就活で失敗する大学生の4つの共通点とは?成功につながるコツをご紹介

このページのまとめ

  • 「就活に失敗する」は人によって異なる
  • 就活に失敗した大学生は、留年や既卒になる選択肢がある
  • 就活に失敗する大学生の特徴には、「自己分析が不十分」「適性を考えない」などがある
  • 失敗を認めて改善したり対象企業の範囲を広げたりするのが内定獲得のコツ
  • 大学生のうちに就活をやり直すなら、期間を決めて取り組もう

就活が思うようにいかないと「失敗した」と思うこともあるでしょう。そもそも「就活の失敗」とはどんな状態を指すのでしょうか?このコラムでは、就活に失敗したと落ち込む大学生に向けて、考えられる対処法と就活を成功に導くコツをご紹介しています。就活に失敗すると人税が終わると思っている方、正しい知識を身に着けて就活に臨みましょう。



 

「就活失敗」とは?

「就活失敗」とは、言葉どおり就活に失敗すること。ただし、なにを「失敗」とするかは個人によって異なります。第一志望の企業から内定をもらえなかった、どこからも内定をもらえなかったという状況のほか、「自己分析や企業研究が甘くて求めている仕事と違った」「第一志望に入社できたけど働いてみたら違和感をおぼえた」など、入社後に違和感に気づく例も就活失敗に該当するでしょう。

「就活に失敗=人生終わり」ではない

なかなか内定をもらえないと、焦燥感に駆られて「もう人生終わりだ…」と思う人もいるでしょう。しかし、ここで悲観的になってしまうと内定を逃す可能性が高まります。就活に失敗したときこそ「自分の人生を深く考えるチャンス」と捉え、自己分析や企業研究を改めて行いましょう。
なお、企業から不採用通知が来た際に「自分には取り柄がないから」「どの企業からも必要とされていない」と過度に責めるのは禁物。応募書類の書き方や面接に関して改善点があるなら反省し、不採用だったことに関しては「その企業とは縁がなかった」と割り切って気持ちを切り替えることが大切です。

▼関連記事
就活に失敗したら死ぬなんて思う必要なし!内定獲得の方法を丁寧に解説



 

就活に失敗したらどうなる?

内定ゼロの状態を「就活失敗」と捉えた場合、考えられる選択肢は以下の3つです。

留年して来年の新卒採用を目指す

就活に失敗した際の選択肢の一つに、大学を卒業せず、もう1年在籍して就活をする方法があります。留年すれば大学生として再び新卒採用に応募できますが、在学する分の学費を納めなければいけません。一人暮らしをしている場合、家賃や食費などの生活費も用意する必要があるため、経済的な負担を考えたうえでどうするか決めましょう。

卒業して既卒で就活する

就活に失敗した場合、卒業後に既卒として就活する手もあります。「既卒」は、高校や専門学校、大学などを卒業した後に正社員経験がない人のこと。
既卒として就活する際に覚えておきたいのが、卒業後3年以内の場合、中途採用枠ではなく新卒枠の求人に応募できる可能性があるということ。卒業後3年以内の既卒者が応募できる新卒枠は厚生労働省の取り組みによって今後増えると考えられるので、「もう就職は無理そう…」と諦めず、根気よく就活を続けることが大切です。

アルバイトなど非正規として働く

正規雇用での就職ではなく、非正規として働く方法もあります。非正規として働きながら正社員を目指すか、そのまま非正規として過ごすかは本人次第です。注意したいのは、非正規雇用は「職歴」に含まれないため、アルバイト期間が長いほど正社員採用は難しくなること。気楽で責任が少ないフリーターという立場に甘んじないよう、気をつけましょう。

▼関連記事
就活に失敗したらどうなるの?考えられる原因と未来を解説



 

就活に失敗する大学生に共通する4つの特徴

就活に失敗する大学生の特徴として、「自己分析が不十分」「適性を考えていない」「慢心的」「就職に対する意識の低さ」の4つが挙げられます。

1.自己分析が不十分で自分の性格特性を理解していない
自己分析は自分の長所・短所や働く目的などを知るために必要で、十分に行わないと適性がない職種を選んだり、企業選びの軸がブレたりする恐れがあります。
まずは学生時代の勉強や部活動、習い事、アルバイト経験を振り返り、頑張ったことや辛かったこと、うれしかったことなどを具体的に書き出してみましょう。過去の経験について「なぜ頑張れたのか」「どうやって課題を解決したのか」「苦労した原因は何か」を考えると、自分の強みや弱みのほか、何に対してモチベーションを感じるのかが見えてきます。

2.自分に合わない企業や職種ばかり受ける
履歴書や面接では、社風との相性や職種の適性をチェックされています。「なんとなく◯◯の仕事に興味があるから」「給与が高そうだから」という考えでは自分の強みを活かせない企業を選ぶ可能性があり、ニーズに沿ったアピールができず、内定を獲得するのは難しいでしょう。
自己分析や企業研究の結果を基に、「◯◯の強みを活かして貢献できるから」「◯◯というビジョンはこの会社でしか実現できないから」と理由を明確にして選考に臨むことが大切です。

3.「まぁ受かるだろう」と高を括っている
「売り手市場といわれているから」「◯◯の経験があって仕事に活かせるから」と書類選考や面接の対策をおろそかにすると、自己PRや志望動機が曖昧になり、入社意欲が企業に伝わらず採用を勝ち取るのは難しくなるでしょう。
自信を持って選考に臨むことは大切ですが、慢心にみえる態度をとったり、不採用通知が来ても改善点を考えなかったりするのは避けてください。

4.そもそも就職する気がない
「大学卒業後に働く姿をイメージできない」「残業や過労など、働くことにネガティブな印象がある」といった理由から情報収集や選考対策をしないでいると、なかなか内定を得られないでしょう。
新卒採用の際、企業側は基本的にポテンシャルや熱意に着目しています。学生時代に学んだことや身につけたスキル、入社後に実現したいことなどをニーズに沿って伝えることが、内定獲得のポイントとなります。

▼関連記事
就活に失敗する原因は?7つの例と対策をご紹介



 

就活を成功に導くコツ

内定を得るためには就活のやり方を変えることが大切。短期集中で取り組んだり、選考を受ける企業の幅を広げたりしてみましょう。

期間を限定して取り組む

内定を得ることを目標とするなら、「いつまでに内定を取るか」を明確に決めることが大切です。期限を決めれば、そこから逆算して「いつ、なにをすべきか」が分かるもの。たとえば、多くの企業が内定式を行う10月1日までに決めたいなら、晩夏には最終選考に進んでいる必要があります。晩夏に最終選考を迎えるなら、春には選考に参加する企業を決定する、といったふうにスケジューリングが可能になり行動に移しやすくなるでしょう。

自己分析を改めて行う

改めて自己分析を行い、自分の適性や企業との相性を再考するのもポイント。前項で述べたように、適性がない企業に自分をアピールしても、良い結果は得にくいものです。併せて企業研究も行い、ビジョンに共感できる企業や自分の特性が活かせる仕事を見つけてみてください。

対象の企業を変える

選考を受けている企業に偏りがあるなら、対象を広げてみましょう。
大手企業や人気企業ばかり受けているなら、子会社や関連企業を視野に入れる。総合商社やtoC企業が中心なら、BtoBを検討する。大手や人気企業ばかりに目が行きがちですが、子会社や中小企業にも優良企業は多く存在します。また、特定の業界から視野を広げ、関連業界を検討するのもおすすめです。

▼関連記事
諦めないことが全て!就活の失敗は巻き返せます



 

内定を得るには就活のやり方を再考しよう

就活に失敗しても、卒業までに時間があるなら再び挑戦してみましょう。
ただし、同じ方法で就活を行うのは良くありません。失敗を認め、反省して改善することが、就職への近道です。
では、どんな就活方法なら内定を得られるのでしょうか。「正しい就活のやり方」がイマイチ分からなければ、プロに相談するのが一番です。
「就活のプロ」とは、就活事情に精通している人のこと。就職課やキャリアセンターの職員、ハローワークのスタッフなどが該当します。また、民間企業が運営する就職エージェントも、就職のプロ。就職エージェントに登録すると、求人紹介や履歴書の添削、面接対策といったサポートを無料で受けられるほか、就活の悩みを対面や電話などでアドバイザーに相談することが可能です。
選考に落ちてしまう理由が分からない、この先内定をもらえるか不安という就活生は、これらを利用してみましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。