内定式後の辞退は可能?

このページのまとめ

  • 内定式後の内定辞退は、働き始める2週間前までであれば可能
  • 内定辞退の申し入れは、速やかかつ確実に伝えるために電話で行う
  • 辞退の連を行う際は、丁寧な絡言葉遣いで謝罪と感謝の気持ちを伝える
  • 連絡しない、嘘の理由を伝えるといった行為は避けたほうが良い
  • 内定辞退は罪悪感を感じて引きずってしまう可能性があるが、気持ちを切り替えて次に進むことが大切

内定式の後に辞退を考える人は少なくありません。その理由としては、「会社の雰囲気が自分に合わない」「周りの人達に馴染めるか不安になった」「他社での内定が決まった」などがあります。

そこで、当コラムでは、内定式に参加した後で辞退することは可能なのかを解説。また、内定辞退をすることで起こる問題には、どんなものがあるのかも合わせてご紹介します。内定式後の内定辞退を考えているという就活生の方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

内定式後に内定辞退することはできる?

結論から言うと、辞退することは可能です。

「内定承諾書にサインして提出したら取り消せない」と思っている人もいるかもしれませんが、内定承諾書には法的な効力はありません。就活生は内定を辞退する権利があり、辞退したという理由で課せられる罰則もないのです。

ただし、内定承諾書を受け入れた段階で、労働契約が成立したことになっているため、「内定辞退を申し入れる」という、解約のためのプロセスは必要になります。

労働契約の解約については、民法627条1項で「いつでも解約の申し入れができ、契約は申し入れの日から2週間を経過することで終了する」と定められています。つまり、実際に働き始める日の2週間前までに辞退の連絡を入れれば、相手側に「辞退は認められない」と言われたとしても、出勤する必要はないということです。

とはいえ、自分が辞退することで、企業に対して非常に迷惑がかかるということに変わりはありませんから、丁寧な言葉づかいを意識し、マナーを守って辞退することが大切です。

▼関連記事
内定者懇親会に参加した後に内定辞退はできるの?

内定式後に内定辞退する方法

内定式後に内定辞退を申し出る場合、いつどのようにして伝えれば良いのでしょうか。

内定辞退を申し出る時期

入社日の2週間前までが原則です。しかし、企業側は入社日に向けて、新入社員の手続きや備品の準備などを進めていますから、入社日に近ければ近いほど、会社に迷惑がかかってしまいます。そのため、「入社日の2週間前までなら大丈夫」と考えず、辞退の意思が固まったらできるだけ早めに連絡を入れましょう。

連絡方法

相手に誠意を示すとともに、確実に内定辞退を伝えるために、連絡方法は電話を選びましょう。時間帯は、始業・終業の忙しい時間を避けるなど、相手への配慮を忘れないようにしてください。
また、電話をかける際は、どのようにして内定辞退を伝えるかメモしておくと落ち着いて話せます。辞退する理由について聞かれたり、辞退を取り消すよう説得されたりする可能性もあるので、その場合にどう対応するかも考えておきましょう。以下、電話で内定辞退を伝える際の例文をご紹介します。

電話で内定辞退を伝える例文

○○大学の○○と申します。先日の内定式ではお世話になり、ありがとうございました。
いただいた内定についてお伝えしたいことがあり、お電話させて頂いたのですが、お時間少々よろしいでしょうか。
自身の将来についてよく考えてみた結果、御社の内定を辞退させていただき、別の企業に進むという結論に至りました。そのため、内定辞退の手続きをお願いしたく、ご連絡した次第です。こちらの都合で勝手なことを申し上げ、申し訳ありません。
〇〇様にはたいへんご迷惑をかけてしまい、恐縮なのですが、何卒よろしくお願い致します。

内定辞退を伝えて怒られたときの対処法

中には、内定辞退を伝えたら人事に怒られた、罵声を浴びせられたという人もいます。稀なケースだとは思いますが、そういった際には、相手を刺激するような言葉を言い返さず、誠意を持って謝るのが一番です。ただし、威圧されたからといって辞退を撤回しないように、強い意思を持って辞退を申し入れるようにしましょう。

▼関連記事
就活における内定辞退の仕方

内定式後に内定辞退するときに避けたいこと

内定式が終わった後に内定辞退の申し入れを行うのは勇気がいります。申し訳ないという気持ちがありますし、相手から厳しい言葉を掛けられる可能性もあるでしょう。とはいえ、次のようなことは、避けたほうが無難です。

連絡をしない

辞退の意思もなく会社にも来ないとなると、企業側は、事故にあった可能性なども考え、連絡できる手段をすべて使ってコンタクトを取ろうとしてくるでしょう。そうなれば、困るのは自分だけでなく、親や友人、先輩、大学の教授、就職課の人たち、これから就活生となる後輩にまで及びます。連絡を躊躇してしまう気持ちは分かりますが、何の連絡もせず勝手に辞退したつもりでいるのは、社会人として無責任です。連絡しなければ採用を取り消してくれるというわけではないので、早めに連絡を入れるようにしましょう。

嘘をついて辞退する

辞退する際は、相手にその理由を聞かれることがほとんどです。その時、心象を良くしたいと思って嘘をついてしまう人がいるかもしれませんが、正直に答えたほうが良いでしょう。どのような理由であれ辞退することには変わりないのですから、嘘をついても何のメリットもありませんし、むしろ、誠意を見せたいと思うなら嘘はつくべきではありません。辞退した後に同じ業界で働く場合、今後その会社と関わる可能性もあります。
 

内定式後に内定辞退したらどんな問題がある?

法的には、内定式の後であっても内定辞退できることが分かりました。しかし、辞退するのに何のデメリットもないかというと、そうでもありません。

気持ちが切り替えられない

内定辞退すると、自分のことを評価して採用を決めてもらった会社を裏切ったような気持ちになり、なかなか気持ちが切り替えられないことも考えられます。また、勢いで辞退したは良いものの、辞退した企業よりも良い企業が見つからず、後悔してしまうこともあるかもしれません。内定辞退の連絡は速やかに行うべきですが、その決断は慎重に行ったほうが良いでしょう。

関連企業にエントリーしづらい

内定辞退すると、「業界内で自分の悪い噂が流れているかも」「内定辞退した企業の社員と再会したら気まずい」などの理由から、同じ業界の企業にエントリーしづらくなってしまいます。とはいえ、内定辞退は、人事にとっては何度も経験していることです。辞退した側は気に病んでしまうものかもしれませんが、マナーを守って辞退していれば問題ありません。
 

内定辞退をするか迷うなら

以上のことをまとめると、内定式後の内定辞退は、勤務開始日の2週間前までに伝えられれば法的には問題ないが、気持ちの面では罪悪感が残りやすいということになります。
内定式で自己紹介を行い、これからお世話になる先輩達と接した後では、辞退しづらい気持ちになってしまうのは仕方ありません。

しかし、自分に合わないと分かった上で無理に入社しても、すぐに辞めることになってしまう可能性が高いです。そうなると、履歴書に傷が入ってしまう上に時間の無駄ですし、企業側にも多くのコストがかかってしまい、かえって失礼になります。

内定式の後だろうと、自分に合わないかもと思ったならしっかり検討した上で決断してください。もし内定辞退をする際には、相手の企業に丁寧にお詫びをし、感謝の気持ちをしっかり伝え、気持ちを切り替えて前向きに進むことが大切です。


内定辞退という結果にならないよう最初から自分に合う企業を見つけたい人は、就職エージェントを利用するのがおすすめ。
キャリアチケットは、新卒向けの就職エージェントです。一人ひとりの価値観に合った企業のご紹介や、選考対策のサポート、企業とのやり取り代行、特別先行枠の情報など、さまざまなサービスを提供しています。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする