就活生が内定獲得のために2月中にやるべき10のこと!賢い過ごし方も解説

このページのまとめ

  • 一般的な就活の流れは大学3年の3月に情報が解禁されるため、2月までの準備が重要
  • 2月までに自己分析や企業・業界研究を済ませ、エントリー先を選んでおくのがおすすめ
  • アルバイト先のシフト調整や就活に向けた身だしなみを整えることも大切

就活生が内定獲得のために2月中にやるべき10のこと!賢い過ごし方も解説のイメージ

就活の本格スタートは大学3年の3月以降ですが、2月の過ごし方が内定獲得に大きく左右します。2月のうちに準備を進めておけば、安心して就活に臨めるだけでなく、ほかの就活生と差をつけられる可能性もあるでしょう。

この記事では、2月までにやるべきことや就活スケジュールをまとめています。2月の賢い過ごし方や大学4年の2月からできることも解説しているので、効率的に内定獲得を目指したい人はぜひ参考にしてください。

就活の全体像やスケジュールについて知りたい方は「就活はいつから始めるべき?内定までにやるべきことがわかる!」も参考にしてください。

2月からの就活について相談したい

   
目 次

就活生にとって大学3年生の2月が重要な理由

就職活動は大学3年生の3月から採用情報が解禁されるため、この時期を境に就活が一気に本格化します。就活が本格スタートすると、面接やWeb試験などの各種選考と就活対策を同時並行で進める必要があるため、直前の2月のうちにできる準備を済ませておくことが大切です。

実態として、3月よりも前倒しで採用活動をスタートさせている企業もあります。志望する企業が前倒しで採用活動をしている場合、うっかりしているとエントリー期間が終了してしまう可能性もあるでしょう。

スタートダッシュが遅くなってしまうのを避けるためにも、2月の過ごし方が内定獲得を左右するといっても過言ではないのです。

就活の全体像を確認したい学生は「就活は何から始める?全体像と内定獲得のためにやるべきことを時期別に解説」をご覧ください。

2月からの就活について相談したい

   

2024・2025年卒の一般的な就活スケジュール

就職活動のスケジュールは国が主導となって方針を定めており、経団連に加盟している大企業を中心に、方針に沿った採用活動を進めています。

2024・2025年3月に卒業する学生の一般的な就活スケジュールは以下のとおりです。

・大学3年3月:企業の広報活動解禁
・大学3年3~大学4年5月:エントリー、説明会への参加、ESの提出
・大学4年6月:面接など選考活動の開始
・大学4年10月:内定式

就職活動が本格スタートするのは大学3年生の3月からですが、前倒しで取り組んでいる学生がほとんど。大学2年生のうちにOB・OGを訪問したり、インターンシップに参加したりする人も少なくありません。

また、時間のあるうちに手間のかかる自己分析や業界研究を終えている就活生も多いでしょう。就活の本格スタートは大学3年生の3月からですが、情報収集や企業の絞り込みなどは事前に行えるため、意識して進めておくと就活シーズンを有効に過ごせます。

実際の選考スケジュールは企業によって異なる

国が主導となって定めたスケジュールはあくまで一例で、方針に沿わない形で採用活動を進める企業もあります。

・外資系企業
・ITやWeb系を中心としたベンチャー企業
・テレビ局やマスコミ関係
・経団連に加盟していない企業

上記を中心とした企業は、大学3年生の3月よりも前倒しで採用活動を進める傾向があるため注意が必要です。企業によっては大学3年生の年内に内々定を出す場合もあり、「動き出したときには志望企業の選考が終了していた」という事態に陥る可能性もあるでしょう。

実際の選考スケジュールは企業によって異なるため、興味のある企業は過去の選考時期をチェックしておくのがおすすめです。

就活スケジュールの詳細は「大学生の就活スケジュールを徹底解説!24・25・26年卒の動向もご紹介」をご覧ください。

大学3年生の2月時点における内々定の獲得率

内閣府がまとめた「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(66p)」によると、大学3年生の2月時点で内々定を獲得している就活生の割合は7.6%でした。

大学3年生の2月時点における内々定の獲得率のグラフのイメージ

引用元:内閣府「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(66p)

2月までに内々定を獲得している就活生の累計割合は21.8%で、回答者の5人に1人が就活の本格スタートを前に内々定をもらっていることがわかります。

内々定を獲得するピークは大学4年生の4月で21.2%、選考活動の開始時期とされる6月時点では、累計して92.4%の学生が内々定を獲得している状況です。この結果から、就職活動は総じて前倒しの傾向があることがわかります。

参照元
内閣府
学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査

大学3年生の2月から就活を始めるのは遅れ気味

業界や企業に関する分析を始めた時期に関して、内閣府がまとめた「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(48p)」によると、大学3年生の9月以前と回答した割合が53.1%と最も高い結果でした。

和4年度学生の就職・採用活動開始時期のグラフのイメージ

引用元:内閣府「令和4年度学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果 報告書(48p)

企業説明会やセミナーなどに初めて参加した時期も同様の結果で、大学3年生の2月時点で就活の準備が何もできていない場合は、ほかの就活生と比べて遅れ気味であるといえます。

内々定を獲得する学生も2割近くいるため、大学年の2月時点でまだ何も行動できていない人は、次の章で解説する対策を取り、効率よく準備を進めましょう。

参照元
内閣府
学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査

2月からの就活について相談したい

   

就活生が2月までにやっておくべき対策10選

3月からエントリーを開始する場合に備えて、就活生が大学3年生の2月までにやるべき対策10選をまとめました。現在の状況に合わせて、できることから取り組んでみてください。

1.自己分析

就活に備えてまず済ませておきたいのが、自己分析です。

・自分がやりがいを感じること
・将来なりたい自分像
・好きなことや苦手なこと
・どのようなキャリアを築いていきたいか

今までの自分について見つめ直し、大切にしたい価値観や自身の強みといった情報を整理しましょう。就活では、「就活の軸=仕事探しの基準」を定めることが重要です。就活の軸がないと自分に合った企業を選べず、不採用が続く恐れがあります。

企業を選ぶ基準には仕事内容や社風、給与などさまざまな要素が絡みますが、「自分にとって何が大切か」を優先するのがポイントです。

自己分析でまとめられた情報は、応募書類や面接で自分を魅力的に伝える際の材料になります。自分の強みや人柄について、過去の経験をもとに回答できるようにしましょう。

2.業界研究・企業研究

自己分析で自分の情報を整理しつつ、業界研究や企業研究を進めて志望先の選定や絞り込みを進めることも重要です。業界研究や企業研究のポイントをまとめました。

・最初から「△△業界がよい」「△△業界は興味がない」などと決めつけない
・リサーチする項目を決めて、業界や企業間の比較をしやすくする
・面接の直前に見直せることを意識してノートにまとめておく

業界研究をする際は、視野を広く持って調べましょう。業界地図などを使って各業界を満遍なくリサーチして、興味のある業界を絞るのがおすすめです。

気になる業界を決めたら、関連企業を調べます。

・業務内容
・社風
・業界内での立ち位置
・同業他社との違い など

説得力のある志望動機を書く際に見返したり、面接時に持ち運んだりできるよう、ノートに企業情報や特徴をまとめるとよいでしょう。業界研究の方法は「業界研究、おすすめの方法は?これから就活を始める人へ」を参考にしてみてください。

志望企業の選考時期も確認しよう

企業研究をする際は、選考のスケジュールもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。3月から就活が本格化するものの、実際は前倒しで選考を進めている場合もあるため、早めにチェックしておきましょう。

志望企業が全体的に早めのスケジュール感であれば、準備も前倒しする必要があります。内定獲得までの日程を逆算して、「いつまでに何をしておくべきか」という情報は事前に明らかにしておきましょう。

3.エントリーしたい企業の選定

企業研究を進めながら、実際にエントリーしたい企業も絞り込んでおくと、スムーズに就活を進められます。

エントリーしたい企業をピックアップする際は、熱量がそれほど高くない場合でも候補として残しておくのがおすすめ。なぜなら、エントリーの受付は3月がピークで、以降は募集が縮小する傾向にあるからです。

エントリー先を絞り過ぎると不採用が続いたときに、選考に進められる企業がなくなる可能性もあります。2月のうちに気になる企業を多めにピックアップして、エントリー開始と同時に申し込めるようにするのが理想です。

4.インターンシップへの参加

可能であれば、就活が本格化する前にインターンシップにも参加しましょう。インターンシップとは、就業体験を通じて、仕事や企業、業界、社会への理解を深められる制度のことです。

実感を伴った仕事研究や企業研究、業界研究ができるため、就活の選考前に経験しておくと、より納得のいく企業選びが期待できます。

また、インターンシップへの参加を通じて、早期選考の声がかかる場合もあるようです。インターンシップに参加すると、企業の社員に自分の性格やこれまでの経験が社風と合うかどうかを直接アピールできるため、就活を有利に進められるでしょう。

5.OB・OG訪問の実施

インターンシップだけでなく、OB・OG訪問も済ませておけると企業理解が深まります。実際に会社で働く社員への質問を通じて、入社後をイメージできるのはもちろん、就活の進め方などに関するアドバイスももらえるでしょう。

企業のホームページには掲載されていないリアルな情報を手に入れて、志望企業のさらなる理解に努めることも重要です。逆に、「思っていたイメージとは違った」などのギャップがあれば、志望先の候補として外せるため効率よく就活を進められるでしょう。

6.筆記試験対策

エントリーして最初に立ちはだかるのが、Web試験や筆記試験です。SPI、CAB、GABといった適性検査は、過去問を繰り返し解いて問題に慣れておきましょう。就活が本格的に始まると筆記試験対策は後回しになりがちなので、2月までに終わらせることをおすすめします。

適性検査に関する市販の問題集が出ているので、解説が分かりやすいものを購入して、繰り返し解いて感覚を掴みましょう。適性検査は短い時間でたくさんの問題をこなすため、制限時間を設けて、いかに効率よく問題を解くかが重要です。

Webテスト対策に関しては「就活のWebテスト対策はどうする?主な種類や勉強法を知っておこう!」をご覧ください。

7.面接練習

面接に向けた練習・対策も早めに済ませておきましょう。企業の採用担当者や役員などから質問されると、最初は誰もが緊張して思うように話せません。

・実際に言葉にして自己PRやガクチカを話してみる
・話している様子を録画する
・友人と模擬面接を実施する
・面接対策セミナーなどに参加する

面接の練習は一人でもできるため、必ず対策をしておきましょう。面接に対して漠然とした不安を感じる就活生も多いですが、対策をすればある程度の不安は解消できます。

面接をクリアしなければ内定は獲得できないため、入念な対策が欠かせません。

8.自己PRやガクチカなどのひな型を作成

自己分析が済み、志望企業の候補がある程度固まってきたら、自己PRやガクチカ、志望動機などのひな型を作成しておくのもおすすめです。

企業によって求める人物像が異なるため、全く同じ内容を使い回せるわけではありませんが、強みとエピソードの組み合わせを数パターン用意しておくと、ESや履歴書をスムーズに作成できます。志望動機や自己PRは面接においても必ず質問される項目なので、ひな型を用意しておくと、就活のさまざまなフェーズで役立つでしょう。

9.外資系・ベンチャー企業の選考を受けてみる

面接対策や就活慣れをしておく意味も含めて、外資系やベンチャー企業の選考を受けてみるのもおすすめです。

就活を本格スタートした最初の面接が本命企業になると、慣れない環境で自分の実力を発揮できずに終わってしまう可能性もあります。面接で自分の思いや志望する熱意を伝えるには、ある程度の場慣れが欠かせません。

・面接はどのような雰囲気で行われるのか
・面接において自分に足りないものは何か
・どのように話すと魅力的に映るのか

面接を通じて得られる経験を次に活かせば、就活の成功率は自ずと高まります。内々定を獲得できると心の余裕も生まれるため、本命企業の選考を受ける際には落ち着いて対応できるでしょう。

10.就活エージェントや逆求人サイトに登録する

就活を効率よく進める観点では、就活サイトだけでなく、就活エージェントや逆求人サイトの登録・利用もおすすめです。

就活エージェントは就活生からヒアリングした内容をもとに、専門のキャリアアドバイザーが就活に関するさまざまなアドバイスや求人情報の紹介をしてくれるサービス。逆求人サイトは、プロフィールを登録すると、興味のある企業からスカウトがかかり、効率よく就活を進められます。

就職先に関する情報収集の手段は、一般的な就活サイトだけではありません。就活の準備を問題なく進められているか不安な就活生や、客観的な立場からアドバイスを受けたい就活生は、これらのサービスも活用してみてください。

2月からの就活について相談したい

   

就活を成功させるための2月の賢い過ごし方

就活を成功させるためにも、過ごし方を意識することが大切です。3月から幸先のよいスタートを切るためにも、就活に向けた細かな準備を2月中にしておきましょう。

アルバイト先のシフトを調整する

就活が本格化する3月以降もアルバイトを続けたい場合は、「就活に専念するのでシフトを減らしたい」などとアルバイト先に伝えておきましょう。事情を話して理解してもらえれば、シフトの条件を変えてくれる可能性があります。

アルバイトを続けるのが難しければ、退職を視野に入れた相談を早めにしてください。退職意思を伝えるのは法的には2週間前ですが、アルバイト先に迷惑をかけないためにも、1ヶ月前には伝えておきたいところです。

就活しながらアルバイトを続ける方法は「就活とバイトは両立できる!やめずに就職を成功させるための注意点を解説」をご覧ください。

就活アイテムを揃える

就職活動に必要なアイテムが揃っていない場合は、2月のうちに準備しておきましょう。

・リクルートスーツ一式
・腕時計やベルトなどの小物
・就活用の手帳
・証明写真
・履歴書の書式 など

インターンシップなどに参加している就活生の場合は用意できているはずですが、これから就活の準備を進めるのであれば、早めに揃えておいてください。

腕時計や手帳などは普段使用しているものでも構いませんが、ビジネスシーンにマッチしない派手なデザインの場合は、就活用に準備したほうがよいでしょう。
また、証明写真をスタジオで撮影する場合は、余裕がある2月のうちに撮影を済ませておくのがおすすめです。

時事ネタやニュースを見る習慣をつける

就活が本格化する前に、時事ネタやニュースを見る習慣をつけておけるとよいでしょう。「最近気になるニュースはなんですか?」という質問は面接で聞かれるため、企業に合わせた関連性のある回答ができるように情報収集しておくことをおすすめします。

・普段から気になる業界のニュース
・社会全体の内容として押さえておきたいトピック
・ニュースに対する自分なりの考え

情報を集めるだけでなく、そのニュースに対する感想や自分なりの意見・考えを持つようにしましょう。考える癖をつけると面接で自信を持って回答できるだけでなく、就職後の仕事にも活かせるのでおすすめです。

体調管理をしっかりする

就活が本格化すると一気に忙しくなるため、休めるときはしっかり休むなどして、体調管理を普段以上に心がけましょう。

2月は本格的な就活開始を前に、緊張する就活生が多いようです。会社説明会や面接のイメージがつかず、選考が開始してからよりも、かえって不安を感じる場合もあります。

就活中は1日に何件も説明会に参加したり、連日面接を受けたりする可能性があり、スケジュールによっては体力勝負です。途中で息切れしないためにも、休める時はしっかり休み、リラックスする方法を身につけておきましょう。

2月の時点で「やることがたくさんある!」と意気込む就活生は多いですが、まずは体調管理を優先して、無理せず着実に就活準備を行ってください。

身だしなみを整える

就職活動においては見た目の清潔感が特に重視されるため、本格化する直前の2月のうちに身だしなみを整えておきましょう。

男女問わず派手な髪色や奇抜な髪型ではなく、採用担当者の目線で、その場にふさわしい髪型になっているか確認してみてください。

・スーツに汚れがついていないか
・革靴の底がすり減っていないか
・カバンがへたっていないか
・爪が伸びっぱなしになっていないか など

少しの心がけ次第で第一印象をよくできるため、就活が本格的に始まる前に身だしなみも整えておきましょう。

2月からの就活について相談したい

   

大学4年生の2月から内定獲得のためにできること

ここまで解説してきたのは「大学3年生の2月」という時期ですが、場合によっては大学4年生の2月で、卒業を直前に控えている就活生もいるかもしれません。大学4年生の2月から内定獲得のためにできることをまとめました。

・就活の軸を見直してエントリーできる企業を探す
・今までの就活を振り返って改善点をすべて洗い出す
・改善点を踏まえて選考に本気で挑む
・就活エージェントや逆求人サイトをフル活用する
・最後まで諦めない

就活でうまくいかないのは、必ず原因があります。原因を見つめて仮説検証を繰り返せば、必ず内定に近づけるでしょう。

企業側としても新年度を迎えるまでに採用者を確保したいと考えており、通年採用をしている企業や、内定辞退で欠員が生じている場合もあります。最後まで諦めず、視野を広げて情報収集を続ければ、マッチする企業と出会えるでしょう。

内定に近づくコツは「就活で内定が決まらない理由12選!就活を成功に導く8つの対処法も解説」でも詳しく解説しています。

2月からの就活について相談したい

   

納得のいく内定で就活を終えたいあなたへ

2月から就活を始める学生の場合、不安だらけで何から始めればよいか悩んでしまうこともあるでしょう。就活は誰もが未経験のため、やったことがないものを1人で調べながら進めるのに不安はつきものです。

1人で就活を進めるのが不安な人は、就活エージェントを利用しましょう。

就活エージェントのキャリアチケットは、あなたの大切にしたい価値観をキャリアアドバイザーとの面談を通じて明らかにし、価値観に合った企業を厳選して紹介しています。

もちろん、エントリーシートや履歴書の添削、面接対策、就活に関する耳より情報の提供など、内定獲得までをトータルサポートしているので、就職活動でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

2月からの就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。