就活の推薦状ってどんなもの?メリットとデメリットを知ろう

このページのまとめ

  • 就活にも、学校や教授から推薦をもらって選考に参加する「推薦応募」が存在する
  • 推薦応募でエントリーするには、企業に対して推薦状を提出することが不可欠
  • 推薦状をもっていると選考が有利になる一方で、基本的に内定辞退はできない
  • 内定が辞退できないことを利用した「後付け推薦」や「推薦状ハラスメント」も起きているので注意しよう

高校や大学に進学する際に、学校推薦や自己推薦で入学した経験を持つ方もいるでしょう。
この推薦という制度は進学に限ったことではなく、就活でも行われているのはご存知ですか?
当コラムでは、就活における推薦状についてまとめています。
どのような制度なのか、使用するメリットとデメリットはなにか、推薦状をもった状態で内定辞退をすることはできるのか…
「就活の推薦状」について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。



 

就活の推薦状とは

就活を進めていると、企業から推薦状を求められたり、学校や教授側から推薦を打診されたりすることもあるでしょう。
就活の多くは自分でエントリー先を探す自由応募ですが、中には学校や教授からエントリー先を提案される推薦応募が存在します。
そして、推薦応募の場合に必要となるのが「推薦状」。
この推薦状とは、選考を受ける企業に対して、学校や教授から生徒を推薦してもらうための書類のこと。
「この生徒はこのような人で、こういった点に優れているので貴社で活躍できると思い、推薦する」といった旨が書かれていることが多いようです。

また、教授からの推薦だけでなく、特定の企業が学校に対して推薦枠を設けていることも。
この場合は誰でも選考に参加できるわけではなく、推薦状をもらうことで初めて面接が受けられる…といった傾向が見受けられます。

推薦状を持っている就活生は学校や教授から認められている人材と捉えられるため、採用に関して安心感を持つ企業も多いでしょう。
また、推薦状は教授が書くことが多いので、授業やゼミに真剣に取り組んでいれば高い評価を得られることも。

推薦状には、上記のように学校側や教授に作成してもらうもののほかに、自分で作成する「自己推薦状」もあります。
これは、自分がどれだけ相手企業に役立つかなどを記載し、企業にアピールするもの。
しかし、就活シーンでは「推薦状」といえば学校推薦や教授推薦を指すケースが一般的と覚えておきましょう。

▼関連記事
就活の学校推薦とは?利用の流れとメリット・デメリットをご紹介
 



 

推薦状をもらうメリットとデメリット

教授や学校から推薦してもらえる推薦状。
では、推薦状をもらうことで生じるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット

・選考が有利に進む可能性がある
・早期内定が期待できる

推薦状をもらう最大のメリットと言えるのが、選考が有利になるということ。
書類選考などの1次選考が免除になるケースが多く、自由応募の学生に比べて選考を有利に進めることができるでしょう。
また、選考段階を優遇してもらうことで、早期内定が期待できる可能性も。
企業側としても、学校が推薦する優秀な人材を早期に確保できるメリットがあるため、双方が合意すれば非常に効率的な制度と言えます。

デメリット

・内定の辞退は基本的にできない
・他社との併願は不可のケースが多い

後述しますが、学校や教授からの推薦状をもらって就活を行う場合、内定を辞退することは基本的に不可です。
そのため、推薦先となる企業は本当に行きたい会社なのかをしっかりと見極めることが重要。
また、学校や企業によっては他社との併願を認めていないケースもあります。
他社の選考に参加する場合は、学校推薦の結果を待ってからエントリーするなどの配慮が必要でしょう。

▼関連記事
就活での推薦とは?メリット・デメリットをご紹介
 



 

「後付け推薦」「推薦状ハラスメント」とは?

前項のデメリットで、「推薦状を使用して内定を得たら辞退ができない」とお伝えしましたが、その特性を利用した「後付け推薦」「推薦状ハラスメント」という事例も起きているようです。

「後付け推薦」とは、自由応募で選考に参加したにもかかわらず、最終面接など内定の直前になってから学校や教授からの推薦状の提出を求められること。
前述のように、推薦状を提出すると内定辞退が難しくなるという点を活用し、企業側は内定辞退を阻止したり、早い段階で人材を確保したりする目的で行っているようです。

「推薦状ハラスメント」は、内定後に推薦状の提出を求められること。
こちらも、後付け推薦と同様に学生の内定辞退を防ぐのが目的で、「オワハラ」の一種と言えるでしょう。

いずれも、求められた企業が第一志望なら問題ありません。
しかし、まだ就活を行いたい、本命企業の選考が残っているといった場合は、むやみに推薦状を提出するのは危険。
教授やキャリアセンターに相談して、よく考えてから対応するようにしましょう。



 

推薦状をもらった状態で内定を辞退したらどうなる?

推薦状に対して、「頼めば何通でも書いてもらえる」「とりあえず提出して内定をもらっておこう」と考える方もいるでしょう。
しかし、これまで何度かお伝えしているように、推薦状を提出した場合の内定辞退は不可というのが一般的。
その理由は以下のとおりです。

大学や教授に迷惑がかかる

学校推薦や教授推薦は、その学校や教授の名前をもって就活生を推薦するということ。
そして、推薦するにあたり、学校や教授の名誉をかけている…と捉えることができます。
このことから、推薦状をもらったにもかかわらず内定を辞退してしまうと、学校や教授が責任を果たしていないと捉えられ、名誉や信頼を失う可能性も。
特に教授推薦の内定辞退をした場合、教授本人も研究室の所属学生数を減らされるなど大学からペナルティを受けるかもしれません。
さらに、そのペナルティは内定辞退をした学生本人が被ることもあり、教授から卒業単位を認定してもらえず留年となることも。
そのため、学生に対して安易に推薦状を出さなかったり、出しても1度だけという教授もいるようです。

後輩に影響がある

推薦状の内定辞退は、就活生個人だけでなく学校全体の信頼を失ってしまう行為。
企業は内定辞退を受けると、「この大学に推薦されても、今後も辞退者が出る可能性がある」と考えるでしょう。
そして、それ以降にその学校や研究室から推薦を受けないだけでなく、最悪の場合は採用そのものを控えてしまう…という可能性も。
その結果、後輩たちがその企業を受けたくても受けられない、受けたとしても選考に進めないという事態が考えられます。

推薦状の内定辞退をするということは、就活生本人の問題に限らず学校全体の信頼や責任に関わること。
安易に「就活がラクになる」「早く内定をもらえる」と捉えるのではなく、辞退ができないこともしっかりと理解したうえで推薦状を利用するか考える必要があるでしょう。

推薦状に頼らずに早期内定が欲しい、自分に合う企業を見つけたいという方におすすめなのが、新卒向け就職エージェントのキャリアチケット。
年間3,000人以上の就活相談実績を持つのが特徴で、中には最短3日で内定を得たケースもあります。
あなたを担当するのは、就活情報に詳しい専任スタッフ。カウンセリングを通してあなたの適性や希望を把握し、それに沿った企業を紹介することも可能です。
また、企業紹介だけでなく、提出書類の添削や面接対策といった具体的な就活支援も実施。
企業別の対策ができるので、効率よく就活を進めたい方におすすめです。
まだ内定を得ていない方はもちろん、内定はあるけど納得できるまで就活をしたい…という方もご相談ください。
個々の状況に合わせたサポートで、満足できる就活を始めてみませんか?



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。