就活を楽に終わらせるにはどうする?必要な行動や終わらない原因を解説

このページのまとめ

  • 就活を楽に終わらせるには早めに動き出すのが大切
  • 就活を楽に終わらせるためには自己分析や業界研究を行う
  • 就活を楽に終わらせる人は幅広い業界や職種を受けている

就活を楽に終わらせるにはどうする?必要な行動や終わらない原因を解説のイメージ

「就活を楽に終わらせる方法は?」「内定が早くほしいけどどうしたらいい?」などと考える就活生も多いでしょう。就活を楽に終わらせるには、早めの行動と準備が重要です。いつ始めるか迷ってる方は、今すぐ動きましょう。

この記事では、就活を楽に終わらせるために必要な行動を解説します。就活がなかなか終わらないときの原因も紹介するため、参考にしてください。

就活の効率の良い進め方について知りたい方は、「就活は何から始める?基本の進め方や効率良く終わらせるためのコツが分かる!」も参考にしてください。

就活の進め方について相談したい

   
目 次

就活を楽に終わらせるには早めの対策が必要

結論を言えば、就活を早く終わらせること自体は可能です。一般的に、就活にかける期間は3〜6か月程度です。しかし、早い方は、1〜2か月で終了することもあります。

就活を楽に終わらせるためには、早めの対策が重要です。ライバルよりも早く動くために、まずは一般的な就活スケジュールを確認しておきましょう。

一般的な企業では、大学4年の6月に筆記試験や面接などの選考が始まり、内定を約束する「内々定」が出始めます。

正式な内定が出るのが大学4年10月とされているため、そこまでは時間的な猶予があると勘違いしてしまう人もいるかもしれません。しかし、実際には大企業や人気企業ほど、大学4年6月頃には選考を始めているため、そこから逆算して就活対策を始めることが大切。
10月まで余裕があると勘違いして就活のスタートを遅らせてしまうと、エントリーできる企業が少なくなってしまうでしょう。

また、大学3年生の6月ごろにはインターンシップが開始されます。インターンシップは業務の理解や志望動機の作成に役立つため、参加をおすすめします。

就活が本格化する前に必要な準備は、「要チェック!就活が本格化する前に準備すべきこと」で解説しています。事前準備を万全にして、就活に臨みましょう。

就活の進め方について相談したい

 

就活を楽に終わらせるためにやっておくべきこと

就活を楽に終わらせるためには、「自己分析」「業界研究」など、就活対策の基本を徹底して行うのが大切です。就活を楽に終わらせるために必要な行動を紹介するので、参考にしてください。

自己分析に力を入れる

就活を楽に終わらせるためには、自己分析が欠かせません。自己分析を行えば、自己PRや長所短所、志望動機など選考に必要な内容を伝えられるようになるためです。アピール内容がハッキリしている人は、就活でも評価されやすくなります。

自分の価値観や考え方について、どのような過去の経験と結びついているかをリストアップしていくことで、根拠をもった自己PRや志望動機を考えましょう。

また、自己分析を通じて自分の思考や価値観を明確化することで、自分とマッチする企業を選びやすくなるのもポイント。企業が求める人物像に合うようにアピールするには、自己分析が欠かせません。

業界研究を行って視野を広げる

業界研究を行い、視野を広げるのも大切です。業界について知らない状態で就活してしまうと、選択肢が狭くなったり、書類がなかなか通過しなかったりとよい結果に繋がりません。

就活を楽にするためには、業界研究を行い、選択肢を増やすのが大切です。業界について理解するほど自分に合う業界もわかるようになるため、内定を獲得しやすくなるでしょう。業界研究の進め方は、「業界研究の効果的なやり方を解説!会社説明会やセミナーには行くべき?」を参考にしてください。

インターンシップに参加する

インターンシップへの参加も、就活を有利にするために重要です。業務理解が深まったり、志望動機作成に役立ったりします。

また、インターンシップに参加することで、一部の選考が免除されるケースも。選考が免除にならなくても、採用担当者に「インターンシップにも参加している志望度の高い就活生」という印象を持ってもらえるため、選考で有利になる可能性はあるでしょう。

OB・OG訪問を行う

OB・OG訪問を行い、志望企業の情報を入手するのも大切です。OB・OG訪問では、部署ごとの雰囲気や優劣関係、入社後のキャリアパスなど、Webサイトでは入手できない情報を教えてもらえます。

自分が業界研究や企業分析で得た情報と合わせることで、企業とのマッチ度をはかったり、志望動機を明確にしたりするのに役立つでしょう。

また、OB・OG訪問で聞いた内容は、志望動機にも反映できるのもおすすめポイントです。OB・OG訪問を行うほど意欲の高い学生だと評価されやすい点もメリットでしょう。

内定直結型イベントに参加する

すぐに内定を獲得したいのであれば、内定直結型イベントもおすすめです。内定直結イベントでは、企業側も採用に積極的になっているはず。通常の選考に比べて、内定に繋がりやすいでしょう。最短1日で内定を獲得できることもあるようです。

ただし、採用までの期間が短いとミスマッチにつながりやすいため、ほかの手段と併用して使うのをおすすめします。

逆求人サイトを使う

逆求人サイトを使い、企業からのスカウトも待ってみましょう。自分で企業を探す必要がないため、効率的に就活を進められます。

逆求人サイトでは、自分のプロフィールを登録しておけば、興味を持った企業が連絡してくれる仕組みです。興味を持ってもらえた企業の選考に参加するため、内定も獲得しやすくなります。

少人数の合同企業説明会に参加する

合同企業説明会は、たくさんの企業について一度にリサーチできるよい機会となります。就活を早く楽に終わらせるには効率性が重要となるため、中でもおすすめが、少人数のタイプです。

学生が多く集まるものに比べると、企業にとって学生1人に割ける時間が多くなります。その分、一人ひとりへの印象が残りやすく、よい印象を残せればそのまま選考に呼ばれることがあります。書類選考などがカットされ通常よりスピーディに進められるので、就活で楽をしたい方にとってはおすすめです。

複数の選考を同時に進める

就活が始まったら、一気に複数の企業にエントリーしましょう。一社ずつ選考を受けていては、一度でも選考からもれた時点でゼロからやり直しになり、非常に時間がかかります。

エントリーが開始してからどの企業を受けるのか考えるのではなく、先に目星をつけておいて受付が開始されたらすぐに説明会や一次面接に申し込めるように準備しておいてください。

就活エージェントを利用する

就活エージェントでは、これまでに多くの就活生の自己PRや志望動機の添削をしてきたプロから、企業に有効なアピールを交えた自己PRなどのアドバイスがもらえます。

就活を楽にするためには、就活の進め方を知るのが重要です。就活エージェントに相談すれば、内定獲得に向けて足りないスキルなど必要なアドバイスを受けられるので、スムーズな就活が叶うでしょう。エージェント利用を検討しているなら、新卒向けのキャリアチケットをご利用ください。

就活の進め方について相談したい

 

就活を楽に早く終わらせるメリット

就活を楽に早く終わらせると、時間に余裕ができるため勉強やアルバイトに打ち込めるようになります。また、就職先が決まっていれば新生活に向けた準備も進められるでしょう。

時間に余裕が生まれる

就活が早めに終わることで、卒業まで時間の余裕があるというメリットが生まれます。社会人になると長期の休暇が取りにくくなることも多いため、このタイミングで友人との旅行などをしておくと、有意義に過ごせるでしょう。

また、一人暮らしをしている方は帰省をしてゆっくり家族と過ごすことも可能です。新しい趣味を始めたり、卒論や資格の取得に注力することもできます。

新生活に備えられる

早くから自分がどの業界・企業に入社するかわかっていれば、その分、入社後の準備をすることも可能です。

例えば、エンジニアになるのであれば、社内でどんな言語を使っているかを質問し、その言語を学び基礎的な部分を理解しておくなどすると、スムーズに社会人生活を始められます。

また、引っ越しを伴う就職の場合、早めに物件を探すことができるでしょう。毎年2~3月は引っ越しシーズンのため、すぐに物件が埋まってしまいがちです。スピードを重視して、内見せずに契約することさえあるでしょう。

しかし、就活を早めに終わらせて周りより早めに動き始めることで、より豊富な選択肢からゆとりを持って選べます。

ストレスから開放される

就活を長く続けていると不採用通知を受け取る回数も増え「自分はどこにも就職できないのではないか」と思ったり、周りの友人が内定を獲得しているのを見て焦ってしまったりします。

こういったストレスから解放され、気楽な時間を過ごせるのも、就活を楽に早く終わらせるメリットです。

とはいえ、どれだけ早く就活を終わらせようとしても、多かれ少なかれ心身にストレスはかかってしまうものです。ストレスに備えておきたい人は、「就活ストレスがやばいときはどうする?限界になる理由や対処法を解説」を参考にしてください。

内定ブルーになりやすいデメリットもある

就活を楽に、早く終わらせるデメリットは、内定ブルーになりやすいことです。楽に終わらせたことに対して「本当にこれでよかったのか」「もっと時間をかけた方が、自分に合う企業が見つかったのではないか」と不安になってしまう方は少なくありません。

後悔をしないよう、就活の軸をしっかり決めて「自分はこういう理由でこの企業を選んだ」と自信をもって言えるようにしましょう。

就活の進め方について相談したい

 

就活がスムーズに終わりやすい業種・業界

就活をスムーズに終わらせたいなら、IT業界や建築業界のように内定が獲得しやすいといわれている業種業界を狙うのも1つの方法です。

ここでは、就活がスムーズ終わりやすい傾向のある業界や仕事をまとめました。

IT業界

IT業界は急速に成長しており、人材の需要が高いため内定を獲得しやすい業界です。

インターネットなどのITは今後も成長が続くと考えられ、伸びしろがあるのも魅力。今後も人材不足は深刻化することが予測できることから、早期に人材確保をしたいと考える企業もあるため、内定を獲得しやすいでしょう。

