就活に失敗したら死ぬなんて思う必要なし!内定獲得の方法を丁寧に解説

このページのまとめ

  • 「就活に失敗したら死ぬしかない」は間違った思い込み
  • 「就活に失敗したら死ぬしかない」と感じるのは、努力が無駄になったと感じたとき
  • 「就活に失敗したから死ぬしかない」と感じたら、周囲に相談しよう
  • 既卒は就活に十分な時間を使えるメリットがある
  • 就活の軸を定めることが内定獲得へのカギ

就活に失敗したら死ぬなんて思う必要なし!内定獲得の方法を丁寧に解説のイメージ

「就活に失敗したら死ぬしかない…」そのように考える人もいるでしょう。就活の失敗はショックかと思いますが、就活が上手くいかなかったからといって、人生が終わるわけでもあなたの価値が否定されるわけでもありません。新卒の就活に失敗しても、既卒として就活したりアルバイトをしながら正社員を目指したりと、さまざまな道があります。
ここでは、就活に失敗した人へのアドバイスをまとめているので、ぜひご覧ください。
 

「就活に失敗したら死ぬしかない」は思い込み

「就活に失敗したら死ぬ」という考えは単なる思い込みです。就活が上手くいかないと気持ちが暗くなったり、自信を失ったりしますが、冷静になって考えてみてください。

就活期間で自分に合った仕事を見つけるのは難しい

たった数ヶ月~1年ほどの就活期間で一生の仕事を見つけるのは容易ではないでしょう。
大手企業に就職した友人と自分を比べて落ち込む人もいますが、新卒で入社した会社が必ずしもその人に合っているとは限りません。入社後に理想とのギャップを感じて転職する人は少なくないうえに、実際に新卒入社した社員のおよそ3割が3年以内に退職しているデータもあります(※)。
新卒の就活に失敗したからこそ、卒業後に自分の適職についてじっくり考えられたという人もいるでしょう。

参照元
厚生労働省
新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

就職のタイミングがズレても問題はない

長い人生を考えたとき、就職のタイミングが数年ズレても深刻な影響を及ぼすとは限りません。浪人・留年せずにストレートで進学してきた人にとって、就職のタイミングが周りとズレるのは抵抗があると思われます。しかし、少なくとも「就活に失敗したら死ぬ」と自分を追い込むほどではないでしょう。

不採用は人格を否定されたわけではない

面接では、仕事の適性や社風との相性が評価されているのであって、あなたの人格そのものが否定されているわけではありません。面接はあくまで企業との相性を確かめる場。不採用が続くと自分に価値がないと思いがちですが、どんなに優秀な人であっても、社風に合わなければ不採用となるでしょう。選考に落ちるのは、事前準備が足りず、有効なアピールができていないからという可能性も。また、面接で厳しいことを言われて落ち込む人もいますが、企業はストレス耐性や学生の反応を見るために、あえて圧迫面接をすることもあります。
いずれにしても、不採用になったからといって自分に価値がないと思う必要はありません。

▼関連記事
就職に失敗したら人生終わり?挽回する方法や未来の選択肢を解説
 

就活に失敗すると死にたいと感じる4つの原因

この項目では、就活に失敗すると死にたいと感じてしまう原因を解説します。

1.何度も選考に落ちた

何度も選考に落ちることによって「誰にも必要とされていない」「自分は何をやっても無駄」と感じ、自分に自信が持てなくなってしまいます。何度もショックを受けると、自信が持てなくなり、就活を続ける気力がなくなるでしょう。

2.努力が無駄になった

事前に対策や準備を行っていたのにも関わらず、就活に失敗してしまうと「努力が無駄になった」と感じるでしょう。就活では、自己分析や企業研究、OB訪問や説明会への参加など、さまざまな準備が必要。多くの時間と労力を費やしても、就活に失敗してしまったという現実が「自分の努力が無駄になった」「努力をしても意味がない」と感じる原因になってしまいます。

3.周囲と比較して劣等感を抱いてしまう

就活に失敗したときに、周囲の人が採用された事実を知れば、相手に対して劣等感を抱いてしまうでしょう。周囲と比較し「自分はダメなんだ」と落ち込み、ますます就活が辛くなってしまいます。

4.将来に不安を感じる

就活に失敗してしまった人の現状を知り、「自分も同じようになるのでは…」という不安を感じてしまうでしょう。
また、転職への恐怖が将来の不安へとつながってしまうことも。就活で苦労したことから「転職でも苦労するのでは?」といった思い込みが、恐怖心に変わってしまいます。

▼関連記事
就活に失敗したら人生終了?!ではない理由と挽回方法
 

就活に失敗しても大丈夫な理由

ここからは、就活に失敗しても大丈夫な理由を解説していきます。就活に失敗した場合の挽回方法にも触れているので、ぜひご覧ください。

既卒にはメリットがある

既卒の就活には、「時間がたくさんある」「就活の反省を活かせる」といったメリットがあります。既卒とは、新卒で内定がないまま卒業した人のこと。
卒業後は学業と就活を両立する必要がないので、企業選びや選考対策にじっくり取り組んだり、資格勉強に時間を使ったりすることが可能。ハローワークの職業訓練に通い、就職に直結するスキルを身につける道もあるでしょう。また、既卒を対象としたインターンもあるので、参加できるプログラムがないか調べてみるのもおすすめです。
また、「卒業から3年以内であれば新卒として扱う」という企業も多く、卒業後も場合によっては新卒の立場での就活が可能。新卒時の就活に失敗した原因を振り返れば、より効率的に就活を進められ、自分に合った企業を探しやすくなります。

就活留年する選択肢

もし経済的な余裕があり、学生として就活をしたいのであれば、就活留年する選択肢があります。卒業に必要な単位をとっているなら、留年中は就活に専念できるでしょう。
就活では、留年した理由を聞かれることがあります。この点を不安に感じる人は多いですが、就活に失敗したことと反省を素直に伝えれば、理解してくれる企業が多いようです。

▼関連記事
就活はなんとかなる!就職がうまくいかないときの対処法
 

就活に失敗して死にたいと感じたときの3つの対処法

「就活に失敗して死にたい」と感じてしまう人は、下記の方法を試して、就活を成功させましょう。

1.就活を見直してみる

まずは就活に失敗した原因を見直しましょう。ここでは、就活でよくある失敗例として、自己分析と企業研究に触れていきます。

自己分析が不十分だった

自己分析は就活の最初にやるべき作業。適性のある仕事を見つけたり、自分のアピールポイントを洗い出したりするのに不可欠です。
自己分析が足りていなかった人は、改めて自分の経験を振り返りましょう。頑張った経験やモチベーションが上がった経験、挫折した経験を振り返ることで、強みや弱み、大切にする価値観が分かります。
自己分析の結果を踏まえて、自分にはどんな業界・企業が向いているのかを考えてください。

企業研究が不十分だった

就活では、自己分析と企業研究の両方を行うことで、自分に合った企業を見つけられます。自己分析が終わったあとは、興味がある企業を調べ、事業内容や社風、担当する業務が自分に合っているのか確かめましょう。応募可能なインターンには積極的に参加することで、企業の雰囲気が分かります。
そもそもどんな業界が向いているか分からないときは、四季報や業界地図などの書籍で業界全体を調べることから始めます。そこから興味がある業界を見つけて、さらに詳しく調査しましょう。
業界や企業に関する情報は、書籍や会社のWebサイト、会社説明会、合同説明会などで得られます。希望する業界や企業に勤めている人がいれば、ぜひ話を聞きましょう。

2.就職支援サービスを利用してみる

就活に行き詰まったときは、就職支援サービスを利用するのがおすすめ。在学中の方は大学のキャリアセンター(就職課)を活用すると良いでしょう。
既卒は大学の支援が受けられないため、サポートしてくれる機関を探すのが賢明です。気軽に利用できるサービスとしては、ハローワークや就職・転職エージェントがあります。ハローワークは全国各地に拠点があるので、自宅近くの施設を探しましょう。
就職エージェントは、専任の担当者が求人提案から選考対策、入社後のフォローまで一貫して対応してくれるのがメリット。二人三脚で内定を目指せる安心感があります。

3.周囲に相談する

就活で悩んでいる場合は、1人で悩まず周囲に相談することも大切です。親には相談しにくいという人もいますが、親は社会人の大先輩。社会人経験が長い分、より広い視点で就活のアドバイスをくれる可能性があります。
就活の実践的なアドバイスが欲しいときは、内定をとった友達に話を聞くのも効果的。選考中にどんな点に気をつけていたか、何を基準に企業を選んだかを聞いてみましょう。自己分析に行き詰ったときも、家族や友人の意見が参考になる場合があります。自分の性格的な特徴や、長所や短所を尋ねましょう。
それでも辛いと感じる場合は、相談窓口を利用する方法もあります。「厚生労働省の相談ダイヤル」では、さまざまな相談方法があり、電話だけではなく、SNSでの相談も可能。不安や悩みを抱えている方は、ぜひ相談してみてください。

▼関連記事
就活に失敗する原因は?7つの例と対策をご紹介

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする