6月なのに内定なし…基本の就活スケジュールを確認しよう

このページのまとめ

  • 一般的に、6月になると内々定、10月になると内定が出始める
  • 経団連のルールにより10月以前に内定を出せないため、「内定の約束」である内々定が使われる
  • 外資系企業やベンチャー企業など経団連に属さない企業の場合、6月以前に内定を出すことも珍しくない
  • 6月に内定や内々定を持っていなくても、秋採用のチャンスがあるのでチャレンジしてみよう

就活スケジュールにおいて、6月は内定や内々定が出始める大切な時期といえます。
では、なぜ6月から内定が出始めるのか知っていますか?
また、企業によって内定が出る時期が異なるケースもありますが、それはなぜなのでしょうか。
当コラムは、6月と内定の関係についてまとめています。
内定が出ない理由と対策についても紹介しているので、就活でお悩みの方は参考にしてください。

内定が出るのは6月から?

一般的な就活スケジュールでは、内定が出始めるのは10月からとされています。
しかし、中には「6月に入ると内定が出る」と考える方もいるでしょう。
実際にはどうなのでしょうか。

上記のような就活ルールを定めているのが、多くの企業が参加している「経団連(日本経済団体連合会)」。
これによると、大学の卒業・修了年度の6月1日以降に面接が解禁され、同年度の10月1日以降に内定が解禁となっています。
経団連に所属する企業は、上記よりも早い時期に表立って面接をしたり内定を出したりすることができません。

しかし、実情では経団連に属する企業でも、6月1日以降に内定を出すという約束の「内々定」を出しているケースが多くあります。
そのため、内定が解禁となる10月1日にはすでに内定が確定しており、内定式が開催される…ということが起こるのです。

また、上記のルールはあくまでも経団連に所属している企業の就活スケジュール。
経団連に加盟していない企業は上記ルールを守る必要がないため、もっと早くから選考を行っていることもあるようです。
それにより、就活生の中には卒業・修了年度の4月や5月に内定を取っている人も。
早ければ3年生の段階で内定を得ている…というケースもありますが、一般的に内定(内々定)が出るのは6月以降と言えるでしょう。

企業ごとの内定時期の特徴

経団連に属する企業は「6月面接解禁」「10月内定解禁」という就活ルールに則っていることがほとんど。
しかし、経団連に属さない外資系企業やベンチャー企業はその限りではなく、早期から選考を始めるのが基本です。
上記を踏まえて、企業ごとの内定時期の特徴を以下にまとめました。

ベンチャー企業

早期から採用活動を開始するのが一般的。
ただし、採用予定人数に達さなかったり採用人数が多い場合は6月末まで選考を行っていることもあります。

外資系企業

就活生からの人気の高さに加え、採用人数が少ないことから早期に採用活動をスタートさせ、3年次の3月や4年次の4月といった時期に内定を出すケースが一般的。
採用人数が多い場合はベンチャーと同様に6月末など長期に渡って選考を行うことも珍しくありません。

中小企業

大手企業や経団連所属企業の選考より後に選考を始めるケースが多数。
多くの場合は6月末からスタートするようです。

外資系やベンチャー企業の選考が早いのは、日系の大手企業より早く人材を確保したい…というのが理由です。
経団連に属さない企業は、外資系やベンチャーのように早期選考を行ったり、中小企業のように大手の採用が一段落したあとからスタートしたりするのが一般的。
企業や業界によって内定が出る時期は異なるだけでなく、近年では通年採用を行っている企業も見受けられるため、志望企業の選考スケジュールは必ず確認しておきましょう。

6月に内定がないのはまずい?

前項でも記したように、6月中に内々定を得る人は多数。
そんななかで、6月になっても内定を持っていない…という状態はまずいのでしょうか。

人によって就活状況が異なるので一概には言えないものの、就活に対して「なにもしていない」状態であれば焦るべきです。
内定を得るためには自己分析や企業研究、選考対策、面接練習など多くの時間を必要とするため、4年生の6月時点でも就活をスタートさせていない…というのは、特別な事情がない限りまずい状況と言えるでしょう。

また、自分なりに就活を行っているにもかかわらず6月中に内定をもらえなかった…という方も少なくないようです。
就活をしていのに結果が伴わないのであれば、就活のやり方を見直す必要があるかもしれません。

内定を持っていない方の中には、「6月に内定を持っていないからもう就職は厳しいかも…」と考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、選考が終わったわけではありません。
6月以降に本格的に選考を始める企業もありますし、6月の時点で採用予定人数に達していなかったり辞退者の補填として採用活動を継続したりする企業も多数あります。
このように6月以降に行われる選考は「秋採用」と呼ばれており、9月初旬から12月初旬までが選考期間。
そのため、6月時点で思うように就活が出来ていない場合は、秋採用で内定を得ることを目標に進めるのがおすすめです。
9月までに自己分析や企業研究を行っておきましょう。

内定がない人の特徴と対策

では、内定がない人はどのような特徴があるのでしょうか。
考えられるものを以下に挙げたので、参考にしてください。

志望動機が曖昧

曖昧な動機やずれた動機では内定を取るのは難しいでしょう。
志望動機では、「自分が成し遂げたいこと」や「志望先でできそうなこと」を踏まえた上で「だから志望した」と結論付けることが大切。
また、同様に就活の軸が定まっていない場合も、内定を取ることは厳しいかもしれません。
働く上で重視することや基準を明確化し、志望動機を明らかにすることがポイントです。

面接対策ができていない

面接で緊張しすぎてうまく話せなかった、就活の軸が定まっていない、話がずれているなど、面接対策が十分でないことも内定が出ない理由に挙げられます。
緊張しないように模擬面接を繰り替えす、想定される問題とその回答を用意しておく、企業ごとの特色を理解しておくことが大切と言えるでしょう。

振り返らない

なかなか選考を通過しない…という場合は、何が悪かったのかを振り返って改善点を見つけることが大切。
しかし、内定が出ない方の大半は書類や面接を振り返らないため、自分の弱点や改善ポイントを見つけることができないようです。
書類であれば提出前に友人や大学のキャリアセンターの人に見てもらう、面接なら友人や先輩などに模擬面接を依頼するなどして第三者から見た「自分」を評価してもらいます。

上記以外にも、強い志望動機がない、就活に本気になっていない、アピールが少ないといった理由も考えられます。
これらに有効な対策としては、大学のキャリアセンターや先輩、内定を持っている友人などからアドバイスをもらうのがおすすめ。
特に、これまで1人で就活を進めてきた方は、視野が狭くなっていたり固定観念を持っていて就活のやり方そのものを間違えていたりする可能性もあります。
第三者に自分の就活を採点してもらうことで視野を広げ、内定が出ない理由を知って効果的な対策を行いましょう。

周囲に相談できる人がいない、先輩や友人ではなくプロに相談したい…という方にはキャリアチケットがおすすめです。
キャリアチケットは、年間3,000人以上の就活相談を行っている新卒専門の就職エージェント。
多くの就活生をサポートしてきた実績を持つアドバイザーが専任となり、内定までを一貫サポートいたします。
就活を頑張っているけど結果が伴わない…とお悩みの方はぜひお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00