就活しない息子が心配!親が就活生にするべき援助とNGな対応

このページのまとめ

  • 就活しないのは多様な生き方を模索していることや自信喪失が理由の場合がある
  • 就活しない息子へしてはいけない親の代表行為は過干渉
  • 親ができる息子へのおすすめのサポートは精神面や金銭面の支援

息子が就活しないため、不安を感じている親御さんもいるでしょう。親御さんとしては、何か息子に出来ることがあれば手助けしたい、とお考えかと思います。お子さまの就活の成功に向けて「親が就活生にしてはいけない対応」と「積極的に行うべき援助」の両方を知ることで、親として適切なサポートに努めましょう。



 

息子はなぜ就活しないのか?考えられる4つの原因

まず始めに、そもそも息子さんは何故就活しないのかを知ることが重要です。考えられる4つの原因から、どれに該当しそうか確認しましょう。

1.就活が思うようにいかず自信をなくしている

息子さんが就活を行っていたにも関わらず途中でやめているようであれば、自信をなくしてしまっている可能性が高いです。就職活動では自己分析をし書類や面接に備え、企業へ自己アピールをしていく必要があります。そうして自分と向き合ううちに「自分には良いところがない」という考えに至ることがあります。不採用が続けば「自分は企業に必要とされていない人間だ」と感じたり、他の就活生と自分を比べて「自分は劣っている」などと感じることもあるでしょう。そうしたネガティブな気持ちに陥り「もう就活をしたくない」と考えてしまうケースもあります。

2.やりたい仕事が分からず就職したいと思えない

就活しない息子さんの中には自分に向いている仕事や、やりたい仕事が見つけられずにいる方もいます。就活では企業に「こんな魅力を感じて入社したい」というアピールを行う必要があります。志望企業選びでつまずいてしまうと「やりたい仕事がみつからず、何をアピールしていいかわからない」と就活をするのに抵抗を感じる場合があります。
また、やりたい仕事が不明確なままであるため「企業研究や業界研究など大変な思いをしてまで就職したくない」と感じている可能性もあります。

3.就職以外の多様な生き方を模索している

社会的な働き方の多様化に伴い、息子さんは正社員以外の働き方に魅力を感じて就活しないという選択肢に至った可能性もあります。正社員以外の生き方の選択肢の例は以下のようなものがあります。
・フリーター
・大学院進学
・公務員試験や資格試験の受験
・起業
・留学
それぞれにメリットもデメリットもあり、これらの選択肢が本当に本人にとって適したものなのか見極める必要があります。

4.単位取得が忙しく、就活まで手が回っていない

在学中に行う就活は、単位取得を意識しながら行わなくてはなりません。内定がもらえても単位が足りていなければせっかくの内定も白紙となってしまいます。そのため「今は就活しないでまずは単位取得に力を入れよう」と考えている可能性があります。



 

親が就活生にしてはいけない5つの対応

親としては子供を思うがあまり、心配であれこれしたくなってしまうかと思います。しかし、親の対応次第では上手くいくはずの就活も上手くいかなくなってしまいます。一度就活しない息子さんとの関わり方について振り返り、親が就活生にしてはいけない対応を把握しましょう。

1.干渉し過ぎる

就職活動は社会人へむけての準備のようなものですので、本来就活生がやるべきことは自分でさせるようにしましょう。「できれば安定した企業に就職してほしい」「名の知れた大手に就職してほしい」などの願望はあるかとは思いますが、お子さまはもう「自立した個人」になろうとしています。子離れの準備期間と思って見守ることが大切です。

2.息子の言い分に耳を貸さない

応募先や内定先に干渉することで、就活生を追い詰めてしまう可能性があります。就職をして実際に働くのは息子さん自身ですので、子供がやりたい事を理解するように心がけましょう。また、息子さんの進路について否定することもNGです。親御さんの思う良い会社に入社できたとしても、適性がなければ活躍できなかったり、早期退職してしまう可能性があります。

3.息子の就活を些末に扱う

息子さんにとって就活は人生を左右する大きなイベントになります。必死に頑張っている中、親から就活を些末に扱われると就活生はとても傷つきます。過干渉はよくありませんが、あまりに無関心だと「自分のことはどうでもいいのかな」と感じてしまう可能性もあります。お子さまから頼られた際には話を聞き、合否の報告を受けた際には一緒に喜んだり励ましましょう。

4.他人や兄弟姉妹と比較する

就活生はただでさえ自分を見つめ直したり、選考に落ちたりすることでナイーブになっています。そんな状態で、採用担当者からだけでなく家族からも誰かと比較されるのは、余計に追い込まれるだけです。世間体や体裁を気にして息子さんを有名企業に就職させようとすることは、息子さんからの信頼を失うことになりかねません。

5.親世代の就活事情を前提に話をする

昨今の就職事情は、親世代が就活をしていたときとは変わってきています。親より息子さんの方が今の就職事情をわかっていることも多いです。そのため、親世代の常識をふりかざしたところで、今の世代の就活生には聞き入れてもらえません。もしアドバイスをするならば、まずは働き方の変化や現在の就職活動について調べておきましょう。



 

親ができる息子への援助とは

親が息子に出来るのは適切な距離で精神面・金銭面の援助をすることです。具体的にどのようなことをするといいのか確認して、お子さまの就活を支援しましょう。

精神的な支えになる

就活中は不安になったり自信をなくす人が多くいます。そんなときに親が感情的になって説教や反論をしてしまうと「自分は価値のない人間なんだ」と感じて追い詰められてしまうかもしれません。親御さんはお子さまの味方であると感じてもらうために、ときには肯定的にじっくり話に耳を傾けてあげることをおすすめします。そうすることでお子さんも心を開き、普段は話していなかった気持ちを打ち明けてくれるでしょう。

日頃から仕事に関する情報を親子間で共有する

就活を始めたてのお子さまに対し、親御さまはある意味先輩であるとも言えます。親御さまは社会について就活生よりずっと詳しくご存知のはずなので、それらの知識を日頃から親子間で共有するのも効果的です。就職を始めたばかりの就活生は、有名な企業ばかりに目がいきがちです。しかし、有名でなくても優良な企業も多くあります。まだ視野の狭いお子さまの知識を広げて、それらの企業を検討するよう導いてあげることは、就活成功へと繋がるでしょう。

就活にかかる費用を援助する

就職活動は交通費やスーツ代など、とてもお金がかかります。そのためにアルバイトをすると今度は就職活動をするための時間がなくなってしまう、ということもあります。それを避けるためにも、金銭的な援助をすることは時間に余裕が出来るという点でも大きな意味があります。



 

就活しない息子にエージェントを勧めてみては?

親御さんの中には、就活に関する知識がなく具体的なアドバイスができない、という方もいらっしゃるでしょう。サポートしてあげられることがないという親御さんは、お子さまにエージェントを勧めてみてはいかがでしょうか。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。