就活がうまくいかない原因をまとめました!よくある問題と対処法を解説

このページのまとめ

  • 就活がうまくいかない原因には、選考に向けた準備不足が挙げられる
  • 就活がうまくいかない原因に対処するために、自己分析や選考対策が大事
  • 就活がうまくいかない場合は原因を明確にして、一つずつ対処しよう

就活がうまくいかない原因をまとめました!よくある問題と対処法を解説のイメージ

就活を行っていると、「頑張っているのにうまくいかない」「受からない原因は何だろう」と悩むこともあるでしょう。内定獲得は簡単にできるものではなく、失敗はつきものです。しかし、失敗続きだと落ち込んでしまうため、対処したほうが良いでしょう。

この記事では、就活がうまくいかない場合によくある原因と対処法を解説します。自分の状況を把握して、適切な対策を実施してみましょう。

就活がうまくいかないことについて相談してみる

   
目 次

就活がうまくいかない場合によくある原因

就活がうまくいかないのは、自己分析や企業研究など、必要な準備が不足していることが原因かもしれません。入念に準備を行わなければ、ほかの就活生よりも優れたアピールは難しいでしょう。

ここでは、就活がなぜうまくいかないのか、考えられる原因について解説します。

自己分析が足りていない

自己分析ができていないと、強みやスキルをアピールできず、就活ではなかなか評価されません。また、自分の考えを整理できていないため、志望動機作成にも苦労するでしょう。

自己分析は、就活準備のなかでも最初に取り組むのがおすすめです。過去のエピソードを振り返り、自分の価値観や考え、強みなどを整理してみてください。

自己分析の進め方については、「【就活生向け】自己分析のやり方を解説!内定に近づく活用方法とは」の記事で詳しく解説しています。

業界・企業研究が不足している

業界研究や企業研究も、企業選びを成功させるために必要です。研究が不十分な場合、自分の強みと会社の需要が合わず、ミスマッチに悩まされてしまうでしょう。

また、企業研究が不足していると、志望動機の内容が評価されにくくなります。志望企業の競合他社についても入念に調べて、エントリーした企業ならではの志望理由が伝えられるように準備してください。

書類選考対策が足りていない

履歴書やエントリーシート対策を行わないと、書類選考に突破するのは難しいでしょう。項目ごとに、どのような内容が必要なのか、どのような書き方が求められているのかを調べて対策することが大切です。

特に、就活生のエントリーが多い企業では、書類選考で多くの就活生が脱落してしまいます。ほかの就活生よりも印象に残る内容にしなければ、選考突破は難しいでしょう。

面接対策が足りていない

内定獲得に向けては、面接対策も重要です。面接には「個人面接」や「集団面接」「グループディスカッション」など種類があるので、ケースに応じて対策しておきましょう。

また、面接で聞かれる内容を準備しておかないと、本番で答えに詰まってしまうかもしれません。「面接でよくある質問とは?企業の目的や回答例を解説!」の記事を参考に、どのような質問があるか想定して準備しておきましょう。

大手企業や有名企業ばかり受けている

大手企業のように応募者が多い企業ばかり受けている場合は注意です。倍率が高く、内定が獲得できないまま就職活動を終えてしまう場合もあります。

人気のある企業は応募者も多く、ライバルも優秀です。「自分が知っているから」「ネームバリューがあるから」だけで企業を選んでも、選考は突破できません。

選考後の振り返りをしていない

選考後に、今日の選考はどうだったか振り返るのも大事です。振り返りをしていないと改善点が分からず、成長しないまま次の選考に臨むことになります。

就職活動では、選考を通して振り返りを行い、「何が良かったのか、何が悪かったのか」を意識して次の選考に臨むのがコツです。同じ失敗を繰り返さないように、選考から改善を行いましょう。

就活がうまくいかない原因への対処法

就活がうまくいかないと感じたら、自己分析を行ったり、選考対策を進めたりするなど、適切に対処することが重要です。ここでは8つの対処法を紹介するので、状況に応じて実践してみてください。

1.自己分析を入念に行う

就職活動の原点に立ち返り、自己分析を行いましょう。うまくいかないときは自分についてよく分からず、考えがまとまらない場合が多いからです。

また、就職活動を続けていると、動き出した当初とは考え方が変わっている場合もあります。就職活動を通して就活の軸が変わったり、仕事に求める内容が変わったりする人もいるでしょう。

就職活動がうまくいかないときこそ、自分の考えを整理し直すのが大切です。もし、自己分析の方法が分からない場合は、「『自己分析のやり方がわからない』と悩む人へ」の記事を参考に進めてみてください。

2.就活の軸を考える

方向性を明確にするため、就活の軸を考えてみましょう。就活の軸とは、「企業選びで譲れない、自分なりの条件」のことです。

たとえば、「若くても活躍できる環境に行きたい」「やりがいのある仕事をしたい」と仕事を基準に選ぶ人もいます。また、「語学力を活かして働きたい」「宅建の資格が活かせる企業が良い」のように、スキルや強みを基準に選ぶ人もいるでしょう。

就活の軸が決まれれば企業選びがしやすくなり、ミスマッチも減らせます。企業選びがうまくいかなかったり、方向性に苦戦していたりする場合は、就活の軸を決めてみてください。

就活の軸について詳しく知りたい場合は、「就活の軸とは?見つけるための4つのステップや回答のコツを例文付きで解説」の記事をご一読ください。

3.業界・企業研究を実施する

業界研究と企業研究を行い、自分に合う企業を見つけられるようにしましょう。業界や企業の研究を曖昧にしてしまうと、ミスマッチが起きたり、志望動機でアピールできなかったりします。

業界・企業研究を行う際は、Webサイトや採用ページをチェックするのがおすすめです。また、四季報のような書籍を確認する方法もあります。

実際に働く従業員の方の話を聞きたい場合は、業界研究セミナーや企業説明会に参加してみましょう。入手した情報が多いほど、志望動機作成にも役立ちます。

業界研究セミナーについては、「業界研究セミナーとは?気になる内容と参加するメリットを解説!」の記事を参考にしてください。
企業説明会への参加を検討している就活生には、「企業説明会の種類や見つけ方は?参加時の注意点や質問の悩みについても解説」の記事がおすすめです。

4.ビジネスマナーを身につける

社会人経験のない新卒の就活生も、最低限のビジネスマナーをしっかりと勉強しておきましょう。

書類やメールの書き方のマナーを再確認する、面接においてはスーツやシャツをしわにしない、ネクタイはきちんと結ぶ、靴は磨いておくなど身だしなみのマナーを身につけることが大切です。

就活の面接マナーとは?入退室時やWeb面接のマナーについても解説」も参考にしてください。

5.エントリーシートや履歴書対策を行う

選考を突破するには、書類選考の対策が重要です。エントリーシートと履歴書は多くの企業で求められるので、対策をしておきましょう。

書類選考の場合、どのような内容が聞かれるかはある程度決まっています。「自己PR」「志望動機」「ガクチカ」などはほとんどの企業で聞かれるので、準備しておくと良いでしょう。

エントリーシートの書き方が知りたい就活生には、「これだけ読めば、エントリーシートの書き方がすべて分かる!」の記事がおすすめです。
履歴書の書き方が知りたい場合は、「履歴書の内容をまるごと全部解説!詳しい書き方や注意事項も」の記事を参考にしてください。

6.模擬面接で面接対策を行う

面接対策を行うなら、模擬面接を実施しましょう。実際の面接を想定して練習ができるのでおすすめです。

面接では、緊張する就活生がほとんどです。そのため、緊張していても面接官と落ち着いてコミュニケーションがとれるかどうかがカギとなります。

模擬面接で面接官が目の前にいる環境を練習しておけば、本番の緊張が軽減されるでしょう。友人や家族、就活エージェントなどに相談して、模擬面接を実施してみてください。

また、就活セミナーで模擬面接を実施している場合もあります。詳しくは、「就活生は模擬面接セミナーを活用しよう!内容や参加時の注意点を紹介」の記事をご参照ください。

7.エントリー企業の幅や数を増やす

就活がうまくいかない場合、エントリー数を増やすのも選択肢の一つです。また、大手企業だけではなく、中小企業やベンチャー企業など、幅を広げるのもポイント。世間では有名ではなくても、シェア1位の事業を持つ企業や、業界1位の企業もあります。

もし、大手企業や有名企業ばかり狙っている就活生は、「中小企業にはどんなメリットがある?大手企業との違いと合わせて解説」の記事や、「ベンチャー企業と大手企業はどちらがよい?特徴や決め方のコツを解説」の記事も読んでみてください。

8.就活エージェントに相談する

就活エージェントに依頼し、就活のアドバイスをもらうのもおすすめです。自分だけでは就職活動が難しいと感じたら、活用してみましょう。

就職活動は初めての経験であり、わからないことだらけです。やるべきことも多く、何から始めるか難しくもありますよね。

就活エージェントに相談すれば、自分の状況を把握でき、今何をしたら良いのかが見えてきます。自分だけで悩まずに、就職活動のプロの力を借りてみてください。

就活がうまくいかないことについて相談してみる

   

就活がうまくいかないときに大事にしたい考え方

就活が思い通りにいかないときこそ、ポジティブ思考を意識して、諦めずにチャレンジするのが大切です。ネガティブ思考になってしまうと、引きずってさらに失敗してしまうかもしれません。

ここでは、就活がうまくいかないときに、大切にしたい考え方を紹介します。

ポジティブ思考を意識する

うまくいかないときこそ、ポジティブに考えましょう。成長するチャンスだと捉えて、チャレンジするのが大切です。

ポジティブ思考でいれば、表情も明るく、採用担当者にも良い印象を与えられます。しかし、ネガティブで暗い表情をしていると、面接でも印象が悪く、落ちてしまう原因になるかもしれません。

就活は落ち込むことも多く大変な時期ですが、だからこそポジティブ思考が重要です。小さな成功を一つずつポジティブに捉えて、少しでも前向きになれるよう意識してみてください。

周りとは比べず自分のペースで進める

就活では、マイペースに進めるのも大切です。ほかの人のペースに合わせようとしたり、慌てて動いたりすると、自分のペースが乱れて疲れてしまいます。

就活をしていると、「友達の就活が順調そう」「SNSを見たら内定報告が来ている」のように、周囲を気にしてしまうことはよくあります。しかし、慌てて行動しても、準備が足りず失敗してしまうでしょう。

人は人、自分は自分と考え、自分なりのペースで進むのが重要です。もし、夏までに内定がなくても、秋採用や冬採用もあるので安心してください。

秋採用については、「秋採用で内定を獲得する5つのポイントとは?企業の探し方や注意点も解説」、
冬採用については、「冬採用攻略法!他時期の採用との違いや特徴・対策など解説」の記事で解説しています。

すべてを完璧にこなそうとしない

なんでも完璧にしようと思わなくても良いので、安心しましょう。気負い過ぎると空回ったり、しんどくなってしまったりするので気をつけてください。

物事を完璧にしようとすると、視野が狭くなり、本当に必要なものを見落としてしまう場合も。メリハリをつけて、力を入れるべきところと、抜くところのバランスを意識しましょう。

就活がうまくいかないことについて相談してみる

   

就活がうまくいかないときに気をつけたいNG行動

就活がうまくいかないと思っても、落ち着いて行動することを意識してください。ここでは、うまくいかないからこそ気をつけたい、NG行動を紹介します。

やけになって就活をする

思い通りにいかないからといって、やけになって動くのはやめましょう。何も考えずに動いても、失敗は続いてしまいます。

うまくいかないときこそ、原因を確かめて、一つずつ対策するのが大切です。「何が良くないのか」「どのように対処すれば良いのか」を整理しましょう。

誰にも相談せず一人で考え込む

就活で悩んだときは、誰かに相談するのも大切です。一人で抱えこまずに、頼れる人を見つけましょう。

一人で抱えむと視野が狭くなり、失敗が続いてしまう場合もあります。客観的な意見をもらい、少しずつ取り入れてみましょう。

就活について誰に相談するか迷う場合は、「就活相談先のおすすめ15選!相手を見極めるポイントや注意点も解説」の記事を参考にしてください。

就職を諦めてしまう

うまくいかないからといって、「就職しなくても良いや」と考えるのも良くありません。就職しなかったことをのちに後悔する可能性があります。

新卒はポテンシャル重視で採用してもらえるため、第二新卒や既卒よりも就職の選択肢は広い状態です。フリーターになってから就活を行うと、行きたかった企業の募集要項を満たさない場合もあります。

就活が思い通りにいかなくても、新卒での就活を諦めてはいけません。少しの休息を挟んでも良いので、完全にはやめないようにしましょう。

就活がうまくいかないことについて相談してみる

   

就活がうまくいかないと悩んでいるあなたへ

なかなか内定がもらえないと、何もうまくいかないと感じがちです。努力しても実らないと感じる人もいるでしょう。

自分だけでは就活が難しいなと感じたら、周囲に相談するのも大事です。客観的なアドバイスをもらうことで、視野を広げられます。

就活の相談をするなら、就活エージェントの利用も検討してみてください。就活エージェントのキャリアチケットは、専任のアドバイザーがつき、マンツーマンで内定獲得までサポートを続けます。

エントリーシートや履歴書対策、面接対策はもちろん、あなたに合わせた企業の紹介もいたします。内定獲得に向けてサポートを行うので、一人で悩んでいる就活生はぜひご相談ください。

就活がうまくいかないことについて相談してみる

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。