早めの行動がカギ!早期内定を得るコツとそのメリット

このページのまとめ

  • 一般的な内定時期である6月より前に出る内定を「早期内定」と呼ぶ
  • 外資系やベンチャー企業は早期内定を出す傾向が強い
  • 早期に内定を得ることで精神的な余裕が生まれ、他社の選考に自信を持って挑めたり、焦りを感じなかったりするのがメリット
  • 早い時期に内定が出るため、いわゆる「オワハラ」をされたり、第一志望の選考対策が不十分になったりすることもある
  • 早期内定を目指すなら、早いうちから情報収集をして就活に備えよう

就活をしていると、一般的な就活スケジュールよりも早い段階から選考を始めたり内定を出したりする企業があることに気付くでしょう。
では、どのような企業がそれに該当するのでしょうか。
当コラムでは「早期内定」に注目し、選考が早い企業の特徴や早期に内定を得るコツ、早期内定のメリットとデメリットなどを解説しています。
早い段階で内定を得たいと考える就活生は多いと思いますので、参考にしてください。



 

一般的な内定の時期

一般的には、「大学4年時もしくは大学院2年時の6月以降」に内定が出始める…というのが就活の定説です。
これは、経団連(日本経済団体連合会)が定める「採用活動に関する指針」という就活スケジュールに沿ったもので、これによれば6月1日が選考の解禁日。
経団連に所属する企業であればこのスケジュールが遵守されているため、一般的に内定の出る時期は「6月以降」と言われています。
以上のことから、6月以前に出た内定は「早期内定」と呼ぶことができるでしょう。

▼関連記事
就活生が知らない事実、内定時期は6月とは限らない?
 



 

早期内定しやすい企業

前項で、一般的な内定時期である6月よりも早く出る内定が「早期内定」に当てはまることが分かりました。
では、早期内定の傾向が見受けられる企業にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げられるのが、経団連に属していないという点。
経団連に属していれば、前述した「採用活動に関する指針」に沿って選考を進めることが多いため、6月以前に内定が出ることは少ないでしょう。

その中でも早期に内定が出る傾向が強いのが、外資系企業やベンチャー企業です。
いずれの企業も、優秀な学生を早いうちに確保するのが目的。
経団連の就活スケジュールに合わせて採用活動を行うと、大手企業や人気企業に学生を取られてしまう可能性が高まるため、早期に選考を行い内定まで出すようです。

特に、外資系企業は意欲的で熱心な人材を求める風潮が強く、早い段階から就活を行っている意欲的な学生に対して好意的。
早ければ大学3年時の秋に内定を出すケースも見受けられるため、外資系企業が志望先の場合は注意が必要でしょう。

また、経団連に属していない一部の中小企業でも早期内定が行われていることも。
ただし、経団連のスケジュールに合わせたり、それより遅く内定を出したりする企業もあるようです。
この傾向はベンチャー企業でも同じため、「中小企業だから、ベンチャー企業だから早期内定」と決めつけずに、企業ごとの選考スケジュールをしっかりと把握しておきましょう。



 

早期内定のメリット・デメリット

早期内定がもたらすメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

・安心感や精神的余裕が生まれる
・他社の選考で有利になる可能性がある
・残りの学生生活を充実させることができる
・卒論や勉強に時間をかけられる

デメリット

・オワハラのリスクが高まる
・第一志望の選考対策がおろそかになる可能性がある

早期内定を得るメリットでも大きいのが、安心感や精神的余裕を感じられることでしょう。
一般スケジュールによる選考が始まるよりも前に内定を持っていることで、「持ち駒がなくなったら…」「内定をもらえなかったら…」という心配がなくなります。
そして、内定をすでに持っているため心に余裕が生まれ、他社の選考に余裕を持って挑めるというのもメリット。
「落ちても内定があるから大丈夫」と思うことで焦らなかったり、他社の内定を持っていることから自信を持って選考を受けられたりするでしょう。
また、早期内定を得た企業に入社するのであれば、6月以降に内定をもらう学生に比べて自由になる時間が多くなります。
その時間を使ってアルバイトや旅行をしたり、卒論や勉学に励んだりすることも可能です。
残りの学生生活を充実させることができるでしょう。

一方、早期に内定をもらうことで他社の選考参加を防ぐ「オワハラ」のリスクが高まる可能性があります。
しかし、内定を承諾していたとしても他社の選考を受けたり他社に入社を決めたりすることは法的に問題ないため、就活を継続する方もいるようです。
もし、「早期内定を持っているけど、本命企業の選考はこれから」という場合は注意が必要。
すでに内定を持っているという安心感から、「本命に落ちても就職先がある」と考えて第一志望の選考対策がおろそかになるケースが考えられます。

早期内定にはメリットが大きい一方で、デメリットも少なからず存在します。
ただし、早期内定を得た企業が第一志望という場合はデメリットはないと言えるでしょう。



 

早期内定するための方法

精神的にも時間的にも余裕が生まれる早期内定。
メリットの大きさから早い段階で内定をもらいたいと考える就活生に向けて、以下に早期内定を得る方法をまとめました。

内定が出る時期が早い業界や企業を受ける

早い段階で内定を得る方法の1つに、内定時期が早い企業の選考を受けるというものがあります。
前述したように、主に外資系やベンチャー企業では早期内定の傾向が強いと言えますし、経団連に属していない企業が早期内定を出すケースも。
ただし、日系大手企業などは経団連のスケジュールに沿って選考を進めることが多いため、この方法では受けられる企業が限られてしまいます。

早めに情報収集する

企業や業界に限らず行えるのが、早いうちから情報収集をすること。
一般的な就活スケジュールでは大学3年時の3月に情報が解禁されますが、早期内定を目指すのであれば大学3年時の夏には動き出すことが大切です。
内定時期が早いということは選考が始まるのも早く、大学3年時の秋に内定を出す外資系企業の場合は大学3年時の夏前から説明会やセミナーを開催している…というケースも。
参加するためには早いうちからアンテナを張って情報を集める必要があるでしょう。

選考を兼ねたイベントに参加する

合同説明会などのイベントには、選考を兼ねているものも多数あります。
説明会と選考が同日に開催されるため、日を改めて選考が行われる方法に比べて内定までの段階が短いことが特徴です。

インターンに参加する

インターンでは、企業や社員の雰囲気を感じ、自分に合っているか判断することができます。
さらに、インターンに参加することで自分の弱みや苦手を洗い出し、克服することで「強み」に変えたり、エピソードとして選考で活用できたりすることも。
早い段階から自分の強みを把握して克服している学生は、企業にとっては「魅力的な人材」となるため、早期内定の可能性が高まるでしょう。

早期に内定を得るためには、周りよりも早く動き出すことが大切です。
しかし、就活生のなかには就活に出遅れた…という方もいるでしょう。そのような方におすすめなのがキャリアチケット。
キャリアチケットは、新卒専門の就職エージェントです。
年間の相談件数3,000件以上の実績から、あなたに合わせた就活方法をしっかりとお伝えします。
スタッフは専任制を採用。企業選びの方法や書類の書き方、面接対策などを行って内定まで一括でサポートします。
就活に出遅れた、もう持ち駒がなくなった、最短で内定が欲しいなど、就活に関するお悩みならお任せください。

▼関連記事
内定直結インターンに参加するべき?メリットと特徴



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。