就活を乗り切る!自己分析と自分史の作り方

このページのまとめ

  • 自分史とは自分の過去の出来事を表す年表のようなもの
  • 自己分析の内容を深めるために自分史を作成する
  • 自己分析は企業選びや実際の選考でも重要なポイントとなる
  • 自分史用のノートを用意し年齢や時代ごとに起きた出来事を記入する
  • その出来事に感じたことやなぜそう思ったかを書き込んでいく

就活をする上で避けて通れない自己分析に悩んでいる就活生は多いでしょう。
自己分析をするためには、まず自分史を作ることが重要と言われています。

こちらのコラムではそんな「自分史」についてまとめてみました。
自己分析や自分史につまずいている就活生は、ぜひ参考にしてください。



 

自分史ってなに?

自分史の作成に悩んでいる人の中には、そもそも自分史が何なのかわからない人がいるかもしれません。
自分史とは文字通り、今まで生きてきた自分の歴史のこと。
過去から現在に至るまで、自分の人生の中で起きた出来事を表した一覧です。
では、なぜ自分史は就活において必要とされるのでしょうか。

結論から言うと、自分史は自己分析に役立てるために作成します。
自己分析とは、自分の性格や特徴、価値観などから自分の強みを探ること。
自分が企業や仕事に求める条件を知るためにも、自己分析が重要です。
企業選びの時は、自己分析と業界・企業研究の結果を照らし合わせ、自分と企業のマッチング度を測ります。
そのため、入社後のミスマッチを防ぐためにも、自己分析は重要なポイントと言えるでしょう。
就活生と自社がどれだけマッチングしているかは、採用担当者がもっとも知りたい情報とも言えます。
実際の選考で効果的なアピールをするためにも、自己分析は入念に行いましょう。

自己分析を行う時には、まずはじめに過去の出来事を洗い出すという話を聞いたことがあるでしょう。
自分史は、この「過去を洗い出す」作業に当てはまります。
自己分析の内容を深めるためには、まず自分史の作成からはじめましょう。
自分史には、人生を変えたきっかけや出来事など、自分を作り上げたとも言える経験がまとめられています。
中には成功談や失敗談などのエピソードも多く含まれ、その経験から自分が何を得たかを考えるきっかけに。
自分の性格や価値観だけでなく、成功するために何をしたか、失敗した時にはどう乗り越えたかなどを振り返ることができるでしょう。

成功談や失敗談は、面接やエントリーシートでもよく聞かれる質問でもあります。
また企業によってはエントリーシートで、自分史についての答えを求められる場合があるようです。
志望動機や自己PRなど、面接やエントリーシートでの質問には具体的なエピソードがより効果的なアピールに繋がります。
説得力があるエピソードを探すためにも、自分史の作成が役立つでしょう。

▼関連記事
自己分析ノートで選考を有利に進める!自分史の作成方法
 



 

自分史の作り方

先にもお伝えした通り、自分史とは自分の歴史を表す一覧のこと。
日本史や世界史などで歴史を表す際に使う、年表のようなものをイメージするとわかりやすいでしょう。
自分史や自己分析を作るためには、まず1冊の自己分析専用のノートを用意します。
年ごとに細かく分け、さらに小学生、中学生、高校、大学時代と4つほどにまとめてみましょう。
それぞれの時代で、起きた出来事や感じたことについて書き出していきます。

以下に、自分史で挙げる項目の例をいくつかまとめてみました。

・頑張ったこと
・趣味
・部活や習い事、アルバイト
・良かった出来事
・嫌な出来事
・心に残った特別な経験
・人間関係や人のためにしたこと
・勉強への取り組み

まずは、どんな小さな出来事にも細かく書き込んでいくところからはじめます。
書き出した出来事一つ一つに対し、どんなことを感じたのか、なぜそう思ったかを書き出していきましょう。

▼関連記事
自己分析とは何のためにする?やり方や準備するもの
 



 

自分史作成時の注意点

自分史を作る時には、自己分析という目的を持って作成していることを意識しましょう。
最初の段階では、思いついたことを淡々と並べるだけでも構いません。
思いついたことから、自分がどんな人間であるか知れるポイントを厳選していきましょう。

自分史を作っているからと言って、正確な年月にこだわる必要はありません。
細かい年月がわからなくとも、自分に大きく影響した出来事があった場合は、メモに残しておきましょう。

自分史に書く内容やエピソードがないと悩んでいる人がいるかもしれません。
しかし、いくら思いつかないからと言っても嘘のエピソードを書くのは避けてください。
自己分析から企業選び、実際の選考へ進む上で、矛盾が生まれてしまいます。
面接やエントリーシートで答えた内容に矛盾が生じると、採用担当者に嘘を見抜かれ選考に不利になる可能性も。
嘘から自己分析をしても何も生まれないため、自分史には事実だけを記入しましょう。

うまく行っている就活生がそばにいると、焦ってしまうというのも就活生にはよくあること。
周りのことは気にせず、自分のペースでコツコツと進めていきましょう。

▼関連記事
就活に役立つ自分史とは?書き方や活用方法について解説
 



 

自分史の役立て方

何度もお伝えするように、自分史は自己分析に役立てるために作成します。
自分史を作ったことで、満足してしまわないよう注意しましょう。

自分史が完成したら、それを元に自己分析を進めていきます。
自己分析とは過去の出来事から自分自身を知り、客観的に自分の強みを探ること。
一つ一つの出来事に着目し、アピールできるポイントがないか探っていきましょう。

大きなエピソードが思いつかないからと言って、焦らなくても大丈夫です。
まずは、どんな小さな出来事であっても、思いつく限り自分史を埋めてみるところからはじめましょう。
思いがけないエピソードが強みに繋がることもあります。

アピールできるポイントは、成功談だけとは限りません。
実際に就職をして仕事を続けていくと、失敗をしたり困難に直面したりすることも。
そんな困難にどのように対処し、失敗をどのように活かしていくかも、採用担当者が知りたいポイントの一つです。
また、失敗談やイヤだと感じた出来事からこそ知れる自分の性格や価値観もあります。
自分史には悪い出来事や失敗談も積極的に書き込んでいくと良いでしょう。

あまり昔のことを覚えてなかったり、思い出せなかったりして、自分史の作成が進まないことがあるでしょう。
そんな時は自分の親や兄弟姉妹、幼い頃からの友人などに思い出話を聞いてみるのも一つの手段。
自分では覚えていなくとも、家族の印象に残った出来事やその時に感じた印象を聞き出すことができるかもしれません。

どんなに小さな経験も失敗した経験も、あなた自身を作り上げている歴史の一つ。
自分自身と向き合いながら今までの人生を振り返り、あなただけの自分史を作り上げましょう。

▼関連記事
今すぐ実行できる!自分を深く知るための自己分析法

自分史作りに悩んでいる、自己分析がうまくいかないとお悩みの人がいるかもしれません。
就活に関する悩みを抱える就活生はぜひ一度、キャリアチケットにご相談ください。

キャリアチケットでは、新卒向けの就活サポートを実施。
就活のプロであるアドバイザーが、あなたのお悩みを解決に導きます。
1対1の就活カウンセリングでお聞きした相談や質問の内容から自己分析を作成。
自己分析の結果とキャリアチケットが持つ求人情報を照らし合わせ、あなたに最適なお仕事をご紹介します。
キャリアチケットの利用に料金は発生いたしません。
サービスの内容を詳しく知りたい、という場合でも、まずはお気軽にご連絡ください!



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。