内定が欲しいのにもらえない理由は?やるべき対策とおすすめの就活方法7選

このページのまとめ

  • 内定が欲しい方は、就活の軸を明確にして面接の練習を繰り返そう
  • 「受かればどこでもよい」という思考は企業に見抜かれる可能性が高い
  • 早く内定が欲しい方は、就活エージェントやスカウト型求人サイトの利用がおすすめ

内定が欲しいのにもらえない理由は?やるべき対策とおすすめの就活方法7選のイメージ

「内定が欲しいのになかなかもらえない」「なぜ内定がもらえないのか分からない」と悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。就活を成功させるためには、内定がもらえない理由を考え、ポイントを押さえて準備することが大切です。

この記事では、内定がもらえない主な理由とその対策について解説します。早く内定をもらうためにおすすめの就活方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

就活には悩みがつきものです。就活の悩みの種類別の解消法について知りたい方は「就活がうまくいかないときはどうすればいい?就活中の悩みを乗り越える秘訣まとめ!」も参考にしてください。

内定獲得のためにやるべきことについて相談したい

   
目 次

「どこでもよいから内定が欲しい」オーラは厳禁

就活が本格化してくると、周りと比べて焦ってしまう就活生も珍しくありません。早く内定が欲しいからといって「内定がもらえればどこの企業でもよい」と考えていると、企業に見抜かれやすいので注意してください。

たとえば、焦りから手当たり次第に企業にエントリーしても、業界・企業分析が浅くなったり、志望動機の中身が薄いものになったりしては意味がないでしょう。そのような点から、採用担当者の多くは、就活生の「どこでもよい」といった気持ちを見抜いてしまいます。

また、どこでもよいからと内定をもらっても、入社後に企業とのミスマッチが起こる可能性が高く、早期離職につながりかねません。就活は、内定をゴールとするのではなく、充実した社会人生活を送るのを目標に、焦らず取り組むことが大切です。

「どこでもよい」と考える危険性については、「就活の「どこでもいい」は危ない!発生するリスクや対処法を解説」も参考にしてください。

内定獲得のためにやるべきことについて相談したい

   

内定が欲しいのにもらえない?よくある9つの理由

内定が欲しいのになかなかもらえない場合には、主に9つの理由が考えられます。自分に当てはまっているものがないか、ぜひ一度、これまでの就活を振り返ってみてください。

1.就活の軸が定まっていない

内定がもらえない理由の一つとして、就活の軸が定まっていない可能性が挙げられます。就活の軸が定まっていないとは、キャリアプランをしっかりと描けていない状態です。

たとえば、エントリーしている業種に一貫性がないと、採用担当者に「なぜこの仕事をしたいのか分からない」「熱意が感じられない」などと受け取られてしまう可能性が高まります。

就活の軸がブレてしまうことで、自分と相性のよい企業を選ぶのが難しくなるでしょう。

2.業界・企業研究が不十分

内定が欲しくてもなかなかもらえない場合は、業界・企業研究が十分にできていない可能性があります。内定が欲しいからといって、分析が甘い状態で志望度の低い企業にエントリーしても、「自社のことをよく調べていないのでは」とマイナスイメージにつながりかねません。

選考は、企業にとって、就活生が「自社の仕事に適性があるか」を判断する目的があります。そのため、企業が求める人物像をしっかりと理解していなければ、内定にはつながりにくいでしょう。

3.面接に慣れていない

内定が欲しいのにもらえない理由として、面接に慣れていない点が挙げられます。面接で効果的にアピールするためには、対策を十分しておくことが大切です。

面接に慣れていないと、その場その場で考えながら話すことになるでしょう。そうすると、伝えたいことがまとまらなかったり、緊張してうまく言葉が出てこなかったりする可能性があります。

また、面接では、内容だけでなく声のボリュームや話し方なども意識しなければなりません。たとえば、うつむき加減でぼそぼそと喋っていては、声が聞き取りづらく自信がないように見えてしまうでしょう。

面接に慣れないうちは、思うような結果が得られなくても、次につなげられるように経験を積むことも必要です。

4.自己PRに具体性がない

自己PRに具体性がないと、説得力に欠けるとみなされて、内定につながらない可能性が高くなります。企業にとって、自己PRは、学生が入社後に活躍できる人材かどうかを判断するための材料です。

たとえば、「コミュニケーション能力がある」「真面目で一生懸命」といった抽象的な言葉では、入社後の活躍ぶりをイメージするには具体性に欠けています。

また、ありきたりな内容の場合「自己PRを使い回しているのでは」と、採用担当者にマイナスの印象を与えかねません。定型文や例文を、そのまま使うのは控えましょう。

5.他責思考になりがち

他責思考の方は、同じ失敗を繰り返して、内定が欲しいのに結果がついてこないといった悪循環に陥ってしまいがちです。他責思考とは、「うまくいかない原因は自分以外にある」といった考え方を意味します。

他責思考になると、内定がもらえない原因をつい他人のせいにしてしまって、本質が見えづらくなるでしょう。

たとえば、家族や周りの意見に流されて企業選びをするケースも、他責思考になりやすい要因として挙げられます。内定をもらうためには、自分の改善すべき点をしっかりと見つめ直すことも必要です。

6.第一印象がよくない

第一印象がよくないと、内定をもらうのがむずかしくなるでしょう。限られた時間で評価を得るためには、第一印象がとても重要です。

最初の印象がよくない場合、面接中に挽回するには時間が足りないほか、面接中に何を話しても、なかなか評価につながらないことも考えられます。

面接では、短い時間で人となりを判断されます。そのため、自分の話し方や身だしなみが、相手にどういった印象を与えるかを十分意識しておくことが大切です。

7.行動量が足りない

内定がもらえない理由の一つとして、行動量が足りていない可能性があります。自分を効果的にアピールするためには、学生時代の行動にまつわる具体的なエピソードが必要です。

たとえば、海外営業の職種に興味がある方が、単に英語を身につけた事実を伝えても、アピールとしては弱いでしょう。この場合、大学で留学生をサポートするボランティアに参加した経験など、具体的な行動と結びつけることで説得力が増します。

行動を示す方法として、特定の資格や具体的な数字を挙げるのもおすすめです。自分のアピールポイントが弱いと感じる場合は、できることから始めて行動を重ねていきましょう。

8.大手企業にばかり目を向けている

内定が欲しいのにもらえない理由として、「大手病」が挙げられます。大手病とは、大手企業への就職に執着している状態を表す造語です。一般的に、人気の大手企業は倍率が高く、応募する就活生のレベルも高い傾向にあります。

大手病になる原因の一つは、自己分析や業界研究が不十分であることです。「どのような仕事をしたいのか」「どのような職種が向いているのか」が不明確なほど、ネームバリューのある大手企業を選んでしまいがちだといえるでしょう。

9.客観的視点が足りない

就活は、企業に勤めた経験がない学生にとって、はじめてのことが多くやり方が分からなくて当然です。そのため、一人で就活を続けていても、内定がなかなかもらえず限界を感じてしまうことも考えられます。

選考対策を十分にするためには、適切な知識が必要です。書類選考や面接において、自分では「問題ない」と思っていても、第三者に確認してもらうと、思わぬアドバイスをもらえるケースも珍しくありません。

あまり一人で頑張り過ぎてしまうと、努力の方向性を見誤ってしまうこともあるでしょう。この場合、努力してもなかなか内定がもらえないといった悪循環に陥る可能性があるので注意が必要です。

就活における面接の基本については、「就活面接の流れとは?よく聞かれる質問や失敗しない方法について解説!」も参考にしてください。

内定獲得のためにやるべきことについて相談したい

   

内定が欲しい就活生がやるべき対策12選

内定をもらうためには、具体的にどうしたらよいのでしょうか。ここでは、内定が欲しい方が実践すべき対策と準備について解説します。

1.自己分析で就活の軸を明確にする

就活でまず大切なのが、自己分析を念入りに行うことです。そうすることで、自ずと就活の軸が明確になるでしょう。就活の軸を基準に企業選びをすれば、自分の価値観に合う企業を選びやすくなるはずです。企業と就活生の価値観が合えば、内定につながる可能性も高まります。

また、自己分析で行き詰まったときは、診断ツールやアプリを活用したり、就活仲間と他己分析をしたりするのもおすすめです。

2.業界・企業研究に力を入れる

内定が欲しい場合は、これまで以上に業界・企業研究に力を入れる必要があります。企業研究を通して、思ってもいなかった企業や職種と出会えるケースも珍しくありません。

企業分析にあたって効果的なのが、OB・OG訪問やIRなどで企業の最新ニュースを把握しておくことです。OB・OG訪問では、表向きに発信されていないリアルの声を聞けます。また、IRでは説明会やWebサイトでは分からないほどの細かな企業情報を知ることが可能です。

しっかりとした業界・企業研究は、就職の選択肢を広げるだけでなく、内定への近道になるでしょう。

3.繰り返し練習して面接慣れしておく

面接は、内定をもらうための重要なポイントです。面接の練習を何度も繰り返しておくと、本番でも緊張が和らぎ、スムーズな受け答えができるようになります。就活のノウハウなどを参考に一人で対策するのもやり方の一つですが、できれば相手がいる状態で練習するのがおすすめです。

たとえば、友達同士で面接練習した後にフィードバックを伝え合ったり、面接に特化した就活セミナーで模擬面接を受けたりするのもよいでしょう。そうすることで、自分では気づけなかった改善点を指摘してもらうなど、次の面接に十分備えられます。

4.志望動機の完成度を高める

内定が欲しい方がこだわるべきは、志望動機の完成度を高めることです。就活では、一般的に一社だけでなく複数企業にエントリーします。そのため、就活をはじめてから時間が経つにつれて、志望動機がいい加減なものになってしまうケースも珍しくありません。

志望動機や自己PRは、自己分析と業界・企業研究を繰り返しながら、エントリー数を重ねるごとに完成度を高めていけると理想的です。

企業が求める人物像を理解して、納得度の高い志望動機を伝えられるようにしましょう。採用担当者に熱意や意欲が伝わり、内定につながる可能性が高くなります。

5.振り返りをする

長期化する就活で内定をもらうためには、選考後の振り返りが大切です。自分ではエントリーシートを完璧に仕上げたと思っても書類選考に通らなかったり、面接ですらすらと受け答えができたと思っても内定につながらなかったりするケースも十分考えられます。

たとえば、面接の後には「どのような点がよかったか」「どういった質問に答えづらさを感じたか」「相手の反応はどうだったか」など、相手に伝わったかどうかを意識して振り返るとよいでしょう。

うまく相手に伝えられなかったと感じる部分があれば、文章の構成や言葉選び、エピソードなど、アプローチの方法を変えてよりよい形に近づけていってください。

6.適切な数の企業にエントリーする

内定が欲しい場合は、適切な数の企業にエントリーする必要があります。多くの企業にエントリーすると内定の確率を高められる一方で、やみくもにエントリーだけしても、自己分析や業界・企業研究が不十分になりがちです。

公益社団法人全国求人情報協会の「2022年卒の大学生の就職活動の実態に関する調査(16p)」によると、22年卒の大学生1人あたりの平均プレエントリー社数は20.4社とあります。そのうち、本エントリーしたのは12.7社で、最終面接を受けたのは4.2社です。

また、内定(内々定)取得数は2.2社という結果から、プレエントリーした約10社に1社の割合で内定を獲得している学生が多いことが分かります。

自己分析と業界・企業研究をしっかり行い、就活の軸に沿った企業に絞ったうえで、一定数の企業にアプローチすると内定につながりやすいといえるでしょう。

7.適性検査の対策をする

選考に通過するためには、適性検査の対策もしておく必要があります。最近では、選考プロセスの一環として適性検査を実施する企業も珍しくありません。適性検査の主な目的は、応募者の能力や性格特性を客観的に評価することです。

適性検査にはさまざまな種類があり、企業によって内容が異なります。まずは、応募先企業がどのような種類の適性検査を実施しているか確認しましょう。一般的には、言語能力や論理思考力を評価する能力検査と、性格特性を分析する性格検査などがあります。

対策方法としては、参考書や問題集を活用して問題を繰り返し解くのがおすすめです。また、模擬テストを定期的に行ったり、苦手な分野に集中して取り組んだりすると効果的に対策できます。

8.第一印象をよくする

内定をもらうためには、十分な面接対策が不可欠です。面接の限られた時間で高い評価を得るためには、第一印象をよくする必要があります。内定が欲しいのであれば、面接における最低限の基本マナーを心得ておくことが大切です。

実際に、入室時の所作や面接中の姿勢、表情、話し方など、採用担当者は話す内容だけでなく、就活生のマナーもチェックしています。服装や身だしなみにも気を配り、清潔感のある印象を与えられるよう意識しましょう。

9.秋採用している企業を探す

夏になっても内定がもらえない場合は、秋採用を実施している企業にも目を向けてみてください。

文部科学省の「令和4年度就職・採用活動に関する調査結果(企業等)(8p)」によると、22年卒の採用活動において、2022年8月1日時点で「採用予定者数をおおむね確保できた」と回答した大手企業は61.8%で、中小企業はわずか33.3%でした。

こうした状況から、大手企業のグループ会社やベンチャー企業、中小企業を中心に、近年では夏以降も実施している企業が増えています。

たとえば、大手企業のグループ会社であれば、待遇や福利厚生の面でも大手企業に近い水準が保たれているケースも少なくありません。待遇や福利厚生の面で大手企業に魅力を感じていた方は、秋採用のグループ企業も視野に入れてみてください。

10.優良な中小企業にも目を向ける

これまで、有名企業や大手企業ばかり受けていた場合は、中小企業にも選択肢を広げるとよいでしょう。なぜなら、人気の大手企業と比べて倍率が下がり、内定がもらいやすくなる可能性があるためです。

中小企業と聞いて、名前も知らない会社だからと敬遠してしまう学生も珍しくありません。しかし、実際に、日本経済の土台を担う中小企業の中には、世界でもトップのシェアを誇る優良な企業があります。

企業選びに悩んだ時は、経済産業省が公表しているグローバルニッチトップ100を参考にするのもおすすめです。日本の優良企業が分野別にリスト化されていて、大手企業だけでなく中小企業も名を連ねています。就活生には馴染みのない企業も多くあるので、内定が欲しいとお悩みの方は、ぜひ一度参考にしてみてください。

参照元
経済産業省
経済産業省が公表しているグローバルニッチトップ100

11.第三者に客観的な意見をもらう

内定をもらうためには、家族や友人、大学のキャリアセンターの職員など、第三者の客観的な意見にも耳を傾ける必要があります。これは、書類選考にも面接対策にも、どちらにも有効な方法です。

たとえば、自分が書いたエントリーシートを第三者に見てもらうことで、誰が読んでも伝わりやすい内容にブラッシュアップできるでしょう。

内定が欲しいのにもらえず悩んでいる場合は、思い切って周りに意見を求めてみるのがおすすめです。自分が感じている以外の理由に気づける可能性もあるほか、既に就活を終えた友人などから成功体験を聞くことも、内定をもらうための近道となるでしょう。

12.自信が持てるまで努力する

内定を勝ち取るためには、自信を持って就活に取り組むことも大切です。特に、面接では自信のない姿が、採用担当者のマイナスイメージにつながるケースも珍しくありません。

自信を持って選考に臨むためには、努力してしっかりと準備する必要があります。なかなか自信が持てない場合は、ここで解説した具体的な方法を何度も繰り返すのがおすすめです。そうすることで、自分の成長を感じられるでしょう。

業界研究の具体的な方法については、「業界研究のやり方とポイントを詳しく解説!自分に合った仕事を見つけよう」も参考にしてください。

内定獲得のためにやるべきことについて相談したい

   

早く内定が欲しい学生におすすめの就活方法7選

就活に決まった方法はありませんが、早めに内定をもらうためにできることがあります。なかなか内定がもらえずにいると、就活を続けるのに不安や焦りを感じてしまうでしょう。ここでは、少しでも早く内定が欲しい方におすすめの就活方法を解説します。

1.就活エージェントを利用する

就活エージェントは利用の仕方次第で、内定をもらうための大きな味方となるでしょう。就活エージェントは、さまざまな観点から就活生をサポートしてくれるサービスです。履歴書やエントリーシートの書き方や添削、面接練習など就職に役立つ支援を受けられます。

就活エージェントの多くは完全無料で利用できるため、新卒の就活生にとって活用するハードルが低いのも特徴です。就活のプロから的確なフィードバックをもらいながら選考を受けることで、早めに内定をもらえる可能性が高くなります。

2.学内のキャリアセンターに相談する

新卒の​​​​就活生は、​​​​学内のキャリアセンターに相談するのもおすすめです。大学によっては、企業から学校側に直接求人がきている場合もあり、自分で探すよりスムーズに選考を進められるケースも珍しくありません。

地域を限定して所在している大学へ求人票を送る企業や、活躍している社員の出身大学へ求人票を送る企業などさまざまです。利用している就活サイトに加えて、大学だからこそ得られる限定的な求人もぜひチェックするようにしてください。

3.スカウト型求人サイトを活用する

少しでも早く内定が欲しい場合は、スカウト型求人サイトの利用もおすすめです。スカウト型求人サイトとは、企業からオファーが来る仕組みのサイトで、自分のプロフィールを登録して利用できます。

企業側は、就活生の経験や能力、価値観などを見てからオファーを出すため、自分と相性のよい企業に出会える確率が高まるでしょう。効率的に内定をもらいたい方は、ぜひ登録してみてください。

4.選考直結型イベントに参加する

選考直結型イベントとは、複数の企業が参加して説明会を行い、その場で面接を受けられるイベントのことです。説明会と選考がセットになった就活イベントで、効率よく就活を進められます。

また、一度に複数企業の面接を受けられるのもメリットの一つです。面接の結果によっては、特別ルートでその先の選考に進めるケースもあるため、内定までの期間が比較的短く済むといわれています。

5.インターンシップに参加する

早く内定が欲しい方は、積極的にインターンシップに参加するのがおすすめです。企業によっては、インターンシップに参加した優秀な学生に対して、優先的に選考を案内するケースも少なくありません。

志望する業界や企業がインターンシップを実施していれば、積極的に参加することで就活を有利に進められるでしょう。

6.OB・OG訪問をする

OB・OG訪問は、単なる情報収集の場ではなく、場合によっては早期内定につながる貴重な機会です。OB・OG訪問をきっかけに、リクルーターをつけてもらえたり社員に推薦してもらい特別な選考ルートに進めたりする可能性があります。

リクルーター制度や社員による推薦制度がない場合でも、OB・OGから直接聞ける経験談やアドバイスなどは、内定獲得に向けて有益な情報になるのは間違いないでしょう。

7.推薦応募を利用する

理系学生の場合は、推薦応募を利用するのも方法の一つです。推薦応募とは、学校や研究室側に推薦状を用意してもらいエントリーする応募方法を指します。

推薦応募を利用する主なメリットは、書類選考や一次面接が免除されるケースが多いほか、自分で企業選びをしてエントリーする方法と比べて合格率が高い傾向にある点です。

理系学生が就活するときは、まず推薦枠の有無を確認してください。希望する業界や企業、職種に推薦枠があれば積極的に利用することをおすすめします。

就活に関する悩みの対処法については、「就活でどうすれば良いか分からなくても大丈夫!悩みの対処法を解説」も参考にしてください。

内定獲得のためにやるべきことについて相談したい

   

内定が欲しいのになかなかもらえずお悩みのあなたへ

早く内定が欲しいと思って就活に取り組んでいても、思うような結果が得られず悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。内定をもらうためには、これまでの経験をきちんと分析し、適切な対策をする必要があります。

内定がなかなかもらえず、一人で就活を続けるのに不安を感じている場合は、就活エージェントへの相談もおすすめです。

キャリアチケットでは、自己分析や業界研究から面接対策まで、一貫した就活サポートをしています。内定をもらうまでにどうすればよいか悩んでいる方は、ぜひ利用してみてください。

内定獲得のためにやるべきことについて相談したい

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。