就活で不安を抱えてしまうのはなぜ?よくある原因や対処法を解説

このページのまとめ

  • 就活で不安を抱えてしまうのは、明確な正解がないから
  • 就活で不安を感じたら、まずは何に悩んでいるのか明らかにしよう
  • 就活で不安を抱えてしまう場合は、周囲に相談するのも大切

就活で不安になる理由とは?原因と具体的な解消法を紹介!のイメージ

就活中に、「なぜか分からないけど不安」「どうして良いか分からなくなった」などと感じる就活生もいるでしょう。就活には答えがないので、選択肢に悩み、不安に感じてしまうのも仕方ありません。不安を解消できるように、まずは原因を探しましょう。

この記事では、就活で不安を感じる理由や解消に向けた対処法を解説しています。ポジティブ思考で就活を行えるように、不安を解消しましょう。

就活には悩みがつきものです。就活の悩みの種類別の解消法について知りたい方は「就活がうまくいかないときはどうすればいい?就活中の悩みを乗り越える秘訣まとめ!」も参考にしてください。

就活の不安の解消法を相談したい

   
目 次

就活の不安は誰でも同じように抱えている

就活に対して不安を抱えているのは、あなただけではありません。多くの就活生が、「就活では何をしたらよいのだろう」「どうしたら内定がもらえるだろう」などの不安を感じています。

また、就活がうまくいっていない時期は、周囲の既に内定をもらった人を見て、落ち込んでしまいがちです。しかし、選考突破や内定獲得の裏では、誰もが選考に落ちていたり、準備が大変だったりという経験をしています。

就活に不安を感じたときは、「就活で苦しんでいるのは自分だけではない」と気持ちを落ち着かせましょう。一度ネガティブ思考になると、マイナスなことばかり考えてしまうので注意してください。

こころを壊さない就職活動~「不安」といかに向き合うべきか」の記事も参考に、前向きに就活を進められるよう意識してみましょう。

就活の不安の解消法を相談したい

 

就活を不安に感じてしまう4つの理由

就活には答えがなく、エントリーする企業や数などの選択肢が多いので迷いがちです。迷いが多いと、不安や悩みも抱えやすくなるでしょう。

ここでは、なぜ就活で不安を感じてしまうのか、よくある4つの理由をご紹介します。自分がなぜ不安を感じているのか、一度考えてみましょう。理由を知るだけでも心が軽くなるはずです。

1.就活には正解がないから

就活は試験や勉強とは違い、明確な正解がありません。そのため、何をすればいいか分からず、不安に感じやすくなります。

たとえば、同じ志望動機を伝えた場合、A社では選考を突破しても、B社では選考に落ちるかもしれません。また、受かっても落ちても理由は教えてもらえないので、何がよくなかったのか振り返れないのも就活の難しさです。

就活は人間性や価値観、考え方など複数の観点から評価されます。絶対的な正解がないため、不安を抱えてしまうのです。

2.内定よりも落ちる回数のほうが多いから

就職活動では内定を獲得するよりも、選考に落ちる回数のほうが多くなるでしょう。選考に落ちる回数が増えれば増えるほど自分に価値がないと感じ、不安な気持ちが大きくなってしまいます。

しかし、選考に落ちてもあなたの価値が否定された訳ではありません。選考に落ちたのは、「ほかの就活生のほうがアピールできていた」「たまたま企業と合わなかった」などさまざまな理由が考えられます。ネガティブな方向に考えすぎず、冷静になぜ落ちたかを考えましょう。

3.周りのほうが就活が進んでいると感じるから

周囲と比較し自分が遅れていると感じるのも、就活で不安を感じる理由です。周囲のよいところばかり見てしまい、自分は劣っていると勘違いしてしまいます。

就職活動では、周囲の人々も大変な思いをしていると理解しておきましょう。内定を獲得した人も、裏では多くの企業の選考に落ちているかもしれません。

特に、SNSではポジティブな内容しか書かない人が多いでしょう。SNSで目にする情報に左右され過ぎないように気をつけてください。

4.社会人になるのが怖いから

選考を終えて内定を獲得できても、社会人になることへの不安を感じる人もいます。社会人は未知の経験であり、自分が社会に馴染めるのか、週5働くことに耐えられるか不安になるからです。

社会人は学生生活とは大きく環境が変わり、勉強ではなく仕事に取り組みます。「仕事に追われて忙しそう」「仕事でミスしたら怒られるのでは」などとイメージする就活生も多いでしょう。

人は未経験の内容や想像できないものに対して、不安を感じやすくなります。未知への不安に対しては、企業や仕事について調べて働くイメージを持っておくのも大切です。

就職活動で悩む就活生には、「「就活どうしよう」と不安なあなたへ!悩みの原因と対処法をご紹介」の記事がおすすめです。まずは自分が何について悩んでいるのか、じっくりと考えてみましょう。

就活の不安の解消法を相談したい

 

就活が不安でたまらないときに試したい6つの対処法

就活が不安な場合は、自己分析を行ったり、誰かに相談したりするなど、行動を起こすのが重要です。何もせずにいると、不安な気持ちが膨らんでしまいます。

ここでは、就活が不安なときに試したい6つの対処法をご紹介します。

1.自己分析を行う

やりたいことが分からなかったり、志望する業界や企業に適正があるか不安になったりする場合は、自己分析を行いましょう。自分についての理解が深まれば、この先の方向性が決まり不安が解消されます。

自己分析を行う際は、過去のエピソードを振り返るのが一般的です。エピソードから自分の考えや価値観、強みなどを明らかにしましょう。

自己分析の進め方を知りたい場合は、「自己分析とは?おすすめのやり方と8つの注意点を解説」の記事を参考にしてください。

2.早めに行動する

周囲よりも早く行動を始めれば、安心して就活に臨めます。「周囲よりも遅れている」「自分だけ準備ができていない」などの不安からは解消されるでしょう。

就活を始める時期は、大学3年生の4月頃がおすすめです。春に自己分析を終えておけば、夏のインターンシップの準備も余裕を持って行えます。

就活を遅く始める就活生は、エントリーが解禁される大学3年生の3月まで動かない場合もあります。早めに動いておけば準備が十分にでき、気持ちにも余裕ができますよ。

就活を始める時期については「就活とは?いつから何をすればよい?基本の流れと8つのやるべきことを解説」の記事も参考にしてください。

3.第三者の力を借りる

自分だけで就職活動を行うのが不安な場合は、家族や友人の力を借りてみましょう。就活エージェントや大学のキャリアセンターなど、就職活動をよく知る人に頼むのもおすすめです。

自己分析や企業選び、選考対策など、すべてを一人で行うのは大変なこともあります。悩む場面も多く、気軽に相談できる人がいると安心できるでしょう。

誰に相談するか迷う場合は、「就活相談先のおすすめ15選!相手を見極めるポイントや注意点も解説」の記事を参考に相談相手を探してみましょう。

4.OB・OG訪問を行う

OB・OG訪問を行い、社会人や仕事についてイメージを深めるのもよいでしょう。学生から社会人になることへの不安は、働くイメージを持てれば解消できるかもしれません。

知り合いのOBやOGであれば、ほかの社会人よりも話を聞くハードルが下がります。OBやOGも就活活動で苦労しているので、親身になって教えてくれるでしょう。

OB・OG訪問を行いたい場合は、「OB訪問ってどうやるの?アポ取りから進め方まで徹底解説!」の記事をご一読ください。

5.ほかの人の情報を気にしない

周囲の情報は気にせず、自分の就職活動に集中しましょう。ほかの人と比べると、つい不安になってしまいがちです。

就職活動の進め方やペースは人それぞれです。早くに就職活動を終える人もいれば、納得いくまでとことん続ける人もいます。

内定が早いほど優れているわけではないので、ゆっくりでも大丈夫です。焦るとミスも増えやすいので、落ち着いて行動しましょう。

6.就活から離れてゆっくり休む

就活に辛さを感じてきたら、一度離れるのもおすすめです。気持ちが落ち着くまで、ゆっくりと休みましょう。

就活は自己分析からエントリーシートの作成、面接対策までやるべきことが多く、自分を追い込んでしまいがちです。しかし、ネガティブな時期に行動を起こしても、ミスや失敗が増えてさらに落ち込んでしまうことも。

就活に不安を感じて苦しい場合は、気持ちをリセットするのが大切です。ストレス解消ができる趣味をしたり、旅行に行ったりなどして気持ちを落ち着かせましょう。

限界を迎えそうな就活生は、「就活ストレスがやばいときはどうする?限界になる理由や対処法を解説」の記事を要チェックです。

就活の不安の解消法を相談したい

 

就活で不安になりやすい状況と対処法

具体的にどのような場面で不安を抱えやすいのか、どのように対処すればよいのかについても知っておきましょう。不安を抱えやすい状況を事前に知っておけば、いざというときに役立ちます。

就活で何をすればよいか分からないとき

就活では、何から手をつければよいのか分からず困る場面がよくあります。その場合に備えて、就職活動のスケジュールを把握し、どのような準備が必要か調べておきましょう。

就職活動のスケジュールについては、毎年ある程度決まっています。「大学3年生になったら自己分析を始める」「大学3年生の夏はインターンシップに参加する」のように決めておけば、自分がすべきことを整理できるでしょう。

就職活動のスケジュールについては、「就職活動の流れはどう進む?基本的なスケジュールや準備方法を解説」の記事を読むのがおすすめ。

就活のやることリストを作成してみよう!時期ごとに解説します」の記事では就職活動でのやることリストも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

自分のやりたいことが分からないとき

自分がどのような仕事をしたいのか、将来の夢は何かなどが分からない場合、情報が足りていないのかもしれません。業界研究や企業研究を行い、どのような選択肢があるのかを知りましょう。

仕事についての情報が少ないと、イメージが分からずに困ってしまいがちです。「広告業界を志望しよう」と考えても、「どのような仕事があるの?」「どんな企業があるの?」と分からないことが多ければ、働けそうだとは思わないでしょう。

業界や企業研究を行うなら、企業のWebサイトや採用ページを見てみるのがおすすめです。また、合同説明会や企業説明会に参加すれば、より仕事への理解を深められます。

これから業界研究を始める就活生には、「業界研究のやり方とポイントを詳しく解説!自分に合った仕事を見つけよう」の記事がおすすめです。

企業研究を行う場合は、「企業研究とは?目的や手順を解説!ポイントを押さえて就職成功を目指そう!」の記事を参考にしてください。

自分の強みやスキルが分からないとき

アピールできる長所が分からない場合は、自己分析を行いましょう。自分についての理解が浅ければ、アピールできる能力も分かりません。

自分では分析が難しい場合、他己分析を行ってみてください。客観的な意見をもらうことで、新たに気がつく能力もあるでしょう。

他己分析のやり方は、「他己分析とは?有意義かつ効率的なやり方のポイントや質問例30選を紹介」の記事で詳しく解説しています。

どの企業にエントリーすればよいか分からないとき

企業選びに迷う場合は、就活の軸を決めましょう。「どのような条件で仕事を探すのか」を明確にすれば、企業探しも行いやすくなります。

たとえば、「営業職がよい」「研究をしたい」のように、職種や仕事内容を軸にするのも選択肢の一つです。また、「英語を使う仕事につきたい」のように、スキルで選ぶ方法もあります。

就活の軸は自分なりの基準なので、内容はなんでも大丈夫です。仕事選びで譲れない価値観や考えが何か、一度探してみてください。

就活の軸の例や探し方については、「就活の軸とは?探し方のコツや具体的な方法を例文付きで解説」の記事がおすすめです。

志望動機が思い浮かばないとき

志望動機が浮かばない場合は、「業界・企業研究が足りていない」「自己分析が足りていない」の2つが考えられます。準備を万全にしてから、志望動機を考えましょう。

業界や企業について知らなければ、「なぜその企業を選んだのか」が書けません。また、自己分析が不十分な場合も、「自分がその企業を選んだ理由」が曖昧になってしまいます。

志望動機は自分と企業の両方について理解を深めなければ、形になりません。しっかりと情報を集めてから、「履歴書の志望動機を書くコツとは?魅力的に仕上げるポイントを解説!」の記事を参考に、志望動機を書いてみましょう。

書類選考に通らないとき

履歴書やエントリーシートで落ちてしまう場合、採用担当者に評価される内容を書けているか確認してみましょう。採用担当者は大量の書類を読んでいるので、印象に残らないものは選考に落ちてしまいます。

特に自己PRや志望動機の欄では、結論や理由、エピソードを分かりやすく伝えることが重要です。自己PRや志望動機では、内容だけでなく構成も重要なので、自分の文章が伝わりやすくなっているか確認しましょう。

また、より印象に残る履歴書やエントリーシートを作るためには、添削を重ねることも大事です。就活エージェントや大学のキャリアセンター、就活セミナーなどで実施してもらえるので、添削をお願いしてみるとよいでしょう。自分の書いた文章は自分では違和感に気づき難いですが、第三者に添削してもらうことで違和感やミスに気がつくはずです。

面接で落ちてしまったとき

面接が通らない場合は、面接対策に力を入れましょう。話し方はもちろん、髪型や服装などの見た目、ビジネスマナーなども意識してください。

素晴らしい内容を話していても、清潔感がなく、スーツがボロボロの人は評価が下がります。「採用してもお客さまの前には出せない…」と思われるでしょう。

面接対策では、「面接官から見て評価されるか」が大切です。模擬面接に参加し、客観的な意見をもらうことで対策ができます。

面接準備については、「面接対策は万全?就活に必要不可欠な準備とマナー」の記事で解説しています。

最終面接で落ちてしまったとき

一次・二次面接やグループディスカッションは通っても、最終面接で落ちてしまう場合もあるでしょう。最終面接で落ちてしまう場合、志望度や意欲が伝わっていないのかもしれません。

最終面接までの選考に通るのであれば、ビジネスマナーや話し方など基礎的な部分はクリアできているはずです。企業側も「最終面接に通してもよい」と判断しているでしょう。

最終面接で企業が不安に感じやすいのは、「本当に自社に入社してくれるのか」ということです。「ほかの企業でもよいのかな?」「第一志望がほかにありそうだな」と思われてしまうと、内定は遠のきます。

面接では自分の強みをアピールするのも大切ですが、入社への熱意を伝えるのも欠かせません。競合他社との違いを理解し、「なぜその会社なのか」を自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

就活の不安の解消法を相談したい

 

就活の不安を解消したいあなたへ

就活は初めての経験であり、不安を感じてしまうことも多いでしょう。特に、うまくいかない時期が続くと、不安が積み重なってしまいます。

就活の不安を解消するためには、何が原因で悩んでいるのか考えることが大事です。不安の内容によって、対処法が変わるからです。

もし、漠然とした不安を抱えている場合や、自分で解決するのが難しい場合は、就活エージェントに相談してみましょう。就活のプロに相談すれば解決策が見つかり、気持ちが楽になります。

また、就活エージェントであれば、具体的なアドバイスをもらえます。「自己分析がうまくできない」「面接対策の方法が分からない」などの不安があっても大丈夫です。

キャリアチケットでも、就活に不安を抱える就活生をサポートしています。マンツーマンで一人ひとりの悩みに寄り添って不安を解消します。一人で抱え込もうとせず、ぜひご相談ください。

就活の不安の解消法を相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。