就活の費用はどれくらいかかる?

このページのまとめ

  • 就活にかかる費用は平均で15万円くらいといわれている
  • 地方の学生と首都圏の学生とでは就活にかかる費用の差が大きい
  • 就活にかかる費用は格安空港やシェアハウスなどを利用して節約しよう
  • 就活にかかる費用を計算し、事前にアルバイトで貯金をするのも1つの方法

就活をする中で悩みとなるのが「費用がかかる」ことではないでしょうか。事前に就活にかかる費用を把握し、就活が本格化する前にアルバイトなどで貯金をしておく計画性は、今後の人生でも役立ちます。このコラムでは、就活にかかる費用を理解したうえで、就活をより効率的に進めるためのコツをお伝えします。ぜひ参考にしてください。



 

就活にかかる費用はどれくらい?

就活にかかる費用は、地方の学生や首都圏内の学生など人によって差がありますが、目安としては、平均15万円くらいといわれています。
特に遠距離の企業を受ける人は飛行機代や宿泊費などで20万を超えるケースもあるようです。就活が長引いてしまうとさらに費用がかかってしまいます。
就活中に資金不足にならないよう、事前にアルバイトなどで準備しておくことが大切です。

▼関連記事
東京で就活を成功させるコツは?費用を抑えるポイント



 

何にお金がかかるの?

就活ではどのようなことに費用がかかっているのでしょうか?
具体的な内訳の例をご紹介していくので参考にしてみてください。

就活における費用の内訳(例)

・スーツや鞄(約4~6万円)
・交通費(約6~8万円)
・宿泊費(約1~2万円)
・参考書籍代、郵送代、文房具費(約5,000円~1万円)
・喫茶、飲食代(約1~3万円)
・証明写真代(約5,000円~1万円)
・その他諸経費(約5,000円~1万円)

この内訳はあくまでも例ですが、最も差が出るのは、飛行機や新幹線などの交通費や、ホテルなどの宿泊費と考えられるでしょう。
地方の学生が遠く離れた首都圏内の会社に就職したい場合、説明会や面接などで何往復もすることがあり、首都圏内の学生に比べて費用が多くかかります。

▼関連記事
6月で内定なしはまずい?長引く就活を終わらせる方法



 

こんな節約法がある!

就活にかかる費用の内訳を見ていきましたが、特に交通費や宿泊費などの費用がかかってきます。
コストをおさえるための節約方法について詳しくご紹介していきます。

格安航空を使うなど移動手段を工夫する

交通手段に飛行機を利用するのであれば、LCCなどの格安航空を予約するという手段があります。
また、飛行機ではなく、新幹線を利用する方は、時間に余裕があれば、高速バスを利用しましょう。高速バスは疲れやすいイメージがあるかもしれませんが、睡眠時間を確保できるメリットもあります。最近では、トイレ付きであったり、毛布などのアメニティが充実していたりするなど、車内で快適に過ごせるよう工夫がされているので、自分にあったプランを調べてみてください。飛行機や高速バスは、事前割引や学割、往復割引を利用できる機会が多いので、事前に調べておくと良いでしょう。

宿泊施設にカプセルホテルやシェアハウスなどを利用する

カプセルホテルであれば、1泊3,000円くらいで泊まることが可能です。タオルや歯ブラシなどのアメニティが揃っていることも多く便利といえます。また、ネットカフェや民宿などもビジネスホテルを利用するより安く泊まれるので視野に入れておきましょう。
長期滞在の場合、地方就活生が集まるシェアハウスを利用して、費用をおさえることができます。
シェアハウスでは就活の話などで仲間ができたり、帰る場所があり安心感が持てたりするなど、メリットを感じる人も多いようです。
また、1週間以上滞在する場合はウィークリーマンションなども利用できます。ウィークリーマンションは、台所や洗濯機があり、健康的な生活を送りながら就活に集中することができるメリットがあります。友人や保護者と一緒に部屋を借りることでさらに節約することもできます。

できる限り1日で数社受ける

1日に数社受けることで、地方の学生が首都圏内の会社に就職したい場合の往復回数を削減できます。また、1日乗車券を活用し交通費を削減することができたり、スーツを着る日数を減らせたりするのでクリーニング費用も節約できます。
1日に数社受けるためのスケジュールのコツは、移動時間を除いて1時間程度の余裕を持つこと。余裕のあるスケジュールを組むことで、電車の遅延や面接時間の延長が発生しても焦らずに済みます。
また、大きな駅を利用する際や、道に迷う恐れのある場合は2時間以上の余裕時間をみても良いでしょう。
説明会は予め企業が話す内容を決めて時間を設定しているので、延長してもアンケート記入をする時間程度。しかし、面接を1日で行う企業も多いので、企業に直接メールや電話で確認しておきましょう。
面接では、逆質問などの時間により、企業が設定した時間を過ぎてしまうことがあるので、時間に余裕を持つと次の予定もスムーズに進みます。
しかし、就活は神経をすり減らすもの。事前の準備も必要なので、予定の詰め込み過ぎには気をつけましょう。

セット購入できるスーツなどを選ぶ

リクルートスーツを購入する場合は、学割やセット購入できる店舗を利用するようにしましょう。就活をするうえで、リクルートスーツやビジネスバッグは必須です。上下一式揃えるのは、それなりに費用がかかります。この費用を抑えるには、学割や就活生応援のキャンペーンを行っている店舗を選ぶことがポイントです。
さらに、スーツを購入する際は、セットになったものがおすすめ。男性用だとジャケット+パンツの2点セット、女性用だとジャケット+スカート+パンツの3点セットのものなどが販売されています。店舗によってはさらにビジネスシューズやシャツ、ネクタイなどもセットなっている場合もあります。

飲み物を持参してコンビニ利用を控える

コンビニの商品は値段が高めなので、食べ物や飲み物をなるべく家から持参するようにすると良いでしょう。
会社のフリースペースや公共施設、公園などであれば持参したものの飲食が可能です。「水筒や弁当箱はかさ張るし荷物になる」という方は、ペットボトルに入れた麦茶や水、ラップに包んだおにぎりやサンドイッチでも十分です。まずは、外出先で飲食物を購入する習慣を見直して、無駄な出費を抑えましょう。

web上での説明会・面接を利用する

web説明会を利用することで、交通費だけでなく、時間を節約することができます。今は採用活動の場も多様化が進んでおり、webでの説明会を積極的に行う企業が増えてきました。
web説明会のメリットは、会場まで移動する時間や費用がかからないことです。パソコンやスマホとインターネット環境さえあれば、どこにいても企業のweb説明会に参加することができます。
ただし、屋外や公共の場で説明会を受ける場合は、周りに迷惑をかけないよう、必ずイヤホンかヘッドホンを使用しましょう。

問題集などは借りる

就活の本やテキストは友達に借りたり、もらったりできるよう工夫しましょう。SPIの問題集や、面接対策の本などの就活に関連した参考書は数え切れないほどあるので、買い揃えていてはきりがありません。1冊はそれほど高くないとしても、購入を重ねるごとに大きな額となります。
また、問題の傾向などは毎年似通っているので、よっぽどの事情が無い限り前年分の対策本でもあまり問題はありません。大学やアルバイト先にいる先輩に借りることはできないか交渉してみましょう。どうしても借りられる人がいない場合でも、

証明写真はデータを持っておく

証明写真は焼き増しできるようデータを持っておくと便利です。証明写真は写真機で撮影すれば安く済むと考えてしまいがちですが、自分の良さをアピールできなかったり、あとで撮り直す必要が出てきたりするデメリットもあるようです。
選考書類において写真の印象は大きく影響することもあります。写真撮影は写真館やスタジオでプロにお願いし、データを貰って焼き増しする方法を考えてみると良いでしょう。

▼関連記事
就活中にお金はどのくらいかかる?内訳や出費をおさえる節約方法も紹介



 

就活費用の捻出の仕方

以下は就活にかかる費用を理解したうえで、どのようにして資金を捻出するかについて説明しています。

あらかじめ貯金をしておく

就活にかかる費用は、地方の学生や首都圏の学生とでは費用は異なってきますが、最低でも15万円以上はかかるといわれていますので、あらかじめの貯金が必要です。どんなにSPIや面接などに向けて対策を頑張っても、お金が足りなくて就活ができないのでは元も子もありません。就活が終わり残った資金は、卒業旅行や、初任給が出るまでの生活費に充てられます。事前に就活に必要な費用を計算し、貯金しておくよう心がけましょう。

アルバイトをする

就活ではアルバイトを続けることをおすすめします。就活を期にアルバイトを辞める学生も多いようです。しかし、就活には費用がかかるので、出勤数を減らしてでも続けることをおすすめします。また、アルバイト先の友人と会ったり、働くことが就活の息抜きになることもあります。無理のない程度に続けていきましょう。

親に援助をお願いしてみる

就活に必要な費用は事前に逆算しておき、アルバイトや節約をして事前に準備していくことが大切ですが、予想以上に就活の期間が長引いてしまった場合など、どうしても資金を捻出できない場合は親に話をしてみましょう。ただし、必ず感謝と恩返しは忘れないようすることが大切です。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。