「就活は無理ゲー」と思っている人へ!就職活動を成功させる8つのヒント

このページのまとめ

  • 就活は無理ゲーと考えてしまう理由は、「内定をもらえない」「やりたい仕事がない」
  • 無理ゲーと考える人の特徴は、「周囲と比べてあせっている」「やる気が低下している」
  • 就活がうまくいかない原因は、自分や企業に対する理解不足など
  • 就活は無理ゲーと感じたら、自己分析や企業研究を徹底しよう

「就活=無理ゲー」と思ってしまう人は、意外と多いのではないでしょうか?
選考を突破できなかったり内定をなかなか取れなかったりすると、無理ゲーと思うのは仕方のないことです。しかしそこであきらめれば、本当に就職は難しくなってしまいます。
このコラムでは、「就活は無理ゲー」と思う理由や、就職活動を成功させるヒントをまとめました。
就活がうまくいかない方は、ぜひ参考にしてみてください。



 

「就活=無理ゲー」と思う理由

まずは、就活を無理ゲー(クリアするのが難しいゲーム)と考えてしまう理由をまとめました。

いつまでたっても内定がゼロ

「応募書類が通らない」「1次面接から先へ進めない」「最終面接で落とされる」など、さまざまな要因で内定をなかなか得られないパターンです。
このような状態が続くと、「自分には就職は向いていない」「今さら就職先は見つからない」とマイナスに受け止めてしまう人はいます。就職に対する不安やあきらめから、「無理ゲー」と考えてしまうのでしょう。

やりたい仕事がない・好きな仕事ができない

就職活動を始めようにも、やりたい仕事や興味のある仕事が見つからないという人もいます。
このパターンでは求人探しの段階でつまづく傾向があるため、エントリーや選考へなかなか進められず、「無理ゲー」と捉えてしまうようです。
また、好きな仕事の求人募集がない、自分の実力では叶わないなどの理由で、最初から就職は無理と考えてしまう人も。就職自体に興味を失ってしまえば、就職活動は進みません。

▼関連記事
就活生の大半はダメなエントリーシートを書いている



 

「就活は無理ゲー」と思っている人の特徴

「就活=無理ゲー」と思っている人には、共通する特徴があります。
就職はもう無理なのかも…と感じている人は、自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

周囲と比べてあせっている

就職活動の進捗状況や内定の獲得数などを周囲と比べ、過度に反応するのは良くありません。
新卒生の場合、周りの人が一斉に就職活動を始めるため、周囲と自分の状況を比較しやすい環境です。「就職できなかったらどうしよう」と不安やつらさを感じることもあるでしょう。しかし、「内定が貰えないのは自分だけ」と極端なマイナス思考になるのは自信を失うことにつながります。

選考結果の通知が気になって落ち着かない

選考結果が来るまでは「気持ちが落ち着かない」「気になって他の作業が手につかない」という人もいるでしょう。
就職活動中は、数社~数十社の選考を受けるのが一般的。選考結果が気になるのは仕方のないことですが、メールを数分おきにチェックしたり、通知が来るたびに気持ちが上下したりすると、次の選考や他社の面接対策に集中できない恐れがあります。

モチベーションややる気が低下している

「どうせ就職は無理」「就活に疲れた」など、就職活動に対するモチベーションややる気が低下している場合、あきらめムードになってしまいがちです。
「就職したいけどうまくいかない」という不安やストレスから開放されたい気持ちから、就活から距離を取ってしまう人も。それでは就活は進まないため、悪循環に陥ってしまうでしょう。

金銭的な問題を抱えている

家族に頼らずアルバイトで学費や生活費を稼いでいた人は、バイトとの両立や就職活動費の捻出に苦労することがあるようです。
就職活動には、リクルートスーツやかばんの購入、交通費や宿泊費の支払いなど出費が伴います。こうした金銭的な不安が就職活動に影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

▼関連記事
採用コンサルタントが明かす、面接で落ちる就活生の特徴



 

就活がうまくいかない3つの原因

就職活動がうまくいかない要因は、以下の3つ考えられます。
今の自分を振り返り、照らし合わせてみましょう。

自分について理解していない

興味・関心は何か、長所や弱みは何かなどを聞かれてすぐに答えられないのなら、自分についてよく理解していない可能性があります。
就職活動は、自分と企業の相性はどうか、自分のどんな能力をアピールできるかなどを意識して進めていくものです。手当たり次第応募しても、企業側が求める人物像と合っていなければ、うまくいかないことのほうが多いでしょう。
また、自分では就活マナーが守れていると思っていても、他者から見ると「清潔感に欠ける」「言葉づかいが間違っている」というパターンもあります。
就活に対する意識はどうか、就活マナーはどの程度できているかなど、自分についてよく理解しておくことが大切です。

仕事や企業をイメージだけで見ている

「◯◯職って大変そう」「◯◯社は大手だから良さそう」など、職種や企業のイメージだけで就職活動を進めると、視野が狭くなるため危険です。
同じ職種でも、企業によって業務内容は少しずつ異なるので、企業ごとに調べてみなければ自分に合う・合わない仕事かどうか分かりません。
また、「大手企業や有名企業は安心」というイメージだけで就職活動をしている人は注意が必要。規模の大きさや知名度に惹かれて応募しても、企業ニーズに合っていなければ採用につながらない恐れがあるからです。
また、大手は募集人数に対する応募者数が多い傾向があり、就職は難関。大手に絞って応募していると、気づけば内定を貰えていないという状況になる可能性もあるでしょう。

悩みを抱え、行動に移せていない

就活がうまくいかない、金銭的な問題があるなど、就職活動に対する不安や悩みを一人で抱えていると、それだけで気持ちがいっぱいになってしまうでしょう。
最悪の場合、ストレスから心身の不調になる可能性もあります。
考えることはもちろん大切ですが、解決せず行動に移せていないのであれば、就職活動はうまくいきません。不調を感じる前に誰かへ相談することも大切です。

▼関連記事
「合説意味ない」は間違い。内定にグッと近づく合説の歩き方



 

就活を成功させる8つのヒント

最後に、「就活は無理ゲー」と感じている方へ、おすすめの対処法を8つご紹介します。
今はきついと感じていても、就職活動のやり方を変えるだけでうまくいく可能性もあるため、あきらめずに挑戦してみましょう。

1.就活とその他の時間を区別する

「アルバイトや学業との両立が難しい」「就活の時間がない」と感じている人は、就職活動の時間をきっちり区別してみてください。
どんなに忙しくても、通学・通勤中や、寝る前など「隙間時間」はあるはずです。説明会や面接などの時間の確保は必須ですが、それ以外の面接対策や、企業へのメールの返信などは、隙間時間に行うことは十分可能と考えましょう。

2.自己分析を徹底する

就職活動の基本となるのは「自己分析」といっても過言ではありません。
自己分析とは、過去の経験から自分の強みや価値観、興味などを洗い出す作業です。
「就活の軸」を定めるためにも重要な工程なので、もう一度徹底して行うことをおすすめします。

3.業界研究・企業研究をしっかり行う

業界・企業ごとの特徴や採用ニーズを把握するために、情報収集を徹底しましょう。業務内容や社風は企業によって異なるため、自分の強みや価値観と合うかどうかは詳しく調べてみなければ分かりません。
業界・企業研究をしっかりと行ったうえで、自分と企業の相性をチェックすることが大切です。

4.広い視野を持ち、選択肢を広げる

先述しましたが、仕事や企業をイメージだけで見るのはNGです。「大手じゃなければダメ」「◯◯会社しか受けない」というのは、自分の可能性を狭める要因にもなります。
会社の規模や知名度だけで応募企業を決めず、視野を広く持って求人を探してみましょう。

5.面接の練習を繰り返す

「面接が苦手」「人前は緊張する」という人は、繰り返し面接の練習をするのがおすすめ。繰り返し練習することで、表情や姿勢、話し方などを改善できるだけでなく、自信がつきます。
まずは自己PRや志望動機といった頻出度の高い質問に対する回答を作成してください。そして、友人や家族に協力してもらい、模擬面接を行ってみましょう。一人で練習する場合は、鏡の前で行ったり、動画撮影してみると客観的な視点で対策できます。

6.就活マナーを振り返る

身だしなみや言葉づかいといった就活マナーを確認しておくのも忘れないようにしてください。
身だしなみと一口にいっても、TPOに合ったものを選んだか、服装の汚れや乱れはないか、ヘアスタイルは適切かなど、チェック項目は多々あります。自分で分からない場合は、身近な人に見てもらうと良いでしょう。

7.周囲と比べるのをやめる

就職活動における一つの心構えとして、「周囲と比べない」というのを覚えておいてください。
人によって強みや適職が違うため、応募企業数や内定獲得数なども異なります。周囲の人と比べても、進捗状況に差があって当然といえるでしょう。
「人は人、自分は自分」と捉え、自分のペースを保つことが大切です。

8.就職サポートを利用して効率よく進める

「就職活動がうまくいかない」「悩みを抱えていて行動に移せない」という人は、就職経験者に相談してみるのも有効な手段の一つです。経験者なら、適切なアドバイスをくれるでしょう。
周囲に相談できる人がいない場合は、就職のプロに相談してみることをおすすめします。
就職エージェントでは、無料で就職紹介やアドバイスをしてくれるため、効率よく就職活動を進めることが可能。プロならではの視点で、就職をサポートしてくれるでしょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。