就活で自信がない原因と対策方法をご紹介!

このページのまとめ

  • 自信を持つことで、面接で堂々と受け答えできる
  • 就活で自信がない場合は、自分に足りない部分を補うのがおすすめ
  • 就活で自信がない人は、身だしなみを整えることも大切
  • 就活で自信がない人は事前準備を整え、周囲に流されないようにしよう

就活で自信がない原因と対策方法をご紹介!のイメージ

「就活で自信がない」という悩みを抱えている方は多いでしょう。
事前の準備不足や度重なる不採用、周囲との比較など、さまざまな要因で自信を失ってしまうことがあるようです。しかし、自信がないまま就活するのはおすすめできません。内定を獲得するためには、自分に自信を持つことから始めましょう!
このコラムでは、自信を持って就活する方法をまとめているので、参考にしてみてください。
 

就活には自信が必要

就職活動をスムーズに進めるには、自信を持つことが必要不可欠です。
この項目では、自信を持って臨むことの重要性をまとめました。

自分をアピールしやすい

自信を持っていれば、胸を張って自分をアピールできるでしょう。
面接では、いかに自分をアピールできるかが重要。自分をしっかりとアピールできれば、面接官にも好印象を与えられるでしょう。
また、自信を持って前向きになることで、自分のアピールポイントが見つかることもあります。

失敗談をスムーズに話せる

失敗や挫折の経験をプラスに捉えて話すことも効果的。
引け目を感じがちな失敗談や挫折経験だからこそ、堂々と話してアピールに変えることが大切です。そのためにも、面接本番前に自信をつけておきましょう。

ハキハキと受け答えできる

自信の有無は、自然と話し方や態度に出てしまい、相手にも伝わってしまうものです。
面接の受け答えで声が小さかったり、下を向いていたりすると、マイナスイメージを与えてしまいます。受け答えの際は、相手の目を見て、ハキハキと話しましょう。

▼関連記事
就活できる気がしない!選考が通らない原因を探り自信を取り戻そう
 

就活で自信がない人の3つの特徴

この項目では、就活に自信のない人の特徴をご紹介します。

1.緊張しやすい

自信が持てない理由として、緊張しやすい性格であることが考えられます。
緊張から、面接で上手く受け答えできなかったり、黙り込んでしまったりすることもあるでしょう。
緊張しやすい性格の人は、人前で話すことに苦手意識を持っている人が多い傾向も。
「大事な場面で緊張してしまうのでは?」という不安から、自信のなさに繋がってしまいます。

2.ネガティブ思考

就活に自信が持てない人は、ネガティブ思考になっていることも考えられます。
ネガティブ思考の人は、「どの企業を受けてもきっと落ちる…」「自分は何をやってもだめ」など、物事を悪い方向へ考えてしまいがち。
就活に対するネガティブな感情から、自分にも自信をなくしてしまいます。

3.準備不足

就活に向けての準備が不足していることも、自信のなさに繋がる原因の一つ。
就活においては、自己分析や企業研究などの事前準備が必須。何か一つでも不足していると、選考で高評価を得るのは難しいでしょう。
準備不足であることは不安にも繋がり、就活自体に自信をなくしてしまうことも考えられます。

▼関連記事
学歴は関係ないって本当?新卒の就職活動
 

自分に自信をつける3つの方法

この項目では、自分に自信をつける方法についてご紹介。自分に自信がないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.足りない部分を補う

自信が持てない場合は、自分に不足している部分があると感じている可能性があります。
自分に足りないと思っている部分を明確にし、補うことが大切です。
たとえば、コミュニケーション能力が不足していると感じたときは、接客業のアルバイトやボランティアなど、人と接する機会を積極的に作るのがおすすめ。行動力が足りていないと感じる場合には、興味のある習い事や資格の取得、一人旅などやりたかったことを実行してみるのも良いでしょう。

2.外見を整える

自分に自信が持てない方は、まずは外見から整えてみましょう。
外見を整えておけば、面接や説明会などで好印象を持たれ、自信に繋がります。
スーツや靴、カバンなどは、上質なものを用意すると良いでしょう。身につけるものの質を上げるだけでも、モチベーションが変わります。

清潔感のある髪型やナチュラルなメイクなど、基本的な身だしなみにも気を配りましょう。

3.社会人になることの不安を払拭する

社会人になることに不安を感じているなら、インターンシップで実際に企業に従事してみるのがおすすめです。
就活で自信がない人には、社会人になることへの不安を抱えている場合もあります。1日や1週間の短期のものから、数ヶ月や1年の長期のものもあるので、自分の目的に合わせて探してみてください。

▼関連記事
就活に絶望している人へ!自信を取り戻す考え方や今からすべきことを解説!
 

自信を持って就活する3つの方法

自信を持って就職活動に臨むためには、下記の項目を心掛けましょう。

1.面接前に準備をする

面接の不安を取り除くなら、事前準備を整えておくことが基本です。
自己分析や企業研究を入念に行い、どのような質問にもスムーズに答えられるようにしておきましょう。
また、模擬面接をしておけば、受け答えの練習になり、実際の面接の雰囲気もつかみやすくなります。

2.周りを気にし過ぎない

「自分は自分」という意識を持ち、周囲の状況に左右され過ぎないように心掛けましょう。
「友人が内定をとった」「身近に立派な実績を持った人がいる」など、就活ではつい自分と他人を比較してしまいがち。しかし、就職活動はあくまで自分の将来のために行うものです。他人と比較することは避けましょう。

3.自分を否定しない

面接に落ちても、必要以上に自己否定するのは避けましょう。
内定が貰えるかどうかは、企業との相性や縁が関わってくる部分もあります。不採用でも、「今回は縁がなかった」と割り切り、次に切り替えることが大切です。

▼関連記事
面接対策は万全?就活に必要不可欠な準備とマナー

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする