就活で必ず必要になる自己PRネタの見つけ方と書き方

このページのまとめ

  • 特別な経験がない人でも自己PRのネタはある
  • 自己PRのネタを見つけるには経験を掘り下げ自己分析することが大切
  • 重要なのはまず結論を述べて企業が求める人物像に沿ったPRをすること

多くの就活生が、自分には特別な経験がないからアピールポイントがないと感じていますが、それは思い込みです。特別な経験がなくても、今まで経験してきたアルバイトや趣味、勉強を掘り下げれば自己PRのネタになります。企業が求める人物像を意識して、企業に「自分のPRポイントを入社後にどう活かせるか」を伝えましょう。



 

「自己PRのネタがない」は思い込み?

「自己PRのネタがない」というのは思い込みです。自分の中で自己PRのハードルを必要以上に上げてしまっていませんか?今までの経験を掘り下げて、自己PRポイントを引き出しましょう。

特別な経験でなくていい

大事なのはネタの特別さではなく「どのようなことを経験して、そこから何を得たか」というプロセスと結果です。自己PRと言うと「留学をした」「部活動で部長になって全国大会に出場した」「生徒会長をしていた」など特別な経験を語らなくてはいけないと思い込んでしまいがちですが、今まで力を入れてきたことを等身大のままネタにしましょう。

企業が自己PRに何を求めているか考える

企業は自己PRを通して就活生の「この就活生がどんな人柄で、自己分析が出来ているのか」「今まで何に力を入れ、その成果や過程を入社後にどのように活かせるのか」という点から学生の人柄を見ています。これまでに力を入れてきたこと、自分を客観的に分析できているかを企業は知ろうとしています。今まで取り組んできたことの壮大さを見比べているわけではないので、安心して自分なりの自己PRを考えましょう。

自分なりに頑張ったこと、熱中したことがあればOK(趣味、アルバイト、勉強…)

アルバイトや大学で学んだこと、趣味なども自己PRのネタとして使うことができます。「どのように取り組み」「自分のPRポイントを活かして何ができたか」そして「それを入社後にどのように活かせるか」というポイントで語れるか考えてみましょう。

掘り下げればアピールになるポイントが見つかるはず

「部活動を続けたけれど、部長になった訳でもないのでエピソードとしては弱い」「続けていることと言えば、毎日日記をつけていることくらいで仕事に活かせることではない」と思う必要はありません。それらのエピソードも、掘り下げればアピールポイントへ繋がります。
たとえば、部長でなかったとしても「体力的に辛い部活だったが高校の3年間辞めずに続けた」というのは「辛くても頑張っていける粘り強さがある」と言えます。また、「毎日日記をつけている」というのも「こつこつと毎日続ける継続力がある」というアピールポイントになります。



 

自己PRのネタを見つける4つの方法

自己PRのネタを見つけるためには、改めて自分のことを見つめ直す必要があります。さらに、今までしてきたことを掘り下げていきましょう。

1.自己分析・他己分析

自己PRを作成するには、改めて自分のことを見つめ直す必要があります。そのために「自己分析・他己分析」をしましょう。「自己分析」ではまず今までの自分の過去を振り返り経験してきた出来事を書き出します。そこから自分の価値観を掘り下げていきましょう。また「他己分析」ではあなたの性格や長所・短所、印象などを周りの人に聞き取ります。他者に分析してもらうことで、自分では気づかなかったような特長が見つかるかもしれません。

2.趣味、特技を掘り下げる

サークルや部活、アルバイトをしていなくても、それだけ夢中になれる趣味があれば、PRに繋げられます。自分が好きで極めてきたものがあるということは「一つのことをやり通す継続力がある」とアピールできます。

3.大学での勉強を掘り下げる

大学で学んできたことも、立派な取り組みの一つです。特に卒論を書いていたり、これから書こうとしているのであればそのテーマについて語るのも良いでしょう。卒論のテーマ以外でもゼミで行っていた発表など、自分で調べて詳しいことについてをネタにするのもおすすめです。

4.アルバイト、インターンを始める

就活までに余裕があればアルバイトやインターンを始めてネタを作るのもおすすめです。実際に企業で就業をすることで他のインターンシップ生やアルバイターと比べて自分が「仕事において何を得意としているか」が見えてきます。自己PRに使えるネタはないか考えながら働くと、良いエピソードになる出来事が見つかるかもしれません。また、実体験を元にしてネタを作ることで、説得力の高い自己PRが出来るようになります。



 

効果的な自己PRのポイント

自己PRでは、企業が求める人物像を意識したネタを作ることが大切です。また、採用担当者にもわかりやすく効果的な伝え方を学びましょう。

企業が求める人物像を意識する

企業に「この就活生が入社したらこのように活躍してくれるだろう」と思い浮かべてもらえるような具体的な表現をするのが良いでしょう。そのため、企業に合わせて自己PRポイントを変えるのも効果的です。

自己PRで伝えた個性や能力が入社後どう活かせるか伝える

自己PRとなる能力が、入社後にどう活かせるのかを採用担当者に伝えましょう。このとき企業の理念や仕事内容に触れつつ述べることをおすすめします。「この能力を活かして頑張りたい」だけでは「具体的に業務でどう活かせるのか」が不明確です。たとえばPRポイントが「計画性がある」であれば「計画性を活かして毎月の締めに向けて、先を見据えたスケジューリングをすることで効率的に仕事に取り組みます」といったように、具体的に伝えましょう。

結論から述べる

まず始めに、結論から述べることが大切です。自己PRに限らず、志望動機やES、面接の質問における大原則になりますので覚えておきましょう。

結論→エピソード→入社後どう活かせるか、の順番で伝える

結論を述べた後に「その能力が発揮されたときのエピソード」を伝えましょう。最後に、アピールポイントを「入社後にどう活かせるか、どう活かしたいか」を述べます。具体的にどの業務でどう活用できるかを伝えると、企業研究をしているという評価に繋がることもあります。

エピソードは具体的に説明する

自己PRで用いたエピソードについても具体的に説明する必要があります。「どのような状況で」「何が起きて」「どのように長所を活かしたか」を意識し、その結果どうなったかをまとめましょう。

ESに書くときのコツ

ESに書くときは、あなたのことを何も知らない人が読んでもわかりやすく、読みやすい文章であるかを意識して書きましょう。

記入欄の8割を文字で埋める

あまり空白が多いと採用担当者は「書くことがないのでは?」「志望度が低いのでは?」と感じてしまうでしょう。そのため、記入欄の8割程度を文字で埋めるのが好ましいでしょう。ただ、びっしり書き込み過ぎても読みにくくなってしまいますので、簡潔で、わかりやすい文章を心がけましょう。

一文は長すぎず分かりやすく

一文が長くなると文字の始まりと終わりが結びつかず、意図がわかりにくい文章になってしまいます。主語と述語を意識しながら書くように心がけましょう。一度家族や友人に添削してもらうと、客観的な意見が聞けるのでおすすめです。

小さな字で詰め込まない

ESは採用担当者に読んでもらうことを意識することが大切です。誰にでも読みやすい文字の大きさで、手書きならば丁寧に記入するよう心がけましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。