就活はありのままの自分をアピールしてOK?面接官の視点をチェック

このページのまとめ

  • 就活中は、嘘偽りなく「ありのままの自分」をアピールすることが大切
  • ありのままの自分に自信がないからといって、学歴や能力を偽ってはいけない
  • 面接官は、「嘘偽りなく話しているか」「一緒に働きたい人物か」を見ている
  • 就活でありのままの自分に自信を持つために、他の候補者と比べるのをやめよう
  • 就活がうまくいかなくても落ち込まず、前向きな気持でいることが大切

就活中は、応募書類や面接で「ありのままの自分」をアピールするべきか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。採用の場では、自分をよく見せようと嘘をつくのは良くありません。自分のことは正直に伝えるのが大切です。本コラムでは、ありのままの自分を素直に伝えるべき理由と、自分に自信を持つポイントについて解説しています。面接のアピール内容に不安を感じている方は、ぜひご一読ください。



 

就活は「ありのままの自分」をアピールしても大丈夫?

採用の場では、嘘偽りなく、「ありのままの自分」で挑みましょう。

自分のことを素直に伝えることが大切

応募書類を作成するときや、面接での質問に回答する際は、自分のことを素直に伝えることが大切。後ほど詳しく解説しますが、面接官は、ありのままの人柄を見て採用の判断をしたいからです。
しかし、「自分は◯◯が得意で、◯◯もできます!」というように、「すごい自分」をアピールしなければ面接官に刺さるアピールにならないのではないか…と不安になる人は一定数います。自分の能力を高く見せようと、話を盛ってしまったり誤魔化してしまったりするパターンは、少なからずあるようです。

誤魔化しや嘘は悪印象になる

応募書類や面接で嘘を述べるのは危険です。面接官が応募者の嘘に気づけば、それだけでマイナス印象になり、不採用のハンコを押される可能性が高いでしょう。学歴を誤魔化せば、それは経歴詐称になります。
社会人として働くには信頼関係が必須。当然ながら、嘘や誤魔化しがあっては、一緒に働きたい人物だという目では見てもらえません。

同じ型にはまった就活生ばかりで面接官も困っている

自己PRは、型にはまったマニュアルどおりの回答にせず、自分らしい内容を伝えましょう。
就活生に多いのは、就活本や就活サイトの例文を参考にしすぎているパターン。自己PRや志望動機といった「個性」や「人柄」が出る質問に対し、ありきたりな回答をする人は意外と多いです。
例文を参考にするのはもちろん良いのですが、型にはまったアピールになっていると、面接官は興味を示さない可能性も。背伸びをせず、自分の人間性を素直に伝えたほうが、好印象を与えるアピールに繋がるでしょう。



 

「ありのままの自分」を伝えたくない理由

ここでは、なぜ就活生がありのままの自分を伝えたくないのか、その理由をご紹介。自分に当てはまる場合は、注意しましょう。

学歴や資格、経験などに自信がない

学歴のコンプレックスがある、資格がない、目立った経験がないなど、自分に自信が持てない場合、ありのままの自分では勝負できないと考えるようです。
嘘の学歴や持っていない資格を書くのはもってのほかですが、自分の能力や経験を少しでも良く見せようと考えたことは、誰しも1度はあるのではないでしょうか。
それでも、誤魔化してはいけません。面接官は採用のプロ。応募書類や面接の回答内容から、嘘や誤魔化しは見抜いてしまいます。信用度を下げるリスクを考えれば、ありのままの自分で勝負するべきでしょう。

自分を良く思ってもらいたい気持ちが強い

面接中、自分を良く見せようとするあまり、過剰なアピールをしてしまう人がいますが、それはかえって逆効果になる可能性があります。
例えば、志望度を聞かれたとき、「御社が第1志望です」とシンプルに答えてもいいのですが、「御社に落ちても他社へ行くつもりはありません!」「御社以上にすばらしい企業はないと思っています!」と過度にアピールしてしまうと、「あざとい」「媚びている」という印象になる場合も。熱意を伝えるときこそ、シンプルでストレートな表現のほうが好印象を与えられるでしょう。



 

人を見るプロ「面接官」の3つの視点

ありのままの自分をどう表現すべきか分からない人は、面接官の視点を意識すると良いでしょう。
面接官は、会社と会社と応募者のマッチングを判断するため、以下3つを見ています。

1.嘘いつわりなく正直に話しているか

これは、社会人として信頼の置ける人物かをチェックするためです。
嘘をつく人物や背伸びをして話そうとする人は、「入社後も嘘をつくのでは?」と警戒されます。たった1つの嘘でも、「すべて本当のことを話しているのだろうか」という不信感があれば、マイナス評価に繋がるでしょう。
また、嘘をつく人物は自分に自信がない傾向があります。たとえ、すばらしい能力がなくても正直に話す人のほうが、「今の自分をわきまわえている」と前向きな評価を得られるでしょう。

2.能力や経験よりも、一緒に働きたい人物か

新卒生の多くは社会人経験がなく、業務を行ううえでの経験や能力が不十分である場合がほとんど。そのため、面接官は能力や経験よりも人柄を重視。社風や職場に馴染めそうな人物か、一緒に働きたいと思える人物か、といった視点で応募者を判断します。
特に、1次面接や2次面接では、現場の若手社員や職場の責任者などが面接官を務めることが多いようです。「企業が求める人物像」と自分の強みや価値観を照らし合わせ、「一緒に働きたい」と思ってもらえるようなアピールを考えましょう。

3.入社後に活躍しそうなポテンシャルを持っているか

新卒採用は「ポテンシャル採用」であることが多く、入社後に活躍しそうな強みがあるかどうかもチェックポイント。
営業職を例に挙げると、コミュニケーションスキルや提案力といった業務に関する強みが評価されやすい反面、人と関わるのが苦手などの弱みを持っていると合わないと判断される可能性があります。
応募先企業を探す際は、自分の強みがどのような業界・職種で活かせるのかをしっかりと考えておくことが大切です。



 

就活でありのままの自分に自信を持つ3つのポイント

「自分に自信がない…」という人は、ありのままの自分に自信を持つ3つの方法を試してみましょう。

1.他の候補者と比べず自分は自分と割り切る

自分の方向性を見失ってしまうのは、就活がうまくいかない要因の1つです。
就活をしていると、他の応募者の学歴や能力、人柄などが気になるもの。人と比べて「自分にはなにもない…」と自信をなくしてしまったり、「自分もこんなことを言えばよく見えるかも!」と影響を受けたりすることもあるでしょう。
しかし、考えてみてください。就活生のすべてが、特別な経歴・能力・経験を持っているわけではありません。採用する企業もそれを分かっています。
面接官が見たいのは応募者の「ポテンシャル」。これからどう成長していくかを判断します。
今特別な能力や経験がなくても大丈夫。自分は自分と割り切り、ありのままの自分を素直に伝えてください。

2.前向きな姿勢が大切だと知る

就職活動は、前向きな姿勢が成功のカギになります。けれども、自分に自信がないときは、ネガティブな姿勢になりがち。マイナスな気持ちは、表情や言葉に影響を及ぼす可能性があるので、そのまま就職活動を続けても壁にぶつかってしまうでしょう。
大切なのは、気持ちの切り替えです。「特別な能力がなくたって大丈夫」「ありのままの自分を受け入れてくれる企業は必ず見つかる」という前向きな気持で挑めば、良い表情や熱意につながり、面接官にも伝わるでしょう。

3.失敗しても悔やまない

「失敗しても次に活かすこと」が大切です。失敗が続いていると、「自分は企業から求められていないのではないか…」「あのとき◯◯していれば…」と不安や後悔で気持ちがいっぱいになることもあるでしょう。
書類選考がうまくいかない、次の選考に進めない、不採用通知が続いている、といった失敗には必ず原因があります。悔やんで落ち込んでいるだけでは、何も解決しません。自己PRや志望動機は応募企業を意識した内容になっていたか、企業について詳しく知ろうとしていたかなど、今までの就活を振り返ってみましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。