建築・建設業界

建築・建設業界は、労働者が高齢化しつつあるため若い人材を求めており、内定が獲得しやすいといわれています。

また、建築業界や建設業界は、国のインフラに関わる仕事も多く、不況にも強い特徴があります。需要の高さや安定性も魅力的なので、選択肢に入れておきましょう。

介護業界

介護業界も、内定が獲得しやすいといわれる業界です。日本では少子高齢化が進み、介護人材の募集が進んでいます。

その一方で、介護業界に進む人材は少なく、人材が不足している状況です。また、介護業界は未経験者の採用が多く、選考までの期間も短い傾向にあります。

介護業界について詳しく知りたい場合は、「介護業界の現状と今後の動向について」も参考にしてください。

小売業

スーパーやコンビニ、百貨店などの小売業は、他業界に比べ選考が少ない傾向があります。そのため、エントリーから内定が出るまでの期間が短く、早めに就活を終わらせられます。

B to Cのビジネスモデルで普段の生活から利用しており、どんな仕事をするかイメージしやすい点も魅力です。小売業の中でも百貨店に興味がある方は、「百貨店業界の現状と今後の動向について」もご一読ください。

外資系企業

外資系企業は経団連のルールに則ることなく、自社のペースで採用活動を行っています。日系企業に比べて英語力が必要となるため、就活が始まる前からTOEICやTOEFLなどを受けておきましょう。

外資系企業からの内定を狙う方は、「外資系企業に就職する際のポイントは?日系企業との違いも解説!」を参考にしてみてください。

就活の進め方について相談したい

 

就活が楽に終わらない原因

就活が楽に終わらない原因には、倍率が高い企業ばかり受けていたり、選考対策ができていなかったりなどが考えられます。就活の方法を見直すためにも、なぜ終わらないのか原因を知っておきましょう。

倍率が高い企業ばかり受けている

倍率が高い企業ばかり受けていると、就活はなかなか終わりません。大手企業や有名企業は、就活生が集まりやすく、倍率も高まります。倍率の高い企業ばかり受けていると、なかなか内定が獲得できず、エントリーできる企業も減ることになりかねません。

就活を楽に終わらせたければ、エントリーが大手企業や有名企業などに偏らないよう注意してください。就活が楽に終わる人は、大手企業以外にも、中小企業やベンチャー企業など、さまざまな企業を受けています。規模が小さかったり、知名度が低かったりする企業にも優良企業は多いため、視野を広げて探してみてください。

中小企業についてあまり調べていない方に向けて、「中小企業にはどんなメリットがある?大手企業との違いと合わせて解説」で詳しく解説しています。ベンチャー企業については「ベンチャー企業とは?スタートアップや中小企業の特徴も解説!」で解説しているので、あわせて参考にしてください。

自分にあわない企業や業界を受けている

自分にあわない企業や業界を受け続けていないか、考えてみましょう。就活を楽に終わらせるには、自分の強みやスキルが評価される業界を選ぶのが重要です。

また、自分の受けている業界に、興味関心があるか考え直してみましょう。志望度が低い業界や企業を受けても、熱意が伝わらず受からない場合があります。

業界選びや企業選びに失敗している場合は、業界研究と企業研究を行いましょう。研究を進めれば、企業に評価されるアピールができるようになります。

選考への対策ができていない

選考への対策が不十分な場合も、なかなか就活が終わりません。書類対策や面接対策を見直してみましょう。

友人や家族のように、第三者の意見を取り入れるのも欠かせません。就活エージェントや大学のキャリアセンターに相談し、模擬面接やエントリーシートの添削を依頼するのもおすすめです。

妥協しようとしている

いくら楽に早く終わらせたいと思っても、就活に妥協は禁物です。「仕事に興味はないけど、内定が出たからここでいいや」と投げやりな気持ちで決めると、ミスマッチが起きて早期退職につながります。どんなに楽をしたくても、自分の就活の軸は強くもち、そこから外れた企業には就職しないようにしましょう。就活の軸が定まらない方は、「就活の軸とは?見つけるための4つのステップや回答のコツを例文付きで解説」を参考にしてみてください。

就活の進め方について相談したい

 

就活を楽に終わらせたいと悩むあなたへ

「就活を楽に終わらせたいけど、自分1人じゃ難しそう」と悩む人も多いでしょう。就活は自己分析に企業研究、エントリーシート作成に面接対策と、取り組むことが多くて大変です。誰かに相談したいな、と感じたら、ぜひキャリアチケットに相談してください。

キャリアチケットは、あなたの就活を全力でサポートするサービスです。自分1人では大変な自己分析やエントリーシート作成など、就活に必要なアドバイスを提供しています。

就活に必要な情報を簡単に入手でき、自分に合った企業とも出会うことができるため、就活を楽に終わらせたいと思う方は活用してみてください。

就活の進め方について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。