知っておきたい!オワハラの意味と実態

このページのまとめ

  • オワハラとは、「就活終われハラスメント」の略称
  • 就活を終わらせて自社に入社するよう、企業側が応募者に圧力をかける行為のこと
  • その場で承諾しないと内定を出せないと言われるのがオワハラの特徴
  • 企業によってはその場で断りの電話を強要させたり入社承諾書を書かせたりする
  • 優秀な人材を確保したいという気持ちからオワハラをする企業も
  • オワハラをしてきたからといって失礼な態度を取らないよう、誠意をもって対応する

応募者の就活終了を強要すべく、威圧的な言動や不安を煽るような言動をする企業が存在します。
このような行為はオワハラと呼ばれ、近年特に問題視されているようです。
こちらのコラムでは、オワハラの実態について紹介します。



 

オワハラとは

オワハラとは、「就活終われハラスメント」の略称です。
就職活動を終わらせて自社に入社するよう、企業側が応募者に圧力をかける行為のことを指します。
就職活動は職業選択の自由に基いて行われているにも関わらず、学生に圧力をかけることで他社を受けさせなかったり、内定を辞退させたりするケースも。
次の項目でオワハラの具体例について紹介しているので、確認してみましょう。

▼関連記事
その場採用が不安な就活生に知ってほしい!企業の意図や対処法を解説



 

オワハラの事例

第一志望だからとオワハラを受けても気に留めない人もいれば、第一志望だからこそオワハラを受けたことによって気持ちが離れてしまう人も。
オワハラと感じるかどうかは人によって異なります。
以下のような内容を言われた場合には、オワハラの可能性があるので注意が必要です。

・他社の選考がある場合は、内定を出せない
・今日中にすべての企業に辞退の連絡をとってほしい
・その場で承諾しないと、内々定を出せない
・就活を続けるのであれば、内定を取り消す

上記のような「就活終われ」というメッセージを無視すると、不合格に繋がってしまう可能性があります。
企業によっては、その場で他社の選考辞退を電話するよう迫ったり、その場で入社承諾書を書かせたりする場合も。
また、職場見学や事前研修という名目で学生の時間を拘束し、社員によくしてもらったからという理由で断りにくくしているケースがあります。
面接の期間や回数を増やして他社の選考を受けにくくし、就職活動の継続を阻止するという企業もあるようです。

応募者の就職活動を止める権限は誰にもありません。
企業側は、選考にどの程度の時間がかかるのか、あらかじめ学生に伝える必要があります。
オワハラによる条件に応じたくないと思ったら、今後も就職活動に励みたいと誠意を伝えて断りましょう。



 

なぜオワハラは起きる?

特定の業界や職種に限られずさまざまな業種で行われ、大手企業でも横行しているオワハラ。
企業は優秀な学生に多く入社してもらいたいと思っていますが、内定を出しても辞退する学生は少なくありません。
内定辞退者が予定よりも多いと事業計画に支障をきたす場合があることから、企業側は採用活動が円滑に進むよう入社の意思確認を入念に行ない、その結果がオワハラになっていると考えられるでしょう。

オワハラが正当化される理由はあってはならないですが、企業側は「優秀な学生をとりたい」という思いから内定を出していることを再認識しておきましょう。
ぜひ入社してほしいという気持ちや学生への期待から、オワハラが起こっています。
しかし、早く内定がほしいと思う学生の不安につけこむ企業がいるのも事実です。
オワハラをしてきたからといって相手企業に失礼な態度をとるのではなく、納得できない条件を受け入れないように注意しながら誠意のある対応を心がけます。
納得できる就職活動を行って悔いのない選択をしましょう。



 

就活の相談はキャリアチケットへ

「志望企業から内定を得られるか不安」「就活の進め方がわからない」という方は、キャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか。
キャリアチケットは、新卒の学生に特化した就職支援サービスです。
プロのアドバイザーが就活生一人ひとりに対応し、志望の業界や職種が見つかるキャリアカウンセリングを行なっています。
自己分析や志望動機の掘り下げ方、ポイントを押さえた書類の書き方、企業別に行う面接対策など、一人では大変な就職活動を効率的に支援
また、あなたの希望と企業の条件を照らし合わせてマッチングをしています。
キャリアチケットは、あなたの就職活動を成功に導けるよう、きめ細やかなサポートに取り組んでいるサービスです。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。