6月から就活を始める学生がやるべき5つのこと

基本的に、やるこべきことは就活を早く始めた人と変わりありません。「出遅れた」と諦めず、下記のことを着実にこなしていきましょう。

1.自己分析で就活の軸や強みを明確にする

まずは自己分析を行い、就活の軸やアピールポイントとなるような強みを明確にしましょう。
就活の軸や自分の強みが分かっていれば、企業選びの方向性を明確にできるうえ、面接の受け答えやESの作成もスムーズに行えます。
自己分析の際は、効率アップのために就活関連の書籍やアプリを活用するのがおすすめ。これまでの経験を振り返り、達成したことや頑張ったことを振り返って整理していきましょう。

2.インターネットや説明会で志望企業を見つける

インターネットでまだ募集を行っている企業を見つける、あるいは説明会に参加するなどの方法で、志望先を見つけましょう。
6月になっても説明会を開催している企業は、まだ人員を募集しています。そのため、気になる企業が説明会を開催している場合は、積極的に参加しましょう。
スケジュール的に直接会場に出向くのが難しい場合は、Web説明会を行っている企業を探すのもおすすめの方法です。

3.企業研究を徹底する

志望先が決まったら、企業研究を徹底的に行いましょう。企業について十分な知識をつけておかないと、志望動機や自己PRなどの質問に答えられません。
企業のWebサイトや書籍、関連ニュースなどを見て、必要な情報を収集しておきましょう。
志望度が高い企業であれば、スケジュールを立ててOB訪問するのもおすすめです。実際に働いている人から話を聞いたり、質問をしたりできるので、インターネットだけでは分からなかった情報を入手できるでしょう。

4.ESを作成する

志望企業にエントリーしたら、すぐにESを作成しましょう。
これまでの自己分析の結果や企業研究で得た情報をもとに、志望動機や自己PRなどを書いていきます。話の内容をわかりやすくするために、結論から先に書くことを心がけましょう。
また、提出する前に、誤字脱字や内容に間違いがないかをチェックしておくことも大切です。

5.本番同様の模擬面接で練習する

本番でスムーズに受け答えできるよう、模擬面接で練習しておきましょう。
練習相手は家族や友人などの身近な人よりも、教授やバイト先の上司など、目上の社会人にお願いするのがおすすめです。緊張感を持って臨めるうえ、社会人目線の有益なアドバイスをもらえる可能性があります。
また、大学のキャリアセンターでも模擬面接を行っている場合があるため、情報をチェックしたり、窓口で問い合わせてみたりすると良いでしょう。

▼関連記事
6月からの就活はこれで安心!成功のためにやっておくべき準備をご紹介

カウンセリングで相談してみる

6月からの就活でも学業と両立するための対処法

学業と就活を両立したいと考えているなら、エージェントを利用するのがおすすめです。
6月からでも丁寧に就活をすることが大切ではありますが、講義や卒論研究と並行して行うのはやはり大変でしょう。
本音としては、「内定をもらい、安心して卒論準備をしたい」と考えている学生が多いのではないでしょうか。

エージェントを活用すれば、自分の適性に合った企業・仕事の紹介や、応募書類の添削、模擬面接などのサポートを受けられます。
企業とのやり取りもアドバイザーが間に立ってくれるため、スケジュールを立てる際も安心でしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする