就活浪人や就活留年のメリット・デメリットとは

このページのまとめ

  • 卒業後も就活を続ける就活浪人は、中途採用枠での就職を目指そう 
  • 就活留年をすると、大学のサポートを利用しながら新卒として就活が可能 
  • すぐに浪人や留年を決めず、新卒での内定獲得を目指すのがベスト

就活がうまくいかないとき、いつまで就活を続けるべきか悩む人は多いのではないでしょうか。大学を卒業するかどうかで、その後の就活の流れも変わっていきます。ここでは、就活浪人と就活留年の違いについてまとめました。浪人するべきか、留年するべきか悩んでいる方必見です。

就活浪人とは?

就活浪人とは、内定が決まっていないまま大学を卒業し、卒業後も就活を続けている状態のこと。「既卒」と呼ばれることもあります。
大学を卒業してしまうため、大学主催のキャリアイベントや、卒業生の就職先の情報、面接練習など、大学のサポートを利用できないことが多いほか、共に就活をする仲間がいないことから、精神的な支えや就活に関して得られる情報が減ってしまうというデメリットがあります。
就活の際は「中途採用」に該当。企業の中には「未経験者採用は新卒のみ」など、新卒しか受けられない企業も多くあるため、大学を卒業してしまうことで受けられる企業の数が減少することが考えられます。
その反面「卒業から○年以内」の人材を募集している企業や、通年採用を行っている企業など新卒とは違う選択肢があるのが特徴です。

就活留年とは?

就活留年とは、大学を留年して就活を続けることです。
単位が足りず卒業できないのではなく、卒業できるのにあえて留年を選ぶという点で一般的な留年とは異なります。しかし履歴書には留年をしたという事実のみを記載するため、単位が足りずに留年したのか、就活留年をしたのか書類上では判断できません。
就活浪人とは違い、大学を卒業しないで就活を続けるため、新卒として就活することが可能です。在学しているので、新卒対象の会社説明会やセミナー、大学のサポート、学割などを利用することができます。
休学制度などを利用して就活留年できる学校もありますが、1年分の学費が必要な場合も多いため注意が必要。
また、秋以降に就活留年を決意した場合、夏のインターンや外資系の本選考が終わっていることが多く、次年度の選考に乗り遅れてしまうというリスクもあります。

浪人と留年、どっちが大変?

日本では新卒一括採用の風習があるため、新卒として就活できる就活留年のほうが有利だという声が多くあります。しかし、計画的に就活留年することを快く思わない企業もあるため、工夫して就活する必要があるのが現状です。
また、既卒、留年どちらでも、面接の際にそうなった理由を聞かれることがほとんどなので、面接の対策が必須。現状にいたるまでの納得性のある理由や今後の目標、現在努力していること、仕事への熱意などを述べられるとよいでしょう。
一度目の就活での経験を活かせるため、より質の高い対策を図れるだけではなく、自己PRや志望動機のブラッシュアップ、短期留学、ボランティア活動など、空いた時間を利用してさまざまな経験を積むことができるというメリットもあります。
もちろん、ストレートの新卒で就職ができるのであれば、それを目指すのがベスト。卒業間近に内定を獲得する人もいるので、早い時期に就活浪人や就活留年を決めず、最後まで諦めないで就活を続けましょう。

「内定がなかなか出ない」「就活がうまくいかない」とお悩みの方は、キャリアチケットにご相談ください。専任の就活アドバイザーが、内定獲得まできめ細やかにサポートしています。独自のカウンセリングを実施し、あなたの性格や希望に合った企業を提案。さらに、エントリーシートの添削や、企業に合わせた面接対策を行っています。
アドバイザーがマンツーマンでサポートしているため、自分では気付けなかった新たな課題を発見することができるでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!