就活で全落ちしたらどうする?今からすべき5つの対処法を紹介!

このページのまとめ

  • 全落ちするのは、エントリー数が少ないことや大企業にこだわり過ぎていることが原因
  • 「就活で全落ちしたらどうする?」と不安なら、視野を広げてエントリー企業を増やそう
  • 全落ちしても、卒業まで時間があるなら諦めずに就活を続けよう
  • 「就活に全落ちした場合どうするか」の選択肢として、就職留年や進学などがある

就活で全落ちしたらどうする?今からすべき5つの対処法を紹介!のイメージ

就活生の中には「全落ちしたらどうする?」と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。
「努力しているのに全落ちしそう」という人は、頑張るポイントがズレている可能性があります。
このコラムでは、全落ちしてしまう原因と対処法をご紹介。また、全落ちしてしまった場合の選択肢にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。
 

就活で全落ちしてしまう5つの原因

就活で全落ちしてしまう人は、下記のような行動をしている可能性があります。これまでの就活を振り返り、以下の内容に心当たりがないか、確認してみましょう。

1.エントリー企業が少ない

エントリー企業を数社に絞っている場合、全落ちする確率は高くなるでしょう。エントリー数が少なければ、内定を得られる可能性もそれだけ低くなるからです。新卒の場合であれば、大体30社前後エントリーするのが一般的。そこから、書類選考、一次・二次面接、最終面接などを突破しなければ内定は得られません。人によっては、30社受けても内定を得られるのは数社程度ということもあります。

2.大手や有名企業ばかり受けている

大手企業や有名企業ばかりにこだわってしまうと、全落ちする可能性は高まるでしょう。就活生の多くが知っているような大企業は、競争率が高いうえに採用基準が厳しく、レベルの高い候補者が集まる傾向にあります。たとえ一定水準以上の学力があっても、そのほかの業務上必要な能力が採用基準に満たなければ、不採用になることもあるでしょう。

3.相性の悪い企業を受けている

不採用が続いている方は、自分と相性が合っていない企業を受けている可能性も。早期離職を防止するため、就活生との相性の良さを重視する企業は数多くあります。スキルが十分にあっても、相性の合わない企業を受けていれば、内定には繋がりにくいでしょう。

4.アピールの方向性が合っていない

不採用になる理由として、アピールする方向性が悪い場合もあります。たとえば、ルーチンワークを主とした職種に応募するのに、「新しいことに挑戦することが好きです」とアピールしても効果的とはいえないでしょう。このような方は、企業が求める人物像を把握できていない可能性があります。

5.自分の言葉で話していない

面接で、自分の言葉で話せていない場合も、不採用に繋がりやすいでしょう。インターネットや書籍の例文をそのまま使ってしまうと、人柄や個性が伝わりにくくなってしまいます。また、自分で考えた文章を丸暗記して台詞のように話すことも同様です。少なからず不自然な話し方になってしまうので、違和感を覚える面接官は多いでしょう。

▼関連記事
エントリー数が不安な就活生必見!平均値やスケジュール管理方法を解説
 

就活で全落ちしないためにやるべき5つのこと

就活で全落ちする事態を避けるために、今からできることを紹介します。

1.エントリー企業を増やす

応募した企業が少ない場合や特定の分野にこだわり過ぎていた場合は、視野を広げてエントリー企業を増やしてみましょう。希望条件に合った企業を探すことは大切ですが、「大手じゃないとダメ」「◯◯業界の◯◯職が良い」といったこだわりが強過ぎると、自分の可能性を狭める恐れがあります。業界研究に時間を割き、幅広い業界を調べてみましょう。

2.有名企業以外にも目を向ける

これまで有名企業ばかりを受けていた方は、大手企業のグループ会社や中小企業にも目を向けてみましょう。良い条件でやりがいをもって働ける企業は、有名企業だけとは限りません。自分の就活の軸に沿って、エントリーする企業の幅を広げてみましょう。

3.自己分析で自分の適性を見直す

自己分析で自分の強みや価値観を洗い出し、適性を見直してみましょう。不採用が続く場合、自分の適性に合った企業を選べていない可能性があります。「自分の好きな仕事は何か」という視点から仕事を探してみてうまく行かない場合、「自分の能力がどんな仕事に活かせるか」という方向からもアプローチしてみましょう。

4.企業研究で求められている人物像を把握する

企業研究を徹底し、「企業が求める人物像」を把握しておきましょう。それに沿って自分をアピールできれば、採用の確率は高まります。会社説明会に足を運んだり、公式のWebサイトを読み込んだりして、研究を重ねましょう。また、OB・OG訪問やインターンシップを利用して、企業で実際に働いている方と話してみるのもおすすめです。

5.面接対策を万全にする

面接を受ける前は、練習を繰り返し、対策を万全にしておきましょう。練習不足は、面接がうまくいかなくなる原因の一つです。自分の伝えたいことの要点をまとめ、頻出される質問に自分の言葉で答えられるようにしておきましょう。また、緊張しやすい人は、面接に関するセミナーやイベントに積極的に参加し、模擬面接を受けてみるのもおすすめです。もしくは、志望度の低い企業の面接を受け、場馴れしておくのも良いでしょう。

▼関連記事
隠れた優良企業に就職するには?探し方のポイント
 

就活の全落ちを防ぐ3つのサポート

就活で全落ちする前に、下記の3つのサービスを利用してみましょう。

1.大学の就職課

まずは、大学の就職課に相談してみましょう。就職課では、大学に寄せられている求人を紹介してもらえます。企業が大学を指定して募集をかけているので、その大学に在籍しているだけで選考を有利に進められるでしょう。

2.就活エージェント

就活エージェントを利用するのもおすすめです。希望条件や適性に合った求人紹介を受けられるほか、応募書類の書き方や面接対策においてもプロの視点からアドバイスをもらえます。1人での就活に不安を感じている方は、ぜひ一度相談してみてください。

3.スカウトサイト

効率良く就活を進めたい方は、スカウトサイトを利用してみましょう。プロフィールを入力しておくことで、企業からのオファーを受け取れます。自分が知らなかった業界と出会える可能性もあるので、視野を広げたいと考えている方にも適したサービスです。

▼関連記事
就活のES添削は誰に頼む?頼める相手とサービス一覧
 

就活で全落ちしたらどうする?その後の選択肢

この項目では、就活で全落ちしてしまった後の選択肢について解説します。

卒業までに時間がある場合は対策して就活を続けよう

全落ちしてしまっても、卒業までに時間がある場合は就活を続けることは可能です。秋採用や通年採用を実施している企業も存在します。諦めずエントリー企業を探しましょう。

卒業間近の場合は留年・進学・就職浪人を検討しよう

内定を得られないまま卒業間近になった場合、以下3つの選択肢が考えられます。

1.就職留年

大学の「休学制度」や「卒業延期制度」などを利用して留年し、就職活動を継続する、「就職留年」という方法があります。留年した場合、次年度も新卒として就活可能ですが、費用面の負担が大きいのがデメリットです。

2.進学

就職留年と同様に学費の負担はありますが、大学院への進学や他大学への編入、さらには専門学校へ通い直す道もあります。今の研究を続けたい、就職活動中に興味・関心のある分野を見つけたなどの場合は、就職せず学業を追求するのも良いでしょう。

3.就職浪人

大学を卒業して就職活動を続ける「就職浪人」も選択肢の一つです。前述した就職留年は「新卒」扱いですが、就職浪人は「既卒」として就活することになります。既卒は新卒採用枠に応募できないため、エントリー可能な求人は減ってしまいます。しかし、若さやポテンシャルが評価されるため、採用ハードルはそれほど高くありません。就職浪人として正社員就職を望むなら、早めの行動が成功へのカギとなるでしょう。

▼関連記事
就職留年は正直不利?メリット・デメリットや失敗しないやり方も解説
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする