就活とアルバイトは両立できる?成功させるためのヒントを紹介

このページのまとめ

  • アルバイトは就活のアピール材料や息抜きになることもある
  • 就活とアルバイトを両立するには、スケジュール管理や体調管理が大事
  • 就活の日とアルバイトの日を分けるとトラブルを回避しやすい
  • 土日や夜間にアルバイトのシフトを入れると就活の予定と被りにくい
  • 就活中におすすめのアルバイトは単発の仕事やシフトの融通が利く仕事

就活とアルバイトは両立できる?成功させるためのヒントを紹介のイメージ

これから就活を始める人の中には、「就活中もアルバイトをしたいけれど、両立できるか心配…」と思う人もいるでしょう。
このコラムでは、就活にかかる費用の目安や、就活とアルバイトを両立するメリット・デメリット、両立を成功させるためのヒントなどを紹介しています。就活中におすすめのアルバイト先についても取り上げているので、新たにアルバイトを始めたい人も参考にしてみてください。



 

就活中はアルバイトをやめるべき?

就活中もアルバイトをするかどうかは人によって異なり、就活の開始に伴ってアルバイトを辞める人もいれば、新たに始める人もいます。就活中一切アルバイトをしない人よりも、就活とアルバイトの両立を図る人の方が多数派といえるでしょう。
就活前にアルバイトを辞める理由として挙げられるのが、「就活に集中したいから」「シフトを減らしての勤務が難しかったから」などです。一方で、就活が始まってからも続ける理由には、「就活資金を確保したいから」「就活と両立できるようシフトを配慮してもらえたから」などがあります。
就活中もアルバイトをする学生の場合、就活前と同じ職場で働く人が多いようです。同じ職場でアルバイトをする理由として、「すでに信頼関係を築けているので、就活との両立を応援してもらえるから」「新しいアルバイトで一から仕事を覚えるのは大変だから」などが挙げられます。

アルバイトが就活で有利になることってある?

新卒採用では基本的に未経験が前提となっており、アルバイト経験の有無が選考に大きな影響を与えるとはいえないでしょう。ただし、アルバイトを通じて学んだことが選考で評価され、有利になるケースもあります。特にビジネスマナーが身につくアルバイトや接客経験が積めるアルバイト、創意工夫が求められるアルバイトなどは就活でアピール材料になるでしょう。
アルバイトは就活にプラスになる可能性がある反面、工夫して両立しないと就活の妨げになることもあります。就活時期に自分が使える時間や体力、経済状態などをよく考えて判断しましょう。

▼関連記事
就活で有利なアルバイトとは?効果的なアピール方法や自己PRの例文も!



 

就活にかかるお金はどのくらい?

「就活時はお金がかかると聞いたけれど、実際にどれくらいの資金が必要なんだろう」と疑問に思う人もいるでしょう。就活には、少なくとも約10万円の資金が必要といわれています。
就活にかかる主な費用としては、下記のようなものが挙げられるでしょう。

・スーツ、靴、カバンなどの購入費
・交通費
・移動中の食費
・証明写真代
・書籍や文具などの購入費

就活の際は、身だしなみを整えるのにお金がかかります。シャツやインナーは複数用意する必要があるでしょう。汗対策のグッズやメイク道具などを購入することもあります。定期的にヘアカットに行くための費用も見込んでおきましょう。
また、遠方で就活する場合は交通費が高くなり、宿泊代もかかります。
就活が長引くと、予想以上に多くの費用が発生することもあるでしょう。

▼関連記事
就活中にお金はどのくらいかかる?内訳や出費をおさえる節約方法も紹介



 

就活中にアルバイトするメリット

就活中にアルバイトをすると、就活資金が得られる以外にもメリットがあります。以下で確認していきましょう。

経済的な不安が減る

アルバイトをすることによりお金の面での不安が減り、就活に前向きになれることがあります。就活資金が少なくなると「交通費がかかるし、遠方の企業はやめておこうかな…」などと考えてしまうこともあるでしょう。アルバイトで経済的に安定すると、お金のために応募を諦めることも少なくなり、より多くのチャンスに挑める可能性があります。

就活の息抜きになる

就活ではストレスを感じる場面も多いので、アルバイトを楽しめる人は息抜きになるでしょう。職場のスタッフと話すと気分転換になることもあります。就活で落ち込んだときも、アルバイトでリフレッシュできればモチベーションを保てるでしょう。選考の結果を待つ間は落ち着かないものですが、アルバイト中は忘れられることもあります。

アルバイト経験が就活に役立つ

アルバイトで挨拶や敬語が身についていれば、緊張しているときでも言葉遣いで失敗することは少ないと予想されます。また、アルバイト先では、先輩や同僚と協力して作業を進めたり、情報共有したりする機会があるでしょう。相手の話をしっかり聞く、誠実な態度で接する、といったことが習慣になっていれば、面接やグループワークでも適切な振る舞いが自然にできると考えられます。



 

就活中にアルバイトをするデメリット

就活中にアルバイトをする場合、下記のようなデメリットもあります。両立を検討する場合は、デメリットも理解した上で対策を考えておきましょう。

スケジュール管理が大変になる

就活の日程を踏まえてアルバイトのシフトを調整することになるので、スケジュール管理が大変になるでしょう。就活中はエントリーの締切や会社説明会の開催日時などを企業ごとに把握し、面接の予定なども随時入れる必要があります。アルバイトのシフトを入れる場合は綿密な計画が不可欠でしょう。

就活に使える時間が減る

アルバイトに時間を取られることにより、選考の準備が十分にできなくなる可能性もあるでしょう。就活時期は、企業を訪問しない日も応募書類の作成や面接練習などに追われ、時間が惜しくなることもあります。アルバイトをすることで資金は確保できても、就活にかけられる時間は減るということを念頭に置いておきましょう。

体力を消耗する

忙しい就活に並行してアルバイトをすると、短期間に多くの体力を消耗し、疲れが溜まってしまうことも考えられます。疲れによって体調を崩すと、就活にもアルバイトにも支障が出てしまうでしょう。就活とアルバイトを両立するには、休養の時間を意識的に設けることが大切です。

アルバイトの仕事に集中できないことがある

就活の疲れや不安から、アルバイトの仕事に集中できなくなることもあるでしょう。「就活が上手くいかないのにアルバイトをしていて良いのか…」と焦ってしまう可能性もあります。アルバイト先で作業に集中できず、先輩から注意されてしまったというケースもあるようです。

▼関連記事
就職活動はいつから始める?具体的な流れやスムーズに進めるコツを解説!



 

就活とアルバイトを両立した際の失敗談

実際に就活とアルバイトを両立した人はどんなことに困っていたのでしょうか。両立する際の心構えのために、先輩の失敗談を見てみましょう。

・企業から電話があったが、アルバイト中で気付かなかった
・面接日と勤務日が重なってしまい、アルバイト先に迷惑をかけた
・面接が長引き、アルバイトに遅刻してしまった
・深夜にアルバイトをしたことにより、翌日の面接で実力を発揮できなかった

上記の失敗例を見ると、トラブルが起きやすくなるのはスケジュール管理が上手くできていないときだと考えられます。
応募先企業からの電話にすぐ出られない場合、企業の担当者に何度も電話をする手間を掛けさせてしまうこともあります。日程調整の電話では、先に電話がつながった就活生が優先されるケースもあるでしょう。
面接の時間と勤務時間が重なると、シフト変更でほかのスタッフに負担をかけてしまいます。急なシフト変更や遅刻を繰り返した場合、信頼を失ってしまう可能性もあるでしょう。
また、深夜のアルバイトにより、睡眠不足で就活に集中できなかったり、体調が悪くなったりする恐れもあります。体調管理にも気を配りながらスケジュールを組むことが必要でしょう。



 

就活とアルバイトを上手く両立する3つのヒント

「就活とアルバイトを両立するのは難しそうだけど、資金確保のために何とか成功させたい…」という方に向けて、両立のためのヒントを3つ紹介します。以下で紹介しているのはあくまで一例と捉え、自身の状況に合わせて実践してください。

1.アルバイトの頻度を週2日程度に抑える

就活期間中は就活を第一に考え、アルバイトで無理をしないことがポイントです。アルバイトの頻度は、週2~3回以内に留めておくのが理想でしょう。働く時間も、食事や睡眠の時間を確保できるように調整することが大切です。
現在アルバイトをしている人は、まず職場に相談してみることをおすすめします。「就活準備のためにシフトを週2回にしたい」など事情を話した上で希望を述べれば、理解を得やすくなるでしょう。
応募書類の提出が重なる時期はシフトを少なめにするなど、時期によって働き方を変える方法もあります。

2.就活の日とアルバイトの日を分ける

就活で企業を訪問する日はアルバイトのシフトを入れないようにすると、遅刻などのトラブルが起こりにくくなるでしょう。また、気持ちの切り替えもしやすくなるので、就活にもアルバイトにも集中できると考えられます。

3.土日や夜間にアルバイトのシフトを入れる

基本的に土日や夜間は企業を訪問する予定が入りにくく、アルバイトのシフトを入れるのに適しているといえます。また、土日や夜間は企業から電話が来ることも少ないため、電話に出られなくて企業に迷惑を掛ける可能性は低いでしょう。ただし、睡眠リズムが乱れる夜間の長時間シフトなどは避け、体に負担を掛け過ぎないことが大事です。



 

就活中におすすめのアルバイト先

「就活とアルバイトを両立したいが、今のアルバイト先でシフトを調節することは難しい」という人や、「就活に向けて新たにアルバイトを探したい」という人もいるでしょう。以下では、就活中におすすめのアルバイト先を紹介します。

1.短期間や単発のアルバイト

短期間に集中して稼げるアルバイトは、就活の日とアルバイトの日をしっかり分けたい人におすすめです。前日に申し込み可能な単発のアルバイトなら、急に就活の予定が入る時期も気兼ねなく働けるでしょう。たとえば、イベントの準備・案内、倉庫内での軽作業などの仕事があります。

2.シフトの融通が利くアルバイト

就活時期には、自分の好きな時間や曜日にシフトを入れられるアルバイトを選ぶと安心でしょう。特に、シフトの提出頻度が多いアルバイトはスケジュール調整がしやすいのでおすすめです。
土日や夜間だけのシフトを選べるアルバイトも、就活の予定と被りにくいので働きやすいでしょう。

3.アルバイトスタッフが多い職場

アルバイトスタッフが多い職場は、急なシフト変更があってもフォローしてもらえる可能性が高いので心強いでしょう。普段からほかのスタッフと協力することを心掛け、良好な関係を保っておくことがポイントです。

4.志望する仕事と関連するアルバイト

志望する業界でのアルバイトや、志望職種の仕事に近いアルバイトは就活に好影響を与えると考えられます。アルバイトを続ける中で希望する仕事に関する理解が深まったり、目標が見つかったりすることもあるでしょう。アルバイトを通じて気付いたことを自己PRや志望動機に盛り込むことも可能です。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。