就活失敗の原因を解説!適切な対策で成功に導くコツ

このページのまとめ

  • 就活に失敗する原因は、事前の対策不足や受ける企業を絞りすぎていることにある
  • 質問に自分の言葉で回答していないことも、就活失敗の原因となる
  • 入社後に「就活に失敗した」と感じるのは、自己分析や企業研究不足が原因

就活失敗の原因を解説!適切な対策で成功に導くコツのイメージ

就活に失敗する原因には、自己分析不足や面接の準備が不十分なことなどがあげられます。就活失敗の原因を把握して事前に対策すれば、志望企業から内定をもらえる可能性が高まるでしょう。

この記事では、就活に失敗する原因の例や就活成功のポイントなどをご紹介します。思うように就活の結果が出ないと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

就活には悩みがつきものです。就活終盤の悩みの解消法について知りたい方は「就活をやり直したいときはどうする?就活終盤の悩みの解消方法まとめ」も参考にしてください。

就活成功のコツを教えてもらう

   
目 次

就活に失敗したと感じるパターン

人によって「就活に失敗した」と感じる場面は異なるものの、多くの人が「第一志望に入れなかったとき」「内定を一つももらえなかったとき」に失敗と捉えるでしょう。

第一志望の企業に入れなかった

第一志望の企業に入るために企業研究や面接対策に時間をかけたにもかかわらず不採用だったときは、誰でも就活に失敗したと感じます。

さらに、第一志望であれば、その企業でやりたい仕事やその企業への想いは強く、メンタル的にも落ち込むでしょう。

第一志望の企業に不採用でも、「その会社は自分には合わなかっただけで他に自分に合う企業がある」気持ちを切り替えることが大切です。

第一志望の企業に入れなかった人は、「就活で第一志望に落ちたときの切り替え方は?絶望から救う考え方を紹介」も参考にしてください。

どこの会社からも内定がもらえなかった

何社も面接を受けた結果、どこの会社からも内定がもらえないと「就活に失敗した」と感じるでしょう。

さらに、周りの就活生はどんどん内定をもらい就活を終えていく状態の場合、自分だけ置いていかれている気がして焦りや不安も出てきます。

しかし、大切なのは諦めずに就活を続けることです。自分が内定をもらえない原因を把握して、適切な対策ができれば内定は獲得できるでしょう。

就活成功のコツを教えてもらう

 

就活に失敗する8つの原因

就活がうまくいかないときは、必ず原因があります。就活に失敗したと感じたら、適切に対処するために原因を振り返ることが大切。

まだ就活に失敗していない場合でも、原因をあらかじめ知っておくことで準備や対策を徹底できるでしょう。就活に失敗するよくある原因を8つ解説します。

1.自己分析が足りない

自己分析が不十分だと、自分に向いている業界や仕事を見つけにくくなります。また、自分の強みを的確に把握できず、「自己PRの内容が思いつかない…」と悩む場合もあるでしょう。

自分の強みを的確にアピールして内定を獲得するために、自己分析は欠かせません。

2.業界研究・企業研究が不十分

志望理由や自分の強みを効果的に伝えるには、応募先企業を知るための企業研究が必須です。

たとえほかの就活生にない長所を述べたとしても、アピール内容が応募先企業の求める人物像に合わないと、評価に繋がりにくくなってしまいます。

また、仮に企業研究不足のまま採用されたとしても入社後のミスマッチを起こす可能性が高くなるでしょう。

3.受ける企業を絞り過ぎている

「応募するのは大手企業だけ」「◯◯業界の企業しか考えていない」と数社しか受けないと、そのぶん内定をもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。

絞り込んだ業界・企業に適性がなかった場合、「1社からも内定をもらえなかった…」となる恐れがあります。

4.就活を始める時期が遅い

就活の開始時期が遅い場合、興味のある企業がすでにインターンや会社説明会の応募、エントリーを締め切っている可能性があります。

なるべく多くの選択肢から自分に合う業界・企業を選べるよう、大学3年生の夏ごろから自己分析や企業研究を行うほか、インターンシップにも積極的に参加しておきましょう。

5.応募書類の基本マナーを守れていない

就活で提出するエントリーシート(ES)や履歴書は、中身だけではなくマナーを守って書けているかもチェックされています。

誤字脱字が多かったり字が雑だったりすると、「社会人になる意識が足りないのでは」と悪印象を与えてしまい、中身が素晴らしくても高評価を得るのが難しくなるでしょう。

応募書類の基本マナーについては、「就活における履歴書の書き方とは?マナーってあるの?」も参考にしてください。

6.面接の準備が不十分

面接前に頻出質問への回答を用意しておかないと、答えに詰まったり話が支離滅裂になったりしてしまうでしょう。

また、他社でもいえる内容の志望動機も印象が良くありません。「入社意欲に欠ける」と捉えられてしまう場合があります。

7.自分の言葉で回答できていない

面接で淀みなく回答できたとしても、書籍やWebサイトの例文を真似したような内容では、面接官の心に響かないでしょう。

面接官は多くの就活生と接しているので、「本心から思っているか」「自分で考えた内容か」は簡単に見分けがつくものです。借りてきた言葉で回答する就活生は、企業にとって魅力的には映らず、採用される可能性が低くなってしまうでしょう。

8.やりたいことが決まっていない

やりたいことが特にない場合、目についた企業や名前だけ知っている業界など、熟考せずやみくもにエントリーしがちです。

そのような場合は、志望動機や自己PRも曖昧なものになってしまうため、内定には繋がりにくいでしょう。

就活成功のコツを教えてもらう

 

入社後に「失敗した」と感じるとき

就活に成功して内定をもらえたとしても、入社後に「失敗した…」と感じることもあるでしょう。以下で詳しく解説します。

職場環境がイメージと異なる

入社前のイメージと入社後の職場環境にギャップを感じる場合があります。原因として考えられるのは企業研究不足でしょう。

企業に対する憧れやイメージだけで選んでしまい、入社後、社風や仕事内容に不満を抱くことがあるようです。

仕事が向いていないと感じる

「自分は◯◯の仕事が合うと思ったのに、ミスばかりで向いていないかも…」と感じることもあるでしょう。

自己分析の際に十分に深堀りせず、「自分はきっと◯◯が得意なはず」「自分は◯◯な人間だ」と思い込んでしまうと、適性がない業界・仕事を選ぶ恐れがあります。

入社後のミスマッチについては、「仕事選びを間違えると、就活を後悔する!?」も参考にしてください。

就活成功のコツを教えてもらう

 

就活を成功させる5つのコツ

新卒での就活を成功させるためには、自己分析や企業研究を入念に行うことが大切。自己分析や企業研究は入社後の早期離職を防ぐためにも有効です。自分の適性や企業との相性を見極め、就活を前に進めましょう。

以下で、就活を成功させる方法を詳しく解説します。

1.自己分析を入念に行う

自己分析を入念に行い、自分の強みや適性を見直してみましょう。

具体的には、中学・高校・大学時代に頑張ったことや大変だったことを振り返り、エピソードを深堀りします。一つひとつのエピソードについて「なぜ頑張れたのか」「何がモチベーションだったか」「どんな強みを発揮したか」を考えてみてください。

自分の特徴を的確に把握するには、「なぜ?」と繰り返し問いかけ、深堀りするのがポイントです。

また、その際頭の中だけで考えずに、ノートに書き出してみるとよいでしょう。書くことで思考が整理されたり、あとから見返せたりするといったメリットがあります。

自己分析の方法は、「自己分析のやり方は?簡単に行える方法をご紹介」も参考にしてください。

2.改めて企業研究をする

知名度の高さやイメージだけで企業を選ぶのではなく、会社の公式サイトや書籍、新聞などを活用して理解を深めましょう。

企業研究の際に調べる内容として、以下の例が挙げられます。

・企業理念
・代表取締役のメッセージ
・設立年
・事業内容
・業績
・社風
・採用情報
・関連企業

情報収集をしたら、同業他社と比べた志望企業の立ち位置もチェックしてみましょう。同業他社と比較すれば、その企業ならではの強み・魅力を明らかにできます。

3.友人や家族に面接官役をお願いする

今まで一人で面接対策をしていた人は、家族や周りの就活生に頼んで模擬面接をしてもらいましょう。

面接では、回答内容だけではなく声の大きさや話し方、身だしなみなども評価の対象です。模擬面接で改善点を把握し、何度も練習して自信をつけましょう。

4.就職エージェントに相談する

就職エージェントとは、求人紹介や応募書類の添削、面接対策などを無料で行う就活支援サービスを指します。

対面や電話、メールなどでやり取りができ、就活の悩みを気軽に相談できるので、ぜひ活用してみましょう。1人での就活に不安がある方には特におすすめのサービスです。

5.入社後にやりたいことを考えておく

「入社後どのような仕事をしていきたいか」という将来の目標を立てておくことも大切です。

志望動機を話す際に、合わせて目標も伝えることで、あなたが企業で活躍する具体的な姿を面接官にイメージしてもらえます。

また、入社後にやりたいことを明確にすると、就活のモチベーションにもなるでしょう。

就活成功のコツを教えてもらう

 

就活で失敗しないためにやるべき3つの準備

この項目では、就活で失敗しないためにしておくべき3つのことを解説します。これから就活に臨む方も、できることから早めに準備を開始しておくとよいでしょう。

1.必要なアイテムをそろえる

まず始めに、就活に必要なアイテムを一通りそろえてください。

スーツや鞄、靴は就活に適したデザインがあります。履歴書や証明写真も予想以上に必要になることが考えられます。直前で慌てずに済むよう、あらかじめ確認して、なるべく早めに用意しておきましょう。

2.適性検査対策をする

適性検査対策も早めの対策が肝心です。点数が高ければ、面接で話題にしてもらえるチャンスになります。問題集を繰り返し問いたり、アプリを活用したりして、高得点を目指しましょう。

適性検査については、「就活の適性検査、その種類と正しい対策法とは?」も参考にしてください。

3.就活友達をつくる

就活イベントやインターンシップで、就活生の友達をつくるのもよいでしょう。

就活友達は、ともに励まし合ったり、情報を交換し合ったりと、就活を進めるうえで大切な存在です。また、就活を頑張っている人が身近にいることで、自分のモチベーションも上がるでしょう。

就活成功のコツを教えてもらう

 

新卒で内定をもらえなかった場合の5つの選択肢

新卒での就活に失敗した場合、下記の5つの選択肢が考えられます。

以下の解説を参考にそれぞれのメリットやデメリットを考慮して、進む道をよく検討しましょう。

1.既卒として就活する

新卒で内定をもらえなかった場合、「既卒」として卒業後も就活をするという選択肢があります。

「既卒」は、学校卒業後の社会人経験がない求職者を指す言葉。卒業後間もない既卒の場合、年齢は新卒の就活生とほとんど変わらないでしょう。

しかし、企業は既卒に対して「なぜ在学中に就職しなかったのか」「能力が不足しているのではないか」と考える傾向があるため、就活のハードルが高くなる場合もあります。

そのため、既卒の場合、ハローワークや就活エージェントなどのサポートを受けながら就活を進めるのがおすすめです。アドバイスを活用し、効率的に就活を進めてください。

2.就職留年

あえて大学を留年し、学生のまま就活を続ける「就職留年」という方法もあります。

新卒として就活できることは大きなメリットです。また、一度就活を経験しているため、流れややり方を把握しており、同級生よりもスムーズに就活をすすめられるでしょう。

デメリットは1年分の学費が余計にかかることです。金銭的な負担は大きいので、慎重に検討する必要があります。

就職留年については、「就職に再挑戦!就職留年をするメリットはある?」も参考にしてください。

3.進学・留学

知識を深めるために、大学院や専門学校に進学する方もいるでしょう。また、海外に留学し、語学学校に通うという選択肢もあります。

新しい知識やスキルを身につけることで、就職の選択肢が広がる可能性があります。

ただし、就職留年と同じく費用の点がネックです。

4.起業・フリーランス

雇用されることに囚われず、卒業後すぐに起業する、またはフリーランスになる、という選択肢もあります。

実績や実力に自信があれば、すぐに活躍できる場合もあるでしょう。働き方を自分で決められることも魅力の一つです。

ただし、会社員とは違って毎月決まった給料が振り込まれるわけではありません。仕事が軌道に乗るまでは、金銭的に不安定であることも頭に入れておきましょう。

5.アルバイト・派遣社員

アルバイトや派遣社員などで生計を立てる方法もあります。

正社員に比べると給料が少なく、社会的な信用が低いことは否めないでしょう。

しかし、仕事ぶりが認められ、実力が評価されれば正社員になれる可能性もあります。正社員登用実績がある企業を探し、アルバイトからスタートするのも一つの手です。

就活成功のコツを教えてもらう

 

就活に失敗する原因を無くして就活を成功させたい人へ

この記事では、就活に失敗する原因や就活を成功させる方法を解説しました。

どうしても、就活に失敗するのが不安な人や就活に失敗してしまい気持ちが落ち込む人は就活エージェントに相談するのもおすすめです。

中でもキャリアチケットは、自己分析をサポートしてあなたの強みを見つけ出したり、強みを活かして入社後に活躍できる業界・企業と出会うためのサポートをしたりしています。

「就活に失敗してしまった」「就活に失敗するのが不安」という悩みの相談にも1対1で乗っているので、ぜひ一度キャリアチケットを利用してください。

就活成功のコツを教えてもらう

 

「就活失敗 原因」に関してよくある質問

ここでは、「就活失敗 原因」に関してよくある質問に回答しています。

Q.就職留年は不利ですか?

A.就職留年が不利になるとは限りません。就職留年には、新卒として就職できるというメリットがあります。ただし、なぜ何のために就職留年するのかという理由と目的は明確にしておきましょう。

就職留年については、「就職留年は不利になる?メリットデメリット、成功に向けてのコツを解説」も参考にしてください。

Q.内定はいつ頃もらえる人が多いですか?

A.内定がもらえる時期は人によってさまざまです。一般的に6月頃に内々定をもらい、正式に10月に内定が出る学生が多いでしょう。

しかし、業界によって内定の出る時期が異なる場合や夏の終わりや冬まで就活が続く学生もいます。いつまでに内定をもらわなくてはいけないということはありません。内定時期については、「就活生が知らない事実、内定時期は6月とは限らない?」も参考にしてください。

Q.大学4年から就活を始めるのは遅いですか?

A.一般的な就活スケジュールは、大学3年の3月に情報解禁、大学4年の6月に選考解禁になります。そのため、大学3年のうちから就活を始めるとよいでしょう。

しかし、大学4年から就活を始めると内定がもらえないというわけではありません。就活を始める時期については、「就活はいつから始めるべき?23卒・24卒・25卒のスケジュールを解説」も参考にしてください。

就活成功のコツを教えてもらう

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。