6月からの就活はこれで安心!成功のためにやっておくべき準備をご紹介

このページのまとめ

  • 就活スケジュールでは、大学4年生の6月には企業の選考が解禁される
  • 自己分析や企業研究など、就活の準備は6月までに済ませておくのが望ましい
  • 6月になる前に、企業エントリーや面接対策などを進めておこう
  • 就活に行き詰まったら、キャリアセンターや就活エージェントを活用しよう

「大学4年生の6月は、就活をどこまで進めていれば良いのか」そんな風に悩んでいませんか?
一般的な就活スケジュールでは、大学4年生の6月には企業の選考が解禁されるため、それまでに自己分析や企業研究などの準備を済ませたいところ。
選考に向けてやるべきことや就活に行き詰まったときの相談先などを知っておき、万全の状態で6月を迎えましょう。

就活スケジュールを把握しておこう

まずは全体的な就活スケジュールを把握し、6月に何をすべきなのか見てみましょう。

大学3年生の4~2月

大学3年生の4月~翌年の2月は、就活の準備期間といえる大事な時期です。この先企業説明会への参加や選考があることを考えると、自己分析や企業研究、筆記試験の勉強などの下準備はこの期間内に済ませておきたいところ。
また、6~2月はインターンシップがあり、参加すれば実際の企業の雰囲気を体感できます。

6~9月はサマーインターン

6~9月はサマーインターンがあります。1日~1週間以内の短期インターンの募集が最も多く、大学の夏休みもあるため、複数のインターンに参加しやすい時期です。

10~2月はオータム、ウィンターインターン

10~2月はオータムインターンとウィンターインターンの時期になり、グループディスカッションやプレゼンテーションなど、学生の能力を図る内容のものが増えていきます。

大学3年生の3月~大学4年生の5月

大学3年生の3月~大学4年生の5月は、企業エントリーや説明会が開始される時期です。自己分析や企業研究の結果、インターンの経験が企業選びに役立ちます。

企業エントリー開始

気になる企業を見つけたなら、積極的にエントリーしましょう。あくまで「その企業に興味がある」という意思表示の段階なので、エントリーしたからといって必ず説明会に参加したり、選考を受けたりしなければいけないことはありません。

企業説明会

企業説明会はただ話を聞くだけでなく、質疑応答の時間も設けられています。また、多くの説明会は座談会もセットになっているため、その企業をより深く知る絶好のチャンスです。スケジュールに無理がなければ、なるべく多くの企業説明会に参加しておきましょう。

エントリシート提出

志望先の企業が絞れたらエントリーシートを作成し、提出します。近年はWebからの応募が増えていますが、企業によっては手書きのエントリーシートを求める場合もあるため、あらかじめ内容をまとめておきましょう。

大学4年生の6月~9月

6月から本格的に企業の選考が開始され、徐々に内々定を貰う学生が増えていきます。

大学4年生の10月

多くの企業はこの時期に内定式を行い、学生に正式な内定を通知します。

就活における6月は選考が解禁される重要な時期

前項の就活スケジュールからも分かるように、大学4年生の6月は筆記試験や面接などの選考が解禁される大事な時期です。本来、自己分析や企業研究、面接対策などの準備は6月までに済ませておくのが理想的といえます。
とはいえ、学生生活が忙しく、「就活の準備が思うように進まなかった」という就活生もいるでしょう。
準備期間が短くなってしまうため、できることは限られてきますが、6月までの期間があるうちに選考に必要な準備を済ませておきましょう。

まだ間に合う!6月までに済ませておきたい6つの準備

急ピッチにはなりますが、就活は6月直前からのスタートでも間に合います。下記の流れで事前準備を行い、6月の本選考に備えましょう。

1.自己分析

もし自己分析がまだであれば、真っ先に取り掛かりましょう。企業選びだけでなく、志望動機や自己PRの内容にも関わってくる大切な工程です。
自分が過去に頑張ったことや達成感を感じたことなどを紙に書き込み、1つひとつ掘り下げていきましょう。
ノートやメモ帳でも良いですが、項目が割り振られている自己分析シートを使用すれば、効率アップに繋がります。自己分析シートはWebサイトからでダウンロードできるので、自分に合ったものを見つけましょう。
自己分析だけだと不安な場合は、友人や家族、教授など、第三者の意見を取り入れることで精度が上がります。

2.企業研究

自己分析が完了したら、企業研究を行いましょう。
自己分析で割り出した自分の強みや興味にマッチしそうな企業をピックアップします。Webサイトやパンフレットを活用し、基本的な会社概要や事業内容、その企業での仕事に関する情報などを収集し、ノートにまとめていきましょう。

3.企業エントリー

企業研究で志望先が絞り込めたら、いよいよエントリーです。
実際に選考に進める企業は限られてくるため、余裕を持って多めにエントリーしておきましょう。

4.説明会参加

興味のある企業の説明会には、できるだけ積極的に参加しましょう。質疑応答や座談会に備え、企業への質問も忘れずに準備しておきます。

5.エントリーシート提出

「入社したい」と思える企業が見つかったら、エントリーシートを提出しましょう。
エントリーシートで質問される項目は企業によって異なりますが、長所・短所、学生時代に力を入れたことなどのよくある質問もあるので、あらかじめ回答を準備しておくとスムーズに作成できます。回答は、1つだけでなく、いくつかのバリエーションを用意しておくと良いでしょう。

6.面接対策

面接本番に向け、事前に十分な対策をしましょう。
自己PRや志望動機など、ある程度聞かれることは決まっているため、回答を用意し、本番と同じように話す練習をしておきます。その際は身近な人に見てもらう、鏡の前で行うなど、面接中の自分の姿を客観的にチェックできる環境を用意すると効果的です。

就活が不安なときは第三者の力を借りよう

一人で就活していると、不安に思うことや悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?そのようなときは自分だけで抱え込まず、就活に詳しい第三者を頼りましょう。
「就活が行き詰まっている…」と感じたときの相談先は、下記の機関がおすすめです。

キャリアセンター(就職課)

所属している大学にキャリアセンターがあるなら、大いに活用しましょう。
キャリアセンターは大学に届いた求人情報が公開されており、中には所属大学限定の求人がある場合も。就職ガイダンスや学内合同説明会を主催してくれることもあるため、小まめに情報をチェックして参加しましょう。
また、大学によっては卒業生の就活記録を公開していたり、専門の資格を持った職員を配置していたりと、学生へのフォローが充実しています。

就活エージェント

就活エージェントは、手厚い就活サポートを無料で受けられる民間サービスです。
自己分析や書類作成、カウンセリングなど、プロのアドバイザーがマンツーマンで対応してくれるので、就活関連の悩みを気軽に相談できます。
さらに面接対策セミナーや社会人との座談会、選考直結型のイベントなどを開催している場合も。
「何から始めたらいいのか分からない」「就活で悩んでいるが周囲には相談しにくい」という方は、利用を検討してみましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!